※メインストーリー3章までの軽微なネタバレを含みます。

CBTレポートのポイントまとめ

  • 主人公が男性な点が物語に強く影響する
  • 女の子は可愛くソシャゲとしては手堅い
  • ガチャと限界突破のバランスがどうなるか気になる

シリーズとしては冒険だがソシャゲとしては手堅い

ブルリフS ポイント用画像

ブルリフSは、ソシャゲとしてはオーソドックスなゲームシステムを持ち、高クオリティのキャラデザインなど素材の良さが光る作品だ。ただし、シリーズ物としては、シリーズ初の男性主人公採用という点で冒険している印象を受けた。

今作がシリーズ初めてというユーザーなら一切の問題はないが、『ブルーリフレクション』シリーズを百合*ものと捉えていたユーザーは拒絶反応が起きるかもしれない。ただ、主人公が男性であることはシナリオ上できちんと意味を持っており、女の子自体も可愛いため、それだけで切って捨てられるのは惜しいとも感じる。……ダメなものはダメで仕方ないが。

*女性同士の親密な関係を描いた創作ジャンル。『ブルーリフレクション』は百合好きのユーザーから強い支持を受けてきたシリーズである

それ以外だと、ガチャのバランスが正式サービス時にどうなるかは気になる点だ。同一キャラあるいは装備の「フラグカード」をガチャから複数入手すればできる「限界突破」の恩恵が大きいため、ガチャの回しやすさがゲームの難易度に影響しそうと感じたぞ。

ブルリフSとは?

少女たちの等身大の青春が描かれるRPG

ゲーム概要

ブルーリフレクション 燦(ブルリフS)は、岸田メル氏による透明感あるデザインで「少女たちの等身大の青春」を描く『ブルーリフレクション』シリーズのスマホ向けRPGだ。「灰」によって蝕まれてる世界にて、「イローデッド」として人知れず戦う少女たちの物語が展開される。

岸田メル氏によるデザインが特徴

ブルリフS 岸田メル イラスト

『ブルーリフレクション』シリーズの特徴かつ、本作が大きな注目を集める理由のひとつは人気イラストレーター「岸田メル」氏がキャラクターデザインを手掛けていることだろう。岸田メル氏は『アトリエ』シリーズのキャラクターデザインも担当している人気イラストレーターだ。

岸田メル氏の透明感あるデザインは多くのユーザーから支持を受けている。今回のCBTでもデータダウンロード中などに惜しみなく美麗なグラフィックが表示されており、プレイ前の期待感を高めていた。

少女たちが変身して「異灰」と戦う

本作の世界は「灰」と呼ばれる存在によって蝕まれている。灰は人体に影響し「灰病」を引き起こしたり、集まることで「異灰」と呼ばれる怪物へと変貌するぞ。本作では「異灰」と人知れず戦う少女たちの物語が展開される。

異灰と戦う少女たちは、より強く灰に侵された結果、超常的な力を得た「イローデッド」と呼ばれる存在だ。普段は学園で「灰病」の治療を受けながらも、裏では異灰が増えないように戦う役目を課されている。少女たちが死の近い日常に対してどのような感情を持つかも本作の見どころだ。

8人の少女がプレイアブルとして登場

春日 詩帆(声優:陶山恵実里)

ブルーリフレクション サン 春日詩帆

新たに転校してきた純粋で礼儀正しい優等生。
灰病治療のために日ノ杜学園にやってきたが、自身がここに送られた真相を知り、仲間とともに異灰との戦いに身を投じていく。

森崎 アレシア 優 (声優:鈴代紗弓)

ブルーリフレクション サン 森崎アレシア優

東欧系のハーフ。「平等」を愛しており、平等に死をもたらす灰に一種の憧れを抱いている。
過去の出来事から自身を”死神”と称し、灰との戦いにおいても仲間たちと積極的に関わろうとはしない。

瀟 美岐(声優:立花日菜)

ブルーリフレクション サン 瀟美岐.

