遊戯王デュエルリンクス
デュエリストへの挑戦状更新中!おすすめ記事を紹介
最強デッキランキング【2月19日更新!】
デュエリストへの挑戦状【第4問追加!】
オート周回デッキ集【フォトン追加!】
DDキャッスル侵攻編【新スキルゲット!】

【遊戯王デュエルリンクス】全デッキ一覧

編集者
たなか
更新日時

『遊戯王デュエルリンクス』の全デッキ一覧を紹介!対人戦で使えるデッキや、ハイスコアデッキなどの攻略に便利なデッキを掲載。

遊戯タイトル

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS
©Konami Digital Entertainment

各種デッキ一覧
デッキ一覧
種族デッキアイコン
種族別
属性
属性別
スキルデッキアイコン
スキル別
シリーズ
シリーズ別
ビートダウン コントロール バーン デッキ破壊 特殊勝利

最強デッキランキングはこちら

全デッキ一覧:五十音順

全デッキ一覧:五十音順
▼0~9 ▼A~Z ▼あ行 ▼か行 ▼さ行 ▼た行
▼な行 ▼は行 ▼ま行 ▼や行 ▼ら行 ▼わ行

全デッキ一覧:0〜9

デッキ 解説
7軸儀式デッキ 7軸儀式デッキ【評点】11/35点【解説】
レベル7の儀式モンスターを中心にしたデッキ。儀式のリリースを揃えやすく、儀式召喚しやすい。

全デッキ一覧:A〜Z

デッキ 解説
BMGデッキ BMGデッキ【評点】23/35点【解説】
竜騎士ブラック・マジシャン・ガールを特殊召喚して戦う。
D-HEROデッキ D-HEROデッキ【評点】23/35点【解説】
闇属性の「HERO」を中心としたデッキ。「マスクチェンジ」を使って、「M・HERO闇鬼」の連続召喚を狙う。
E・HEROデッキ E・HEROデッキ【評点】23/35点【解説】
「E・HEROソリッドマン」の効果で展開して、多彩な融合モンスターカードで攻める。
Xセイバーデッキ Xセイバーデッキ【評点】23/35点【解説】
「Xセイバー」を用いてS召喚する。「セイバー・ホール」により対モンスターに強い。
M・HEROデッキ M・HEROデッキ【評点】22/35点【解説】
速攻魔法の「マスク・チェンジ」を使って、相手の効果をかわしながら戦う。バトルフェイズ中にも特殊召喚できるため、1ターンで大きなダメージを与えられる。
UAデッキ UAデッキ【評点】19/35点【解説】
モンスターのほとんどが上級モンスターで構成されたデッキ。自分フィールドのUAモンスターを手札に戻し、上級UAを特殊召喚して戦う。
Rデッキ Rデッキ【評点】12/35点【解説】
Rカードだけで構築したデッキ。優秀な除去効果を持つRカードで構築されている。
AOJデッキ AOJデッキ【評点】11/35点【解説】
対光属性に特化した「AOJ」モンスターで戦うデッキ。「DNA移植手術」を使って、相手の属性を光属性に変える。
F・G・Dデッキ F・G・Dデッキ【評点】11/35点【解説】
ドラゴン族を墓地へ送り、「龍の鏡」による「F・G・D」の融合召喚を狙う。
VWXYZデッキ VWXYZデッキ【評点】11/35点【解説】
「融合識別」を2枚使い、「VWXYZドラゴン・カタパルトキャノン」の特殊召喚を狙う。
XYZデッキ XYZデッキ【評点】11/35点【解説】
機械族のユニオンモンスターで戦う、安定感のあるデッキ。サポートカードを駆使してモンスターを場に揃え、「XYZドラゴン・キャノン」を召喚しよう。

全デッキ一覧:あ行

デッキ 解説
炎王デッキ 炎王デッキ【評点】27/35点【解説】
純正炎王デッキ。炎王獣ガネーシャ実装により、対モンスター性能が更に向上した。
V・HEROデッキ V・HEROデッキ【評点】25/35点【解説】
ファリスとインクリースのコンボで「V・HERO」を並べて融合素材にする。
ウィッチクラフトデッキ ウィッチクラフトデッキ【評点】25/35点【解説】
魔法カードを手札から捨てて、「ウィッチクラフト」モンスターを特殊召喚する。
アロマデッキ アロマデッキ【評点】23/35点【解説】
LPを回復し、「アロマ」モンスターの効果を発動する。必須カードはカードトレーダーかミニパック1種類で集まるため、無課金でも組みやすい。
アンティークギアデッキ アンティークギアデッキ【評点】23/35点【解説】
古代の機械テーマを主軸としたビートダウン。
「古代の機械熱核竜」を何度も墓地から特殊召喚して戦う。
インフェルニティデッキ インフェルニティデッキ【評点】23/35点【解説】
「インフェルニティ」を並べてシンクロ召喚を狙う。
ヴェンデットデッキ ヴェンデットデッキ【評点】23/35点【解説】
墓地から「ヴェンデット」を特殊召喚して、「ヴェンデット」儀式モンスターの召喚に利用する。
エレメント召喚獣デッキ エレメント召喚獣デッキ【評点】23/35点【解説】
召喚獣デッキの派生型。属性を変更できる効果を持つ「エレメントセイバー」を利用して臨機応変に戦う。
オルフェゴールデッキ オルフェゴールデッキ【評点】23/35点【解説】
オルフェゴールモンスターと「デスペラード・リボルバー・ドラゴン」を用いて盤面を支配するコントロールデッキ。
炎星デッキ 炎星デッキ【評点】21/35点【解説】
レベル3炎星を並べて、「炎星侯ホウシン」をシンクロ召喚する。
ヴァンパイアデッキ ヴァンパイアデッキ【評点】20/35点【解説】
優秀なサーチ効果と特殊召喚を駆使して、カードを場に揃える。「ヴァンパイア帝国」と「ヴァンパイア・グレイス」の効果でカードを破壊し、直接攻撃でダメージを狙う。
ヴェルズデッキ ヴェルズデッキ【評点】20/35点【解説】
「ヴェルズ・バハムート」効果で相手モンスターを奪い、ワンキルを狙うデッキ
アマゾネスデッキ アマゾネスデッキ【評点】19/35点【解説】
「アマゾネス」を戦闘破壊から守り、「アマゾネスの急襲」効果を発動し戦う。
エーリアンデッキ エーリアンデッキ【評点】19/35点【解説】
Aカウンター関連カードを使って、トリッキーに攻めるデッキ。
ネフユベルデッキ ネフユベルデッキ【評点】19/35点【解説】
「ユベル Das Abscheulich Ritter」の特殊召喚を狙う。「ネフティスの祈り手」の効果で「ユベル」を破壊する。
エレキデッキ エレキデッキ【評点】19/35点【解説】
エレキングコブラとエレキリンの直接攻撃で勝利する。
EMデッキ EMデッキ【評点】19/35点【解説】
EMと召喚獣の混合デッキ。EM召喚獣。
エクシーズデッキ エクシーズデッキ【評点】18/35点【解説】
エレメントギミックを使ってエクシーズ召喚するデッキ。
インゼクターデッキ インゼクターデッキ【評点】17/35点【解説】
インゼクターを装備することで効果を得たり、装備を墓地に送ることで効果を発動する
ヴァイロンデッキ ヴァイロンデッキ【評点】17/35点【解説】
「ヴァイロン・エプシロン」を装備魔法で強化して闘うデッキ。
ヴァンダルギオンデッキ ヴァンダルギオンデッキ【評点】17/35点【解説】
カウンター罠を使って妨害し、切り札の「冥王竜ヴァンダルギオン」召喚を狙う。
暗黒界デッキ 暗黒界デッキ【評点】17/35点【解説】
「暗黒界の導師セルリ」と「暗黒界の魔神レイン」のコンボでワンキルを狙う。
エレメントセイバーデッキ エレメントセイバーデッキ【評点】17/35点【解説】
「エレメントセイバー」の強力な効果で守りながら戦う。
インヴェルズデッキ インヴェルズデッキ【評点】16/35点【解説】
アドバンス召喚時に効果が発動する「インヴェルズ」を切り札にしたデッキ。「インヴェルズの斥候」特殊召喚して、アドバンス召喚の機会を増やす。
ヴォルカニックデッキ ヴォルカニックデッキ【評点】15/35点【解説】
「スナイプストーカー」や「ブレイズ・キャノン」の効果で相手のカードを破壊して、相手のカードを減らしながら戦う。相手のモンスターが途切れた時に攻撃して、ダメージを与える。
エクゾディアデッキ エクゾディアデッキ【評点】15/35点【解説】
手札に5枚のカードが揃った瞬間に勝利する「エクゾディア」の完成を目指さず殴って勝つデッキ。
オシリスデッキ オシリスデッキ【評点】15/35点【解説】
凶悪なフィールドコントロール能力を持つ「オシリスの天空竜」を召喚して、相手のモンスター召喚を封じる。手札が1枚あれば、「青眼の白龍」でも守備表示の「オシリスの天空竜」を倒せない。
アトランティスデッキ アトランティスデッキ【評点】14/35点【解説】
「伝説の都アトランティス」を発動し、レベル5の水属性モンスターのレベルを下げて召喚するデッキ。「潜海奇襲」の破壊効果を使えるため、戦闘には強い。
エンジェルパーミッションデッキ エンジェルパーミッションデッキ【評点】14/35点【解説】
カウンター罠が発動するたびに効果が発動する天使族を中心としたデッキ。相手の行動を制限しながらアドバンテージを稼ぎ、下級モンスターの攻撃でダメージを与える。
オベリスクデッキ オベリスクデッキ【評点】14/35点【解説】
効果の対象にならない攻守4,000の強力な神のカード「オベリスクの巨神兵」召喚を目指すデッキ。特殊召喚できる罠カード「バージェストマ」を使って、リリースを確保する。
エヴォルデッキ エヴォルデッキ【評点】14/35点【解説】
「エヴォルド」の効果で「エヴォルダー」を特殊召喚して攻めるデッキ。
アンデットアイズデッキ アンデットアイズデッキ【評点】13/35点【解説】
「レッドアイズ・スピリッツ」を発動して「真紅眼の不死竜」を墓地から特殊召喚する、安定感のあるデッキ。攻撃力が低めなので、スキルで補おう。
アーカナイトマジシャンデッキ アーカナイトマジシャンデッキ【評点】13/35点【解説】
「アーカナイト・マジシャン」の召喚を目標にしたデッキ。「底なし落とし穴」などに弱い。
アルカナフォースデッキ アルカナフォースデッキ【評点】13/35点【解説】
攻撃力が高い「アルカナフォースEXTHELIGHTRULER」を召喚するデッキ。スキル「絶対運命力!」でコイントスが100%表になる。
天岩戸デッキ 天岩戸デッキ【評点】13/35点【解説】
「天岩戸」の効果でモンスター効果を封じる。
アームド・ドラゴンデッキ アームド・ドラゴンデッキ【評点】12/35点【解説】
高レベルの「アームド・ドラゴン」を召喚して、効果で相手のカードを破壊する。風属性サポートを共有でき、魔法・罠破壊が得意な「ハーピィ」と相性が良い。
インセクト女王デッキ インセクト女王デッキ【評点】12/35点【解説】
「代打バッター」の効果で「究極変異態・インセクト女王」を特殊召喚する。効果への強力な耐性と、モンスターへの連続攻撃効果を駆使して戦う。
おジャマデッキ おジャマデッキ【評点】12/35点【解説】
「おジャマ・キング」や「おジャマ・ナイト」を融合召喚し、相手のモンスターゾーンを封じながら戦う。「おジャマ・カントリー」の効果で攻守が入れ替わるため、攻撃力は非常に高い。
海デッキ 海デッキ【評点】12/35点【解説】
フィールド魔法「海」で強化されるモンスターで戦うデッキ。「アビス・ソルジャー」や「ハンマー・シャーク」などの下級モンスターが中心となる。
ウォリアーデッキ ウォリアーデッキ【評点】12/35点【解説】
レベル6の「ウォリアー」をシンクロ召喚するデッキ。シンクロ召喚時にドロー効果を発動できる「スターダスト・チャージ・ウォリアー」を中心にデッキを回す。
アクアアクトレスデッキ アクアアクトレスデッキ【評点】11/35点【解説】
「アクアリウム」永続魔法で「アクアアクトレス」を強化して戦う。「水照明」が発動していれば、「アクアアクトレス・アロワナ」の攻撃力は4,000まで跳ね上がる。
アマゾネス自爆デッキ アマゾネス自爆デッキ【評点】11/35点【解説】
「アマゾネスの剣士」の効果によるダメージで勝利を狙う。「ハーフ・シャット」「ロケットハンド」で「アマゾネスの剣士」を弱体化させ、大ダメージを与える。
ヴェーヌデッキ ヴェーヌデッキ【評点】11/35点【解説】
「輝神鳥ヴェーヌ」と「憑依するブラッド・ソウル」のコンボで相手モンスターを奪う。奪ったモンスターは、儀式召喚や「エネミーコントローラー」のリリースにしてしまおう。
悪魔デッキ 悪魔デッキ【評点】11/35点【解説】
闇バクラのスキル「悪魔送り」を活用して墓地に悪魔族を揃え、「ダーク・ネクロフィア」の召喚を狙う。
アンブラルデッキ アンブラルデッキ【評点】11/35点【解説】
「アンブラル」の効果で展開し、「レプティレス・ヴァースキ」を召喚する。
ヴェノムデッキ ヴェノムデッキ【評点】11/35点【解説】
カードの効果を受けない「毒蛇神ヴェノミナーガ」を召喚し、攻撃する。「毒蛇神ヴェノミナーガ」の効果による特殊勝利も狙える。
アスラピスクデッキ アスラピスクデッキ【評点】11/35点【解説】
「地縛神Asllapiscu」の攻撃と効果で大ダメージを与える。
インティクイラデッキ インティクイラデッキ【評点】11/35点【解説】
「太陽龍インティ」と「月影龍クイラ」を交互に場に出して戦う。
ウィラコチャラスカデッキ ウィラコチャラスカデッキ【評点】11/35点【解説】
レクス・ゴドウィンのスキル「最強の地縛神」でLPを1にして、「死霊の誘い」の効果や「地縛神WiraqochaRasca」の攻撃でLPを削る。
ヴィーナス型天使デッキ ヴィーナス型天使デッキ【評点】10/35点【解説】
「創造の代行者ヴィーナス」の効果で「神聖なる球体」を特殊召喚し、通常モンスターサポートでアドバンテージを稼ぐ。
エルフコントロールデッキ エルフコントロールデッキ【評点】10/35点【解説】
攻撃力1,900以上のモンスターとの戦闘で破壊されない「翻弄するエルフの剣士」で、相手の攻撃を受ける。<br装備魔法で攻撃力を強化して、相手に戦闘ダメージを与えよう。
エンディミオンデッキ エンディミオンデッキ【評点】10/35点【解説】
「魔法都市エンディミオン」に魔力カウンターを蓄え、「神聖魔導王エンディミオン」の特殊召喚を狙う。
暗黒の侵略者デッキ 暗黒の侵略者デッキ【評点】10/35点【解説】
「死皇帝の陵墓」の効果で「暗黒の侵略者」を召喚し、速攻魔法の発動を封じる。
絵札の三銃士デッキ 絵札の三銃士デッキ【評点】10/35点【解説】
ジャックス・クィーンズ・キングスを場に揃え、「瞬間融合」による追撃を狙う。「融合解除」することで、さらに追撃が可能となる。
あまのじゃくデッキ あまのじゃくデッキ【評点】9/35点【解説】
攻撃力が下がる効果を持つカードと「あまのじゃくの呪い」のコンボで、モンスターの攻撃力を強化して戦う。
アルティメットインセクトデッキ アルティメットインセクトデッキ【評点】9/35点【解説】
レベルアップした「アルティメット・インセクト」の効果で、相手を弱体化させる。「アルティメット・インセクトLv7」1枚で、攻撃力3,300までのモンスターに対応できる。
ウォータードラゴンデッキ ウォータードラゴンデッキ【評点】9/35点【解説】
強力な効果を持つ「ウォーター・ドラゴンクラスター」を召喚して攻めるデッキ。相手の効果にチェーンして「ウォーター・ドラゴンクラスター」の効果を発動して、「ウォーター・ドラゴン」2体を特殊召喚する。
ウォールシャドウデッキ ウォールシャドウデッキ【評点】9/35点【解説】
守備力が高い「ウォール・シャドウ」などの攻守を入れ替えて攻撃する。「財宝への隠し通路」とのコンボで大ダメージを与える。
黄金のホムンクルスデッキ 黄金のホムンクルスデッキ【評点】9/35点【解説】
カードを除外して、「黄金のホムンクルス」の攻撃力を上げる。自分のカードを5枚除外できれば、「黄金のホムンクルス」の攻撃力は3,000になる。
桜姫タレイアデッキ 桜姫タレイアデッキ【評点】9/35点【解説】
攻撃力が高い「桜姫タレイア」を召喚して攻めるデッキ。「桜姫タレイア」を2体並べれば、効果で破壊されなくなる。
頂に立つものデッキ 頂に立つものデッキ【評点】9/35点【解説】
海馬のスキル「頂に立つもの」でドラゴン族を強化しながら戦う。ドラゴン族下級モンスターは攻撃力が高いため、序盤の戦闘は有利に戦える。
雷デッキ 雷デッキ【評点】9/35点【解説】
攻撃力が高い下級アタッカー「雷電娘々」を中心とした雷族デッキ。「魔霧雨」と「雷の裁き」による除去が強力。
ウィジャ盤デッキ ウィジャ盤デッキ【評点】9/35点【解説】
闇バクラのスキル「ウィジャ盤」による勝利を狙うデッキ。
アーティファクトデッキ アーティファクトデッキ【評点】9/35点【解説】
魔法罠ゾーンにセットされた「アーティファクト」モンスターを相手ターンに破壊し、特殊召喚を狙う。
ヴァリュアブルアーマーデッキ ヴァリュアブルアーマーデッキ【評点】8/35点【解説】
「孵化」の効果で「ヴァリュアブル・アーマー」を特殊召喚して攻める。相手モンスター全てに攻撃して一掃しよう。
雷型光属性デッキ 雷型光属性デッキ【評点】7/35点【解説】
雷族・光属性のモンスターを中心としたデッキ。「創世神」の効果を使って、墓地のモンスターを特殊召喚して戦う。

