クローバーシアターとは?

モンスター娘との日常が楽しいRPG

ゲーム概要

クローバーシアター(クロシア)は、個性豊かなモンスター娘たちと世界を冒険していくRPGだ。プレイヤーは劇団長として、かわいい劇団員と楽しい日常を満喫できるぞ。LIVE2Dとアニメによる豪華演出や、日常の舞台となる「劇場」の拠点システムも魅力的だ。

明るい雰囲気でモンスター娘の活躍が見れる

本作の世界観は明るい雰囲気のファンタジーだ。かわいく元気なモンスター娘たちの活躍を楽しめる。バトルもストーリーもモンスター娘たちの個性を活かした勢いあるもので、クスリと笑える場面が多いぞ。

劇団風の演出が華やかさを増している

クローバーシアター 演劇成功 クローバーシアター ガチャ演出

主人公と仲間たちは「クローバーシアター劇団」の一員であり、劇団所属という設定は物語上でもゲームの演出上でも活かされている。物語上では劇団であることを活かして各地で公演を行うし、バトルでは有利に進めるアイテムとして「ポスター」が存在するぞ。

他にも、バトル勝利時の演出として「演劇成功」と表示されたり、ガチャ演出にカーテンを利用していたり……と、プレイしていて随所にこだわりを確認できた。劇団特有の華やかさやを感じられたぞ。

お気に入りのモンスター娘が見つかる

多種多様なモンスター娘がいる

クローバーシアター 図鑑

クローバーシアター最大の特徴は、多種多様なモンスター娘たちがいる点だ。モンスター娘たちは15の大種族に分類されたうえで、さらに細かく「小種族」 に分かれている。特に「獣類」は様々な動物をモチーフにしたケモノ娘が多いぞ。

下記には公式Twitterやテスト版で確認できた種族について記載している。自身のフェチズムに合う種族がいるかの確認にどうぞ!

大種族 判明済みの小種族
飛行 ガルダ、ハーピー、比翼の鳥
獣類 ミノタウロス、ベヒモス、ホルスタウロス、サテュロス、狐、猫又、狼人間、ワーキャット、人虎、メドゥーサ、ラミア、リザードマン、メロウ、ルサールカ、メルシン、セイレーン、錦鯉、ハーメルン、火鼠、ネチェレト、ケンタウロス、クー・シー、チンチラ
植物 バロメッツ、アルラウネ、マンドレイク、ポモ
人造 人形、ゴーレム、かかし、魔像
節足 アラクネ、ジョロウグモ
軟体類 スキュラ
不死者 キョンシー、ゴースト、バンシー
人型 河童、セルキー、グレムリン
軟体 スライム
エルフ イフリート、ドリアード、キキーモラ
異形 クラーケン、キメラ、ミミック、触手箱、グリフォン
仙人 仙人
真菌 キノコ
ドラゴン ニドホッグ、ソングドラゴン
インプ

なお、正式版ではさらに小種族が増えそうだ。例えば、大種族「真菌」には「キノコ」以外の小種族がいることが公式Twitterで示唆されていた。

同種族でも個性は様々

クローバーシアター ゴーレム1 クローバーシアター ゴーレム2
クローバーシアター ゴーレム3 クローバーシアター ゴーレム4

ところで、あなたはモンスター娘を題材にした創作物で、モチーフになった魔物は好きだがキャラ付けは好きじゃない、もしくは解釈違いだと感じたことはないだろうか?そんなあたなに朗報だが、本作の場合、その心配は無用だ。

モンスター娘を題材にしたゲームは1種族1キャラということも多いが、本作の場合は同種族で複数のキャラが実装されていたり、実装される余地がある。例えば、小種族「ゴーレム」のキャラは実装済みキャラが4人いた。

作中ではモンスター娘は極端に珍しい存在ではなく、種族として各地の街に住んでいる。一部の伝説的種族を除いては、いくらでも登場可能だ。同種のモンスター娘でもキャラ付けが異なるなら、より好みの子に出会いやすいぞ。

