メディアカンファレンス エバーソウル

2024年3月28日にスマートフォン向け新作アプリ「エバーソウル」のメディアカンファレンスが行われた。エバーソウルはカカオゲームズが運営、ナインアークが開発を行っているゲームであり、日本に先駆けてリリースされたグローバル版が好評を博している。

メディアカンファレンスではトークイベントが行われたほか、イベントの後にゲームメディアからの質疑応答が行われていた。本記事ではトークイベントの内容をまとめたほか、神ゲー攻略が行った質問とその回答を載せている。

エバーソウルとは?

エバーソウルは、「救世主」として美しい少女の姿をした精霊たちを指揮し、侵略してきた敵と戦うオートバトルRPGだ。プレイヤーは戦略的なバトル、充実した育成、壮大なメインストーリー、各精霊ごとの絆ストーリー、作中のSNS「エバートーク」による交流などを楽しめるぞ。

トークイベントのまとめ

トークイベントの概要

エバーソウル キムPD エバーソウル 鶴P

ゲームMC「ちゅうにー」さんの司会進行のもと、日本語版の詳細をナインアークの開発プロデューサー「キム・チョルヒ」氏、日本サービスのプロジェクトマネージャー「鶴野誠亮」氏が解説した。リリース時期や事前登録の開始もメディアカンファレンスで発表されている。

エバーソウル 前田玲奈 エバーソウル あかせあかり

ゲストとしては声優の前田玲奈さん、コスプレイヤーのあかせあかりさんが登壇し、それぞれが関係しているキャラクターを中心にエバーソウルの魅力に触れている。全体を通して和気あいあいとした雰囲気で進行したぞ。

登壇者の紹介

[ちゅうにー]
皆さん、こんにちは!たくさんの方にお集まりいただいてありがとうございます。本日は「エバーソウル」メディアカンファレンスにお越しいただき、誠にありがとうございます。

[ちゅうにー]
このメディアカンファレンスは、カカオゲームズよりリリース予定の新作ゲームアプリ「エバーソウル」のイベントとなります。本日MCを担当いたします。「ちゅうにー」と申します。よろしくお願いいたします。

エバーソウル カンファレンス MCのちゅーにー

[ちゅうにー]
それでは、本日のカンファレンスを一緒に盛り上げていただく皆様、ご紹介していきたいと思います。まずは「エバーソウル」の生みの親、エバーソウル開発プロデューサー(PD)の「キム・チョルヒ」さんです。よろしくお願いしします。

[キム・チョルヒPD]
うん。日本の皆様、初めまして。ナインアークのキム・チョルヒです。この記念すべき日に立ち会うことができて嬉しいです。本日はよろしくお願いします。

エバーソウル メディアカンファレンス キムPD

[ちゅうにー]
よろしくお願いします。日本語上手ですね。

[キム・チョルヒPD]
ありがとうございます。勉強してきました。

[ちゅうにー]
なんかパーカーもかわいいですしね。ちょっと頭に付いてますね。

エバーソウル メディアカンファレンス キムPD 頭

[キム・チョルヒPD]
はい。

[ちゅうにー]
メフィちゃん(※)のコスチューム。ありがとうございます。

(※)エバーソウルのメインキャラクターの1人「メフィストフェレス」のことエバーソウル メフィストフェレス

[ちゅうにー]
後ほど、キムPDにはエバーソウルについていろいろご紹介いただきたいと思います。続きまして、「エバーソウル」日本サービスのプロダクトマネージャー「鶴野」さんです。鶴野さんよろしくお願いします。

[鶴P]
よろしくお願いします。初めまして。エバーソウル日本サービスPMの鶴野です。よろしくお願いいたします。鶴P(ツルピー)で読んでいただければと思います。

エバーソウル メディアカンファレンス 鶴P

[ちゅうにー]
鶴Pよろしくお願いします。キムPDに続いて鶴Pまでペアルックのパーカーなんですけれども。

エバーソウル メディアカンファレンス パーカー

[鶴P]
すごいっすよね。

[ちゅうにー]
すごいですね。

[鶴P]
ゲーム内のキャラクターのコスチュームがデザインのモチーフになっていて今回ちょっと実際に作ってみました。

[ちゅうにー]
ちょっと欲しいって方もいらっしゃるかもしれないですね。私も欲しいですね、これね。

[鶴P]
この後洗濯してから……多分この後、尋常じゃないくらい汗かくので! その後、洗濯してからお渡しします。

[ちゅうにー]
ありがとうございます! ……と言ってもいいのかわからないですけど、ありがとうございます(笑)。はい、では続きまして、次のゲストの方ご紹介いたしましょう。「前田玲奈」さんです。

[前田玲奈]
はい、こんにちは。よろしくお願いします。

エバーソウル メディアカンファレンス 前田玲奈

[ちゅうにー]
よろしくお願いします。

[前田玲奈]
よろしくお願いします。ロゼ役の前田玲奈といいます。今日はロゼちゃんの概念コーデでやってまいりました。

エバーソウル ロゼ

[ちゅうにー]
テーマカラーのレッドを基調とした素敵なご衣装で。

[前田玲奈]
ありがとうございます。そうなんです。さっきそこで立ってて、見てて思ったんですけど、お三方(※)とも靴が赤で。

(※)キムPD、鶴P、通訳担当の女性スタッフ
エバーソウル メディアカンファレンス 赤い靴

[ちゅうにー]
あ、本当!

[前田玲奈]
もしかしてロゼちゃんを意識したカラー? ありがとうございます! はい、ということでみんな赤です。

[ちゅうにー]
はーい、ありがとうございます! 前田さんはロゼの役を演じられたということなんですけれども、ロゼは結構この物語に関わってくる重要な役割だったりするんでしょうか?