全デッキ一覧:か行

デッキ 解説
ガガガデッキ ガガガデッキ【評点】32/35点【解説】
手札からの特殊召喚効果を持つモンスターを駆使して、横展開して圧倒するデッキ。
剛鬼デッキ 剛鬼デッキ【評点】26/35点【解説】
剛鬼を展開し攻撃する
クリストロンデッキ クリストロンデッキ【評点】24/35点【解説】
相手ターン中にもS召喚が可能な守備力と安定性の高いデッキ。
カオス・ソルジャーデッキ カオス・ソルジャーデッキ【評点】23/35点【解説】
レベル1と7(4と4)の光・闇属性モンスターをデッキに加え、「超戦士の萌芽」による「カオス・ソルジャー」の儀式召喚を狙う。
カラクリデッキ カラクリデッキ【評点】23/35点【解説】
攻撃されると守備表示になる、変わった効果を持つ「カラクリ」を中心としたデッキ。「カラクリ解体新書」の効果で手札を増やして攻める。
空牙団デッキ 空牙団デッキ【評点】23/35点【解説】
手札の「空牙団」モンスターを連続して特殊召喚し、速攻を仕掛けるデッキ。
コアキメイルデッキ コアキメイルデッキ【評点】22/35点【解説】
「コアキメイル・マキシマム」や「コアキメイル・ウルナイト」の効果を使って短期決戦を狙う。
機械天使デッキ 機械天使デッキ【評点】22/35点【解説】
サーチ効果を持つ「サイバー・エンジェル」の効果を使って、連続で儀式召喚を狙う。「サイバー・エンジェル荼吉尼」の除去効果と「機械天使の儀式」の耐性付与が強力。
恐竜デッキ 恐竜デッキ【評点】22/35点【解説】
「ミセラサウルス」の効果で恐竜を特殊召喚し、「ディノインフィニティ」の攻撃力を上げる。
剣闘獣デッキ 剣闘獣デッキ【評点】22/35点【解説】
戦闘を行ったバトルフェイズにデッキに戻り、カード名が異なる「剣闘獣」を特殊召喚してアドバンテージを獲得していくデッキ。「剣闘獣ストラク」や新カード実装によって大幅に強化された。
グレイドルデッキ グレイドルデッキ【評点】21/35点【解説】
「グレイドル・ドラゴン」をフィニッシャーに据えたビートダウン。「深淵に潜む者」により妨害性能が向上した。
ギアギアデッキ ギアギアデッキ【評点】20/35点【解説】
リバースした時に、相手のカードを破壊する効果を持つ「ギアギア」モンスターを中心にしたデッキ。「同胞の絆」を使って、「ギアギア」を3体揃える。
コアキネオスデッキ コアキネオスデッキ【評点】20/35点【解説】
「コアキメイル・マキシマム」と「E・HEROブレイヴ・ネオス」で攻めるデッキ。攻撃性能が高い。
花札衛デッキ 花札衛デッキ【評点】20/35点【解説】
「花札衛」を召喚して、ドロー効果を発動する。モンスターを展開して直接攻撃でダメージを与えよう。
語不知火デッキ 語不知火デッキ【評点】20/35点【解説】
手札1枚からシンクロ召喚が可能なアンデット族デッキ。墓地シンクロも可能で継戦能力も高い。
ギアフリードデッキ ギアフリードデッキ【評点】19/35点【解説】
真紅眼の鉄騎士ギア・フリードの効果を使用し、破壊時に効果がある装備カードとのコンボで戦う
恐竜サブテラーデッキ 恐竜サブテラーデッキ【評点】19/35点【解説】
「生存境界」を採用したサブテラーデッキ。通常のサブテラーデッキと比べて、相手のカードを除去する手段が増える。
海皇デッキ 海皇デッキ【評点】17/35点【解説】
「深海のディーヴァ」の効果で海竜族を並べ、強力なモンスターを特殊召喚する。
ガスタデッキ ガスタデッキ【評点】16/35点【解説】
「ガスタ・イグル」「ガスタ・ガルド」「ガスタの巫女ウィンダ」の効果を使って、モンスターを途切れさせずに戦う。
幻奏デッキ 幻奏デッキ【評点】16/35点【解説】
「幻奏の音姫」融合モンスターと「天照大神」を軸としたビートダウン。
ガーディアンデッキ ガーディアンデッキ【評点】15/35点【解説】
「ガーディアン・エアトス」と「ガーディアン・デスサイス」で攻める。「ウェポンサモナー」で必要な「ガーディアン」を手札に加えよう。
クローラーデッキ クローラーデッキ【評点】15/35点【解説】
「機怪神エクスクローラー」をリバースし、相手モンスターの効果を無効化する。
仮面魔獣デッキ 仮面魔獣デッキ【評点】14/35点【解説】
攻撃力が高い悪魔族「仮面魔獣デス・ガーディウス」の召喚を狙うデッキ。切り札を除去されても「遺言の仮面」の効果で相手モンスターを奪える。
ガーゼットデッキ ガーゼットデッキ【評点】14/35点【解説】
「聖刻龍」の効果でリリースを用意して、「真魔獣ガーゼット」を特殊召喚する。
ガイアデッキ ガイアデッキ【評点】13/35点【解説】
「暗黒騎士ガイア」モンスターを主軸に戦うデッキ。
クリボーデッキ クリボーデッキ【評点】13/35点【解説】
「クリボーを呼ぶ笛」で「クリボー」を特殊召喚し、上級モンスター召喚のリリースに使用する。
幻獣機デッキ 幻獣機デッキ【評点】13/35点【解説】
「幻獣機ブルーインパラス」を素材にして、高レベルの機械族をシンクロ召喚して戦う。破壊に耐性があるので、粘り強い。
神デッキ 神デッキ【評点】13/35点【解説】
「ハードアームドラゴン」をリリースして「神のカード」を召喚し、原作に近い効果耐性を与える。オベリスクの巨神兵が未実装なので、「THE tripping MERCURY」などで代用しよう。
ガジェットデッキ ガジェットデッキ【評点】13/35点準備中
カイバーマンデッキ カイバーマンデッキ【評点】12/35点【解説】
「正義の味方カイバーマン」の効果を使って「青眼の白龍」を特殊召喚するデッキ。「青眼の白龍」の特殊召喚手段は豊富なので、「正義の味方カイバーマン」以外の方法でも特殊召喚できるようにして安定させよう。
カエルデッキ カエルデッキ【評点】12/35点【解説】
「死の合唱」で相手のカードを一掃し、「デスガエル」の攻撃で勝負を決める。「悪魂邪苦止」を墓地にため、「デスガエル」の効果で大量展開を狙う。
カラテマンワンキルデッキ カラテマンワンキルデッキ【評点】12/35点【解説】
攻撃力を元々の攻撃力を倍にした数値になる効果を持つ「カラテマン」を使用したワンキルデッキ。「閃光の双剣トライス」で攻撃力が下がっても、「カラテマン」の攻撃力は2,000になる。
ゲートガーディアンデッキ ゲートガーディアンデッキ【評点】12/35点【解説】
迷宮兄弟のスキル「合体魔神将来」を使って、「ゲート・ガーディアン」を召喚する。手札が無く、LPが500でスタートするため、勝利は難しい。
ゴヨウデッキ ゴヨウデッキ【評点】12/35点【解説】
「ゴヨウ」シンクロモンスターでモンスターを倒し、自分の場に特殊召喚する。
幅広いレベルのシンクロ召喚に対応する、扱いやすいシンクロデッキ。
化合獣デッキ 化合獣デッキ【評点】12/35点【解説】
豊富な蘇生カードで切り札である「進化合獣ダイオーキシン」を墓地から特殊召喚して、カードを破壊しながら攻撃する。
コカパクアプデッキ コカパクアプデッキ【評点】12/35点【解説】
「地縛神CccapacApu」を特殊召喚して、直接攻撃でダメージを与える。
ギガプラントデッキ ギガプラントデッキ【評点】11/35点【解説】
手札・墓地の昆虫・植物族を特殊召喚する効果を持つ「ギガプラント」を中心とした植物族デッキ。
紅蓮ヴィーナスデッキ 紅蓮ヴィーナスデッキ【評点】11/35点【解説】
「神聖なる球体」をコストにして墓地に通常モンスターをため、手札から「紅蓮魔闘士」を特殊召喚する。相手のモンスターは「突撃指令」や「業火の重騎士」の効果で除去して、直接攻撃でダメージを与えよう。
蠱惑魔デッキ 蠱惑魔デッキ【評点】11/35点【解説】
「落とし穴」を手札から発動し、モンスターを処理する。
「大樹海」を使って、後続のモンスターを補給しよう。
ゴッドネオスデッキ ゴッドネオスデッキ【評点】11/35点【解説】
墓地に素材を揃え、「ミラクル・フュージョン」を使って「E・HEROゴッド・ネオス」を融合召喚する。
ガイアドレイクデッキ ガイアドレイクデッキ【評点】11/35点【解説】
地天の騎士ガイアドレイクを召喚して、高い攻撃力と効果耐性で攻める
ガーランドルフデッキ ガーランドルフデッキ【評点】10/35点【解説】
儀式召喚時に強烈な除去効果が発動する「破滅の魔王ガーランドルフ」を中心とした儀式デッキ。破壊できるモンスターは多いため、儀式召喚できれば形勢逆転を狙える。
雲魔物デッキ 雲魔物デッキ【評点】10/35点【解説】
フォッグカウンターを蓄えて、「ダイヤモンドダスト・サイクロン」の発動や「曇っ魔物ニンバスマン」の強化を狙う。守備表示になった瞬間破壊されるモンスターが多い。
岩石デッキ 岩石デッキ【評点】10/35点【解説】
墓地の岩石族を除外して特殊召喚できる「地球巨人ガイア・プレート」を切り札とした岩石族デッキ。除外した岩石族は、「化石岩の解放」で特殊召喚する。
機械デッキ 機械デッキ【評点】10/35点【解説】
「重力砲」の効果で機械族を強化して戦う。「古代の機械巨人」に「重力砲」を装備すれば、攻撃時の効果を全て封じる事ができる。
機械ビートデッキ 機械ビートデッキ【評点】10/35点【解説】
「エレクトロ軍曹」を中心にした機械族デッキ。魔法・罠を「エレクトロ軍曹」の効果で封じ、モンスターを「ツインバレル・ドラゴン」や「リボルバー・ドラゴン」で破壊する。
恐竜コントロールデッキ 恐竜コントロールデッキ【評点】10/35点【解説】
相手モンスターを守備表示にする「暗黒ブラキ」と、魔法・罠を封じる「エレックトロ軍曹」を組み合わせたコントロールデッキ。
狩場アトモスフィアデッキ 狩場アトモスフィアデッキ【評点】10/35点【解説】
「Theアトモスフィア」が装備したモンスターを「ハーピィの狩場」の効果で破壊して、「Theアトモスフィア」の効果を再び発動する。「終焉の焔」などでトークンを用意すれば、「Theアトモスフィア」を簡単に特殊召喚できる。
カオスドラゴンデッキ カオスドラゴンデッキ【評点】9/35点【解説】
「魔導雑貨商人」の効果で墓地にモンスターを蓄え、「ダークフレア・ドラゴン」を特殊召喚する。カードの消費なしに、攻撃力2,400のモンスターを特殊召喚できる。
ガンドラデッキ ガンドラデッキ【評点】9/35点【解説】
「破壊竜ガンドラ」の効果でカードを全て除外し、直接攻撃によるダメージを狙う。スキルに「モンスターチェンジ・進化」を使用すれば、召喚はしていないため「破壊竜ガンドラ」はエンドフェイズに墓地へ送られない。
キュアバーンデッキ キュアバーンデッキ【評点】9/35点【解説】
自分のLPが回復するたび相手にダメージを与える「ビッグバンガール」を使ったバーンデッキ。「魔力吸収」を発動すすれば、魔法が発動するたびに相手にダメージを与えられる。
ギルフォード・ザ・ライトニングデッキ ギルフォード・ザ・ライトニングデッキ【評点】9/35点【解説】
「カイザー・シーホース」や「創造の代行者ヴィーナス」の効果を使って3体分のリリースを確保し、「ギルフォード・ザ・ライトニング」の効果発動を狙う。
ゴーストリックデッキ ゴーストリックデッキ【評点】9/35点【解説】
「アストラルバリア」と「スピリットバリア」のコンボで相手の攻撃を無力化し、「ゴーストリック・スケルトン」の効果で相手のデッキを削る。
海竜デッキ 海竜デッキ【評点】9/35点【解説】
「海竜ダイダロス」を切り札にした海竜族デッキ。「スカイオニヒトクイエイ」と「フリッグのリンゴ」をアドバンス召喚のリリースに活用する。
機械ギャンブルデッキ 機械ギャンブルデッキ【評点】9/35点【解説】
「ツインバレル・ドラゴン」や「リボルバー・ドラゴン」の効果で相手のカードを破壊しながら戦う。「レアメタル化・魔法反射装甲」や「重力砲」で機械族を強化して攻撃しよう。
巨大戦艦デッキ 巨大戦艦デッキ【評点】9/35点【解説】
戦闘で破壊されない「巨大戦艦」モンスターを中心としたデッキ。「黄泉ガエル」やヘルカイザー亮のスキル「サイバー流奥義」を使えば、リリースを確保しやすい。
恐竜デッキ(グラール型) 恐竜デッキ(グラール型)【評点】9/35点【解説】
手札が1枚の時に特殊召喚できる恐竜族「ガーディアン・グラール」を採用した恐竜デッキ。「重力の斧グラール」が必要になるためデッキの自由度と安定感は落ちるが、攻撃力は大きく向上する。
幻獣デッキ 幻獣デッキ【評点】9/35点【解説】
相手の効果で破壊された時に2,000ダメージを与える「幻獣ロックリザード」を、「幻獣クロスウィング」で強化する。「幻獣ロックリザード」の攻撃力は3,100まで伸びるため、戦闘にも強い。
昆虫デッキ 昆虫デッキ【評点】9/35点【解説】
昆虫族に装備カードを装備して、「超進化の繭」の効果で「究極変異態・インセクト女王」を特殊召喚する。「寄生虫パラサイド」が相手の場に出ていれば、相手のモンスターを「超進化の繭」のリリースにできる。
狩場スタンデッキ 狩場スタンデッキ【評点】9/35点【解説】
「ハーピィ・ダンサー」の効果でハーピィを召喚して、「ハーピィの狩場」の効果を複数回発動する。
黒蠍デッキ 黒蠍デッキ【評点】9/35点【解説】
「黒蠍棘のミーネ」の効果で手札を増やして戦う。攻撃力が低いため、相手にダメージを与える工夫が必要。
極星デッキ 極星デッキ【評点】9/35点【解説】
「極星霊スヴァルトアールヴ」をシンクロ素材にして、高レベルシンクロモンスターを素早く召喚する。
ギャンブルデッキ ギャンブルデッキ【評点】8/35点【解説】
「時の魔術師」などの効果で相手モンスターを破壊し、攻撃するギャンブルデッキ。コイントスに頼ったデッキなので、城之内のスキル「運を味方に!」やキースのスキル「イカサマコイン」と相性が良い。
ギルファーデーモンデッキ ギルファーデーモンデッキ【評点】8/35点【解説】
「暗黒魔族ギルファー・デーモン」を相手モンスターに装備して、弱体化効果や「拘束解放波」の発動を狙う。
機械王デッキ 機械王デッキ【評点】8/35点【解説】
フィールド上の機械族の数だけ攻撃力が上がる「機械王」を切り札としたデッキ。機械族が3体並べば、「機械王」の攻撃力は2,500になる。
儀式ダイダロスデッキ 儀式ダイダロスデッキ【評点】8/35点【解説】
「海竜ダイダロス」とレベルが同じ儀式モンスター「要塞クジラ」を使ったデッキ。「海竜ダイダロス」1体で儀式のリリースを確保できるため、儀式召喚しやすい。
恐竜スコーピオンデッキ 恐竜スコーピオンデッキ【評点】8/35点【解説】
「孵化」の効果で「ミレニアム・スコーピオン」を特殊召喚して攻撃する恐竜デッキ。「ミレニアム・スコーピオン」でモンスターを破壊すれば、攻撃力が上昇する。
黒竜降臨デッキ 黒竜降臨デッキ【評点】8/35点【解説】
「黒竜の聖騎士」と「レッドアイズ・スピリッツ」の効果で「真紅眼の黒竜」を特殊召喚する。<br墓地の「黒竜降臨」の効果で「レッドアイズ・スピリッツ」をサーチできるため、「真紅眼の黒竜」を場に維持しやすい。
混沌の黒魔術師デッキ 混沌の黒魔術師デッキ【評点】8/35点【解説】
「ブラック・マジシャン」を召喚し、「光と闇の洗礼」で「混沌の黒魔術師」を特殊召喚する。
狩場サクリファイスデッキ 狩場サクリファイスデッキ【評点】8/35点【解説】
「サクリファイス」が装備したモンスターを「ハーピィの狩場」の効果で破壊して、「サクリファイス」の効果を再び発動する。「サクリファイス」が苦手な魔法・罠カードを破壊することもできる。
獣デッキ 獣デッキ【評点】8/35点【解説】
「デス・カンガルー」の効果で相手モンスターを破壊する。「ハーフ・シャット」や「銀幕の鏡壁」で相手の攻撃力を下げ、確実に効果を発動する。「デス・カンガルー」が破壊されたら、「森の番人グリーン・バブーン」を特殊召喚して攻める。
風エレメントデッキ 風エレメントデッキ【評点】8/35点【解説】
風属性モンスターが自分の場にいる時に連続攻撃できる効果を持つ「エレメント」モンスターを主役にしたデッキ。「闇の力」で攻撃力を強化して、効果を発動しやすくしよう。
風属性デッキ 風属性デッキ【評点】8/35点【解説】
「神鳥シムルグ」の効果を使って、相手に効果ダメージを与える風属性デッキ。「スタンピング・クラッシュ」などを使って、「神鳥シムルグ」のダメージを増やす。
ゴーストデッキ ゴーストデッキ【評点】7/35点【解説】
「ゴースト王パンプキング」を「闇晦ましの城」の効果で強化して戦うデッキ。「ゴースト王パンプキング」の攻撃力は、最大で3,300まで上がる。
儀水鏡コントロールデッキ 儀水鏡コントロールデッキ【評点】7/35点【解説】
「儀水鏡との交信」と「徴兵令」のコンボで、相手のデッキのモンスターを特殊召喚する。安定性は低いが、相手の切り札を特殊召喚できればデュエルを有利に進められる。
恋する乙女デッキ 恋する乙女デッキ【評点】7/35点【解説】
恋する乙女×E・HEROフェザーマンによる愛のファンデッキ。ハッピーマリッジでワンキルを狙う。
キースデッキ キースデッキ【評点】-/35点【解説】
バンデット・キース」が使用したカードで構成したファンデッキ。
巨大決戦呪眼デッキ 巨大決戦呪眼デッキ【評点】-/35点準備中

