ペルソナ5

【ペルソナ5】ラストダンジョン(ラスボス戦)|統制神ヤルダバオト徹底攻略

更新日時

このページはペルソナ5でのダンジョンの一つラストダンジョンに出現する「統制神ヤルダバオト」の情報を紹介している。使用してくるスキルからステータスまでお届けしているので、攻略の参考にして頂きたい。

ラストダンジョン攻略方法はこちら

統制神ヤルダバオト|スキル&ステータス情報

弱点と耐性

Lv アルカナ 名称
聖杯 - - - - - - - - - -
統制神ヤルダバオト - - - - - - - - - -
処刑の銃 - - - - - - - -
告知の鐘 - - - - - - - -
断罪の剣 - - - - - - - -
法律の書 - - - - - - - -

ステータス値

名称 HP SP
聖杯 ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
統制神ヤルダバオト ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
処刑の銃 ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
告知の鐘 ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
断罪の剣 ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??
法律の書 ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??

使用してくるスキル

聖杯

スキル名 効果
大衆の望み 聖杯のHPが回復
薙ぎ払う光の刃 全体にダメージ
光の矢 単体にダメージ
乱反射する光の矢 ランダム2回攻撃+忘却効果
収束する無尽の光 次ターンに「聖杯無尽光」を使用
聖杯無尽光 全体に特大ダメージ

統制神ヤルダバオト

スキル名 効果
光の矢 単体にダメージ
神意の高潮 2ターン後に「統制の光芒」を使用
統制の光芒 全体に特大ダメージ
銃の創造 「処刑の銃」がHP半分で復活
鐘の創造 「告知の鐘」がHP半分で復活
剣の創造 「断罪の剣」がHP半分で復活
書の創造 「律法の書」がHP半分で復活
デクンダ 単体のンダ系の効果を解除
デカジャ 単体のカジャ系の効果を解除

大罪スキル一覧

スキル名 効果
歪んだ色欲 単体を色欲状態にさせ確率で行動不可 処刑の銃
歪んだ虚飾 単体を全属性を弱点にする 告知の鐘
歪んだ暴食 1ターンの間、全員のコストが倍になる 断罪の剣
歪んだ憤怒 単体が憤怒状態になり攻撃力上昇、防御力低下 律法の書
歪んだ強欲 単体が空腹状態になり攻撃力が大幅に低下 処刑の銃
歪んだ嫉妬 単体が嫉妬状態になり暴走する場合がある 告知の鐘
歪んだ傲慢 律法の書が反撃体制を取り、ボスor腕に攻撃すると「神罰」でSPダメージの反撃 律法の書

処刑の銃

スキル名 効果
銃刑 単体にダメージ
乱れ撃ち 全体にランダム複数ダメージ

告知の鐘

スキル名 効果
福音 単体にダメージ
脆弱の法 全体の防御力が低下
強靭の法 ボス全体の防御力が上昇

断罪の剣

スキル名 効果
断罪の剣 全体にダメージ
真空刃 単体にダメージ

律法の書

スキル名 効果
神の怒鎚 単体にダメージ
神罰 「歪んだ傲慢」時に本体か腕に攻撃すると、SPダメージの反撃
アギダイン 単体に火炎大ダメージ+稀に炎上
ブフダイン 単体に氷結大ダメージ+稀に凍結

攻略方法

聖杯戦

補給線を切断しよう

第一回戦はメメントス最深部で登場した聖杯との戦闘である。「大衆の望み」を使用しHP回復をしようしてくるので、それを阻止するために、味方キャラを一人派遣に向かわせる。数ターン後に派遣した味方キャラが、補給線を切断に成功したら、後は通常の戦闘となる。

HP半分減らしたら

聖杯のHPが半分になると、聖杯は「収束する無尽の光」を使用し、次ターンに「聖杯無尽光」で大ダメージを与えてくる。「収束する無尽の光」使用後、全員防御をしておこう。

統制神ヤルダバオト戦

ヤルダバオトはHPを減らすと、七つの大罪スキルを順番に使用してくる。大罪スキル一回使うごとに、HP1500の腕が出現する。腕は、超覚醒している仲間ペルソナの全体魔法で攻撃すると効率よく倒せるので、主人公は反射をくらわないように本体を強力な単体スキルで攻撃していこう。

「処刑の銃」の注意点

処刑の銃はスキル「歪んだ色欲」を使用してくる。効果は「単体に色欲状態」となり、これをくらってしまうと色欲状態のキャラは行動不能になる場合がある。しかも色欲状態は時間経過でしか治せない。銃と疾風は反射で弱点もない、非常に厄介なので優先的に倒してしまいたい。

「告知の鐘」の注意点

告知の鐘はスキル「歪んだ虚飾」を使用してくる。効果は「単体の全属性が弱点になる」と言うもの。これをかけられたキャラは防御をして耐え抜こう。弱点は無く反射は火炎と念動となっている。

「断罪の剣」の注意点

断罪の剣はスキル「歪んだ暴食」を使用してくる。効果は「全員の使用スキルコストが倍になる」と言うもの。HPを消費する物理、銃スキルの使用には注意しよう。反射は物理、電撃となっている。

「律法の書」の注意点

律法の書のスキルは「歪んだ憤怒」。効果は「単体を憤怒状態にし攻撃力を上昇、防御力を低下」と言うもの。激昂状態とあまり大差はないため、断罪の剣に攻撃しなければ問題はない。氷、核が反射となっている。

統制神ヤルダバオト後半戦

神居の高潮

ヤルダバオトはHP半分以下?にすると腕4本が復活し「神意の高潮」で2ターン後に特大ダメージを与えてくる。こっちは1ターン目に回復や補助魔法をかけておき、2ターン目に全員必ず防御をしておこう。「神居の高潮」の威力は腕の本数が多いほど威力が上がるので、1ターン目に腕を減らしておくのがベストだ。

「処刑の銃」後半の注意点

後半戦では、スキル「歪んだ強欲」を使用してくる。効果は「単体を空腹状態にさせ攻撃力を大幅に下げる」言うもの。空腹状態のキャラはステータス異常状態が戻るまで、サポートに回らせよう

「告知の鐘」後半の注意点

後半戦のスキルは「歪んだ嫉妬」を使用してくる。効果は「単体を嫉妬状態にさせ暴走することがある」と言うもの。これは味方を襲ってくることがあるので、襲われたキャラは回復させるなどして、対策をしよう。

「律法の書」後半の注意点

後半スキル「歪んだ傲慢」を使用。効果は「ボスor腕に攻撃すると、SPに反撃ダメージ」を与えると言うもの。1ターンのみ有効なので、この間は補助、回復魔法など使って、体制を立て直そう。

HPが0になった後

HPが0になった後イベントが発生し、スキル「大罪の徹甲弾」を使用すると統制神ヤルダバオトを撃破となる。

>> 攻略TOPに戻る

オススメの記事