ドラクエ1
注目のおすすめ記事!
最強装備ランキング
世界地図とマップ一覧
裏技・小ネタ特集

【ドラクエ1】セーブの種類とセーブのやり方

編集者
おなす
更新日時

ドラクエ1(DQ1)のセーブについて解説。セーブの種類をはじめ、セーブのやり方、冒険書セーブやオートセーブの特徴、セーブできる場所も解説しているため、ドラクエ1(スマホ版/アプリ版)を攻略する際の参考にどうぞ。

ドラクエ1_セーブ

© 1986,2003 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/
 SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX

セーブの種類と特徴

「冒険の書」によるセーブ

ドラクエ1_冒険の書

「冒険の書」によるセーブは、ラダトーム城でのみ可能なセーブ方法。ラダトーム城の2階にいる王様に話しかけることで、「冒険の書」にセーブすることができる。

「冒険の書」によるセーブの特徴
1.セーブデータを最大3つまで同時に保存可能
2.ラダトーム城でしかセーブできず、再開地点もラダトーム城

「中断の書」によるセーブ

ドラクエ1_中断の書

「中断の書」によるセーブは、メニュー画面からいつでも可能なセーブ方法。戦闘中や会話中以外であれば、フィールドのどこにいてもセーブすることができる。最も気軽なセーブ方法なので、ボス戦前やレベル上げの際などに活用しよう。

「中断の書」によるセーブの特徴
1.フィールドのどこにいてもセーブできる
2.セーブデータは1つのみ保存可能で、上書き保存される

自動セーブ(オートセーブ)

「自動セーブ」は、名前の通り、自動でセーブしてくれる機能。戦闘の終了時などに自動でセーブデータが保存されるため、プレイ中に端末の電源が切れてしまった時や、アプリが強制終了してしまった場合などに活用できる。

しかし、必ずしも自動セーブがされるわけではないため、万が一の場合のバックアップデータとして認識しておこう。

自動セーブの特徴
1.戦闘終了時や画面が切り替わる時に自動でセーブしてくれる
2.セーブデータは1つのみ保存可能で、上書き保存される
3.他のセーブ方法を実行すると消える

セーブのやり方

「冒険の書」によるセーブ方法

1 ラダトーム城の2階へ行く
2 ラダトームの王様に話しかける
3 任意の「冒険の書」を選んでセーブする

「中断の書」によるセーブ方法

1 メニュー画面を開く
2 「さくせん」から「ちゅうだん」を選んでセーブする

自動セーブによるセーブ方法

自動セーブは、名前の通り自動的にセーブデータを保存してくれる機能のため、セーブ方法は存在しない。


関連記事
ドラクエ1_レベル上げレベル上げの効率的なやり方【経験値稼ぎ】
ドラクエ1_お金稼ぎお金稼ぎの効率的な方法【金策】
ドラクエ1_マップ世界地図と全マップ一覧

【ドラクエ1】攻略お役立ち情報一覧

オススメの記事