種族ごとの細かい設定も存在

クローバーシアター 街 クローバーシアター ジョロウグモ
クローバーシアター メデューサ クローバーシアター バロメッツ

各種族には詳細な設定が存在する。街にどんな種族が住んでいるかや、どんな種族によって今の街ができたかなど歴史も細かく設定されているぞ。モンスター娘は我々の世界にある神話や昔話の魔物がモチーフだが、元ネタを上手く活用しつつ、本作ならではのオリジナリティを出している。

公式Twitterでモンスター娘のことが詳しく分かる

公式Twitterでは、モンスター娘1人1人の紹介に始まり、各種族の詳細やビジュアルも公開している。本記事では紹介しきれない面白い情報が多数存在しているため、興味がある人はフォローすると良いだろう。

「クローバーシアター」公式Twitter

演出でキャラの魅力がより増している

Live2Dとアニメーションが素敵!

クローバーシアターは、美麗のLive2Dとアニメーションでキャラクターを際立たせている。かわいいモンスター娘がよりかわいく感じられるぞ。

アニメーションはリアル等身のものと、デフォルメされたSDキャラを動かしているものがある。リアル頭身のものは迫力があり、SDキャラのものは愛くるしい。どちらも魅力的だ!

ポスターやスキンで色んな姿が見れる

クローバーシアター ポスター クローバーシアター スキン購入
クローバーシアター スキン1 クローバーシアター スキン2

本作にはスキンをはじめとして、ビジュアルを楽しむ機会が多数ある。CBT版の時点で多数のスキンが実装されていたぞ。また、戦闘中に有利な効果を発動するアイテム「ポスター」には、キャラクターの日常を描いたイラストが存在しており、前後の場面を想像する楽しみがあった。

キャラを活用したバトルシステム

キャラの役割を考えて活躍させるのが面白い

クローバーシアター 能力

キャラクターには6つの属性と6つのタイプがある。属性には相性が存在し、ポジションには得意不得意の傾向が存在するぞ。5人パーティーでうまくバランスを取るのが大事となるため、色々なキャラを育てると戦略の幅が広がって面白い。

6つのタイプ
守備系 生存能力が高く、ダメージを受けることで能力を発動する者が多い
戦士系 基礎ステータスが高く、シンプルで強力な攻防が得意な者が多い
補助系 バフやデバフ、回復が得意で間接的にパーティーを助ける者が多い
狩人系 特定の相手や特定の状況下で強力な攻撃を発動する者が多い
術士系 後衛が得意で、属性攻撃や範囲攻撃が得意な者が多い
刺客系 クリティカル攻撃や防御無視攻撃が得意な者が多い

シナジーを見つけるのも面白い

クローバーシアター 毒シナジー クローバーシアター 毒シナジー

キャラクターはいくつかのスキルや必殺技を持つが、キャラクター同士をうまく組み合わせると、強力なシナジーを生み出せるぞ。例えば「中毒」を付与するキャラと、「中毒」状態の相手に大ダメージを与える者を組み合わせるなど、状態異常をフル活用する戦法が存在する。

育成要素やコンテンツも多い

クローバーシアター 冒険 クローバーシアター 遺跡探索

本作はキャラクターのレベルアップ、スキルのレベルアップ、キャラ毎に装備させる「ジェム」の合成など……育成要素や強化要素が多い。加えて、バトルコンテンツも種類が豊富にあり、キャラクターを活躍させる場面は多数存在する。

例えば、分かれ道を選びながらダンジョンを進む「遺跡探索」などはストーリー攻略とは違った面白さがある。CBT版では未実装だったが「アリーナ」など他プレイヤーと対戦できるモードもあるようだ。お気に入りのキャラクターをとことん強化して、活躍させることができるぞ。