全デッキ一覧:さ行

デッキ 解説
聖騎士デッキ 聖騎士デッキ【評点】33/35点【解説】
「神聖騎士王アルトリウス」をX召喚して戦うビートダウン。ストラク発売により戦術の幅が増加した。
サンダードラゴンデッキ サンダードラゴンデッキ【評点】29/35点【解説】
サンダードラゴンと相性の良い「混源龍レヴィオニア」のパワーで制圧する。
芝刈り不知火デッキ 芝刈り不知火デッキ【評点】29/35点【解説】
「隣の芝刈り」を始めとする墓地肥やしギミックを採用した不知火デッキ。大量に墓地を肥やせるため、除外効果を活かしやすい。
シャークデッキ シャークデッキ【評点】29/35点【解説】
モンスター効果と魔法カードを駆使して水属性モンスターを展開し、エクシーズ召喚を行うデッキ。
サイバードラゴンデッキ サイバードラゴンデッキ【評点】28/35点【解説】
「キメラテック・ランページ・ドラゴン」によるワンキルを狙う速攻デッキ。
ベイル召喚獣デッキ ベイル召喚獣デッキ【評点】27/35点【解説】
「召喚獣」を融合召喚して攻撃するデッキ。
「BKベイル」により鉄壁の防御を誇る。
呪眼デッキ 呪眼デッキ【評点】25/35点【解説】
「呪眼」モンスターに「呪眼」装備魔法を装備させて戦う。
セプスロブラック・マジシャンデッキ セプスロブラック・マジシャンデッキ【評点】25/35点【解説】
セプター・スローネの両光天使を採用したブラマジデッキ。手札事故を無視した上振れ構築で、回った際の爆発力が高い。
不知火デッキ 不知火デッキ【評点】25/35点【解説】
手札1枚からシンクロ召喚が可能なアンデット族デッキ。墓地シンクロも可能で継戦能力も高い。
磁石の戦士 磁石の戦士【評点】24/35点【解説】
「電磁石の戦士」を墓地に蓄え、「電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン」を召喚する。
ジェムナイトデッキ ジェムナイトデッキ【評点】23/35点【解説】
墓地から回収できる「ジェムナイト・フュージョン」と、墓地の通常モンスターを再利用する「ジェムナイト・ラズリー」と「ジェムナイト・オブシディア」を使って、何度も融合を繰り返すデッキ。
芽吹きシンクロデッキ 芽吹きシンクロデッキ【評点】23/35点【解説】
墓地の「ダーク・ヴァージャー」を特殊召喚してシンクロ召喚に繋げる。レベル6のシンクロモンスターを召喚しやすい。
聖刻デッキ 聖刻デッキ【評点】23/35点【解説】
「聖刻龍」の効果でドラゴン族通常モンスターを特殊召喚して、コストに利用する。
不知火召喚獣デッキ 不知火召喚獣デッキ【評点】23/35点【解説】
「不知火」に「召喚獣」を混ぜた炎属性ビートダウン。「弩弓部隊」と相性がよい2テーマが合体した。
Sinブルーアイズデッキ Sinブルーアイズデッキ【評点】23/35点準備中
サイバーダークデッキ サイバーダークデッキ【評点】22/35点【解説】
墓地のドラゴンを装備して攻撃力を上げる「サイバー・ダーク」モンスターを主力にしたデッキ。
森羅デッキ 森羅デッキ【評点】22/35点【解説】
墓地で効果が発動する植物族モンスターを「森羅」モンスターの効果で墓地へ送り、フィールドを制圧するデッキ。重要カードの「森羅の水先リーフ」と「薔薇恋人」が共にLIMIT2に制限され、戦力を大きく削がれた。
シュトロームベルクの金の城デッキ シュトロームベルクの金の城デッキ【評点】22/35点【解説】
「シュトロームベルクの金の城」で身を守り、直接攻撃や効果で相手のLPを削る。
サブテラーデッキ サブテラーデッキ【評点】22/35点【解説】
「サブテラーマリス」を特殊召喚して、リバースした時に発動する効果で相手を追い詰める
Sinデッキ Sinデッキ【評点】22/35点【解説】
攻守4,000のSinパラドクス・ドラゴンをS召喚する
サイマジ魔導デッキ サイマジ魔導デッキ【評点】21/35点【解説】
「沈黙の魔術師サイレント・マジシャン」と「魔導書」を組み合わせたコントロールデッキ。
召喚魔導デッキ 召喚魔導デッキ【評点】21/35点【解説】
「召喚師アレイスター」と「沈黙の魔術師サイレント・マジシャン」を、スキル「光と闇の交換」で入替えて戦う。相手によって主軸にするモンスターを変えられるため対応力がある。
スターダストクロニクルデッキ スターダストクロニクルデッキ【評点】21/35点【解説】
サイコウィールダーと深海のディーヴァで素材を揃えて真閃珖竜スターダスト・クロニクルをシンクロ召喚する。
シムルグデッキ シムルグデッキ【評点】21/35点【解説】
「シムルグ」を召喚・特殊召喚してアドバンテージを稼ぐ。
磁石メガロックデッキ 磁石メガロックデッキ【評点】20/35点【解説】
「隣の芝刈り」を使って墓地に岩石族をため、「メガロック・ドラゴン」の攻撃力上昇を狙う。「隣の芝刈り」と相性が良い「磁石の戦士」を採用する。
スクラップデッキ スクラップデッキ【評点】19/35点【解説】
墓地のチューナーを特殊召喚して、「スクラップ」をシンクロ召喚する。
SRデッキ SRデッキ【評点】19/35点【解説】
SRの効果を駆使して連続S召喚を行う。
サイレント・ソードマンデッキ サイレント・ソードマンデッキ【評点】18/35点【解説】
「沈黙の剣士サイレント・ソードマン」の効果で「サイレント・ソードマンLv7」を特殊召喚する
ゼンマイデッキ ゼンマイデッキ【評点】18/35点【解説】
ゼンマイラビットの効果を駆使して攻めるエクシーズ軸のビートダウン。「恐牙狼ダイヤウルフ」をフル活用できる。
植物デッキ 植物デッキ【評点】18/35点【解説】
「ギガプラント」を場に出し、効果で大型植物族を特殊召喚する。
セイクリッドデッキ セイクリッドデッキ【評点】18/35点【解説】
「セイクリッド」Xモンスターを展開して攻めるデッキ。
斬機デッキ 斬機デッキ【評点】18/35点【解説】
特殊召喚できる「斬機」を使って素材を揃えて「炎斬機マグマ」をシンクロ召喚する。
シンクロアンデットデッキ シンクロアンデットデッキ【評点】16/35点【解説】
「ゾンビキャリア」を使ってシンクロ召喚するデッキ。レベル6・7のシンクロ召喚を行いやすい。
サイキックデッキ サイキックデッキ【評点】16/35点【解説】
サイキックを除外して特殊召喚し、シンクロ召喚を狙う。
スターダストデッキ スターダストデッキ【評点】16/35点【解説】
「スターダスト・ドラゴン」と「閃珖竜スターダスト」を並べて破壊効果を防ぐ。
シーステルスデッキ シーステルスデッキ【評点】15/35点【解説】
「潜海奇襲」による破壊と防御で戦うデッキ。「城塞クジラ」の特殊召喚時に「潜海奇襲」をデッキからセットできるので、「城塞クジラ」の特殊召喚を第一に行動する。
サイレント・ソードマンワンキルデッキ サイレント・ソードマンワンキルデッキ【評点】14/35点【解説】
「サイレント・ソードマンLv3」を「沈黙の剣」などで強化して、直接攻撃でワンキルを狙う。
ジャンクデッキ ジャンクデッキ【評点】14/35点【解説】
「ジャンク・ウォリアー」シンクロ召喚し、高い攻撃力で攻める。
ジュラックデッキ ジュラックデッキ【評点】13/35点【解説】
炎属性・恐竜族の「ジュラック」を使った恐竜デッキ。戦闘後に発動する下級モンスターの効果を活かして場を整える。
サフィラデッキ サフィラデッキ【評点】12/35点【解説】
「竜姫神サフィラ」と相性が良い「聖刻」モンスターを使った儀式デッキ。
ジェネクスデッキ ジェネクスデッキ【評点】12/35点【解説】
「タービン・ジェネクス」の効果で「ジェネクス」モンスターの攻撃力を上げて戦うデッキ。三沢のスキル「動かざること地の如し!」を発動し、攻撃力をさらに上昇させる。
スタンダードデッキ スタンダードデッキ【評点】12/35点【解説】
レベル4以下の通常モンスターを主力にした、扱いやすいデッキ。攻撃力が高い通常モンスターを召喚して、序盤を有利に進行する
心眼の祭殿デッキ 心眼の祭殿デッキ【評点】12/35点【解説】
「心眼の祭殿」と回復罠カードのコンボでダメージを打ち消し、直接攻撃やバーンで相手のLPを削る。「ディスティニードロー」がデュエル中1度しか使えなくなったため、大きく弱体化した。
聖戦士カオスソルジャーデッキ 聖戦士カオスソルジャーデッキ【評点】12/35点【解説】
「聖戦士カオス・ソルジャー」を墓地から特殊召喚し、効果発動を狙う。
サイバースデッキ サイバースデッキ【評点】12/35点【解説】
デグレネード・バスターの効果でモンスターを除外して戦う。
スフィンクスデッキ スフィンクスデッキ【評点】11/35点【解説】
「守護神エクゾード」の効果でダメージを与えるデッキ。「岩投げエリア」でモンスターを守り、反転召喚を繰り返す。
ゾークデッキ ゾークデッキ【評点】11/35点【解説】
「闇の支配者ゾーク」の強力な効果を使って相手モンスターを破壊するデッキ。サイコロの出目次第でピンチに陥ってしまう、ギャンブル性の高いデッキだ。
死皇帝の陵墓デッキ 死皇帝の陵墓デッキ【評点】11/35点【解説】
「死皇帝の陵墓」の効果を使い、上級モンスターをリリースなしで召喚する。「巨大決戦」を使って大ダメージを与える。
獣戦士デッキ 獣戦士デッキ【評点】11/35点【解説】
「ビーストライザー」で獣戦士族を強化して戦うデッキ。攻撃力が非常に高く、戦闘にはめっぽう強い。
サイコショッカーデッキ サイコショッカーデッキ【評点】10/35点【解説】
「人造人間サイコ・ショッカー」と「ホルスの黒炎竜Lv8」を並べて、魔法・罠を封じる。コンボが決まれば強力だが、成功率は低い。モンスター効果への耐性は持たない。
サクリファイスデッキ サクリファイスデッキ【評点】10/35点【解説】
相手のモンスターを装備して自身を強化する「サクリファイス」を主役にしたデッキ。「サクリファイス」と相性が良いカードでデッキを固めているため、構築の幅は狭い。
スピリットデッキ スピリットデッキ【評点】10/35点【解説】
「天岩戸」の効果でモンスター効果を封じる。
スリカエサクリデッキ スリカエサクリデッキ【評点】10/35点【解説】
スキルに「スリカエ」を採用し、儀式召喚の安定度を上げた「サクリファイスデッキ」。「サンダー・ドラゴン」を採用してデッキを回しやすくしている。
魚デッキ 魚デッキ【評点】10/35点【解説】
「ハンマー・シャーク」の効果でモンスターを並べ、「城塞クジラ」の特殊召喚を狙う。
新昆虫デッキ 新昆虫デッキ【評点】10/35点【解説】
「フェデライザー」や「化合中カーボン・クラブ」の効果でデュアルモンスターを墓地へ送り、「炎妖蝶ウィルプス」の効果でデュアルモンスターを蘇生するデッキ。
戦士デッキ 戦士デッキ【評点】10/35点【解説】
下級戦士族を強化して戦うビートダウンデッキ。
クセがなく扱いやすい。
創世神デッキ 創世神デッキ【評点】10/35点【解説】
「創世神」の効果で「灼熱ゾンビ」を特殊召喚して、カードを増やしながら戦う。フィニッシャーには、攻撃力が4,000を超える「ザ・カリキュレーター」を採用している。
スパイダーデッキ スパイダーデッキ【評点】10/35点【解説】
相手モンスターを守備表示にして、「マザー・スパイダー」の特殊召喚を狙う。
サイレントマジシャンデッキ サイレントマジシャンデッキ【評点】9/35点【解説】
「レベルアップ!」や「沈黙の魔術師サイレント・マジシャン」の効果を使って「サイレント・マジシャンLv8」を召喚する。「サイレント・マジシャン」は魔法カードに強いため、速攻魔法が多い対戦環境では大活躍できる。
サンダー一家デッキ サンダー一家デッキ【評点】9/35点【解説】
レベル4・光属性・雷族のモンスターで構築したデッキ。「ONiサンダー」のサーチや「OKaサンダー」と「OToサンダー」の展開力が魅力。
スノーデッキ スノーデッキ【評点】9/35点【解説】
「スノーダスト・ドラゴン」を召喚し、相手の攻撃と表示形式変更を封じる。「スノーマンクリエイター」や「スノー・ドラゴン」の効果でアイスカウンターを乗せながら戦う。
執念バルーンデッキ 執念バルーンデッキ【評点】9/35点【解説】
「ワンダー・バルーン」と「執念の剣」のコンボで相手の攻撃をシャットアウトし、デッキ切れによる勝利を狙う。「執念の剣が何度もデッキに戻るため、「デッキ破壊デッキ」に強い。
除外スタチューデッキ 除外スタチューデッキ【評点】9/35点【解説】
「縮退回路」と「ガーディアン・スタチュー」のコンボで、相手のカードを除外するデッキ。
除外闇次元デッキ 除外闇次元デッキ【評点】9/35点【解説】
「次元合成師」や「魂を喰らう者バズー」の効果で闇属性モンスターを除外し、「闇次元の解放」で特殊召喚する。
青眼コンボデッキ 青眼コンボデッキ【評点】9/35点【解説】
ロード・オブ・ドラゴンードラゴンの支配者ー」と「ドラゴンを呼ぶ笛」を使用し、手札にある「青眼の白龍」を特殊召喚する。「青眼の白龍」が墓地へ送られたら「正統なる血統」で蘇生しよう。
雑貨エクゾディアデッキ 雑貨エクゾディアデッキ【評点】9/35点【解説】
「魔導雑貨商人」の効果でデッキの「エクゾディア」を墓地へ送り、モンスターの効果で墓地から回収して特殊勝利を狙うデッキ。
召喚神エクゾディアデッキ 召喚神エクゾディアデッキ【評点】9/35点【解説】
「召喚神エクゾディア」を召喚して攻撃する。カードの効果を受けない高攻撃力モンスターで攻めよう。
シモッチバーンデッキ シモッチバーンデッキ【評点】8/35点【解説】
「シモッチによる副作用」と「恵みの雨」のコンボで、相手にダメージを与える。
スタンバイバーンデッキ スタンバイバーンデッキ【評点】8/35点【解説】
杏子のスキル「デュエルスタンバイ」を使って手札を増やし、バーンカードを大量に使用して相手を焼き切るデッキ。キーカードの「革命」がLIMIT1に、「カップ・オブ・エース」がLIMIT2に制限され、「デュエルスタンバイ」が弱体化したため、実践では使用できない。
執念ネクロフィアデッキ 執念ネクロフィアデッキ【評点】8/35点【解説】
「ワンダー・バルーン」と「執念の剣」のコンボで相手の攻撃を防ぎ、「ウィジャ盤」による勝利を狙う。
湿地草原デッキ 湿地草原デッキ【評点】8/35点【解説】
レベル2・水属性・水族のモンスターを「湿地草原」で強化する。「貫ガエル」や「ラージマウス」を使用し、直接攻撃で大ダメージを与える。
除外スキヤナーデッキ 除外スキヤナーデッキ【評点】8/35点【解説】
相手のモンスターを除外し、「スキヤナー」の効果で攻守をコピーする。相手の切り札を除外できれば、「スキヤナー」の攻守は大きく上昇する。
スタンダード儀式デッキ スタンダード儀式デッキ【評点】7/35点【解説】
「クラブ・タートル」を「水神の護符」で効果破壊から守るデッキ。複雑なコンボがなく、扱いやすい。
雑貨儀式デッキ 雑貨儀式デッキ【評点】7/35点【解説】
「魔導雑貨商人」の効果で「儀式魔人」を墓地へ送り、墓地の「儀式魔人」を除外して儀式召喚を行うデッキ。ランダム性が強く、安定はしない。
双頭サンドラデッキ 双頭サンドラデッキ【評点】7/35点【解説】
「双頭の雷龍」の融合召喚を狙うデッキ。手札に「サンダー・ドラゴン」と「融合」があれば「双頭の雷龍」を融合召喚できる。
ジェムナイトワンキルデッキ ジェムナイトワンキルデッキ【評点】-/35点【解説】
「ジェムナイトレディ・ラピスラズリ」の効果を繰り返し使用して、先行1ターン目に4,000ダメージを与える。
初心者デッキ 初心者デッキ【評点】-/35点【解説】
カードを集めやすく扱いやすい、初心者におすすめのデッキ。
零式ウィッチクラフトデッキ 零式ウィッチクラフトデッキ【評点】-/35点準備中
セプスロデスペラードデッキ セプスロデスペラードデッキ【評点】-/35点準備中

