白猫
神ゲー攻略からのイチオシ情報!
最強キャラランキングに魔王オスクロル追加!

【白猫】オススメの画面設定

更新日時

白猫プロジェクトのオススメの画面設定についてまとめています。
各設定の詳細やポイントなど画像つきでまとめていますので、是非参考にしてみてください。

画面設定のメリット

MENUのオプションから様々な設定をすることができる。
より快適にプレイするためには画面設定は必須となってくるので、一度試してみよう!

サウンド設定

サウンド設定は、BGM・SE・ボイスの3つに分かれておりそれぞれ調整できる。

サウンド設定

これは完全に好みなのだが、私はキャラのボイスをよく聴きたいため、ボイス音量はMAXにしている。
もし、BGMだけを聴きたい場合はSEとボイスは左に寄せることでBGMのみを聴くことができる。

カメラ設定

カメラの回転

カメラの回転

カメラの回転

敵をターゲットした際に敵を正面に捉えるまでカメラが回転する
自分の背中が正面にくる。
敵が沢山いると画面がごちゃごちゃになるのでオフがオススメ

ターゲットへ向く

ターゲットへ向く

敵をターゲットした際に一瞬カメラが敵の方へグッと寄る
敵が沢山いると画面がごちゃごちゃになるのでオフがオススメ

カメラ振動

カメラ振動

カメラ振動

ダメージを受けた際などに画面が振動する。
ダメージバリアなどを張っている時、割れたのを確認できるようにチェックを入れるのがオススメ

カメラのズーム

カメラのズーム

攻撃時に自動的にズームインをする機能。
迫力はでるが、視界が狭くなってしまうためオフがオススメ

初期カメラの位置

初期カメラの位置

初期カメラの位置を決められる。
近いと視野が狭く、遠くの敵を把握できない。
ステージによっては開始直後遠距離から攻撃してくるステージもあるので、遠いがオススメ

グラフィック設定

簡易表示と全部表示

簡易表示と全部表示

全部表示にするとルーンなどを入手した際、画面左上に「◯◯のルーンを入手した」と文字が表示される。
一度に大量のルーンを獲得すると文字がものすごいスピードで流れ、画面が重くなり、さらに画面も見づらくなるので、簡易表示がオススメ

協力バトル演出

協力バトル演出

オフにすると味方に掛かっているバフや、攻撃の演出・ダメージ量などが見えなくなる。
Wi-fiなど通信環境が良い場合にはオンにし、バフが切れたらすぐに掛け直すなどできるので、通信環境が良い場合にはオンがオススメ
もともとの携帯が重い場合は無理してオンにする必要はない。

バトル画面設定

スキルカットイン

スキルカットイン

チェックを入れると画像のようなスキル演出を見ることができる。
こちらも好みではあるが、画面がズームし視界が狭くなり、敵を見失う可能性があるのでオフがオススメ
※特に操作可能スキルだと、画面が戻った時に一瞬操作が狂ってしまうことがある。

味方アイコン、ミニマップ、利き手初期位置

こちらは実際に自分でどちらが見やすいか試してみよう!
基本的には右利きは右、左利きは左がオススメだ!

助っ人選択の設定

助っ人選択の設定

クエストに行く際の助っ人選択で、助っ人なしの位置を一番上か下かを決められる。
フレンドを毎回連れて行く人は下でも良いが、縛りプレイやキャラの撮影会で助っ人を無くしたい場合は、上にしておくととても便利だ

ショートカット設定

ショートカット

ギルドオファーとタウンミッションのショートカットをクエストの右下のほうに作ることができる。
オンにしておくと、いつでもギルドオファーやタウンミッションを確認することができるので、オンがオススメだ

消費電力

消費電力

高クオリティにすることで、動きがスムーズになる。
しかし携帯への負荷が大きく、電池消耗が早い
また、古い機種のスマホで高クオリティにするとスムーズになるどころか、まともに動かすこともできなくなることもあるので、自分のスマホと相談しよう。
自宅では高クオリティ外出時は省エネと使い分けるのも良いだろう。

白猫プロジェクト 神ゲー攻略TOP

オススメの記事