[鶴P]
そうですねこの後、キムPDの方からちょっと詳しく説明していただこうかなと思います。

[ちゅうにー]
はい、楽しみにしております。ありがとうございます。前田さん改めて本日はよろしくお願いします。

[前田玲奈]
よろしくお願いいたします。

[ちゅうにー]
そして最後にもう1人、こちらのゲストをお招きしております「あかせあかり」さんです。

[あかせあかり]
あかせあかりです。よろしくお願いします!

エバーソウル メディアカンファレンス あかせあかり

[ちゅうにー]
よろしくお願いします。

[あかせあかり]
皆さん。赤って言った後に赤じゃなくてごめんなさい。

[ちゅうにー]
いやいやいや。テーマカラーですからね。今日はコスプレしていただいて。

[あかせあかり]
本日は、タリアちゃんのコスプレをしております。

エバーソウル タリア

[ちゅうにー]
タリアちゃんは、この手前にパネルのタリアちゃんもございます。見比べられちゃいます。はい、もしよろしければちょっとポーズを取っていただいて。はい、メディアの方と、あと、配信ご覧の皆様、スクショタイムでございますので、ぜひ、ハッシュタグ「#エバソ」をつけて、Xなどで投稿していただければと思います。

あかせあかり タリア ポーズ

[ちゅうにー]
はい、あかせさん、ありがとうございます。

[あかせあかり]
ありがとうございます!

[ちゅうにー]
鶴P、あかせさん、実際ご覧になっていかがですか?

[鶴P]
そうですね。僕も推しの1人がタリアちゃんなので、今回とても嬉しいです。

[あかせあかり]
ありがとうございます!

[ちゅうにー]
キムさんも。かわいいですよねタリアちゃん?

[キム・チョルヒPD]
本当にかわいいです!!!

[ちゅうにー]
ありがとうございます(笑)。はい、以上、賑やかで華やかなゲストの方々と一緒に「エバーソウル」メディアカンファレンスを始めていきたいと思います。皆様本日はよろしくお願いします。

ゲーム概要と世界観

[ちゅうにー]
トークセッションに入らせていただくんですが、まず私の方から簡単にバーソウルについてご紹介いたします。エバーソウルとは、精霊界エデンに突如として召喚され、主人公である「救世主」と、そこに住む美しき精霊たちが絆を結び、育み、ストーリーを進める収集型のRPGとなっております。

エバーソウル 概要

[ちゅうにー]
独特な世界観で広げられるストーリーを、華麗で個性豊かな精霊たちが彩ります。開発は『クロスレギオン』『三国志を抱く』の主要開発スタッフによって構成されているナインアーク、そして昨年国内で『オーディン:ヴァルハラ・ライジング』をリリースしたカカオゲームズが本作の運営を担当いたします。

[ちゅうにー]
早速ですが、キムPD、エバーソウルの世界観について教えていただけますか。

[キム・チョルヒPD]
はい。プレイヤーの皆さんは突如エデンという世界に召喚された「救世主」の立場から、エバーソウルの世界を体感することになります。

[キム・チョルヒPD]
外部からの侵略による危機を迎えているエデンですが、美しくも力強く、その危機に立ち向かう精霊たちの魅力に引き込まれることは間違いないでしょう。精霊たちと繰り広げる出来事や、コミュニケーションを思う存分お楽しみください。

エバーソウル 世界観2

[ちゅうにー]
突如、エデンに召喚ということは異世界転生みたいな感じなんですかね。

[キム・チョルヒPD]
はいそうです

[ちゅうにー]
ありがとうございます。異世界に召喚されてただ冒険するだけではなくて、精霊たちとコミュニケーションを楽しむって、育成にもね、精がでそうかなって思いますけれども、ちょっとお三方にもね、感想を伺いたいと思いますが、あかせさん、異世界転生ものとかお好きですか。見られたりしますか?

[あかせあかり]
そうですね。異世界転生ものに憧れたこともあります。

[ちゅうにー]
そうですよね。

[あかせあかり]
はい、主人公になって。

[ちゅうにー]
なりたいですよね。はい、皆さんなれますから、エバーソウルの世界では。

[あかせあかり]
なれるんですよね!

[ちゅうにー]
なれちゃいます。

[ちゅうにー]
そして、前田さんもね。異世界転生の作品、数々携われてきたかと思いますけども、今回のゲームの設定ご覧なっていかがですか。

[前田玲奈]
そうですね。先ほどのイラストにもあったように、巨大な何かに立ち向かうみたいなシリアスな展開もあれば、今出てるみたいにちょっとね。和気あいあいとした雰囲気もありながら、何かそういう重厚感から軽やかなものまで、ギュッと詰まっていますね。

エバーソウル 世界観1

[ちゅうにー]
はい、ありがとうございます。そして鶴P、こちらの世界観は日本でも人気な設定になってると思うんですけれども、いかがですか。

[鶴P]
そうですね。私自身、異世界転生物ってすごく好きでよく見るんですけども。やっぱ日本でもこういうアニメ映像作品だったりだとか、たくさん世に出ているので、日本人のプレイヤーの皆さんでもスッと入っていけるような世界観になっているかなと思います。

[鶴P]
またメインストーリーはフルボイスで展開されるので、この辺はアニメを見るような感覚で楽しんでいただけたらなというふうに思ってます。

ゲーム性について

[ちゅうにー]
はい、ありがとうございます。さぁ続きまして、エバーソウルのゲーム性についてもご紹介いただきたいと思います。キムPDからよろしくお願いします。

[キム・チョルヒPD]
エバーソウルの魅力といえば、やはり魅力あふれる個性あふれる精霊たちです。精霊たちは種族にわかれていて、種族ごとに特徴を持ったデザインとなっています。

エバーソウル 精霊

[ちゅうにー]
はい、ありがとうございます。前田さんのロゼちゃんはどこかにいらっしゃるのかしら?

