ゲーミングマウス

ロジクール G703h

ロジクール G703h

安価ながらLIGHT SPEEDワイヤレスに対応

1万円以下で購入できるゲーミングマウス「ロジクール G703h」。安価ながら優れた性能を持っており、メーカー独自の超低遅延ワイヤレス技術「LIGHT SPEED」に対応しているのが大きな特徴だ。

高精度な「HERO25Kセンサー」により100〜256,000DPIの間で感度を調節でき、精密性にも優れている。バッテリー持ちもよく、RGBライトをオフにすれば最大60時間連続使用可能だ。

ゲーミングマウスのおすすめ人気ランキング

ゲーミングマウスパッド

Razer Gigantus V2 L

Razer Gigantus V2 L

プロも使用する高コスパゲーミングマウスパッド

「Razer Gigantus V2 L」は、オーソドックスな布製マウスパッド。4種類のサイズを揃えており、自分のプレイスタイルやゲーム環境に合わせて選択可能だ。マウスの止めやすさに優れており、FPSで敵を狙う際、滑りすぎずしっかりと狙える。

4種類の中で最も汎用性の高いLサイズは、2,000円程度で購入可能。プロゲーマーやストリーマーにも使用者が多く、初心者から上級者までおすすめのマウスパッドだ。

ゲーミングマウスパッドのおすすめ人気ランキング

ゲーミングキーボード

Razer BlackWidow V3 TKL

Razer BlackWidow V3 TKL

銀軸相当の高速スイッチが1万円以下で手に入る

「Razer BlackWidow V3 TKL」は、シンプルなテンキーレスタイプのゲーミングキーボード。キースイッチをメーカー独自開発の「緑軸」、「黄軸」から選択でき、緑軸ははっきりとした打鍵音とクリック感、黄軸はアクチュエーションポイント(キーの作動点)が1.2mmと浅いのが大きな特徴だ。

特に黄軸は高速スイッチ「銀軸」と同じ性能を持っており、一瞬の判断が勝敗を分けるゲームに最適。テンキーレスタイプのためマウスのスペースも確保しやすく、汎用性に優れたモデルとなっている。

安いゲーミングキーボードのおすすめ人気ランキング

ゲーミングモニター

AOC G2490VX/11

AOC G2490VX/11

滑らかで臨場感のある映像表現

144Hzの最大リフレッシュレートと1msの応答速度を持つ「AOC G2490VX/11」。2万円程度と安価で購入できるにもかかわらず、FPSやアクションゲームで試合を有利に進めるには充分な性能だ。VAパネルを搭載しているため明暗の表現に長けており、臨場感のある映像を楽しめるのも魅力の1つ。

安いゲーミングモニターのおすすめ人気ランキング

ゲーミングヘッドセット

Razer BlackShark V2 X

Razer BlackShark V2 X

低価格でつけ心地がよく定位感にも優れている

6,000円程度で購入できる「Razer BlackShark V2 X」は、BlackSharkシリーズのエントリーモデル。つけ心地のよさに定評があり、長時間のゲームプレイでも疲れにくいのが大きな魅力だ。定位感に優れているため音の位置や距離を把握しやすく、敵の足音や銃声を聞き取らなければならないFPSで大いに活躍する。

安いゲーミングヘッドセットのおすすめ人気ランキング

ゲーミングマイク

HyperX SoloCast

HyperX SoloCast

値段は1万円以下だが音質は上位クラス

「HyperX SoloCast」は、8,000円前後で購入できるゲーミングマイク。音質は上位クラスのマイクに勝るとも劣らず、価格以上の性能を持つコスパに優れたモデルだ。ミュート機能は本体上部に触れるだけで動作するため、余計なノイズが入りにくい構造になっているのもメリットの1つ。

ゲーミングマイクのおすすめ人気ランキング

コスパの良いゲーミングデバイスメーカー

メーカー 特徴
ロジクールG ・特にマウスの人気が高い

・商品ラインナップが豊富

Razer ・スタイリッシュでカッコいいデザイン

・カラーバリエーションが豊富

HyperX ・高音質なゲーミングマイクを販売
AOC ・世界3位のシェアを誇る

・低価格で高リフレッシュレートな製品が多い

ゲーミングマウスやゲーミングキーボードなどは、有名なゲーミングデバイスメーカーによる製品がコスパに優れている。中でもLogicool、Razer 、HyperXの3社はユーザー及びプロゲーマーやストリーマーからの人気が高く、信頼されている企業だ。

ただし、モニターに関してはRazerやロジクールGといった有名なゲーミングデバイスメーカーよりも、BenQやASUSといった台湾のPC周辺機器メーカーが優秀。コスパの良いゲーミングデバイスメーカーとしても同様に、台湾企業のAOCが挙げられる。