全デッキ一覧:た行

デッキ 解説
デスペラードデッキ デスペラードデッキ【評点】29/35点【解説】
「デスペラード・リボルバー・ドラゴン」の効果で相手モンスターを破壊する。スキルは「絶対運命力」を使い、「時の魔術師」や「カップ・オブ・エース」の強力な効果を確実に成功させる。
堕天使デッキ 堕天使デッキ【評点】27/35点【解説】
「堕天使」を墓地から特殊召喚して、高レベルの「堕天使」を大量に展開する。
トラミッドデッキ トラミッドデッキ【評点】26/35点【解説】
「トラミッド」フィールド魔法を張り替えながら戦うデッキ。相手の使用するカードによってフィールド魔法を張り替えるので、張り替えるカードやタイミングが非常に重要になる。
テラナイトデッキ テラナイトデッキ【評点】26/35点【解説】
テラナイトレベル4モンスターを並べてエクシーズ召喚するデッキ。
ドラグニティデッキ ドラグニティデッキ【評点】24/35点【解説】
「ドラグニティセナート」の効果でシンクロ素材を揃え、強力なシンクロモンスターで攻める。
天気デッキ 天気デッキ【評点】24/35点【解説】
「天気」と「天気模様」で細かくアドを稼ぐ。
超重武者デッキ 超重武者デッキ【評点】23/35点【解説】
超重武者のみで組まれたフルモンスターデッキ。守備表示で攻撃してくる上、対象を取る効果を無効にしたり、直接攻撃を防げたりと堅牢な防御力が魅力。
トワイライトロードデッキ トワイライトロードデッキ【評点】23/35点【解説】
光の「ライトロード」を主軸に、闇の「トワイライトロード」を混ぜたデッキ。別称「カオスライロ」
DDDデッキ DDDデッキ【評点】23/35点【解説】
DDD融合モンスターを展開して攻める
デビフラデッキ デビフラデッキ【評点】22/35点【解説】
「デビル・フランケン」の効果を先行1ターン目に発動し、「おジャマ・キング」で相手のモンスターゾーンをロックする。勝利に運が大きく関わる。
デミスデッキ デミスデッキ【評点】21/35点【解説】
「終焉の王デミス」効果後に「デビルドーザー」を出してワンキル。通称デミスドーザー
電子光虫デッキ 電子光虫デッキ【評点】21/35点【解説】
レベル3の電子光虫モンスターの効果を駆使して電子光虫エクシーズを出しビートするデッキ。下級モンスターがX素材になるとXモンスターに特定の効果を付与できるため、なんとしてでもエクシーズ召喚に繋げることが重要だ。
代行者デッキ 代行者デッキ【評点】19/35点【解説】
「死の代行者ウラヌス」を特殊召喚してシンクロ召喚を狙う。
デュアルデッキ デュアルデッキ【評点】18/35点【解説】
強力な速攻魔法「デュアルスパーク」を扱う、下級デュアルデッキ。「スーペルヴィス」でリリースを確保し、積極的に「デュアルスパーク」の発動を狙う。
トゥーンデッキ トゥーンデッキ【評点】18/35点【解説】
「トゥーン・ブラック・マジシャン・ガール」の直接攻撃で相手のLPを削るデッキ。
デーモンデッキ デーモンデッキ【評点】17/35点【解説】
「デーモンの呼び声」や「デーモンの雄叫び」で、墓地のデーモンを特殊召喚するデッキ。「戦慄の凶皇ジェネシス・デーモン」は簡単に墓地へ送れるので、蘇生カードを使いやすい。
竹光エンディミオン 竹光エンディミオン【評点】17/35点【解説】
「竹光」装備魔法を発動して魔力カウンターをため、「神聖魔導王エンディミオン」を2体召喚してワンキルを狙う。「黄金色の竹光」がLIMIT1に制限され、構築が難しくなった。
電池メンデッキ 電池メンデッキ【評点】17/35点【解説】
「充電池メン」を召喚してモンスターを並べ、一斉に攻撃する。
竹光バーンデッキ 竹光バーンデッキ【評点】15/35点【解説】
「リーフ・フェアリー」の効果を発動して、1ターンで4,000以上の効果ダメージを与えるデッキ。「リーフ・フェアリー」と「黄金色の竹光」がLIMIT1に制限されたため、デッキとして機能しなくなった。
ディフォーマーデッキ ディフォーマーデッキ【評点】15/35点【解説】
「ディフォーマー」の展開力を活かして、「パワー・ツール・ドラゴン」を特殊召喚する。
トリニティーデッキ トリニティーデッキ【評点】14/35点【解説】
融合召喚したターン、攻撃力が倍になる「V・HEROトリニティー」を切り札にしたデッキ。「ハーフ・シャット」とのコンボを採用して、攻撃表示モンスターに攻撃して相手のLPを削り取る。
デッキ破壊デッキ デッキ破壊デッキ【評点】13/35点【解説】
「ウォーム・ワーム」の効果を使いまわし、相手のデッキ切れによる勝利を狙う。相手のデッキが切れる前にLPが0にならないよう、罠カードで身を守る必要がある。
トビウオデッキ トビウオデッキ【評点】13/35点【解説】
優秀な除去効果を持つ「光鱗のトビウオ」を主役にした魚族デッキ。「光鱗のトビウオ」と相性が良い「オイスターマイスター」や「強化蘇生」を採用する。
ドラゴンデッキ ドラゴンデッキ【評点】13/35点【解説】
「ドラゴラド」の効果を使って素材を揃え、大型モンスターをシンクロ召喚する。
竹光エクゾディアデッキ 竹光エクゾディアデッキ【評点】13/35点【解説】
「黄金色の竹光」の強力なドロー効果を使って「エクゾディア」を手札に揃える。「黄金色の竹光」がLIMIT1に制限されたため、現在は構築不可。
隣の芝刈りデッキ 隣の芝刈りデッキ【評点】12/35点【解説】
デッキのカードを大量に墓地へ送る魔法カード「隣の芝刈り」を使用した武神デッキ。墓地の「武神器」モンスターの効果を発動しやすい。
チェーンデッキ チェーンデッキ【評点】12/35点【解説】
「C・リペアラー」の効果でシンクロ素材を揃え、レベル7のモンスターをシンクロ召喚する。
デッキ破壊増刷型デッキ デッキ破壊増刷型デッキ【評点】11/35点【解説】
ペガサスのスキル「増刷」を使って防御カードを増やし、相手のデッキ切れによる勝利を狙うデッキ。キーカードの「肥大化」がLIMIT1に制限され、戦術の要である「増刷」がデュエル中に1度しか使用できなくなったため、実践での使用は難しい。
ダイスdeレベリングデッキ ダイスdeレベリングデッキ【評点】10/35点【解説】
城之内のスキル「ダイスdeレベリング」を使用して、最上級モンスターのレベルを下げて召喚する。「タイラント・ドラゴン」や「古代の機械巨人」など、攻撃力が高く効果が強力なモンスターを使用しよう。
タイラントドラゴンデッキ タイラントドラゴンデッキ【評点】10/35点【解説】
高ステータスと強力な効果を持つ「タイラント・ドラゴン」を切り札としたデッキ。「コドモドラゴン」や「ミンゲイドラゴン」の効果を使って、「タイラント・ドラゴン」の召喚を狙う。
断頭台サーカスデッキ 断頭台サーカスデッキ【評点】10/35点【解説】
「悪夢の迷宮」で相手モンスターの表示形式を変更し、「断頭台の惨劇」を発動して相手の守備表示モンスターを破壊するデッキ。「悪夢の迷宮」と相性が良い「ドリーム・ピエロ」や「マーダーサーカス」を採用し、除去能力を高める。
デーモンの召喚デッキ デーモンの召喚デッキ【評点】10/35点【解説】
カード名が「デーモンの召喚」として扱われるモンスターを召喚して攻撃する。
ダークソードデッキ ダークソードデッキ【評点】9/35点【解説】
「闇魔界の竜騎士ダークソード」を融合召喚し、相手の墓地のモンスターを除外する。「レソアイズ」や「ネフティス」など、墓地のカードを対策したデッキである。
天魔神デッキ 天魔神デッキ【評点】9/35点【解説】
「創造の代行者ヴィーナス」を使って天使族の「神聖なる球体」を墓地へ送りやすくして、「天魔神エンライズ」の召喚をサポートする。「天魔神エンライズ」には厳しい召喚条件があるが、表側表示のモンスター1体を除外する強力な効果を備えている。
伝説の騎士デッキ 伝説の騎士デッキ【評点】9/35点【解説】
「マジカルシルクハット」で墓地を整え、「レジェンド・オブ・ハート」発動を目指す。
ダイレクト罠バーン ダイレクト罠バーン【評点】8/35点【解説】
リシドのスキル「連動トラップ」、罠カード「白兵戦」、「異形の従者」の直接攻撃で相手のLPを削るデッキ。「罠バーンデッキ」よりも、LPを削る速度は早い。
漆黒の魔王デッキ 漆黒の魔王デッキ【評点】8/35点【解説】
「漆黒の魔王Lv8」を特殊召喚し、相手モンスターを除外する。「漆黒の魔王Lv6」の効果で特殊召喚しなければ除外効果は使えないので、「レベルアップ!」は相性が悪い。
地属性デッキ 地属性デッキ【評点】8/35点【解説】
獣戦士族を中心とした地属性デッキ。「同胞の絆」でモンスターを並べ、「激昂のミノタウルス」による貫通攻撃でLPを削る。
鳥獣デッキ 鳥獣デッキ【評点】8/35点【解説】
「ハーピィ・レディ」を中心にした鳥獣族デッキ。魔法・罠カードの除去に長ける。
天使デッキ(カオス) 天使デッキ(カオス)【評点】8/35点【解説】
「クリボール」で身を守りながら「天空騎士パーシアス」の貫通攻撃で相手のLPを削る。墓地がたまったら切り札の「天魔神エンライズ」召喚を狙う。
天使族デッキ 天使族デッキ【評点】8/35点【解説】
「天空勇士ネオパーシアス」を切り札とした天使族デッキ。「天使の微笑み」でLPを回復し、「天空勇士ネオパーシアス」の攻撃力を上げる。
ダイヤモンドガイデッキ ダイヤモンドガイデッキ【評点】7/35点【解説】
発動条件が厳しい強力な通常魔法を「D-HEROダイヤモンドガイ」の効果で発動する。「死の合唱」や「メガトン魔導キャノン」で相手のカードをすべて破壊して、攻撃を仕掛ける。
ドリアード儀式 ドリアード儀式【評点】7/35点【解説】
すべての属性として扱う「精霊術師ドリアード」を儀式召喚して、「風林火山」の発動を狙う。
伝説の爆炎使いデッキ 伝説の爆炎使いデッキ【評点】7/35点【解説】
「伝説の爆炎使い」を儀式召喚し、効果でモンスターを全滅させて攻撃する。魔法カードを発動して「伝説の爆炎使い」に魔力カウンターを蓄える必要がある。
デビフラワンキルデッキ デビフラワンキルデッキ【評点】-/35点【解説】
「デビル・フランケン」の効果を使って「青眼の究極竜」などの強力な融合モンスターを召喚し、逆転勝利を狙うデッキ。ライフコストでLPを調整し、「ライフコスト0」を発動して「デビル・フランケン」の効果を使う。
トゥーンデッキ(ワンキル) トゥーンデッキ(ワンキル)【評点】-/35点【解説】
「トゥーン・ブラック・マジシャン・ガール」と「トゥーン・ロールバック」のコンボで、ワンショットキルを狙うデッキ。「トゥーン・仮面魔道士」の効果でカードを集める。
トリプル融合デッキ トリプル融合デッキ【評点】-/35点【解説】
「メテオ・ブラック・ドラゴン」「ブラック・デーモンズ・ドラゴン」「双頭の雷龍」の3体の融合召喚を狙ったオート周回用デッキ。
代打ロックハイスコアデッキ 代打ロックハイスコアデッキ【評点】-/35点【解説】
「代打バッター」に攻撃してこないCPUの穴を突いたハイスコアデッキ。
CPUの挙動変更により、現在は使用できない。
DDDライトロードデッキ DDDライトロードデッキ【評点】-/35点準備中

全デッキ一覧:な行

デッキ 解説
召喚ネオスデッキ 召喚ネオスデッキ【評点】26/35点【解説】
「E・HEROブレイヴネオス」と「召喚獣プルガトリオ」で攻めるビートダウン。スキル「ファイヤー・リロード」によりかつてと同等の動きが出来るようになった。
ネオスデッキ ネオスデッキ【評点】23/35点【解説】
「ネオス」融合モンスターを特殊召喚して攻める。少ないカード消費で攻撃力が高いモンスターを召喚できる。
忍者デッキ 忍者デッキ【評点】21/35点【解説】
忍法を使い大型モンスターを特殊召喚して攻める。
ネフティスデッキ ネフティスデッキ【評点】15/35点【解説】
デッキのカードを手札に加える手段が多い、安定した儀式デッキ。破壊されても復活する「ネフティス」を中心に攻める。
ナチュルデッキ ナチュルデッキ【評点】12/35点【解説】
「ナチュルの神星樹」の効果でフィールドを整え、シンクロ召喚を狙う。
ネクロフィアデッキ ネクロフィアデッキ【評点】12/35点【解説】
墓地に悪魔族を蓄え、「ダーク・ネクロフィア」の召喚を狙う。「クリボール」や「X・E・N・O」など、悪魔族の効果で身を護る。
ヌート型ドラゴンデッキ ヌート型ドラゴンデッキ【評点】11/35点【解説】
「聖刻龍ドラゴンヌート」の効果で最上級ドラゴンを特殊召喚し、破壊された後に「正統なる血統」で蘇生する。「聖刻龍ドラゴンヌート」の効果を使うために、自分のモンスターを対象にできるカードを多めに採用しよう。
ネオブルーアイズデッキ ネオブルーアイズデッキ【評点】11/35点【解説】
「青眼の究極竜」を速攻召喚し、粉砕し、玉砕し、大喝采する。
ネクロスデッキ ネクロスデッキ【評点】11/35点【解説】
「ディサイシブの影霊衣」を儀式召喚し、「潜海奇襲」で守りながら戦う。
猫耳ロックデッキ 猫耳ロックデッキ【評点】9/35点【解説】
戦闘する相手モンスターの攻撃力を200にする効果を持つ「ネコ耳族」を使ったロックデッキ。「破邪の魔法壁」で「ネコ耳族」の守備力を強化し、相手の攻撃力を無力化する。
ノースウェムコ(儀式)デッキ ノースウェムコ(儀式)デッキ【評点】8/35点【解説】
カードの効果で破壊されにくい「救世の美神ノースウェムコ」を儀式召喚して戦う。戦闘破壊には耐性を持たないので、「銀幕の鏡壁」などでサポートしよう。

