現在、こちらのページは更新を停止しております。情報が古い可能性がございますので、ご注意ください。

【文スト】 チーム(パーティ)編成のコツ

更新日時

文スト アプリ「迷い犬」(文豪ストレイドッグス 迷ヰ犬怪奇譚)のチーム(パーティ)編成のコツを掲載している。チーム(パーティ)編成に悩んでいる方は参考にして役立ててほしい。

© 2017 Ambition Co., Ltd.

チーム編成の手順早見表

手順 手順内容
1 リーダーを選ぶ
2 リーダーの強みを活かすサブ選択
3 リーダーの弱みを補うサブ選択

チーム編成のコツは、チームメンバー全員にほぼ影響があるリーダースキルを活かすことで攻略に役立つため、最初にリーダーを選ぶのが重要である。

サブ編成は、リーダースキルを活かしたり、リーダースキルで補えない弱みを補えるサブキャラを設定するのがおすすめだ。

リーダーの選び方

リーダースキル分類 おすすめ度
攻撃力アップ ★★★★★
攻撃力アップ・体力アップ ★★★・・
特攻ゲージ系 ★★★・・
異能玉系 ★★・・・
被ダメージ軽減 ★・・・・
体力アップ ★・・・・
対策系 ★・・・・

リーダースキル一覧

攻撃力アップ系リーダーが安定

文ストは、敵からの攻撃を受ける前に倒すことが攻略の基本であるため、攻撃力アップ系のリーダースキル持ちキャラをリーダーにするのがおすすめだ。

もちろん、同じ攻撃力アップ系でも、レアリティが高いキャラのほうが効果が高いことから、SSR(最高レアリティ)キャラを優先してリーダーにしよう。

リーダーおすすめキャラランキング

特攻ゲージ増加量アップは強い

中島敦(SSR・闇)のリーダースキル「特攻玉獲得時のゲージ増加量が3倍になる」は、大特攻玉を1個獲得するだけで特攻ゲージをマックスに出来るほどの性能を持つため、特攻を頻繁に使えて全消しがしやすい強力なスキルだ。

特攻玉の出現率にも影響するが、ほぼ毎ターンのように特攻を使えることで全消しがしやすく、与えるダメージを倍加させることが可能である。

ただ、確定で全消しが出来ないことから、安定性は攻撃力アップ系のリーダースキルには劣る。

中島敦(SSR・闇)の評価とスキル性能

サブ編成の選び方

サブおすすめキャラランキング

ステータスの高いSSRキャラを編成

文ストは、SSRキャラのステータスがSRキャラの約1.5〜2倍も差があるため、アクティブスキルやサブスキルの性能で選ぶよりもステータスが純粋に高いキャラを選択するのがおすすめだ。

もちろん、SRキャラしか持っていない特筆できるアクティブスキルなどを持っている場合のみ編成しても良い。

特筆すべきSRキャラ

キャラ 特筆するポイント

[洒落帽子]
中原中也
2ターンの間、異能玉を貫通状態にできるため、弾き方を失敗しない限りはほぼ全消しが可能。

[仮装招宴]
太宰治
消した属性玉の数を2倍にできて攻撃倍率をあげやすく、異能玉を壁に39回当てるだけで特攻ゲージをマックスに出来る。

ダメージ系スキルがおすすめ

サブ編成に設定するキャラは、敵に大ダメージを与えられるアクティブスキル持ちがおすすめだ。なぜなら、属性玉を消す数などに影響しないダメージを与えられ、安定した攻略に役立つからだ。

サブスキルで、アクティブスキルターンを減少させられるのであれば、序盤に使って被ダメージを抑えながらボス戦でも使うことが可能だ。

チーム編成の注意点

属性の相性を把握する

属性 相性

紅属性
翆属性に強く、蒼属性に弱い

蒼属性
紅属性に強く、翆属性に弱い

翆属性
蒼属性に強く、紅属性に弱い

光属性
闇属性に強い

闇属性
光属性に強い

バトルで出現する敵には属性があり、有利属性に対しては攻撃力がアップし、不利属性に対しては攻撃力がダウンしてしまうので、不利属性を避けてチームを編成しよう。

特に、曜日クエストは、敵の属性が1つに固まっているため、弱点属性のキャラクターだけで攻略するのは難しい。

曜日クエスト攻略とドロップ素材一覧

同名&同属性のキャラは編成できない

同じチームに同名&同属性のキャラを編成することはできない。ガチャでキャラが被ったときには迷わず合成してスキルレベルを強化しよう!

ステータスはタイプで特徴がわかる

タイプ 特徴

バランス型
攻撃力と体力がバランスよく成長するタイプ

攻撃型
攻撃力が成長しやすく、体力が成長しにくいタイプ

防御型
体力が成長しやすく、攻撃力が成長しにくいタイプ

支援型
攻撃力が少し成長しやすく、体力が少し成長しにくいタイプ

特殊型
体力が少し成長しやすく、攻撃力が少し成長しにくいタイプ

キャラクターは、5つのタイプの中の1つに割り振られていてタイプによって攻撃力が高かったり体力が低かったりといった特徴がある。

チームを火力特化にしたい場合は攻撃型や支援型を編成したり、耐久特化にしたい場合は防御や特殊型を編成したりとチーム編成の幅は広い。