正義感が強く、自分よりも仲間のことを考え行動する優しい性格の持ち主だが、生真面目で口下手ゆえに周囲に誤解されやすい。
異灰との戦いの経験は仲間の誰よりも長く、部隊のリーダーを務めていた。

高岡 由紀子(声優:佐伯伊織)

ブルーリフレクション サン 高岡由紀子

読書好きな勉強家。
社交的に振る舞ってはいるがそれは後天的に身につけたもので、本来はコミュニケーションを苦手としている。
とある事情によりネットに通じており、現実よりも友達が多い。

安住 菜々花(声優:田中美海)

ブルーリフレクション サン 安住菜々花

気が強く、我も強い少女。
どこか刺々しい雰囲気を漂わせていて、男性に対しては嫌悪と敵意をむき出しにする。
以前は積極的に異灰との戦いに参加していて、上位の戦績を挙げていた。

久野 きらら(声優:大野柚布子)

ブルーリフレクション サン 久野きらら

奇妙な言動が目立つ、いわゆる不思議ちゃん。
神やら人ならざる者の声とやらが聞こえる……らしい。
おかしな言動の影に隠れがちだが、彼女もまた自分の能力で仲間を助けたいという想いを持つ優しい心の持ち主である。

星谷 かんな(声優:稗田寧々)

ブルーリフレクション サン 星谷かんな

いつでも元気いっぱいで人懐っこい性格。
身体を動かすのが得意だが、頭を使うのは苦手。
しかし、本能と直感により時折物事の核心をつくことがある。

生駒 彩未(声優:奥紗瑛子)

ブルーリフレクション サン 生駒彩未

「みんなのお姉さん」を自称する世話好き少女。
頼りがいがあるようでどこか抜けていたり、異灰との戦いでもどこか気が抜けているように見えるが、常に一歩引いて周囲を見ており、戦いにおいてもその広い視野で仲間を支える。

キャラクター情報は公式ツイッターの投稿より引用

シリーズ初の男性主人公を採用

ブルリフS 男性主人公

本作は、シリーズとしては初めて男性キャラが主人公を務める。男性であることでトラブルが発生するなど性別が物語上で意味を持っているためか、女性主人公は存在しない。

セリフが無いタイプの主人公でもなく、明確な性格設定とセリフも存在する。ただし、デフォルトネームの「ソラ」は名前変更が可能だ。

シンプルなターン制コマンドバトルを採用

ブルーリフレクション サンはシンプルなターン制コマンドバトルを採用している。四すくみの属性相性やスキルを上手く活用すれば勝利が近づくぞ。スキルはキャラごとに自前で持つ1つと、キャラに装備する「フラグカード」で発動できる2つが使用可能だ。

敵に一定以上の攻撃を与えるとBREAK状態にでき、敵の手番を一つ飛ばせる。属性相性で有利を取れる攻撃を行うとBREAKを素早く引き起こせるぞ。

ブルリフS スキップ

なお、バトルにはオート機能や倍速機能などの便利機能も存在している。クリア済みのクエストでは「スキップチケット」によるスキップが可能であるなど、周回がしやすい仕様になっている。

ストーリーの特徴と印象

8人の少女たちと主人公の物語

ブルリフS プレイヤーの役割

ブルリフSは8人の少女たちと主人公の活躍によってストーリーが展開される。なお、バトルでは主人公は操作できず、8人の少女たちから4人を編成して戦う。ガチャからも彼女たちのバリエーション違いが排出されるのみで、他の登場キャラはプレイアブルとして存在しない。

最弱の部隊

8人の少女たちはイローデッドとして「異灰」と戦っているが、物語開始時点では様々な理由から「最弱の特殊部隊」と呼ばれている。例えば、戦闘を恐れて活動に意欲的でないなど、少女たちは各々が悩みや問題を抱えているのだ。

ブルリフS 主人公と他キャラのやりとり

対して、主人公は他の場所から異動してきた存在であり、イローデッドとしてはベテランにあたる。例えるなら、部活の新顧問かコーチのような立場で少女たちへ接することになるぞ。

ブルリフS まずい部隊

序盤の部隊は真面目に活動している者の方が少なく、機能不全に陥っている。CBTで体験可能なストーリー範囲では、主人公は詳しい内情を知ろうとしつつ、少女たちからの信頼を獲得するため奔走していく。

女の子の可愛さは日常に根ざしたもの

ブルリフS 等身大

本作に登場する女の子たちは可愛いが、その可愛さは日常の描写に根ざしたものという印象である。本作はファンタジー要素やバトル要素こそあるものの、日常描写や地に足ついた心理描写を大事にしているのだ。