全デッキ一覧:は行

デッキ 解説
ブルーアイズツインバーストデッキ ブルーアイズツインバーストデッキ【評点】27/35点【解説】
スキル「進化した最強ドラゴン」を利用し高打点ブルーアイズモンスターを並べてビートする。
ブルーアイズデッキ ブルーアイズデッキ【評点】26/35点【解説】
「青眼の白龍」を何度も場に出し、通常モンスター最高の攻撃力で圧倒する。
フォトンデッキ フォトンデッキ【評点】26/35点【解説】
フォトンデッキは、レベル4モンスターの効果で横展開しエクシーズ召喚に繋げてビートしていくデッキ。下級モンスターのATKが2000を超えることが多いため、エクシーズ召喚ができない時は「銀河眼の光子竜」でビートする動きも可能だ。
BFデッキ BFデッキ【評点】25/35点【解説】
「黒い旋風」で「BF」を手札に加えてアドバンテージを稼ぐ。特殊召喚可能なモンスターが多く、連続でS召喚が可能。
ブラックマジシャンデッキ ブラックマジシャンデッキ【評点】24/35点【解説】
除去とサーチを兼ね備えた「黒の魔導陣」を駆使して戦う「ブラック・マジシャン」デッキ。
武神デッキ 武神デッキ【評点】23/35点【解説】
墓地で効果が発動する「武神器」モンスターと、武神器を墓地へ送る「武神」モンスターで戦う。
陽炎獣デッキ 陽炎獣デッキ【評点】23/35点【解説】
「陽炎獣スピンクス」の効果を駆使して3面展開して戦うビートダウン。「陽炎獣バジリコック」実装によってエクシーズ召喚が可能になり、突破力に磨きがかかった。
バスターモードデッキ バスターモードデッキ【評点】23/35点【解説】
「サイキック・リフレクター」を使って、レベル6〜9のシンクロ召喚を使い分ける。
捕食植物デッキ 捕食植物デッキ【評点】23/35点【解説】
キメラフレシアを融合召喚して攻める。
ブロックドラゴンデッキ ブロックドラゴンデッキ【評点】23/35点【解説】
隣の芝刈りを確定させ、墓地肥やしからの大量展開を狙うデッキ。
ヒーロー召喚獣デッキ ヒーロー召喚獣デッキ【評点】23/35点【解説】
E・HEROと召喚獣の混合デッキ。E・HEROエアーマンで場を荒らし、「召喚獣プルガトリオ」で勝負を決める攻撃的なデッキだ。
墓守デッキ 墓守デッキ【評点】22/35点【解説】
「王家の眠る谷ネクロバレー」で墓地の利用を封じながら戦う。
光天使デッキ 光天使デッキ【評点】21/35点【解説】
レベル4光天使モンスターの効果を駆使し、1ターンで3体展開からのエクシーズ召喚とデッキ圧縮を行うデッキ。
ボクモンキャバルリーデッキ ボクモンキャバルリーデッキ【評点】20/35点【解説】
「超魔導騎士ブラック・キャバルリー」の初手融合に特化したデッキ。キャバルリーの制圧力を活かして戦う。
宝玉獣デッキ 宝玉獣デッキ【評点】18/35点【解説】
破壊されると永続魔法になる「宝玉獣」モンスターを主力にしたデッキ。ヨハンの専用スキルが強力。
フレムベルデッキ フレムベルデッキ【評点】17/35点【解説】
守備力200の炎属性モンスターを中心に戦う。
ヒーロービートデッキ ヒーロービートデッキ【評点】16/35点【解説】
レベル4以下の「HERO」を中心に戦うビートダウンデッキ。
バスターブレイダーデッキ バスターブレイダーデッキ【評点】15/35点【解説】
「真紅眼融合」を使って墓地に融合素材を揃え、「死魂融合」で「竜破壊の剣士バスター・ブレイダー」を融合召喚する。
バルバロスデッキ バルバロスデッキ【評点】15/35点【解説】
「神獣王バルバロス」に「愚鈍の斧」や「星遺物を巡る戦い」を使って、攻撃力を3,000に戻してから攻撃する。
ビシバールキンデッキ ビシバールキンデッキ【評点】15/35点【解説】
「サイキック・リフレクター」効果と「レベルコピー」を利用して、「究極幻神アルティミトル・ビシバールキン」の特殊召喚を狙うデッキ。
ビーフォースデッキ ビーフォースデッキ【評点】15/35点【解説】
昆虫族モンスターを展開して攻める。
ハーピィデッキ ハーピィデッキ【評点】14/35点【解説】
ハーピィの狩場」の効果で魔法・罠カードを破壊する。「守護神の矛」で「ハーピィ・レディ」の攻撃力を大幅に強化して攻撃する。
ブリザードワンキルデッキ ブリザードワンキルデッキ【評点】14/35点【解説】
後攻1ターン目に「ブリザード・プリンセス」とモンスター1体を場に揃え、直接攻撃によるワンキルを狙う。
氷結界デッキ 氷結界デッキ【評点】14/35点【解説】
「氷結界の龍グングニール」を召喚し、相手のカードを破壊して攻撃する。
ブンボーグデッキ ブンボーグデッキ【評点】14/35点【解説】
「ブンボーグ」を並べて相手を攻撃する。1ターン目から攻撃力2,500のモンスターで攻撃できる。
プラズマ戦士エイトムデッキ プラズマ戦士エイトムデッキ【評点】14/35点【解説】
リリース無しで召喚できるレベル7モンスターを使って「プラズマ戦士エイトム」を召喚する。
バージェストマデッキ バージェストマデッキ【評点】13/35点【解説】
墓地から特殊召喚する罠カード「バージェストマ」を、「湿地草原」や「下克上の首飾り」で強化して攻撃する。モンスター状態の「バージェストマ」は罠として扱わず、モンスターの効果を受けない。
ブルーアイスデッキ ブルーアイスデッキ【評点】13/35点【解説】
「針虫の巣窟」などで「青氷の白夜龍」を墓地へ送り、「コドモドラゴン」や「アークブレイブドラゴン」の効果で特殊召喚する。「青氷の白夜龍」を対象にした魔法・罠の効果は無効にされるため、場持ちがいい。
肥大化アマゾネス 肥大化アマゾネス【評点】13/35点【解説】
「肥大化」で相手のモンスターを強化して、「アマゾネスの剣士」で攻撃する。「肥大化」がLIMIT1に制限されたため、大幅に弱体化した。
方界デッキ 方界デッキ【評点】13/35点【解説】
「方界」を駆使し、映画さながらのデュエルを楽しむキャラクターデッキ。
プロトサイバーワンキルデッキ プロトサイバーワンキルデッキ【評点】12/35点【解説】
ヘルカイザー亮のスキル「サイバー流奥義」を発動して「プロト・サイバー・ドラゴン」を3体並べ、「フォトン・リード」で強化してワンキルを狙う。
ピラニアワンキルデッキ ピラニアワンキルデッキ【評点】12/35点【解説】
スキルで「軍隊ピラニア」の攻撃力を上げ、直接攻撃でワンキルを狙う。
バーサークデッドドラゴンデッキ バーサークデッドドラゴンデッキ【評点】11/35点【解説】
レベル8モンスターが墓地へ送られやすい「ネフティスデッキ」に「デーモンとの駆け引き」を採用したデッキ。
バウンスデッキ バウンスデッキ【評点】11/35点【解説】
カードを手札の戻す戦術「バウンス」をメインにしたデッキ。「ガーディアン・スタチュー」などの効果で相手のモンスターを手札に戻し、場が空いたに攻撃する。
バブルマン寄生デッキ バブルマン寄生デッキ【評点】11/35点【解説】
通常魔法のバーンカードと相性が良い「E・HEROバブルマン」を組み合わせたバーンデッキ。「E・HEROバブルマン」の効果を使えば手札を増やせるため、1ターン中の火力は高い。
ブルーアイズワンキルデッキ ブルーアイズワンキルデッキ【評点】11/35点【解説】
城之内のスキル「ラスト・ギャンブル」で手札を増やして「最終戦争」を発動し、「光の導き」の連続攻撃によるワンショットキルを狙う。
ホルスの黒炎竜デッキ ホルスの黒炎竜デッキ【評点】11/35点【解説】
魔法を無効にする「ホルスの黒炎竜Lv8」の召喚を狙うコントロールデッキ。苦手な罠カードは「心鎮壷」で封じる。
パーシアスデッキ パーシアスデッキ【評点】11/35点【解説】
カウンター罠で相手の効果を無効にし、「輪廻のパーシアス」の効果で「パーシアス」を特殊召喚する。
ピエロスタチューデッキ ピエロスタチューデッキ【評点】10/35点【解説】
「ガーディアン・スタチュー」と「ドリーム・ピエロ」の効果でモンスターを、「エレクトロ軍曹」の効果で魔法・罠を対策したデッキ。モンスターの攻守が低いため、魔法・罠のサポートは必須。
フライング寄生デッキ フライング寄生デッキ【評点】10/35点【解説】
インセクター羽蛾のスキル「フライング寄生」で相手のモンスターゾーンを埋め、モンスターの展開を妨害する。
光属性デッキ 光属性デッキ【評点】10/35点【解説】
「創造の代行者ヴィーナス」の効果でモンスターを3体揃え、「ギルフォード・ザ・ライトニング」や「モイスチャー星人」の効果発動を狙う。
秒殺リーパーデッキ 秒殺リーパーデッキ【評点】10/35点【解説】
「リグラス・リーパー」と「ハリマンボウ」の効果で相手モンスターを弱体化し、攻撃力が高い「秒殺の暗殺者」で攻撃して倒す。
秒殺ワンキル 秒殺ワンキル【評点】10/35点【解説】
「秒殺の暗殺者」に「流星の弓シール」を装備して、「あまのじゃくの呪い」で強化する。手札が3枚の状態で「あまのじゃくの呪い」を発動できれ直接攻撃で4,000以上のダメージを与えられる。
ハモンデッキ ハモンデッキ【評点】10/35点【解説】
「宝玉獣」を並べて「降雷皇ハモン」を特殊召喚する
バルーンビートデッキ バルーンビートデッキ【評点】9/35点【解説】
「ワンダー・バルーン」の効果で相手モンスターを弱体化し、下級モンスターでビートダウンするデッキ。魔法・罠を除去するカードに非常に弱い。
バルーンロックデッキ バルーンロックデッキ【評点】9/35点【解説】
「ワンダー・バルーン」と「ゴースト姫パンプリンセス」の効果で相手の攻撃力を0にして、攻撃を防ぐ。「ワンダー・バルーン」を除去されると、ロックが崩れてしまう。
パンサーウォリアーデッキ パンサーウォリアーデッキ【評点】9/35点【解説】
攻撃力が高い下級アタッカー「漆黒の豹戦士パンサーウォリアー」で攻める。「デスハムスター」などで、攻撃のリリースを確保しよう。
ハンデスデッキ ハンデスデッキ【評点】9/35点【解説】
相手の手札を捨てさせる戦術「ハンデス」をメインにしたデッキ。「竜姫神サフィラ」や「儀式魔人」プレコグスターの効果を使って、相手の手札をボロボロにする。
ブルーアイズデッキ(白竜降臨)デッキ ブルーアイズデッキ(白竜降臨)デッキ【評点】9/35点【解説】
「青眼の白龍」を特殊召喚する効果を持つ「白竜の聖騎士」を主役にしたデッキ。裏側守備表示モンスターには「白竜の聖騎士」で、攻撃表示モンスターには「青眼の白龍」で攻撃する。
フレイヤビートデッキ フレイヤビートデッキ【評点】9/35点【解説】
「勝利の導き手フレイヤ」で天使族モンスターを強化して戦う。「コート・オブ・ジャスティス」を使えるので、上級天使族の召喚を狙いやすい。
炎デッキ 炎デッキ【評点】9/35点【解説】
キックファイアにカウンターをため、大ダメージを狙う。「爆炎集合体ガイヤ・ソウル」や「怨念の魂業火」の効果で、「キックファイア」にカウンターを乗せる。
炎属性デッキ 炎属性デッキ【評点】9/35点【解説】
「バーニングブラッド」でモンスターの攻撃力を上げて戦う炎属性デッキ
氷炎の双竜デッキ 氷炎の双竜デッキ【評点】9/35点【解説】
「氷炎の双竜」を切り札にした、炎属性・水属性の混合デッキ。「氷炎の双竜」の効果でモンスターを破壊ながら戦う。
凡骨エクゾディアデッキ 凡骨エクゾディアデッキ【評点】9/35点【解説】
凡骨の意地」の効果で大量にドローして、「エクゾディア」を5枚集めることを目標としたデッキ。
しかし、初手に「凡骨の意地」を引けなければ、勝利は絶望的である。
ペンギンデッキ ペンギンデッキ【評点】9/35点【解説】
「大皇帝ペンギン」と「否定ペンギン」の効果で「ペンギン」を場に並べて攻撃する
バブーンデッキ バブーンデッキ【評点】8/35点【解説】
獣族モンスターが破壊された時に特殊召喚できる「バブーン」モンスターを主力にしたデッキ。「森の番人グリーン・バブーン」が墓地からも特殊召喚できるため、効果破壊には強い。
ビッグシールドファイターデッキ ビッグシールドファイターデッキ【評点】8/35点【解説】
守備力2,600の下級モンスター「ビッグ・シールド・ガードナー」の攻守を入れ替えて殴りかかる。
バウンサーデッキ バウンサーデッキ【評点】8/35点【解説】
バウンサーを召喚して攻撃する。「ファントム・バウンサー」の効果で後続のモンスターを確保する。
ブラックフレアナイトデッキ ブラックフレアナイトデッキ【評点】7/35点【解説】
「黒炎の騎士ブラック・フレア・ナイト」の効果で「幻影の騎士ミラージュ・ナイト」を特殊召喚して戦う。
黒魔導の執行官デッキ 黒魔導の執行官デッキ【評点】7/35点【解説】
「黒魔導の執行官」の効果でダメージを与える。「黒魔導の執行官」を召喚して通常魔法を4回発動すれば、デュエルに勝利できる。
爬虫類デッキ 爬虫類デッキ【評点】7/35点【解説】
レベル5の水属性を主力にした爬虫類族デッキ。「伝説の都アトランティス」の効果でレベルを下げ、リリース無しで召喚する。
微課金E・HEROデッキ 微課金E・HEROデッキ【評点】-/35点【解説】
E・HEROデッキの微課金構築
微課金エレメント召喚獣デッキ 微課金エレメント召喚獣デッキ【評点】-/35点【解説】
エレメント召喚獣デッキの微課金構築