[前田玲奈]
ロゼちゃんはですね。人間型のところにおります。この赤い子ですね。

[ちゅうにー]
ありがとうございます。キムPD、ロゼはどんな感じの子なんですかね。

[キム・チョルヒPD]
はい、ロゼはシナリオの序盤から主人公「救世主」と行動をともにする重要な登場人物のうちの1人です。とても穏やかな性格をしていて、思慮深い心を持っています。最初から高い戦闘力を見せてくれるわけではありませんが、自分のアイデンティティや役割について悩みながらも成長し続ける精霊です。

[ちゅうにー]
ありがとうございます。序盤から行動をともにということで、すごいヒロイン感がね、溢れておりますけれども。前田さん、ロゼ役演じてみていかがでしたか?

[前田玲奈]
ロゼを演じるのはとっても楽しくてですね。本当にこの表情からね、垣間見えるように、すごく穏やかで優しい子なんですけれども、結構悩みが人間らしいというか、内面の弱さだったり、自分がちょっと武力的に弱いっていうところをすごくネックに思っていたりして。そういう悩みだったり葛藤したりするシーンがたくさん出てくるので、そういうところも寄り添いながら演じられたらいいなと思って演じました。

エバーソウル メディアカンファレンス ロゼ

[ちゅうにー]
ありがとうございます。ロゼちゃんのストーリー見ていくのが、皆さん楽しみになったんではないでしょうか? ちなみに、あかせさんの今コスプレされているタリアちゃんはどの種族になるんですかね。

[鶴P]
タリアは妖精タイプになります。耳のあたりとか、ちょっと妖精を感じるような雰囲気になっていまして。

[あかせあかり]
はい、妖精さんですよ。

エバーソウル メディアカンファレンス タリア

[ちゅうにー]
もう本当にゲームの中から飛び出してきたかのようなかわいらしさで、あかせさん、ありがとうございます。

[あかせあかり]
ありがとうございます。

[ちゅうにー]
はい、精霊が特徴的というのは、ご紹介いただきましたけれども、その他にもどんなものがあるか、キムPDからご紹介いただきたいと思います。

[キム・チョルヒPD]
はい、エバーソウルは手軽なオートバトルRPGとなっています。それに加えて、箱庭要素を持つ「領地システム」やマルチエンディングストーリー構成の「絆ストーリー」……そして、デフォルメキャラクターを操作して攻略していく「ダンジョンシステム」など他の収集系RPGよりも幅広いコンテンツを搭載したゲーム性となっています。

エバーソウル メディアカンファレンス ゲーム性

[ちゅうにー]
はい、ありがとうございます。絆ストーリーっていうところで、子猫ちゃんのパーカー見えると思いますけども。これ、お2人と一緒のパーカーですか。もしかして?

[鶴P]
そうですね。

[ちゅうにー]
猫ちゃんだ。

[鶴P]
見えるところは完全一致してます。

メフィ 猫パーカー

[ちゅうにー]
グッズとして欲しい方もたくさんいらっしゃいそうです。キムPDも、ご一緒に着られてるということで。

[鶴P]
今日、たまたま白いズボンを履いてこようかなと思ったんですけど、ちょっと気合入れようと思って。ただ、今日は白着てきたら駄目かもなとか思って……ちょっと打ち合わせなく来たんですけど、ズボンの色が白と黒でわかれて助かりました。

[ちゅうにー]
でも靴が赤かったんで、結局、ほぼペアルックに……。はい、ありがとうございます。

[ちゅうにー]
はい。そして、この絆ストーリーは、精霊ごとに個別のストーリーがあると伺っていますけれども。キムPD。

[キム・チョルヒPD]
はい、絆ストーリーは各精霊ごと個別でストーリーが作られています。最後まで正しい選択をし続けると、トゥルーエンディングストーリーを見ることができ、このようなコスチュームを獲得することができます。

[ちゅうにー]
はい、ありがとうございます。推しのコスチュームとかは、皆さんぜひゲットしたいところだと思いますけれども、正式サービスの開始時は全ての精霊でコスチュームが獲得できるような状況なんですかね。

[キム・チョルヒPD]
正式サービス時には、16体の精霊の絆ストーリーを公開する予定です。その後は順次アップデートで公開していきます。先ほど申し上げたように、絆ストーリーでトゥルーエンディングを達成しますと、このようなコスチュームを必ず獲得することができますし、キャラクターの反応が少し変わってきたりもするので、多様な魅力をお楽しみいただけるかと思います。

[ちゅうにー]
はい、ありがとうございます。他のお三方にも感想も伺っていければと思いますけれども、鶴Pは絆ストーリーで、キャラクターがどんな衣装になるのかみたいなご覧になられてると思うんですけれども、コスチュームのバリエーションはいかがですか?

[鶴P]
はい、まさに。タリアのコスチュームはぜひ楽しみにしてください。

[ちゅうにー]
結構雰囲気変わりますかね。

[鶴P]
めちゃめちゃかわいくなります。さらにかわいくなります。

[ちゅうにー]
さらにかわいくなるということで、そのコスプレもあかせさんにしてもらいたいところですけれどもね。あかせさんも気になりますよね?

[あかせあかり]
気になります。やっぱり、好きなキャラクターのコスチュームとか推しは集めたいなって思うでしょうし、私も今そうやって言われたら気になっちゃって。早く見たいですよね。

[ちゅうにー]
そして、前田さんは、ロゼちゃんのストーリーとかもちょっと見てらっしゃったりするのかしら。

[前田玲奈]
そうですね。ロゼ自体の収録はまだないんですけど、他のキャラクターの絆ストーリーで出てくる分は収録しています。

[ちゅうにー]
そうなんですね。

[前田玲奈]
そうなんです。それはまたあのメインストーリーとは違った、本当に絆ストーリーらしい……。

[ちゅうにー]
ちょっと裏側?