ブルリフS 等身大

女の子の悩みや行動も現実の延長線にある。例えば、主人公と同時期に特殊部隊へ来た「春日 詩帆」は、いきなり化け物と戦えと言われても……といった形でこれからの生活に対して強い不安を示す。

オープニングムービーなどでも穏やかな日常を宝物のように扱っており、非日常的なバトルとのアクセントになっている印象だ。また、本作は「人の死」も扱っているが、死が重たいものとしてきちんと伝わってきた。

主人公が男性なのを前提とした展開

ブルリフS 男

本作をプレイしていて感じたのは主人公が男性なのを前提とした展開が多いというものだ。公式Twitterで本作の主人公が男性だと明かされたとき、シリーズの既存プレイヤーから賛否両論の反応が発生したが、それに被せるように男性主人公が異分子として扱われる場面がゲーム内でもある。

ブルリフS 距離感

主人公側が距離感を図っている描写もあり、シリーズの過去作では出来なかったストーリーをこの機会に描いているようにも感じた。また、最終的な解釈はユーザーに委ねられるが、異性恋愛に繫がりそうな描写が存在するなど、旧来のファン層を考えると冒険している場面も多い。

純粋な男性かは疑問符が付く部分もある

ブルリフS 意味深な発言

……ここまでの前提を急にひっくり返すようで恐縮だが、物語序盤にあるセリフから、主人公が純粋な男性か疑問符の付く部分がある点はお知らせしておきたい。シリーズを通して重要な役割を担う少女「司城来夢」の登場前、主人公のことを称して”顔は一緒……でも、今回は男の子なのね”というセリフが登場するのだ。

過去キャラあるいは主人公の関係者を指してのセリフかもしれないが、主人公の性別がシナリオに強く影響しそうなのもあり、非常に気になる場面である。なお、ゲーム冒頭は未来の光景と思わしき場面から始まり、主人公自体に大きな謎があることが示唆されているぞ。性別問題の行末に関わらず、物語の根幹に主人公がガッツリ関わるのは間違いなさそうだ。

ゲームシステムの紹介と印象

ブルリフSのパーティー編成

ブルリフS パーティ編成 ブルリフS キャラクター装備

ブルリフSのバトルでは、4人の「キャラクター」をパーティーに編成する。各キャラクターには「フラグカード」「サブキャラクラー」「武器」をセット可能だ。フラグカードは「スキル」にセットすれば追加のスキルを習得させ、「ステータス」にセットすればステータスを底上げするぞ。

パーティーメンバーじゃないキャラクターを「サブキャラクター」にセットすれば、パーティーメンバーのステータスを上げられる。サブキャラクター自体のLvを上げればステータス上昇量も増加していく。

ブルリフS 強化

キャラクター、フラグカード、武器はそれぞれ強化できる。各強化に必要な素材はクエストを周回するか、ショップで購入可能だ。なお、キャラクターとフラグカードの主な入手方法はガチャである。対して、武器は「武器作成」に必要な素材をクエストで集められるぞ。

ゲーム難易度はガチャに左右されそうな印象

ブルリフS ガチャ

本作のゲーム難易度は、正式サービス開始後におけるガチャのバランスに強く左右されそうだと感じた。理由としては、次の3つが挙げられる。

  • ①限界突破の恩恵が大きい
  • ②キャラクターとフラグカードが同じガチャから排出される
  • ③1パーティー内でも強いキャラとフラグカードが複数必要とされる

ブルリフS 限界突破

本作には同一のキャラあるいはフラグカードを入手することで、入手済みのキャラもしくはフラグカードのレベル上限を増やせる「限界突破」が仕様として存在する。かつ、キャラの限界突破はフラグカードとサブキャラのセット数が増えるという恩恵も持つ。

反面、本作のガチャはキャラクターとフラグカードが同じガチャから排出される。キャラクターの限界突破に必要なピース(同一キャラを入手すると貰える限界突破用のアイテム)の必要量が多いのもあり、キャラクターの限界突破を狙う場合はフラグカードの排出にやきもきしそうだ。逆にフラグカードも種類が豊富なため、1点狙いなどはしづらい。