全デッキ一覧:ま行

デッキ 解説
月光デッキ 月光デッキ【評点】25/35点【解説】
「月光舞剣虎姫」を融合召喚して、高い攻撃力で攻める。
マジシャンガール召喚獣デッキ マジシャンガール召喚獣デッキ【評点】24/35点【解説】
召喚獣デッキの派生型。各属性のマジシャンガールが召喚獣と好相性で、「沈黙の魔術師サイレント・マジシャン」採用が最大の強み。
メガリスデッキ メガリスデッキ【評点】24/35点【解説】
メガリス儀式モンスターを並べてワンキルするデッキ。
芽吹くブラック・マジシャンデッキ 芽吹くブラック・マジシャンデッキ【評点】24/35点【解説】
「フォーチュンレディ・エヴァリー」他、強力なSモンスターを採用したブラマジデッキ。
マーメイルデッキ マーメイルデッキ【評点】23/35点【解説】
「水精鱗」のギミックと「鮫の領域」を使って、シンクロ・エクシーズを展開して戦う。
魔妖デッキ 魔妖デッキ【評点】23/35点【解説】
連続S召喚を行うアンデット族シンクロデッキ
マシンナーズデッキ マシンナーズデッキ【評点】21/35点【解説】
「マシンナーズ・フォートレス」を含む上級機械族モンスターを特殊召喚して攻めるビートダウンデッキ。
魔導書デッキ 魔導書デッキ【評点】21/35点【解説】
魔導書を何度も発動して戦う魔法使い族デッキ。超強力な「ゲーテの魔導書」を何度も発動して盤面を支配する。
マジシャンガールデッキ マジシャンガールデッキ【評点】21/35点【解説】
「マジシャンガール」の効果でモンスターを蓄え、「円融魔術」で「クインテット・マジシャン」を融合召喚する。
紋章獣デッキ 紋章獣デッキ【評点】20/35点【解説】
「顕現する紋章」をキーカードに、モンスターを大量展開してランク4エクシーズ召喚を繰り返すデッキ。エクシーズの天敵である「裏側表示」もかわせるため、将来性のあるテーマだ。
マドルチェデッキ マドルチェデッキ【評点】19/35点【解説】
「マドルチェ・ホーットケーキ」の効果でモンスターを並べて攻撃する。
メタファイズデッキ メタファイズデッキ【評点】19/35点【解説】
メタファイズを除外して効果を発動する。「封印の黄金櫃」を使ってカードを除外しよう。
帝デッキ 帝デッキ【評点】18/35点【解説】
ライトロードカードを使い、「真源の帝王」「始源の帝王」を墓地に落としてS召喚を狙う。
魔轟神デッキ 魔轟神デッキ【評点】17/35点【解説】
「魔轟神」をフィールドに並べてシンクロ召喚を狙う。スキルを「絆の力!」にすれば、シンクロ召喚をしなくてもダメージを稼げる。
三星陽炎獣デッキ 三星陽炎獣デッキ【評点】14/35点【解説】
三星降格」を使って「ホルスの黒炎竜Lv6」を召喚して、「ホルスの黒炎竜Lv8」へのレベルアップを狙う。
マインド軍曹デッキ マインド軍曹デッキ【評点】13/35点【解説】
「エレクトロ軍曹」の効果で魔法罠を封じる。「エレクトロ軍曹」を魔法・罠カードで守りながら戦う。
魔法使いデッキ 魔法使いデッキ【評点】13/35点【解説】
「ブリザード・プリンセス」と「帝王の凍志」のコンボを活かしたデッキ。
マテリアルドラゴンデッキ マテリアルドラゴンデッキ【評点】11/35点【解説】
モンスターを破壊する効果を無効にする効果を持つ「マテリアルドラゴン」をエースとしたデッキ。「女神の祝福」とのコンボで、LPを6,000回復できる。
三星トゥーンデッキ 三星トゥーンデッキ【評点】11/35点【解説】
強力な除去効果を持つ「トゥーン・リボルバー・ドラゴン」を「三星降格」を使用して召喚し、相手のカードを破壊する。現在は「三星降格」の使用が変更されたため、デッキ構築・プレイング共に非常に難しい。
もけもけデッキ もけもけデッキ【評点】10/35点【解説】
「同姓同名同盟」と「怒れるもけもけ」のコンボで、攻撃力3,000の「もけもけ」を3体並べる。
霞の谷デッキ 霞の谷デッキ【評点】10/35点【解説】
「霞の谷の神風」でモンスターを並べてシンクロ召喚を目指す。
三星サンガデッキ 三星サンガデッキ【評点】10/35点【解説】
迷宮兄弟のスキル「三星降格」を使って、「雷魔神サンガ」を召喚するデッキ。「雷魔神サンガ」は戦闘に強いので、魔法・罠カードをカウンター罠で無効にしながら戦おう。
三星ホルスデッキ 三星ホルスデッキ【評点】10/35点【解説】
迷宮兄弟のスキル「三星降格」を使用して「ホルスの黒炎竜Lv6」を召喚し、レベルアップを狙う。「三星降格」の使用が変更されたため、安定感は落ちたが、「三星降格」に頼らなければ戦うことはできる。
水デッキ 水デッキ【評点】10/35点【解説】
「ガエル・サンデス」を切り札にした水族デッキ。「黄泉ガエル」を墓地へ送り、「ガエル・サンデス」の攻撃力を上げる。
魔闘スピンクスデッキ 魔闘スピンクスデッキ【評点】10/35点【解説】
「陽炎獣スピンクス」の効果で「紅蓮魔闘士」を、「紅蓮魔闘士」の効果で通常mんスターを特殊召喚して攻める。上級モンスターが並びやすく、「粉砕!」による強化を狙える。
マスタージーグデッキ マスタージーグデッキ【評点】9/35点【解説】
「BOXサー」の効果を使って、切り札の「マスター・ジーグ」を特殊召喚する。モンスターは「マスター・ジーグ」では破壊し、魔法・罠は「炎舞玉衝」と「心鎮壷」で対策する。
マハーヴァイロデッキ マハーヴァイロデッキ【評点】9/35点【解説】
装備されているカードの数だけ攻撃力が上がる「マハー・ヴァイロ」を主力にしたデッキ。「ビッグバン・シュート」を装備して、大ダメージを与える。
メガロックドラゴンデッキ メガロックドラゴンデッキ【評点】9/35点【解説】
「針虫の巣窟」の効果で岩石族を墓地にため、「メガロック・ドラゴン」の攻撃力を上げる。
三星ブラマジデッキ 三星ブラマジデッキ【評点】9/35点【解説】
迷宮兄弟のスキル「三星降格」を使用して、「ブラック・マジシャン」を召喚するデッキ。現在は「三星降格」の使用が変更されたため、デッキ構築・プレイング共に非常に難しい。
水属性デッキ 水属性デッキ【評点】9/35点【解説】
「海竜ダイダロス」を切り札にした水属性デッキ。「ウォーターハザード」や「ハンマー・シャーク」を使ってリリースを揃える。
魔法剣士トランスデッキ 魔法剣士トランスデッキ【評点】9/35点【解説】
攻撃力が高い上級モンスター「魔法剣士トランス」を切り札にしたデッキ。「魔道化リジョン」の召喚効果とサーチ効果を有効に活用できる。
ミスティックソードマンデッキ ミスティックソードマンデッキ【評点】8/35点【解説】
「底なし落とし穴」や「ゴロゴル」の効果で相手モンスターを裏側守備表示にして、「ミスティック・ソードマン」の効果で破壊する。
メテオ・ブラック・ドラゴンデッキ メテオ・ブラック・ドラゴンデッキ【評点】8/35点【解説】
攻撃力が高い融合モンスター「メテオ・ブラック・ドラゴン」を融合召喚して戦う。
魔霧雨融合デッキ 魔霧雨融合デッキ【評点】8/35点【解説】
「双頭の雷龍」と「デーモンの召喚」で戦うデッキ。「魔霧雨」を発動して、モンスターを破壊する。
迷えるスーガデッキ 迷えるスーガデッキ【評点】8/35点【解説】
「迷える仔羊」を発動してリリースを用意して、「水魔神スーガ」をセットする。次のターンに反転召喚して攻撃しよう。
魅惑の女王デッキ 魅惑の女王デッキ【評点】7/35点【解説】
「デビリアン・ソング」を使って相手モンスターのレベルを下げ、「魅惑の女王」の効果で相手モンスターを装備する。モンスターを装備しても「魅惑の女王」の攻守は変動しないので、魔法・罠カードで守りながら戦おう。
無課金デッキ 無課金デッキ【評点】-/35点【解説】
無課金でも遊べて強いデッキ。今期は「アロマ」テーマをベースとして構築している。
無課金サンダードラゴンデッキ 無課金サンダードラゴンデッキ【評点】-/35点【解説】
サンダードラゴンデッキの無課金構築。
無課金ブラック・マジシャンデッキ 無課金ブラック・マジシャンデッキ【評点】-/35点【解説】
ブラックマジシャンデッキの無課金構築
無課金サイバードラゴンデッキ 無課金サイバードラゴンデッキ【評点】-/35点【解説】
サイバードラゴンデッキの無課金構築
無課金ブルーアイズデッキ 無課金ブルーアイズデッキ【評点】-/35点【解説】
ブルーアイズデッキの無課金構築
無課金HEROデッキ 無課金HEROデッキ【評点】-/35点【解説】
HEROデッキの無課金構築
無課金クリストロンデッキ 無課金クリストロンデッキ【評点】-/35点【解説】
クリストロンデッキの無課金構築
無課金不知火デッキ 無課金不知火デッキ【評点】-/35点【解説】
不知火デッキの無課金構築
無課金BFデッキ 無課金BFデッキ【評点】-/35点【解説】
BFデッキの無課金構築
無課金霊獣デッキ 無課金霊獣デッキ【評点】-/35点【解説】
霊獣デッキの無課金構築
無課金ライトロードデッキ 無課金ライトロードデッキ【評点】-/35点【解説】
ライトロードデッキの無課金構築
無課金レッドアイズデッキ 無課金レッドアイズデッキ【評点】-/35点【解説】
レッドアイズデッキの無課金構築
無課金アンティークギアデッキ 無課金アンティークギアデッキ【評点】-/35点【解説】