[前田玲奈]
そうですね。裏側の関わり方をしていて、それぞれのキャラクターとの関係性なんかも見えたりするので、そちらも楽しんでいただきたいなと思います。

[ちゅうにー]
ありがとうございます。そして先ほどね、ちょっとゲームをやってる側だと気になってしまったんですが、トゥルーエンディングに行かなかった場合、やり直しできるのかってことをですね、運営さんに聞いたら、これやり直しができるということなので、皆さんマルチエンディング、様々な選択肢で遊んでみて、ぜひトゥルーエンドまで行っていただければと思います。

[ちゅうにー]
いろんなコスチュームをファッションとして楽しめるのは、本当に素敵なコンテンツじゃないかなと思います。キムPDも改めていかがですか?

[キム・チョルヒPD]
はい、絆ストーリーだけでなく、各種イベントに参加することでもコスチュームを獲得することができます。多様なコスチュームを用意してますので、精霊たちの多様な魅力に触れていただけるのではないかなと思っています。ぜひ期待していてください。

[ちゅうにー]
はい、ありがとうございます。配信をね。ご覧になっているエバーソウルを楽しみにしてくださってる皆様もね、ぜひご自身の推しの精霊を見つけて仲良くなってね。コスチュームを手に入れていただければと思います。

開発のきっかけと「魂」

エバーソウル 開発のきっっかけ

[ちゅうにー]
さあ、それではせっかくですね。開発者の方にご登壇いただいておりますので、いろいろ伺っていきたいと思います。エバーソウルは、日本のアニメのようなテイストのイラストに感じますけれども。エバーソウルを開発しようと考えたきっかけについて、キムPDから教えていただいてもよろしいでしょうか?

[キム・チョルヒPD]
はい。グラフィックがアニメ風の画風をしているのは、私がこういう画風が好きだからです。

[キム・チョルヒPD]
開発秘話について申し上げますと、長く使われたほうきなどには魂が宿るといった言い伝えがありますね。

[キム・チョルヒPD]
こういった話は、全世界、どの国にも共通して存在しています。私達が知らないだけで、あちこちのものに魂が宿っているとしたら……そして、ふとした事件をきっかけに、その魂たちが身体を手に入れることになったらというところから、エバーソウルの話が始まりました。

[キム・チョルヒPD]
この設定に、私が普段好きだったSFやファンタジーなどの要素を注入して、エバーソウルの世界観が完成しました。

[ちゅうにー]
はい、ありがとうございます。日本で言う付喪神(つくもがみ)みたいなイメージかなと思うんですけど。それが「精霊」という今回のキャラクターに繋がってると思い、お三方にちょっと聞いちゃいますね。魂が宿ったらいいなとか、魂が宿ってるんじゃないかというぐらい大切なものとかってお持ちですか? あかせさんいかがですか?

[あかせあかり]
私はもう今年で9年目になるぐらいずっと好きな推しがいて、そのキャラクターのぬいぐるみをずっと持ち歩いて、いろんな景色を見せて、ここはどこどこだよ、ここは今桜が咲いてるんだよって言って、見せて歩いてるんで、魂宿ってないですかね。

[ちゅうにー]
いや、もう宿ってると思います。

[あかせあかり]
宿ってほしいなって思うんで、やっぱそういう気持ちなんですよね。

[ちゅうにー]
前田さんいかがですか?

[前田玲奈]
はい。そうですね。我々はやっぱり役者として、出会うキャラクター1人ずつに魂を込めて、生きてもらうべく仕事してますので。ロゼちゃんは本当に今もこの世のどこかに存在していると。

[ちゅうにー]
はい。じゃあ、もう演じたキャラクターが大切なものというか。そういう存在になってると?

[前田玲奈]
はい。

[ちゅうにー]
はい。ありがとうございます。そして最後になりました。ちょっといい話が続きましたけど、鶴P、何かありますか。

[鶴P]
そうですね、もう私の立場からすると、まさに「エバーソウル」がというところですね。もちろん開発チームがエバーソウルを考えて、作り出してきたんですけども、そういったものに私達運営チームが合わさって協力して、一つの作品になっていくと思うので。そういった意味ではエバソ魂を持って運営していきたいと思ってます。

[ちゅうにー]
いいですね。ありがとうございます。ぜひね、今後もしプレイするであろう皆様にとってもね、エバーソウルがそういう大事な存在になったらいいなというところでしょうか。ありがとうございます。

開発で苦労したところ

エバーソウル 苦労
[ちゅうにー]
さぁ、エバーソウルは作り込まれた演出や、3Dグラフィックが印象的ですが、開発している中で苦労したところなんかも、キムPDから伺いたいと思います。

[キム・チョルヒPD]
はい。2Dイラストと3Dモデリングをしっかりシンクロさせることに注力しました。豪華な演出のために8等身の3Dキャラクターを主力で使うことにしたのですが、2Dイラストとの乖離があってはいけないと考え、このシンクロにたくさん努力しました。この努力は成果として報われたと思っています。

[キム・チョルヒPD]
また、フルボイスでゲームを制作しましたので、この部分について、時間や費用がたくさんかかりましたし、開発の過程でも難しい点がたくさんあったのですが、今はこのフルボイスで製作したことに、すごくとても満足しています。

[ちゅうにー]
はい、ありがとうございます。フルボイスといただきましたけども、前田さん収録時どんな感じだったかとか思い出ありますか。

[前田玲奈]
そうですね。やっぱりメインストーリーのボリュームがすごくありまして、昨年に収録させていただいたものと、実はまだ明日も収録ありまして。はい、まだ続いているという。

[前田玲奈]
で、メインストーリーだけでなく絆ストーリーとかもあるので……。ゲームはみんな1人ずつ収録しているので、まだ皆さんがどういうふうに掛け合いされているのか分からないまま、想像しながら演じているので、それがゲームに実装されて、みんながお話してるのを見るのがすごく楽しみです。

[ちゅうにー]
はい、ありがとうございます。そして鶴Pはこちら立会いされたと聞いておりますけども。収録時。

[鶴P]
そうですね。前田さんの収録は私の方が立会いさせていただきました。初め、やっぱりどうしても自分の思うロゼの声ってイメージとしてはあるんですけど実際に言語化できないというか……そういったところを前田さんだったりとか声優の方に演じていただくんですけども、やっぱ1回とか2回で、もうロゼの声はこれっていうふうにバチッと決めていいただいたので、さすがプロだなと思いながら、収録聞いて楽しいなと思っています。

[ちゅうにー]
前田さんの中で作り上げてくれたロゼが、今回びっちりハマっていると。

[前田玲奈]
いや、ありがたいです。ありがとうございました。

[鶴P]
また、明日もよろしくお願いします!

