FGO

【FGO】ヨハンナの元ネタと史実解説

編集者
FGO攻略班
更新日時
7月29日18時までメンテ実施!
メンテナンス情報まとめ
7周年の最新情報やガチャ予想
7周年フェスの開催情報と配信スケジュール
水着サーヴァントの予想と評価

FGO(フェイトグランドオーダー)のサーヴァント「ヨハンナ」の元ネタである史実を解説。原典となる神話や歴史、史実と設定の相違点や登場済みのサーヴァントとの関係性を掲載しているので、FGO(FateGO)を考察する参考にどうぞ。

ヨハンナ

©TYPE-MOON / FGO PROJECT

ヨハンナの元ネタ

ヨハンナのプロフィール

出典 伝承、歴史書
地域 ヨーロッパ
時代 9世紀
誕生年月日 不明
没年 不明

ヨハンナの史実解説と伝承

ヨーロッパにおける伝説上の人物

ヨハンナは中世ヨーロッパにおける伝説上の人物とされている。女性でありながら男装をしており、学識の高さからローマ教皇に選ばれたという。

しかし、在職中でありながら愛人の子を妊娠していたという伝承がある。出産に関するエピソードはいくつかあり、大聖堂に向かう道中に産気づき、子供を出産した際にヨハンナは亡くなったとされている。

女教皇の実在性

ヨハンナが実在の人物であるなら、レオ4世とベネディクトゥス3世の間である855年から858年までにローマ教皇に在位していたことになる。しかしヨハンナが実在したと証言できる資料は少なく、歴史家の中では創作上の人物とされている。

Fateシリーズでの設定

FGOでの小ネタ

6.5章での活躍

ヨハンナは6.5章トラオムにて初登場したサーヴァント。復権界域に属しており、コンスタンティノス11世やブラダマンテと協力していた。自身の実在を否定された歴史の汎人類史に叛逆心を持ち、主人公たちと敵対することになる。

関係の深いサーヴァント

キャラ名 ヨハンナとの関係
コンスタンティノス
コンスタンティノス
トラオムにて同じ陣営に属していた仲間。
ブラダマンテ
ブラダマンテ

参考文献
wikipedia

オススメの記事