パズドラ
【5周年記念】アンケートゴッドフェス開催!
フェス限ヒロインとアンケートはどっちを引くべき?

【パズドラ】藤代拓海の最新評価と使い道

更新日時

七代目武装戦線副頭・藤代拓海

七代目武装戦線副頭・藤代拓海(クローズコラボ)の最新の評価とステータス、覚醒スキル、スキル上げ素材、進化素材を紹介。強さや使い道を把握し進化先の比較やおすすめの潜在覚醒、スキル継承するべきか、リセマラの参考にして下さい。

七代目武装戦線副頭・藤代拓海の総合評価

リーダー評価サブ評価
6.0/ 107.5/ 10

藤代拓海の評価

使える点

希少なロック解除スキル

雷神などの登場で実装されたロック解除のスキルを所持している。ドロップロックによる妨害は窮地を招く場合が多く、非常に重宝できるスキルだ。

また、覚醒に攻撃キラー、リーダースキルに反撃効果があるため周回パのリーダーとして扱いやすい。

使えない点

スキル以外は微妙

優秀なスキルをいかしたいもののスキル以外に飛びぬけた部分がなく、パーティーに編成するには優先度が下がってしまう。

また反撃効果のリーダースキルは使いどころが限定的であり、倍率自体も低めなので、活躍できる機会は少ないだろう。

七代目武装戦線副頭・藤代拓海の使い方

リーダー

簡単なダンジョンの周回に

倍率が低くダンジョン攻略には向かないが、タイプさえ揃えれば無条件で倍率がかかるため簡単なダンジョンの周回に使える。

サブ

ドロップロック解除枠

ドロップロックが厄介なダンジョンの対策枠として編成できる。覚醒面など他のサブに頼らなければいけない部分が多いので、ロック解除以外であえて藤代拓海を優先する必要性は低いといえる。

どんなパーティがおすすめ?

闇ソニアパのサブ

闇ソニアはタイプ、属性ともに相性がよくスキルもいかしやすい。優秀なサブが揃っていない場合や、ドロップロック対策が必要なダンジョンに挑む際に編成するといいだろう。ただし、攻撃面の覚醒はキラー以外持っていないため、ほかのサブで補う必要がある。

藤代拓海のおすすめの潜在覚醒スキル

スキル遅延耐性を優先

藤代拓海の長所はスキルにあるため、パーティーに編成する場合は遅延耐性を優先してつけよう。ただし、アシストスキルとしての使い道もあるため、無理に潜在を付ける必要はない。

藤代拓海はスキル上げするべき?

同名スキルのモンスター

藤代拓海(進化前)藤代拓海(進化前)
拓海の武装戦線ジャケット拓海の武装戦線ジャケット

アシスト設定するべき?

アシストとして汎用的に使える

最近のダンジョンはロック解除をしかけてくる敵が多く、需要の高いスキルだ。ダンジョン攻略をメインとする強力なパーティーで重宝できるため、いずれかのモンスターのアシストとしてつけよう。
ベースとしてはスキルでの起用がメインになるため、他のスキルを付ける必要はない。

ベース評価 アシスト評価

クローズコラボシリーズ

林田恵 坊屋春道 月島花 九里虎
伝説の男・林田恵評価パーティー 最強より最高・坊屋春道評価パーティー 圏外から来た男・月島花評価パーティー 街で最強の男・花木九里虎評価パーティー
武田好誠 古川修 九能龍信 美藤竜也
五代目武装戦線頭・武田好誠評価パーティー 黒焚連合初代総長・古川修評価- 九能龍信評価- 鳳仙最強の男・美藤竜也評価-
藤代拓海 河内鉄生 武藤蓮次 迫田武文
七代目武装戦線副頭・藤代拓海評価 六代目武装戦線頭・河内鉄生評価 花組の相談役・武藤蓮次評価 鈴蘭の恐竜・迫田武文評価
村田十三 春山孝一 阪東秀人 安田泰男
四代目武装戦線副頭・村田十三評価 P.A.Dリーダー・春山孝一評価 三代目武装戦線四天王・阪東秀人評価 春道の舎弟・安田泰男評価
金山丈 村田将五 花澤三郎
鳳仙学園のトップ・金山丈評価 七代目武装戦線頭・村田将五評価 新四天王・花澤三郎評価

七代目武装戦線副頭・藤代拓海の性能

ステータス

属性タイプレアリティコスト
闇 / 火攻撃タイプ / 悪魔タイプ★635
HP攻撃回復
初期 LV編集中編集中編集中
最大 LV29331625255
+29739232110552

スキル

リーダースキル

オレたちが七代目武装戦線だ
悪魔タイプのHPが1.5倍、攻撃力は3倍。攻撃を受けると、闇属性で反撃。

スキル

お前は哀れな男だな!
ドロップロック状態を解除。ランダムで闇と火ドロップを3個ずつ生成。
12(最短:7)

覚醒スキル

効果所持数
スキルブーストチーム全体のスキルが1ターン溜まった状態で始まる1
操作時間延長ドロップ操作時間が少し延びる(1つにつき0.5秒延長)1
スキル封印耐性スキル封印を無効化することがある1
攻撃キラー攻撃タイプの敵に対して攻撃力がアップする1

入手方法

調査中

オススメの記事