[ちゅうにー]
実際に皆さんのちょっとお手元で聞けるときをね、楽しみにしていただければと思います。

日本サービスに向けてのイベント

[ちゅうにー]
さて、伺ったところによると日本サービスに向けてイベントもご用意していただいているということなんですが。こちらもキムPDからお願いします。

[キム・チョルヒPD]
日本に先行で適用される夏祭りイベントを用意しました。

エバーソウル リンジー

[キム・チョルヒPD]
夏祭りイベントでは「リンジー」と、ここにはいないですが「クロエ」のコスチュームを用意しております。それに加えて、領地で配置できる日本の祭りをコンセプトにした家具なども用意しております。

[ちゅうにー]
はい、ありがとうございます。リンジーちゃんのこの浴衣イラストすごい夏っぽくてかわいいですけども。衣装をご覧なって、あかせさんいかがですか。

[あかせあかり]
いやあ、やっぱり和服ってすごいかわいいなって思うんで、これぜひリンジーちゃんもクロエちゃんも……。

[ちゅうにー]
やりたい?

[あかせあかり]
や、やりたい?

[ちゅうにー]
コスプレしたいみたいな感じは?

[あかせあかり]
ゲットしたい!

[ちゅうにー]
ゲットしたい! このね、短めのヒールになってるのも、このキャラクターっぽくてね。すごくかわいいですよね。ありがとうございます。

[ちゅうにー]
こちらのリンジーちゃんは、どうやったらゲットできるのでしょうか?

[キム・チョルヒPD]
はい。リリース後に開催される夏祭りイベントに参加していただけたら、獲得することができます。二つのコスチュームのうち、一つはログインボーナスで、もう一つはイベントレイドを通して獲得することができます。獲得難易度自体は、そこまで難しくありません。

[ちゅうにー]
はい、ありがとうございます。あまり難易度が高いと心が折れてしまうかもしれないんですけれども。手軽に、ログインボーナスそしてイベントでコスチュームをゲットできるっていうのは、本当にプレイヤーの皆様からしても魅力的な特典になってるんじゃないでしょうか。ありがとうございます。

[ちゅうにー]
絆ストーリーやイベントでコスチュームがたくさんもらえるのがとっても嬉しいことだと思いますので、ぜひエバーソウルのイベントの方にも注目していただければと思います。

[ちゅうにー]
さて、これからの日本サービスの展開に向けて、今見てくださってる方。そして、プレイしてみようかなって思われてる方々に向けて、メッセージをキムPDからいただければと思います。

[キム・チョルヒPD]
はい、エバーソウルは美しく、戦略的で深みのあるゲームとなっています。このようなものをしっかりと表現するために準備してきました。日本の救世主の皆様に、このようにお目にかかることができて、とても嬉しく思います。もうすぐエデンでお会いできることを心から楽しみにしております。

[ちゅうにー]
はい。キムPDありがとうございました。

日本サービスに向けての準備とテスト時の意見

[ちゅうにー]
続きまして、日本のサービスについて、鶴Pにお伺いしていきたいと思います。今回リリースに向けて準備してきたことなどあれば、伺えればと思うんですけども。

[鶴P]
そうですね。今年の1月30日にユーザーテストを実施させていただいたんですけども。実は昨年の夏ごろにも小規模なテストを行っていて、日本人のプレイヤーの皆さんがエバーソウルをプレイしたときにどう思うのかっていうところの意見収集に注力してきました。

[ちゅうにー]
では、去年の夏頃にプレイした方は結構レアな方?

[鶴P]
そうですね。本当に小規模なクローズドで実施したテストになります。

[ちゅうにー]
なるほど。ちなみに集まった意見は、どういった内容が多かったとかありますか。

[鶴P]
ではちょっとこちらをご覧いただきたいんですが。

エバーソウル 演出

[鶴P]
こういったですね。グラフィックやイラスト、スキルのカットイン演出がとても評価が高かったです。こういったですね、精霊ごとの切り分けられた演出っていうところが、日本人のプレイヤー皆さんにはウケたんだなと。そういうふうに思っています。

[ちゅうにー]
はい。ちなみにこれはスキルのカットインみたいな感じなんですかね?

[鶴P]
そうですね。アルティメットスキルと言われる究極のスキルですね。もう名前だけで分かる。

[鶴P]
個人的にはですね。こちら「ペトラ」っていうキャラクターなんですけども。

エバーソウル ペトラ

[鶴P]
この目が光る演出なんかはやっぱ自分自身もすごく大好きだったし、Xやアンケートでもすごく高い評価を受けましたね。

[ちゅうにー]
精霊ちゃんがね、すごく人気がでそうな見た目の方がたくさん。そして、タリアちゃん。どうですかあかせさん?

[あかせあかり]
いやもう、想像以上に元気なモーションで、すごいかわいらしい。ちょっと幼さが飛び回ってるなって思いますね。

エバーソウル タリア 演出

[ちゅうにー]
そして前田さんもね、今回ロゼちゃんはちょっと出てないですけれども。精霊ちゃんたちが動いてるのを初めてご覧なったんじゃないかなと思いますが、いかがですか?

[前田玲奈]
ちょっと美しすぎますね! あと、めちゃくちゃ「強そう」すぎますね!

[ちゅうにー]
アルティメット感がありますね。はい、ありがとうございます。他にもちょっとユーザーさんからのご意見があれば伺っていきたいんですけれども、鶴Pいかがですか?