アンティークギアデッキの無課金構築
無課金Sinデッキ 無課金Sinデッキ【評点】-/35点【解説】
Sinデッキの無課金構築
無課金DDDデッキ 無課金DDDデッキ【評点】-/35点【解説】
DDDデッキの無課金構築
無課金魔妖デッキ 無課金魔妖デッキ【評点】-/35点【解説】
魔妖デッキの無課金構築
無課金剛鬼デッキ 無課金剛鬼デッキ【評点】-/35点【解説】
剛鬼デッキの無課金構築
無課金超重武者デッキ 無課金超重武者デッキ【評点】-/35点【解説】
超重武者デッキの無課金構築
無課金ウィッチクラフトデッキ 無課金ウィッチクラフトデッキ【評点】-/35点【解説】
ウィッチクラフトデッキの無課金構築
無課金捕食植物デッキ 無課金捕食植物デッキ【評点】-/35点【解説】
捕食植物デッキの無課金構築
無課金月光デッキ 無課金月光デッキ【評点】-/35点【解説】
月光デッキの無課金構築
無課金メガリスデッキ 無課金メガリスデッキ【評点】-/35点【解説】
メガリスデッキの無課金構築
無課金天気デッキ 無課金天気デッキ【評点】-/35点【解説】
天気デッキの無課金構築
無課金インフェルニティデッキ 無課金インフェルニティデッキ【評点】-/35点【解説】
インフェルニティデッキの無課金構築
無課金テラナイトデッキ 無課金テラナイトデッキ【評点】-/35点【解説】
テラナイトデッキの無課金構築
無課金ガガガデッキ 無課金ガガガデッキ【評点】-/35点【解説】
ガガガデッキの無課金構築
無課金紋章獣デッキ 無課金紋章獣デッキ【評点】-/35点【解説】
紋章獣デッキの無課金構築
無課金シャークデッキ 無課金シャークデッキ【評点】-/35点【解説】
シャークデッキの無課金構築

全デッキ一覧:や行

デッキ 解説
妖仙獣デッキ 妖仙獣デッキ【評点】25/35点【解説】
「妖仙獣鎌弐太刀」の直接攻撃でダメージを与え続けて勝利を目指す。
ユベルデッキ ユベルデッキ【評点】17/35点【解説】
「ユベル Das Abscheulich Ritter」の効果で「ウォーム・ワーム」を破壊する。
闇のデッキ破壊デッキ 闇のデッキ破壊デッキ【評点】14/35点【解説】
「ウォーム・ワーム」を使った「デッキ破壊デッキ」に、闇マリクのスキル「闇のゲーム」を採用。カードが墓地に貯まるため、「闇のゲーム」のダメージが大きくなる。
融合軸D-HEROデッキ 融合軸D-HEROデッキ【評点】14/35点【解説】
「D-HEROデッドリーガイ」を融合召喚し、手札・デッキからD-HEROを墓地へ送って戦う。墓地で効果が発動するD-HEROの効果を最大限に活かせるのが強みである。
ユニコールコントロールデッキ ユニコールコントロールデッキ【評点】14/35点【解説】
魔轟神獣ユニコール」の効果で、相手の効果を無効にしながら攻撃する。
ガエル帝デッキ ガエル帝デッキ【評点】13/35点【解説】
毎ターン自己再生する「黄泉ガエル」を「鬼ガエル」の効果で墓地へ送り、上級モンスターの召喚リリースに活用する。アドバンス召喚時に強力な効果を発揮する「帝」モンスターを召喚して、アドバンテジを稼ごう。
宵闇の使者デッキ 宵闇の使者デッキ【評点】11/35点【解説】
「カオス・ソルジャー宵闇の使者」を切り札としたデッキ。闇属性と光属性を墓地に揃えることを目標にして行動する。
陽動ゼノデッキ 陽動ゼノデッキ【評点】11/35点【解説】
伏せた「X・E・N・O」を「陽動作戦」で守り、自分のターンに相手のモンスターを奪って攻撃する。「X・E・N・O」を全力で守り、直接攻撃でダメージを与える。
闇属性デッキ 闇属性デッキ【評点】10/35点【解説】
墓地の闇属性を除外する「闇王プロメティス」と、除外されている闇属性の数だけ強くなる「終焉の精霊」を組み合わせたデッキ。瞬発的な攻撃力が非常に高いが、カードの効果に極端に弱い。
友情ラスギャンバーンデッキ 友情ラスギャンバーンデッキ【評点】9/35点【解説】
城之内のスキル「ラストギャンブル」でLPを100まで減らし、「友情YUJYO」を発動して相手のLPを減らす。バーンカードで2,100ダメージを与えれば勝利できる。
闇の力デッキ 闇の力デッキ【評点】8/35点【解説】
闇の力」でフィールド魔法「闇」を発動し、魔法使い族を強化して戦う。

全デッキ一覧:ら行

デッキ 解説
霊獣デッキ 霊獣デッキ【評点】27/35点【解説】
モンスターの特殊召喚を繰り返し、ワンキルを狙うビートダウン。
ライトロードデッキ ライトロードデッキ【評点】23/35点【解説】
強力な切り札「裁きの龍」でフィールドを一掃し、カードを破壊してから攻撃する。
六武衆デッキ 六武衆デッキ【評点】23/35点【解説】
「真六武衆シエン」をシンクロ召喚して、相手の魔法・罠を無効にしながら戦う。主軸に据えるレベルによって、デッキの構築が異なる。
レヴィオニアデッキ レヴィオニアデッキ【評点】23/35点【解説】
混源龍レヴィオニアを主軸としたビートダウン。ライトロードギミック採用により、強力なSモンスターでも戦える。
レッドアイズデッキ レッドアイズデッキ【評点】22/35点【解説】
「真紅眼の黒刃竜」を融合召喚して攻める。サーチ手段が豊富で安定感がある。
ロイド召喚獣デッキ ロイド召喚獣デッキ【評点】22/35点【解説】
「メガロイド都市」を使ってロイドモンスターをサーチして戦う。「カイトロイド」をサーチできるため防御性能が高い。
ラヴァルデッキ ラヴァルデッキ【評点】18/35点【解説】
「ラヴァル・キャノン」の効果で除外した「ラヴァル」を特殊召喚し、シンクロ召喚につなげる。
リチュアデッキ リチュアデッキ【評点】18/35点【解説】
レベル8のイビリチュアを儀式召喚して、効果を使って攻める。
ロイドデッキ ロイドデッキ【評点】18/35点【解説】
「サブマリンロイド」の攻撃で相手のLPを削る。
ローズドラゴンデッキ ローズドラゴンデッキ【評点】16/35点【解説】
「ブラック・ローズ・ドラゴン」をS召喚して、カードを破壊する。植物族が中心なので、弱体化効果を発動できる。
ラヴァゴーレム寄生デッキ ラヴァゴーレム寄生デッキ【評点】15/35点【解説】
「寄生虫パラサイド」と相性が良い「溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム」を採用した「フライング寄生デッキ」。昆虫族には、戦闘で破壊されにくい「ナチュル・ドラゴンフライ」を採用して、粘り強く闘う。
真紅眼の黒刃竜デッキ 真紅眼の黒刃竜デッキ【評点】15/35点【解説】
「真紅眼融合」で特殊召喚した「真紅眼の黒刃竜」を、「真紅眼の遡刻竜」や「レッドアイズ・スピリッツ」で特殊召喚して使い回す。
レッドデーモンズドラゴンデッキ レッドデーモンズドラゴンデッキ【評点】15/35点【解説】
「レッド・リゾネーター」などで素材を揃え、「レッドデーモン」をシンクロ召喚する
レプティレスデッキ レプティレスデッキ【評点】14/35点【解説】
「終焉の焔」でリリースを確保し、「レプティレス・ヴァースキ」を召喚する。「レプティレス・ヴァースキ」の効果でモンスターを破壊し、盤面を有利にして戦う。
ラーの使徒ビートデッキ ラーの使徒ビートデッキ【評点】12/35点【解説】
「ラーの使徒」を「フォトン・リード」や「絆の力!」で強化して、ワンキルを狙うデッキ。
ロックバーンデッキ ロックバーンデッキ【評点】12/35点【解説】
「肥大化」や「底なし落とし穴」で相手の攻撃を封じ、「溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム」によるダメージで勝利を狙う。「肥大化」がLIMIT1に制限されたため、大きく弱体化した。
ラビエルデッキ ラビエルデッキ【評点】12/35点【解説】
「魔轟神」を並べて、「幻魔皇ラビエル」を特殊召喚する。
ラーの翼神竜デッキ ラーの翼神竜デッキ【評点】11/35点【解説】
展開力に優れる空牙団デッキに「ラーの翼神竜」を採用したデッキ。闇マリクのスキル「生贄を束ねる力」と「帝王の凍志」により、高攻撃力で効果を受けない「ラーの翼神竜」を召喚できる。
ラーの使徒ロックデッキ ラーの使徒ロックデッキ【評点】10/35点【解説】
「ラーの使徒」を「死のマジック・ボックス」で相手に押し付け、特殊召喚を封じる。「ラーの使徒」はリリースにできないため、他のモンスター2体を「呪魂の仮面」で無力化する。
レインボーダークデッキ レインボーダークデッキ【評点】10/35点【解説】
墓地に闇属性を7種類ためて「究極宝玉神レインボー・ダーク・ドラゴン」を特殊召喚する。
霊使いデッキ 霊使いデッキ【評点】9/35点【解説】
「霊使い」モンスターの効果で相手のモンスターを奪い、「憑依装着」をデッキから特殊召喚する。「憑依装着」は光・闇以外の属性に実装されているので、仮想敵を絞って使用する属性を決めよう。
レアメタルデッキ レアメタルデッキ【評点】7/35点【解説】
自身をエクストラデッキのモンスターと入れ替える効果を持つ「レアメタル」融合モンスターを主力にしたデッキ。レベル3・地属性・機械族のモンスターを増やし、「同胞の絆」で融合素材を揃える。

