神ゲー攻略からのイチオシ記事!
ストーリー攻略チャート一覧
カード変化で入手できるアイテム一覧
FF8のバトルシステムを解説!

【FF8】 カードゲームの攻略とルールの解説

更新日時

『FF8(ファイナルファンタジー8)リマスタード』におけるカードゲームの攻略情報を掲載!基本的なルールや特殊ルールの解説をはじめ、攻略方法まで紹介しているため、攻略の参考にどうぞ。

Copyright (C) 1999, 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

カードゲームの概要

カードゲームを攻略するメリット

集めたカードをアイテムに変換できる

カードは、アビリティ「カード変化」を利用することで、アイテムに変換できる。カードゲームでカードを集めておけば、探索だけでは入手しづらいアイテムも容易に集められるので、ぜひカードゲームをしてカードを入手しよう。

カードに関連するイベント

カードクイーンイベント

各地を移動しているカードクイーンにレアカードを取らせることで、新たなレアカードを入手できるイベントだ。「アーヴァイン」や「フェニックス」などの、強力なレアカードを入手できるので、ぜひイベントをこなそう。

CC団イベント

バラムガーデンにいる、7人のCC(カードクラブ)団をカードゲームで倒すと、飛空挺内でCC団とカードゲームができるようになるイベントだ。そしてCC団はレアカードを使うため、レアカード入手が可能になる。

最低限覚えるべき基本ルール

ゲームの流れ
1 カードプレイヤーと□ボタンで話し、ゲームを開始する。
2 使用するカードを5枚選ぶ。(特殊ルールによる例外あり)
3 先行後攻がランダムに決定する。
4 バトルエリアが埋まるまで、交互にカードを出して相手のカードを裏返していく。
5 バトルエリアのカードの合計枚数が多いほうが勝利。
6 勝利したプレイヤーが相手からカードを一枚もらう。(特殊ルールによる例外あり)

カードゲームの始め方

カードプレイヤーのNPCに□ボタンで話す

カードゲームを開始する最低条件
カードプレイヤーのNPCを相手にしていること
一部NPCはイベントを進めていること
所持しているカードの枚数が合計5枚以上であること

カードゲームを行うには、各地のカードプレイヤーに対して、□ボタンで話しかけよう。□ボタンで人物に話しかけると、カードゲーム開始前に選択肢が発生するため、カードゲームができる人物かを確かめられる。

▼ ゲーム開始直後のバラムガーデン2Fでカードを入手!

ゲーム開始直後のバラムガーデン2Fエレベーター前にいる男に話しかけると、カードを7枚もらえる。炎の洞窟をクリアすると男が姿を消してしまうため、必ず話しかけておこう。

バラムガーデンの男性から入手できるカード

ハウリザード

フンゴオンゴ

レッドマウス

ゲイラ

ゲスパー

フォカロルフェイク

ケダチク
-

カードゲームの流れ

先攻後攻はランダムで決まる

カードゲームが始まると、先攻後攻が決まる。先攻後攻は自分では選べず、ランダムで決定する。

交互にバトルエリアにカードを出す

カードゲームは、バトリエリアと呼ばれる3×3のマスに交互にカードを置いていくことで進む。全てのマスが埋まるとゲーム終了だ。

隣り合う数字が大きいと裏返せる

置いたカードの数字が、相手のカードの数字より大きければ、相手のカードを裏返せる。

裏返したカードが多いほうが勝利

カードゲーム終了時に、裏返したカードが多いプレーヤーが勝ちだ。勝ったプレーヤーは、トレードルールに応じた枚数分、相手の手札からカードを獲得できる。

カードゲームで勝つコツ

カードごとの得意戦法を知り使いこなす

カードには大きく分けて4つのタイプがあり、タイプごとに得意な戦法が異なる。4つのタイプとは、1方向型、上下・左右型、ナナメ型、平均型だ。まずは4つのタイプの得意戦法を知り、カードを使いこなそう。