[鶴P]
そうですね。やっぱり今の時代、たくさんのゲームがあって、もう既に別のスマートフォンゲームをプレイされている方がたくさんいるかなと思うので、その上でやっぱりわかりやすさだったり、そのゲームの手軽さっていうところが重要かなと思いましたので、日本のサービスに向けて最適化を進めてきました。

[ちゅうにー]
ありがとうございます。ちなみに前田さんは普段ゲームとかって結構やられたり?

[前田玲奈]
私は簡単な何かを育てたりだとか、何か果物を大きくしていったりだとか、そういうゲームしかできないんですけど。そんな私でも?

[鶴P]
簡単にできます。

[前田玲奈]
ありがたいです。

[鶴P]
ただちょっとですね。エバーソウルのいいところなんですけど、キャラクターを配置するんですけども、どの位置にこのキャラクターを配置するのがいいかとかそういったところの戦略性っていうのはすごくあるゲームです。けど、バトル自体はすごい手軽なので。いつでも始められるゲームだなと思います。

[ちゅうにー]
手軽なところもあれば結構戦略的にやっていくとちょっと倒せない敵も倒せるようになったりみたいなところもあったりするんですね。

[鶴P]
はい、そうですね。

[ちゅうにー]
そして、あかせさんは普段からむちゃくちゃゲームやってるって伺ってます。

[あかせあかり]
はい、そうですね。いろんなゲームやっていて、並行して2個3個ゲームやっちゃうので、そういう一緒にやっててもわかりやすいっていうのはいいですし、戦略ゲーとかが好きなので、そういうちょっとした立ち位置で変わるのはいいなって。

[鶴P]
そうですね。また、まさにタリアは重要なキャラクターでもあるので。ぜひ皆さんタリアを獲得してくださいっていうところですね。

[ちゅうにー]
はい、活躍させてもらいたいですね。ありがとうございます。

[ちゅうにー]
そして、日本サービスに向けて、皆さんがね、以前から力を入れてきたのが伝わったインタビューだったと思いますけれども。今後のサービスに関する日程、皆さん気になってると思いますけれども。鶴Pちょっと伺ってもよろしいでしょうか?

[鶴P]
そうですねエバーソウル。サービス開始は今年の上半期で決定いたしました。

[ちゅうにー]
4月から9月ぐらいの間?

[鶴P]
はい。詳しい日時は、後日公式サイトや公式Xなどを通じて公開していく予定です。

[ちゅうにー]
でも、そんなにお待たせせずに、皆さんがプレイできるんじゃないかなというところですかね?

[鶴P]
そうですね。もうリリース自体はしますので、さらに今日(※)から事前登録を開始する予定です。

(※)2024年3月28日エバーソウル 事前登録 受付開始

[ちゅうにー]
事前登録を本日開始!? メディアの皆さんが無茶苦茶今、写真撮ってくださってますけど。今、配信をご覧の皆様も、スクリーンショットタイムでございます。ぜひこれをハッシュタグ「エバソ」で、SNS投稿をお願いします。ありがとうございます!

事前登録報酬「キャサリン」について

[ちゅうにー]
さあ、事前登録があるということは、報酬もちょっと気になるんですけれども。そのあたりも教えていただけますでしょうか?

[鶴P]
そうですね。こちら事前登録報酬についてはいわゆるガチャから獲得できる最高レアの「キャサリン」っていうキャラクターとエバーストーン2,100個、これは召喚を10連できるような形になってます。

エバーソウル 事前登録報酬

[鶴P]
ただ、もちろんこれ、今回の事前登録報酬となっていまして、追加のキャンペーンっていうのも今準備しています。どんどんキャンペーンが追加されるので、楽しみにしていただけたらなと思います。

[ちゅうにー]
今ご覧なってる皆様がたくさん事前登録をすればするほど、……もしかしたら豪華になっちゃうかもしれないと!

[鶴P]
……ですね(小声)

[ちゅうにー]
ちょっと圧をかけてすいませんね(笑)

[ちゅうにー]
ありがとうございます。そして、キャサリンちゃんもとてもかわいい見た目となってるんですけれども。さっき出てきたロゼちゃんみたいなシスターの雰囲気がありますが、このキャサリンについて伺えればと思います。鶴Pお願いします。

[鶴P]
キャサリンは他人を第1に考えるすごく献身的な精霊になっていまして、持っているスキルの効果も味方を守るバリアを張ったりだとかっていう、サポートする精霊になっているんですね。なので、特にゲームの序盤なんかを強力にバックアップしてくれる精霊になっています。

[鶴P]
この事前登録報酬をどうするかってなったときにやっぱり最初に役立つ精霊がいいんじゃないかっていうところで。開発チームと協議してキャサリンに決定しました。

[キム・チョルヒPD]
はい。今鶴Pがおっしゃ言ったように、キャサリンは、性能もとても良いですし、それだけでなく、外見的にも美しいですし、キャサリンの献身的な性格がよく表れている絆ストーリーもとても良いですし、コスチュームもいいですし……と、とても欠点がない精霊ですね。

[キム・チョルヒPD]
そして最近、メインストーリーで……、あ、これちょっと大事な話で公開できない話でした。ここで終わりです。

[ちゅうにー]
あらあら、ちょっと気になる感じになっちゃいましたけど。ちなみに前田さんは、キャサリンちゃんはご存じで?

[前田玲奈]
はい、そうなんですよ。キャサリンとロゼのね。いいとこあるんですよ。お楽しみに!

[ちゅうにー]
ちょっとまだ言えないですからね(笑)

[前田玲奈]
はい、そうですね(笑)

[ちゅうにー]
そして、あかせちゃん。このキャサリンかわいいですよね。

[あかせあかり]
そうですね。かわいいし性能もいいってなると。やっぱり、ゲームの序盤でちょっとチームが強くなくて挫折しちゃうこともあると思うので、事前登録でもらえるっていうのはいいなって思ったの……と。この後ろのキャサリンちゃん……表情違いますけど。スチルなんですかね!?