ブルリフS キャラクター装備

また、キャラクターに複数のフラグカードやサブキャラをセットする都合上、強いキャラやフラグカードはいくつも必要となる。各属性ごとにパーティーを揃えようと思えば、さらにガチャを回す必要が増えていくだろう。

そのため、正式サービスではガチャに必要な「希想石」がどれだけ入手できるかが大事になりそうだ。CBTでは課金ができない反面、配布石が非常に多かったが、正式サービスではどうなるか気になるところである。

ブルリフSの交流システム

ブルリフS 交流

ブルリフSでは「交流」と呼ばれるシステムがある。スキルパネルでキャラを強化する「ココロフラグ」や強化アイテムを自動で集める「レッスン」こそあるが、役割としては、キャラクター毎のサイドストーリー閲覧がメインだ。

「お出かけ」ではキャラクターと一緒に遊びにでかけて会話を楽しんだり、「ヒロインLv」を高められる。ヒロインLvを高めると、「思い出」でお出かけの延長線にあたる物語「ヒロインシナリオ」を閲覧できる。

ブルリフS ココロシナリオ

また、思い出にはSRあるいはURの「フラグカード」入手で見られる「ココロシナリオ」も存在する。ココロシナリオはフラグカードに因んだものであり、お出かけとは独立したストーリーが展開されるぞ。なお、URのフラグカードで見れるココロシナリオは、同一のフラグカードを限界突破させることで2つ目のシナリオを閲覧可能になる。

ライターの感想

シリーズとしては新たな一歩

ブルリフS 感想用画像

ブルリフSはシリーズとしては新たな一歩を刻んだ作品だと、筆者は感じた。SNSで物議を醸した男性主人公の採用によって、過去作とは異なる視点から物語を描いている印象を受けたのだ。

反面、シリーズに対する先入観を捨てた場合は、オーソドックスなソシャゲという印象だ。美麗なキャラクターデザインなど良質な素材を使ってバランス良くまとまっているが、画期的な要素というものは少ない。

そのため、キャラクターを気に入るかやゲームバランスが、新規プレイヤーに受け容れられるかどうかの鍵になりそうだと感じた。個人的にはキャラクターは好感触だったため、多くのプレイヤーを定着させてサービスを長く続けてほしい。

ブルリフSのゲーム情報

ゲーム名 BLUE REFLECTION SUN/燦
ジャンル ヒロイックRPG
プラットフォーム iOS/Android/PC
価格 基本プレイ無料(アイテム課金あり)
リリース日 今冬
事前登録 未定
公式サイト https://bluereflection-sun.com/
公式Twitter https://twitter.com/BRSUN_game
コピーライト ©2021 EXNOA LLC / コーエーテクモゲームス All rights reserved.

募集

Twitterで最新情報をゲット

神ゲー攻略では最新ゲーム情報やプレイレポートを配信するTwitterアカウントを運用中!新作タイトル発表やイベント情報、キャンペーン情報など有益な情報をつぶやいていますので、是非フォローお願いします!

神ゲー攻略ニュースサイトTwitter

注目の記事

【厳選】編集部注目のアプリ

1 NIKKE 勝利の女神:NIKKE
美少女ヒューマノイドが銃撃戦を行うシューティング
2 モンスターユニバース モンスターユニバース
コロプラの新作3DアクションRPGがリリース!
3 ダンまち バトル・クロニクル ダンまち バトル・クロニクル
ダンまちのスマホ向けRPGにてCBTが開催予定
4 ドラクエチャンピオンズ ドラゴンクエストチャンピオンズ
コマンド式乱戦RPG!ドラクエのバトロワ風アプリ
5 ソリティ馬 ソリティ馬
ニンテンドー3DSの名作がApple Arcadeに登場!
ジャンル別のおすすめゲームアプリ
RPGRPG アクションゲームアプリ ACT シミュレーションSLG リズムゲーム おすすめリズム カードゲーム おすすめカード
パズルパズル ストラテジーゲームアプリRTS FPS おすすめFPS オンラインオンゲー 女性向け女性向け

人気のおすすめゲームアプリランキングを見る

リリース直後の新作アプリ

リリース直前の新作アプリ