全デッキ一覧:わ行

デッキ 解説
ワルキューレデッキ ワルキューレデッキ【評点】23/35点【解説】
ワルキューレモンスターを複数展開して攻めるデッキ
ワームデッキ ワームデッキ【評点】17/35点【解説】
「ワーム・ゼクス」と「ワーム・ヤガン」のコンボで展開し、「ワーム・キング」でカードを破壊して攻める。
ワイトロードデッキ ワイトロードデッキ【評点】12/35点【解説】
デッキのカードを墓地へ送る効果を持つ「ライトロード」と「ワイトキング」を組み合わせたデッキ。「ライトロード」の効果で「ワイト」が墓地へ送られるため、「ワイトキング」の攻撃力が上がりやすい。
ワイトデッキ ワイトデッキ【評点】10/35点【解説】
墓地の「ワイト」と「ワイトキング」の数だけ攻撃力が上がる「ワイトキング」を主役にしたデッキ。「ワイトキング」の攻撃力は5,000まで伸びる。
ワンハンドレッドアイドラゴンデッキ ワンハンドレッドアイドラゴンデッキ【評点】10/35点【解説】
「ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン」をシンクロ召喚して、闇属性モンスターの効果を使う。
罠バーンデッキ 罠バーンデッキ【評点】9/35点【解説】
「白兵戦」とリシドのスキル「連動トラップ」でダメージを与えるバーンデッキ。罠カードで実を守るたびに、相手のLPが減っていく。
無課金ワルキューレデッキ 無課金ワルキューレデッキ【評点】-/35点【解説】
ワルキューレデッキの無課金構築

全デッキ一覧:ハイスコアデッキ

デッキ 解説
おじゃまハイスコアデッキ おじゃまハイスコアデッキ【評点】-/35点【解説】
「おジャマ・ナイト」の効果で相手のモンスターゾーンを封じて、ハイスコアを狙う。除去カードを使わないデュエリストに適している。
ゲートガーディアンハイスコアデッキ ゲートガーディアンハイスコアデッキ【評点】-/35点【解説】
スキル「合体魔神招来」を使ったハイスコアデッキ。
除去やバーンカードを使わないデュエリストを安定して攻略できる。
ケルベロスハイスコアデッキ ケルベロスハイスコアデッキ【評点】-/35点【解説】
「魔導獣ケルベロス」を使ったハイスコアデッキ。
魔法を使って「魔導獣ケルベロス」の攻撃力を上げる。
スキル掘りデッキ スキル掘りデッキ【評点】-/35点【解説】
スキルを使わないハイスコアデッキ。レジェンドデュエリストを相手にしたスキル集めに最適。
スピリットドラゴンハイスコアデッキ スピリットドラゴンハイスコアデッキ【評点】-/35点【解説】
「スピリット・ドラゴン」が攻撃表示で出ている時には攻撃してこないCPUの穴を突いたハイスコアデッキ。
仕様変更により、現在は使用できない
スライムプレゼントハイスコアデッキ スライムプレゼントハイスコアデッキ【評点】-/35点【解説】
杏子のスキル「サプライズ・プレゼント」で「スライム増殖炉」を相手に送りつけ、モンスターの召喚を封じるハイスコアデッキ。
仕様変更により、現在は使用できない。
セルケトハイスコアデッキ セルケトハイスコアデッキ【評点】-/35点【解説】
「王家の神殿」の効果で「青眼の究極竜」などの強力な融合モンスターを特殊召喚し、フィニッシャーの攻撃力を上げるハイスコアデッキ。
ディメンションゲートハイスコアデッキ ディメンションゲートハイスコアデッキ【評点】-/35点【解説】
「ディメンション・ゲート」で「迷宮癖ラビリンス・ウォール」を除去から守るハイスコアデッキ。
CPUの挙動変更により、使用できなくなった。
デスカウンターハイスコアデッキ デスカウンターハイスコアデッキ【評点】-/35点【解説】
「デスカウンター」が発動しているとモンスター1体でしか攻撃してこないCPUの思考を利用したハイスコアデッキ。
ディスティニードロー」の仕様が変更され、扱いにくくなった。
バオウハイスコアデッキ バオウハイスコアデッキ【評点】-/35点【解説】
「ガーディアン・バオウ」の攻撃力強化を利用したハイスコアデッキ。
ブラックパラディンハイスコアデッキ ブラックパラディンハイスコアデッキ【評点】-/35点【解説】
「超魔導剣士ブラック・パラディン」の魔法を無効にする効果を利用したハイスコアデッキ。
魔法を多用するレジェンド攻略に適している。
ブルーディーハイスコアデッキ ブルーディーハイスコアデッキ【評点】-/35点【解説】
モンスター効果を無効にする「D-HEROBloo-D」を召喚して時間を稼ぐハイスコアデッキ。
モンスター効果に頼ったレジェンド攻略に適している。
ユニオン従者ハイスコアデッキ ユニオン従者ハイスコアデッキ【評点】-/35点【解説】
「墓守の従者」を「ユニオン・アタック」で強化し、直接攻撃で9999ダメージオーバーを狙う。
様々なハイスコアデッキにギミックが採用されている。
ラーの翼神竜ハイスコアデッキ ラーの翼神竜ハイスコアデッキ【評点】-/35点【解説】
「ラーの翼神竜」の攻撃で9999ダメージオーバーを狙うハイスコアデッキ。
神召喚ボーナスを獲得でき、高得点を狙いやすい。
雲魔物ハイスコアデッキ 雲魔物ハイスコアデッキ【評点】-/35点【解説】
戦闘で破壊されない「雲魔物」モンスターを使用したハイスコアデッキ。
除去カードを使用しないレジェンド攻略に適している。
森羅ラーハイスコアデッキ 森羅ラーハイスコアデッキ【評点】-/35点【解説】
「森羅」モンスターを場に3体揃え、「生贄を束ねる力」の効果で許可した「ラーの翼神竜」でフィニッシュするハイスコアデッキ。
森羅デッキ」の規制により、扱いにくくなった。
薄幸の乙女ハイスコアデッキ 薄幸の乙女ハイスコアデッキ【評点】-/35点【解説】
「薄幸の乙女」の効果で相手の攻撃を封じるハイスコアデッキ。
肥大化カタパルトハイスコアデッキ 肥大化カタパルトハイスコアデッキ【評点】-/35点【解説】
「肥大化」で相手モンスターを強化し、「カタパルト・タートル」のリリースにして大ダメージを与えるハイスコアデッキ。
「肥大化」がLIMIT1に制限されたため、現在は使用できない。
迷宮作成ハイスコアデッキ 迷宮作成ハイスコアデッキ【評点】-/35点【解説】
スキル「迷宮作成」を使った、安定感のあるハイスコアデッキ。
攻撃力が低いレジェンド攻略に適している。
堕天使ラーハイスコアデッキ 堕天使ラーハイスコアデッキ【評点】-/35点【解説】
「神属の堕天使」を使いまわして回復し、「ラーの翼神竜」で攻撃するハイスコア狙いデッキ。
レッドアイズハイスコアデッキ レッドアイズハイスコアデッキ【評点】-/35点【解説】
真紅眼の黒刃竜でロックをかける対CPU専用の高評価狙いデッキ。
マジシャンガールハイスコアデッキ マジシャンガールハイスコアデッキ【評点】-/35点【解説】
マジシャンガールモンスターの効果を用いてロックをかける対CPU専用のハイスコア狙いデッキ
月光ハイスコアデッキ 月光ハイスコアデッキ【評点】-/35点準備中

全デッキ一覧:キャラ解放用デッキ

デッキ 解放条件
イシズ解放用デッキ
イシズ解放用
【解説】
「味方殺しの女騎士」の維持コストにモンスターをリリースして、光属性200体召喚を目指す。【解放条件】
・光属性モンスターを200回召喚する
エド解放用デッキ
エド解放用
【解説】
闇属性のシリーズ「墓守」でデッキを構築し、オート操作で闇属性200回召喚を目指す【解放条件】
・闇属性モンスターを200回召喚する
リシド解放用デッキ
リシド解放用
【解説】
罠カードを300回使用することを目的としたデッキ。
「貪欲な瓶」を使い、相手のデッキが切れるまで罠を使い続ける。【解放条件】
・罠カードを300回使用する
梶木漁太解放用デッキ
梶木漁太解放用
【解説】
アドバンス召喚を150回行うことを目標にしたオートデッキ。【解放条件】
・アドバンス召喚を150回成功させる
三沢大地解放用デッキ
三沢大地解放用
【解説】
デッキの残りカード3枚以下で勝利することを目的にしたデッキ。
「レッドアイズ」のデッキ圧縮を利用してすばやくデッキを減らす。【解放条件】
・自分のデッキの残りカード3枚以下で50回勝利する

全キャラクターの解放条件一覧はこちら

全デッキ一覧:稼ぎ用デッキ

経験値稼ぎデッキ

デッキ 解説
レジェンド10周回デッキ レジェンド10周回デッキ【評点】-/35点【解説】
レジェンドデュエリストのレベル10を高速周回するためのデッキ。
戦士族を装備魔法で強化して、速攻勝利を狙う。
レベル上げ用デッキ レベル上げ用デッキ【評点】-/35点【解説】
スタンダードデュエリストや、レジェンドデュエリストを高速周回できるよう構築したデッキ。
オート周回でも安定して勝利できるように構築している。
自滅デッキ 自滅デッキ【評点】-/35点【解説】
「デステニー・デストロイ」を使ってダメージを受け、自滅するデッキ。スキル集めやレベル上げに使用する。

オート周回デッキ

デッキ 解説
オート周回デッキ オート周回デッキ【評点】-/35点【解説】
オート操作で高評価を狙うデッキ。「メテオ・ブラック・ドラゴン」や「双頭の雷龍」の融合召喚を狙う。
ゲートガーディアンオートデッキ ゲートガーディアンオートデッキ【評点】-/35点【解説】
スキル「合体魔神招来」を使ったオート周回用デッキ。
勝つのも負けるのもあっという間なので、ストレスは少ない。
ケルベロスオートデッキ ケルベロスオートデッキ【評点】-/35点【解説】
「魔導獣ケルベロス」を使ったセミオートデッキ。
「魔導獣ケルベロス」を召喚するまでは操作が必要。
コアラオートデッキ コアラオートデッキ【評点】-/35点【解説】
「マスター・オブ・OZ」を融合召喚するオート周回用デッキ。

プレイマット開放用デッキ

デッキ 解説
ラープレイマット解放用デッキ ラープレイマット解放用デッキ【評点】-/35点【解説】
「ラーの翼神竜」のプレイマットを獲得するためのデッキ。
ギミックは「オシリスの天空竜」と同様。ターンが50になるまで反転召喚を繰り返せる。

全デッキ一覧:キャラ再現デッキ

DMキャラ再現デッキ

DMキャラ再現デッキ一覧
闇遊戯
闇遊戯
海馬瀬人
海馬瀬人
城之内克也
城之内克也
孔雀舞
孔雀舞
真崎杏子
真崎杏子
武藤遊戯
武藤遊戯
インセクター羽蛾
羽蛾
ダイナソー竜崎
竜崎
梶木漁太
梶木漁太
闇マリク
闇マリク
闇バクラ
闇バクラ
バンデット・キース
キース
イシズ
イシズ
リシド
リシド
ペガサス
ペガサス
モクバ
モクバ
迷宮兄弟
迷宮兄弟
パンドラ
パンドラ
ゴースト骨塚
骨塚
エスパー絽場
絽場
本田ヒロト
本田ヒロト
光と闇の仮面
光と闇の仮面

GXキャラ再現デッキ

遊城十代
遊城十代
ヘルカイザー亮
カイザー亮
エド・フェニックス
エド
ヨハン・アンデルセン
ヨハン
万丈目準
万丈目準
天上院明日香
明日香
クロノス・デ・メディチ
クロノス
ユベル
ユベル
三沢大地
三沢大地
丸藤翔
丸藤翔
ティラノ剣山
ティラノ剣山
斎王琢磨
斎王琢磨

5D'sキャラ再現デッキ

不動遊星
不動遊星
ジャック・アトラス
ジャック
クロウ・ホーガン
クロウ
十六夜アキ
十六夜アキ
龍亞
龍亞
龍可
龍可
牛尾哲
牛尾哲

各種デッキ一覧
デッキ一覧
種族デッキアイコン
種族別
属性
属性別
スキルデッキアイコン
スキル別
シリーズ
シリーズ別
ビートダウン コントロール バーン デッキ破壊 特殊勝利

オススメの記事