エバーソウル キャサリン

[鶴P]
そ、そうですね(笑) こちらはスキルのカットシーンの一部を。

[あかせあかり]
かわいいですね。

[ちゅうにー]
カットシーンもすごくいいので、ぜひ事前登録報酬を受け取っていただいて、皆さんにも見ていただきたいなと思います。キャサリンちゃんゲットして使ってあげてください。ぜひ皆様、エバーソウルの事前登録必ずしておきましょう。

エバーソウルのテーマソング「Shooting Star」

[ちゅうにー]
さぁ、鶴Pまだお知らせございますか?

[鶴P]
はい、実はですね。エバーソウルはその精霊ごとに楽曲、いわゆるキャラソンみたいなのがあるんですけども、日本版におけるテーマソングのひとつを発表します。

[ちゅうにー]
テーマソング?

[鶴P]
はい、テーマソング、これは「Shooting Star」という曲になりまして、歌っていただくのは、あかせあかりさんです。

[ちゅうにー]
え、今初めて発表されたということで? あかせさん、今日はコスプレイヤーとしてのゲストだけじゃなく、まさか主題歌の歌い手だったとは!?という?

[あかせあかり]
……はい!

[ちゅうにー]
はい、やっと発表できたっていう感じですかね?

[あかせあかり]
はい。今回カカオゲームズさんからご依頼いただいて、エバーソウルのテーマソングを歌わせていただくことになりました。この楽曲のモチーフがタリアちゃんということもあって、今日のコスプレはタリアちゃんの格好になっています。

[ちゅうにー]
ありがとうございます。ちょっとこの曲も気になるところなんですけれども、このあかせさんの歌ったテーマソング。ゲーム内でも聞くことができちゃうんですかね。

[鶴P]
はい、もちろんです。ゲーム内でも実装されるので。リリース後に「Shooting Star」を聞けます。

[ちゅうにー]
うわー! テーマソングが、あかせさんの歌ったものが聞けちゃう?

[鶴P]
聞けちゃいます!

[ちゅうにー]
ありがとうございます。ちなみにそのテーマソング本日ちょっと聞かせていただけるとか。聞いておりますけど、鶴P。

[鶴P]
そうですよね。これはちょっとあかせさんどうでしょう?

[前田玲奈]
聞きたいな…!

[ちゅうにー]
聞きたいですよ。みんな聞きたいと思ってます。

[あかせあかり]
本日、多くの方に配信でも集まっていただきましたので……。私もとってもエバーソウルが楽しみなので……。この気持ちを胸に、皆さんがもしよければ……。

[鶴P]
溜めるなぁ(笑)

[あかせあかり]
歌わせれていただければ…………。

[鶴P]
めちゃくちゃ溜めるなぁ(笑)

[あかせあかり]
と思います!

[ちゅうにー]
もしかしたら、生歌っていうことですか。

[あかせあかり]
はい!

[ちゅうにー]
おぉ、ありがとうございます。

[前田玲奈]
嬉しい〜!

[ちゅうにー]
はい、ということで。何と今回は特別に、あかせさんにタリアちゃんのイメージソング「Shooting Star」を歌っていただけるということで、早速ちょっと準備をしてまいりたいと思います。

※動画45:50から

(—-歌唱後—–)
[ちゅうにー]
ありがとうございました。初めて皆さんの前でね。披露されたと思いますけれども、こちらはいかがでしたか。ちょっと緊張されましたか?

[あかせあかり]
そうですね。この楽曲の収録も最近したばっかりでして、なんだろう、かわいく歌うっていうのはもちろん、タリアちゃんの元気なところ、かわいらしいところを私なりに表現できればと思って歌わせていただきましたので。そういったところが披露できていたら嬉しいなと思います。

[ちゅうにー]
いやあ、前田さんもね。裏でYouTubeの配信をご覧になってましたよね。いかがでしたか。

[前田玲奈]
いやめちゃくちゃかわいかったです。

[ちゅうにー]
バッチリでしたよね。

[前田玲奈]
軽やかな疾走感のある曲と、かわいらしい歌声と、このキューティーフェイスと!

[ちゅうにー]
相まってね!

[前田玲奈]
堪能させていただきました!

[ちゅうにー]
ありがとうございます。そして鶴Pもね、ちょっと口ずさんでましたけれども。

[鶴P]
後ろで踊ってたら早く行けって言われて急いできました。

[ちゅうにー]
ありがとうございます。今後いろんな展開をされていくと、こちらの楽曲も。

[鶴P]
そうですね。ゲーム内だけじゃなくてですね、CMであったりとかMVとか、いろんなところでちょっと公開していこうと思っていますので、ぜひ楽しみにしていただけたらなと思います。

[ちゅうにー]
ありがとうございます。そしてキムPDも、この客席の方でご覧になってたと思うんですけれどもいかがでしたか?

[キム・チョルヒPD]
はい。客席ですごく夢中になって見ていたので舞台に出なきゃいけないのは、うっかり忘れてしまいました。すごく聞けて嬉しいですし、涙がポロリと出てきそうになった気がします。ちょっと、とても嬉しくてあまり言葉でうまく言い表せないのですが、なんかありがたい気持ちがとても強いです。

[ちゅうにー]
いやもう十分にね。あかせさん伝わりましたよね。気持ちがね。

[あかせあかり]
はい、とっても私も嬉しい気持ちになりました。ありがとうございます。

最後にあらためてメッセージ

[ちゅうにー]
さあというわけであっという間でしたが、エバーソウルのメディアカンファレンスの演目が終了となってしまいます。最後に皆さんから一言いただければと思います。じゃあ、前田さんお願いします。

[前田玲奈]
はい、皆さん本日はご来場そして配信でご視聴いただいてる皆様、ありがとうございます。メインストーリーと絆ストーリーは収録させていただいてて、すごく……もう素晴らしいものであるというのを自信を持って言えますし、本日見せていただいた映像もクオリティ高くて、実際にプレイしてみるのがすごく楽しみになりました。我々声優陣も魂を込めて演じておりますので、良かったら事前登録をして楽しみに待っていただけると嬉しく思います。本日はどうもありがとうございました。