ストレスが少ないゲームシステム

目当てのキャラを当てやすいガチャシステム

クローバーシアター ガチャ確率上げる キープ結果

クローバーシアターは、特定の最高レアの排出率を増やす仕組みである「祈願募集」をはじめ、目当てのキャラを当てやすいガチャシステムが存在する。他にも、40連後の10連はボーナスタイムが発生し、キープ機能を利用しつつ10連を20回試せるぞ。

ポスターのガチャもあるがガチャ圧は少なめ

クローバーシアター ポスターガチャ

本作にはキャラクターガチャだけでなく、「ポスター」ガチャも存在する。装備ガチャを連想して、人によっては敬遠するかもしれない。しかし、ポスターはキャラクター毎につけるものではなく、戦闘中にパーティー全体で使用するものである。

キャラクター毎に用意する必要はないため、強いポスターが数枚あればストーリーなどほとんどのコンテンツは問題なく進められる。PvPやランキングなどのように、とことん人と競い合うコンテンツに参加しないのであれば、ガチャを引く必要はあまり無さそうだった。

オートバトルや連戦機能で育成は楽

クローバーシアター オートバトル

本作はオートバトルや連戦機能を搭載している。プレイヤーは片手間で育成用のコンテンツを周回させられるぞ。バトルスピードも早く、育成面の負担は少ない。

拠点「劇場」の機能が充実

クローバーシアター 劇場

クローバーシアターには、拠点要素として「劇場」が存在する。劇場には箱庭的要素とゲームを有利に進められる実利的な要素の両方があるぞ。拠点を彩る家具などは種類が豊富にあり、便利機能も多数存在する。ソシャゲのRPGにあると嬉しい要素はだいたい揃っている印象だ。

クローバーシアター スカウト
「劇場」の便利機能紹介
建築 拠点で生活スペースを自由に装飾できる
演劇 放置収益機能でキャラクターを育てられる
開発 スキルツリー風の画面で拠点の機能を拡張できる
スカウト 特定の要素を持つキャラをランダムで募集できる
宿場 キャラクターの旅行記が閲覧できる。お土産としてアイテムもゲット可能
遠征 一定時間ごとに生産される宝の地図を使って、豪華報酬をゲットできる

クローバーシアターのゲーム情報

ゲーム名 クローバーシアター
ジャンル ロールプレイング
プラットフォーム iOS/Android
価格 基本プレイ無料
リリース日 iOS:2022年 配信予定
Android:2022年 配信予定
公式サイト 不明
公式Twitter https://twitter.com/CloverTheaterJP
コピーライト ©NetEase Inc. ©MoeFantasy Inc.

募集

Twitterで最新情報をゲット

神ゲー攻略では最新ゲーム情報やプレイレポートを配信するTwitterアカウントを運用中!新作タイトル発表やイベント情報、キャンペーン情報など有益な情報をつぶやいていますので、是非フォローお願いします!

神ゲー攻略ニュースサイトTwitter

注目の記事

【厳選】編集部注目のアプリ

1 コードギアス コードギアス 反逆のルルーシュ ロストストーリーズ
実績ある会社による人気アニメのアプリ化!あの名作の世界をもう一度体験できる
2 Dead by Daylight モバイル Dead by Daylight モバイル
ついに配信!非対称対戦ゲームの金字塔がスマホで遊べる
3 apex Apex Legends Mobile
大人気バトルロワイヤルのモバイル版!三人一組のチーム戦が熱い
4 ゼンレスゾーンゼロ ゼンレスゾーンゼロ
miHoYoの新作!災害後の世界が舞台のファンタジーACT
5 聖剣伝説 ECHOES of MANA 聖剣伝説 ECHOES of MANA
『聖剣伝説』のキャラが勢揃いするアクションRPG
ジャンル別のおすすめゲームアプリ
RPGRPG アクションゲームアプリ ACT シミュレーションSLG リズムゲーム おすすめリズム カードゲーム おすすめカード
パズルパズル ストラテジーゲームアプリRTS FPS おすすめFPS オンラインオンゲー 女性向け女性向け

人気のおすすめゲームアプリランキングを見る

リリース直後の新作アプリ

リリース直前の新作アプリ