ポケットタウン
最新情報
▶ 新テーマ「フラワー」が登場!
▶ バラタワーの作り方

知っておくべきマナーやルールまとめ

更新日時

ポケットタウン(ポケタン)をプレイする上で知っておくべきマナーやルールをまとめてご紹介!友達機能を上手に使って、ほかのプレイヤーと楽しくポケットタウンをプレイしよう!

ポケタン

©SELVAS GAMES & VOYAGE GAMES, Inc.

マナーに対する意識調査のアンケートを実施中!
▶ アルバイトに関するアンケート
▶ バラに関するアンケート

ポケットタウンってどんなゲーム?

ほかのプレイヤーと自由に交流できる!

ポケットタウンは、ほかのプレイヤーと協力し合いながら進められるというのが大きな特徴だ。友達追加の方法もカンタンなので、交流の輪は、自分次第でどんどん広げられる。

マナーを持って楽しくプレイしよう

友達機能が非常に多く、自由度も高いのがポケットタウンの魅力だ。ただし、プレイヤーによって町の方針や、交流のやり方はさまざまである。

ポケットタウンはグローバルなゲーム

各国それぞれのマナーがある

ポケットタウンは日本以外の国でも配信されており、ゲーム内ではほかの国のプレイヤーとも交流ができる。各国の文化や、プレイスタイルは異なり、日本でのマナーが当たり前ではない場合もある。各国のプレイスタイルも理解しながら、貴重な交流機会を楽しもう!

プレイする上でのルールやマナーがある

「友達と協力する」という要素がゲーム内で非常に重要なため、プレイヤーの間には暗黙のルールやマナーがあったりもする。

決して厳しいものではなく、マナーを理解しておくことで楽しくプレイできるはずだ。これからポケットタウンを始める人に、知っておくべきマナーをご紹介する。

初心者が知っておくべきマナーとルール

【1】トークの使い方

ドラゴン

トークでお手伝いを依頼できる

ドラゴンやスワンボートでアイテムが不足した場合、ほかのプレイヤーにお手伝いをして貰える。

トーク機能でお手伝いの依頼を募集すれば、攻略がスムーズになるため非常にオススメ!ただし、お手伝いしてくれる側にも伝わりやすい内容を投稿するのがポイントだ。

協力を依頼する場合は具体的に書こう!

トークには、より具体的な内容を書き込むと伝わりやすい。「どこに」「何のアイテムが」「いくつ欲しい」と書くことで、お手伝いする側も「倉庫に余っているから手伝いに行こう!」と、アクションを起こしやすい。

トーク
トーク

【2】バラのお礼

バラ

協力して貰ったらバラでお礼をしよう!

ドラゴンやスワンでお手伝いをして貰った時は、お礼をするのがプレイヤー間でのマナーとなっている。

感謝を伝えることが重要なので、手紙、プレゼント、水やりなど、何でも良いのだが、大多数のプレイヤーは「お礼=バラ」という認識が強いため、暗黙のルールになっている。

贈るバラの数は2〜5本が基準

バラの種類
ピンクのバラ
ピンクのバラ
赤いバラ
赤いバラ

バラは1本から贈れるので、協力して貰った内容によって数を決めよう。ドラゴンやスワンのお手伝いは2〜5本でお礼をすることが多い。

バラの入手方法と使い道

協力内容次第でスペシャルなお返しをしよう

バラタワー

ちなみに当サイトでは、「リンゴ」や「ココナッツ」など、貴重なアイテムを大量に譲って貰った時など、赤いバラ10本やバラタワーなど、特別なお礼をすることにしている。

バラタワーの作り方

【3】水やり

水やり

ほかのプレイヤーの畑に水やりをすると、報酬としてバラが貰える。お互いにメリットがあるため、お礼が発生しない場合も多いが、水やりでお返しすると印象も良く、交流も深められるだろう。

トークでお願いした場合はお礼をしよう

相手側が自主的に水やりをしてくれた場合は、手軽なお礼でも良いが、トークで募集した場合は、わざわざ町に足を運んでくれたお礼としてバラ1本などを贈って感謝を伝えよう。

【4】手紙

手紙

言葉でメッセージを残したい時に使おう

特に困っていた時に助けて貰ったり、相手に言葉で何かを伝えたい時に便利なのが手紙だ。

当サイトでは、好意でプレゼントを置いていってくれた人へのお礼を伝える時、また、フレンドになりたい時の事前確認などで活用している。

手紙や贈り物はすぐ回収して削除する?

自分が送った手紙や贈り物を回収されるのは嫌?

アルバイトの基本的なマナー

アルバイトはトラブルが発生しやすい!

セレクトショップ

アルバイトのエントリーは限定1枠

セレクトショップのアルバイトは、トラブルが発生しやすい。なぜなら、エントリーは1枠しか無いからだ。

誰でもカンタンに応募ができるため、1人が応募すると、ほかの人が参加できなくなってしまう。ホスト側がアルバイト相手を選びにくいのが原因となっている。

アルバイトのやり方とメリット

ホスト側のメリットが低いのも原因…

セレクトショップ

セレクトショップを入手し、アルバイトを解放するのはカンタンではない。ホスト側は相当な数のテーマチケットを消費して入手するのだが、応募する側はボタンひとつでアルバイトに応募できてしまう。

しかし、報酬のセレクトアイテムは互いに同じ数という点で、不満が発生しやすいのだ。

応募する側のマナー

交流してから申請する

アルバイトに応募する際は、通りすがりのプレイヤーとしてではなく、友達の状態である方が良い。また、「応募させて貰いました!よろしくお願いします」という手紙を残すなど非常に丁寧に申請する人もいる。

応募する側よりもホスト側のメリットが低いということを理解した上で、最低限のマナーを心得ておこう。

複数のショップへ応募するのは控えよう

町によっては、複数のセレクトショップを設置している場合がある。複数のショップを所持するホストは、できるだけ多くの人にアルバイトをお願いしたいという方針の人が多い。

全ショップが空いている状態だからとって、全て応募するのは町のマナーに反する場合があるのでやめておこう。

看板をチェックする

アルバイト

駅の裏にある看板は、自由に文字を変更できる。町のルールや、アルバイト募集について記載されている場合があるので、申請前にはなるべく目を通しておこう。

ホストにお礼をしよう

プレゼント

ツキノコ配達をするためのセレクトアイテムは非常に貴重であり、アルバイト以外での入手は不可能だ。そのため、セレクトショップを所持していない人は、どうしてもホスト側に依存してしまう。

見返りを求めない人もたくさんいるが、バラなどでお礼をしてホストに感謝を伝えると、お互いに気持ちよくアルバイトが行えるだろう。

ホスト側のマナー

アルバイト

アイテムの回収は早めに行おう

アルバイトのトラブルは、応募する側だけの問題ではない。アルバイト完了後、セレクトアイテムをホスト側が先に回収しなければ、応募した側はいつまでたっても入手できない。

何度町に訪れてもホストがアイテム回収をしてくれない、という不満も多いようだ。アルバイトを受け入れる側は、アイテム回収をできるだけスピーディに行うことがマナーである。

マナーを守れない友達に困った時は?

ブロック機能を活用しよう

ブロック

さまざまな手を尽くしても問題が解決できない場合もある。どうしてもトラブルが発生する相手に対しては、「ブロック機能」を使おう。

設定すれば特定のプレイヤーが自分の町に入れなくなるため、最後の切り札として有効だ。

ブロック機能のやり方

オススメの記事