カードの4タイプの例と解説
タイプ 解説
平均型
ケダチク
「取られてから取り返す」戦法が有効
1方向型
フォカロル
攻めに特化。守りが弱いのでカードとカードの間に置くのがおすすめ
上下・左右型
ルブルムドラゴン
攻守を兼ねる。1方向型より使い勝手がいい
ナナメ型
モルボル
角の守りに最適。使い勝手がいいため最低1枚は手札に加えるのがおすすめ

平均型:取らせて後で取り返そう

上下左右にとりわけ強い数字がない「平均型」は、あえて敵に取らせて、後で取り返す戦法がおすすめだ。特に手札が少ない序盤では、「取らせて後で取り返す」戦法で切りぬけよう。

一方向型:カードとカードの間に置く

一方向型カードの例

グラット

ダブルハガー

アビスウォーム

一方向型は、1辺の数字が突出しているため、低レベルのカードであっても高レベルのカードに対抗できる。ただし、残りの3辺が弱いため、裏返されないように、他のカードの間に置くのがおすすめだ。

上下・左右型:弱点を補いつつ攻める

上下・左右型カードの例

ルブルムドラゴン

シュメルケ

サボテンダー

上下か左右の両辺に大きな数字が配置されている「上下・左右型」は、一方向型と同じく、弱点の辺を他のカードで守りながら相手のカードを裏返す戦法がおすすめ。また、2辺が強い特徴を生かし、一気に2枚裏返すことも可能だ。

ナナメ型:守りの要に使おう

ナナメ型カードの例

モルボル

イフリート

セクレト

右と上、または左と下など、ナナメの2辺が強いナナメ型は、角のマスに置いて守りを固めるのがおすすめ。

また、相手の出方を伺いたい時などに、とりあえずナナメ型を角に置いて様子を見る、といった手法もできる。ナナメ型はとても使いやすいカードなので、必ず1枚は手札に入れるのがおすすめだ。

勝つパターンを作ろう

守りに徹するのが必勝の基本

カードゲーム必勝法の基本は、相手カードを裏返すことを考えるよりも、「守りに徹する」ことだ。守りに徹しつつ、相手のカードを1枚裏返すことを考えよう。

まずはナナメ型で様子見がおすすめ

1手目はナナメ型を角に置くのがおすすめだ。すると、守りを固めつつ相手の出方をうかがえる。先攻後攻でも使えるテクニックだ。

例:先攻の場合
使用カード
ナナメ型 ナナメ型 上下型 一方向型 ナナメ型

イフリート

ディアボロス

サボテンダー

ワイルドフック

オチュー
1手目
まずはナナメ型を角に置き、守りを固めつつ様子を見る
2手目
ナナメ型で守りを固めつつ、左上の弱いカード(レッドマウス)を裏返す
3手目
さらにナナメ型で左下角を守る
4手目
上下タイプをカードとカードの間に置き相手のカードを裏返す
4手目
相手がGIM47Nを置くも、こちらの勝利だ

序盤から効率的にカードを集める方法

効率的なカードの集め方手順
1 イフリートのカードを入手する
2 ディアボロスのカードを入手する
3 バラムガーデンで手札を集める
4 トレードルールを「フル」にする
5 カードゲームを繰り返し行う

1.イフリートのカードを入手

カード 数字 解説

イフリート
9
8 6
2
【入手方法】
・イフリートからドロップ
・カードバトルでドドンナ(F.H.駅長宅前)から入手する
【カード変化】
エレメントアタック×3

炎の洞窟でイフリートを倒し、イフリートのカードを入手する。

2.ディアボロスのカードを入手

カード 数字 解説

ディアボロス
5
3 A
8
【入手方法】
・ディアボロスからドロップ
【カード変化】
ブラックホール×100

イフリートのカードも強力だが、ディアボロスのカードを入手すれば更に効率よくカードゲームで勝利できる。

シドから「魔法のランプ」をもらう

ディアボロスのカードを入手するには、まず、ドールでの実地試験を終える。次に、ティンバーへの初任務に向かう前にシドに話しかけて「魔法のランプ」をもらう。

ディアボロスを倒す

「魔法のランプ」をフィールドで使用すると、ディアボロスとの戦闘になる。ディアボロスを倒せば、ディアボロスのカードを入手できる。

3.バラムガーデンで手札を集める

イフリートとディアボロスのカードを入手したら、バラムガーデンでカードゲームを行い、手札を集めよう。

最初は1F案内板近くの男の子がおすすめ

初めのうちは、1F案内板近くを走っている男の子とカードバトルするのがおすすめだ。男の子の出すカードはレベルが低めで、楽に勝てる。まずは男の子とバトルして手札を集めてから、他のプレイヤーとバトルするのがおすすめだ。