[ちゅうにー]
はい前田さんありがとうございました。続きましてキムPD、ちょっと感想を伺えればと思います。

[キム・チョルヒPD]
この場に本当にたくさんの方がお越しいただいて、このこちらに来ていただいた方々、そしてインターネットで生放送をご覧になっている世界中の救世主様。本当にありがとうございました。もうすぐエデンでお会いできるのを本当に楽しみにしています。

[ちゅうにー]
はい、キムPDありがとうございました。続きましてあかせさん、改めていかがでしたか。

[あかせあかり]
ご来場いただきました方、本当にありがとうございました。私自身、そのゲームについて詳しく知ったのも今日がほぼ初めてだったので、何だろう、最初に思ってたよりもさらに楽しみっていう気持ちが上がりましたし、タリアちゃんってどんな子なんだろうって、この格好しておいて言うのはなんですけど、すごく熱心に宣伝してくださったので、もう私も楽しみの気持ちにいっぱいになりましたし、タリアちゃん育てたいなって思いました。

[ちゅうにー]
タリアちゃんのコスチュームも楽しみですよね。

[あかせあかり]
楽しみです。

[ちゅうにー]
あかせさんありがとうございました。それでは最後に鶴P、日本でリリースを楽しみにしてくださってる皆さんに向けて一言お願いいたします。

[鶴P]
そうですね。まずは本日のメディアカンファレンスにご参加いただきまして誠にありがとうございました。事前登録を開始、上期中のリリースというふうになっていますので、運営チームと開発チーム協力して一気に駆け抜けていきたいなと思います。また、どんどんといろんなキャンペーンを打って盛り上げていくので、ぜひエバーソウルを楽しみにお待ちいただけたらな……というふうに思います。引き続きエバーソウルをよろしくお願いいたします。

[ちゅうにー]
はい、鶴Pありがとうございます。そして、皆さん一言ありがとうございました。ご列席いただいた皆様も、そしてオンラインで配信をご覧の皆様も本日は本当にありがとうございました。エバーソウルのリリースまで、ぜひ皆様楽しみにお待ちください。

[ちゅうにー]
そして事前登録もお忘れずにお願いいたします。さらにXとかでもね、さらにキャンペーンなどなど最新情報投稿されると思いますので、その辺りのチェックもお願いいたします。それでは、カメラに皆さんで最後はバイバイでお別れしましょう。

エバーソウル メディアカンファレンス お別れの挨拶

[ちゅうにー]
それではありがとうございました。

「神ゲー攻略」の質問と回答を掲載

課金圧について

──ユーザーテスト参加時の感想なのですが、課金圧が低いように感じました。育成ハードルを低くしたり、快適に遊べるようにするため、ガチャ以外への課金要素も特に無い形でしょうか?

課金圧は低いと感じられるように調整しています。ユーザーテストでも同じような意見が寄せられています。

新キャラの実装

──メインストーリーの登場キャラは既存キャラが中心ですが、新キャラの実装は新しいエピソードの実装に合わせて行われる予定ですか?

そのとおりです(笑)。新キャラを実装する場合、新規エピソード、絆ストーリーなどを用意する必要がありますので、開発がんばります!

領地について

──領地がとんでもない広さをしていましたが、開催予定のイベントがありましたら教えて下さい。例として、「1日1回宝箱探し」や「かくれんぼ」とかできそうですよね。

挙げられた例を含めて、オブジェクトをタッチしたら何かいい事が起きるなど、様々なイベントを予定しています。

レイドなど

──レイドボスのような、団体で挑戦したり、より良い報酬がもらえる強敵の実装予定はありますか?

レイドと、精霊が闇堕ちした「悪霊」の姿でボスとして登場しチーム編成を複数用意して戦う高難易度のコンテンツは、既に韓国版で実装していて、今後ワールドボスの実装も検討しています。

エバーソウルのゲーム情報

ゲーム名 エバーソウル
ジャンル ロールプレイング
プラットフォーム iOS/Android
価格 基本プレイ無料
リリース日 iOS:2024年5月29日 配信予定
Android:2024年5月29日 配信予定
公式サイト https://jp-eversoul.kakaogames.com/
公式X https://twitter.com/Eversoul_JP
コピーライト © Kakao Games Corp.&Nine Ark inc. All Rights Reserved.

最新ニュース一覧

募集

Twitterで最新情報をゲット

神ゲー攻略では最新ゲーム情報やプレイレポートを配信するTwitterアカウントを運用中!新作タイトル発表やイベント情報、キャンペーン情報など有益な情報をつぶやいていますので、是非フォローお願いします!

神ゲー攻略ニュースサイトTwitter

注目の記事

【厳選】編集部注目のアプリ

1 鳴潮 鳴潮
期待のアニメ風オープンワールドアクションRPG!5月23日についにリリース
2 学園アイドルマスター 学園アイドルマスター
学園が舞台のアイドルマスター!
3 星になれ-ヴェーダの騎士たち 星になれ-ヴェーダの騎士たち
ガッツリ遊べるベルトスクロール2DアクションRPG!
4 ライドカメンズ ライドカメンズ
16人の仮面ライダーをサポートする育成ADV!5月30日に配信予定
5 ブルーロック BLAZE BATTLE ブルーロック BLAZE BATTLE
TVアニメ『ブルーロック』原作の3Dサッカー対戦がリリース!
ジャンル別のおすすめゲームアプリ
RPGRPG アクションゲームアプリ ACT シミュレーションSLG リズムゲーム おすすめリズム カードゲーム おすすめカード
パズルパズル ストラテジーゲームアプリRTS FPS おすすめFPS オンラインオンゲー 女性向け女性向け

人気のおすすめゲームアプリランキングを見る

リリース直後の新作アプリ

リリース直前の新作アプリ