【ウィッチャー3】 ニューゲーム+の引き継ぎ要素と1周目でやるべきこと

更新日時
編集者
神ゲー攻略班

『ウィッチャー3ワイルドハント』におけるニューゲーム+(強くてニューゲーム)の引き継ぎ要素と、1周目でやるべきことを解説している。ニューゲーム+開始の推奨レベルやおすすめ装備についても掲載しているため、ウィッチャー3攻略の参考にどうぞ。

ニューゲーム+の特徴

1周目の育成内容を引き継ぎ再プレイできる

ニューゲーム+とは、1回目のクリア時点でのゲラルトの育成内容を引き継ぎ、新たにニューゲームを開始できる要素だ。なお、敵の能力も強くなっているため、敵との接戦が楽しめる。

ゲラルトのレベルに伴い敵レベルも上がる

ニューゲーム+を開始すると、開始時点のゲラルトのレベルによって敵のレベルが設定される。そのため、1周目よりも遥かに高レベルの敵やボスと戦うことになる。

ゲラルトのレベル上限は100

ゲラルトのレベル上限は100だが、敵のレベル上限は105であり、5の差を装備の強さ等で補う必要がある。また、ニューゲーム+開始時のレベルから20レベル上がるまでの間は、獲得経験値が2倍になる。

アビリティポイントの振り直しが可能

ニューゲーム+の開始直後、アビリティポイントの振り直しができる「回復の霊薬」を入手できる。そのため、ゲラルトのアビリティポイントを振り直せる。

謳われしウィッチャー装備を入手できる

ニューゲーム+では、装備名の前に「謳われし」という名がつき、固有アイテムとして追加される。また、性能も大幅に向上する。

そして入手できる装備の性能は、ニューゲーム+開始時のレベルによって変動する。そのため、1回目のクリアを高いレベルで行った方が、高レベルの装備を入手できる。

おすすめ装備名
謳われしウィッチャー装備
謳われし蛇流派の銀の毒剣
テシャム・ムナ装備
イリス

ニューゲーム+の引き継ぎ要素

引き継げる要素

要素 解説
レベル・アビリティ・
変異
1回目のクリア時点でのゲラルトのレベルが引き継がれる
錬金術 1回目のクリア時点での実績が引き継がれる(クエストに関わる錬金レシピは引き継がれない)
オイル・霊薬・爆薬 1回目のクリア時点で解除済みのオイル・霊薬・爆薬が引き継がれる(クエストに関わるオイル・霊薬・爆薬は引き継がれない)
クラウン 1回目のクリア時点での所持クラウンが引き継がれる
アイテム 討伐の証以外のアイテムが引き継がれる

初期化される要素

ニューゲーム+で初期化される要素
クエストアイテム クエスト実績 グウェントカード
設計図 変異誘発剤 大百科(怪物図鑑・人物事典・書物)
討伐の証 マップ NPCの陳列商品

1周目でやるべきこと

2周目序盤用の装備を準備する
変異を解除しゲラルトを強化する

序盤用の装備を準備する

種類 装備名 おすすめ理由
銀の剣 エアロンダイト 武器自体が育成可能であり、ゲラルトのレベル上昇に伴い武器のレベル上限も上がるため、ニューゲーム+でも通用する
下半身・
手足
グリフィン流派の装備 通常モードでの印の使用後3秒以内は、通常モードで印を使用しても気力を消費しないので、印を連発できる
狼流派の装備 剣に3種類のオイルを塗布できる
鋼の剣・
上半身
- ホワイト・オーチャードの酒場近くの商人か、クロウパーチの補給将校から新たに購入する

ニューゲーム+では、序盤から敵が強化されるため、1週目のプレイで使用していた装備は使い物にならない場合が多い。そのため、ニューゲーム+序盤のための強い装備の準備が必要だ。

余裕があれば「酸の抽出液」とお金も稼ぐ

2周目で伝説級ウィッチャー装備を製作する際、濃縮ディメリティウム鉱石の材料「酸の抽出液」が必要になる。そのため「巨大ムカデの顎」を分解して「酸の抽出液」を多く入手しておこう。

また、「アーチスポアの触手」はニューゲーム+で分解すると「酸の抽出液」になる。そのため、1周目でアーチスポアの触手をストックしよう。鍛治やアイテム購入のためのお金を貯めておくのもおすすめだ。

「変異」を解除しゲラルトの強化を行う

DLC「血塗られた美酒」のサイドクエスト「未知と向き合う時」をクリアすると、変異機能を解除できるため、1周目で必ずクリアしておこう。また、ニューゲーム+で再度クリアすればアビリティポイントを1獲得できる。

アビリティポイントを全て獲得する

力の場を解放するとアビリティポイントを1獲得できるため、1周目で全て解放しよう。またメインクエスト「はげ山」の報酬である魔法のドングリは、使うとアビリティポイントを2獲得できるため、1周目で使っておこう。


攻略ガイドTOP