4.トレードルールを「フル」に変更する

トレードルールに「フル」が表示されるまで、バラム駅前にいるカードクイーンに勝負を挑み続けよう。カードクイーンに実際に勝つ必要はなく、トレードルールに「フル」が表示されるまで、トレードルール表示画面をキャンセルすればよい。

5.カードゲームを繰り返し行う

トレードルールに「フル」が表示されたら、近くの人とトレードルール「フル」の状態でカードゲームを行おう。勝利時にカードを全てもらえるので、効率よくカード集めができる。

特殊ルールの攻略方法

オープン

オープンは、お互いの手札が相手に公開された状態でゲームが進む特殊ルールのことだ。

相手にもカードが公開されているため、先読みをしてカードを出すようになるが、NPCが相手なのでプレイヤーへの恩恵の方が大きい特殊ルールだ。

サドンデス

サドンデスは、ドローになっても決着がつくまで、ゲームが続行となる特殊ルール。

サドンデスマッチでは、ドローになった時に自分側として場にあるカードを使用して行うことになり、先行と後攻が入れ替わってプレイすることになる。

ランダムハンド

ランダムハンドは、自分が持っている全てのカードの中から、ランダムに選ばれた5枚でプレイする特殊ルール。

もっとも厄介なルールではあるが、「カード変化」を利用して、レアカード以外を全てアイテムに変換したり、ルール自体をエリアから無くすように伝達することで対策が可能だ。

セイム

セイムは、隣り合うカードとの数字が2辺以上同じ場合、相手のカードを裏返すというルールだ。

裏返したカードは新たに置かれたカードとして扱われるため、裏返したカードの隣のカードの数字が小さければ、さらにカードを裏返せる。

プラス

プラスは、隣り合うカードとの数字の合計が2辺以上同じ場合、相手のカードを裏返せるというルールだ。

裏返したカードは新たに置かれたカードとして扱われるため、裏返したカードの隣のカードの数字が小さければ、さらにカードを裏返せる。

ウォールセイム

ウォールセイムは、出したカードの数字「A」が壁に接し、かつ残りの辺のいずれかの数字が隣り合うカードと同じだった場合、相手のカードを裏返せるというルールだ。

裏返したカードは新たに置かれたカードとして扱われるため、裏返したカードの隣のカードの数字が小さければ、さらにカードを裏返せる。また、ウォールセイムはセイムのルールが追加されている状態でしか成立しない。

エレメンタル

エレメンタルのルールが追加されると、バトルエリアのいずれかのマスに「属性マーク」が表示される。属性マークのマスに同じ属性マークを持つカードを置くと、置いたカードの4辺の数字が+1される。

逆に、マスに表示されている属性マークとは別のマークのカードを置くと、4辺の数字は-1される。

トレードルールの解説

ワン

カードゲームの勝利者は、敗者の手札から1枚を選び、獲得できる。

ディフ

カードゲームの勝者は、勝利時の両者のカード枚数の差の分だけ、相手の手札からカードを獲得できる。

ダイレクト

決着がついた時点で、お互いの色のついているカードを、そのまま両者が獲得する。カードゲームに勝利しても、裏返されたカードは失うため、カード集めが目的の場合には「ダイレクト」のトレードルールはおすすめしない。

フル

カードゲームの勝利者は、敗者の手札5枚をすべて獲得できる。フルは、一番効率よくカード集めができるトレードルールなので、カード集めの際にはおすすめだ。

ヌル

勝敗に関わらず、カードのトレードを行わない。純粋にカードゲームを楽しみたい場合におすすめのルールだ。


カード関連記事
カード一覧 カードゲームの
ルールと勝ち方
カードルールを
初期化する方法
レアカードの
入手方法一覧
カードクイーン
イベントの攻略
CC団イベントの攻略