テイルズ オブ ルミナリアとは?

21人の主人公が登場するアクションRPG

ゲーム概要

テイルズ オブ ルミナリアは、21人の主人公が登場するアクションRPGだ。異なる視点から描かれる多角的なシナリオが紡がれ、スマホ向けに最適化された片手操作で、キャラの個性に合わせた軽快なアクションを楽しめる。戦闘やダンジョン散策はシームレスに進むのも特徴だ。

おなじみの要素を持ちつつも挑戦的

『テイルズ オブ』に何を求めるか

ルミナリア 戦争
▲序盤の一場面

テイルズ オブ ルミナリアは『テイルズ オブ』シリーズの最新作だが、従来作と大きく異なる部分も多い。過去作で例えるのが難しく、『テイルズ オブ』シリーズに何を求めるかで大きく評価が変わる作品だろう。

実際にプレイした神ゲー攻略スタッフの個人的な見解で言うならば、本作はバトルシステムは継承せず、シリーズの持つテーマ性を継承&発展させた『テイルズ オブ』だ。感じたテーマ性をより具体的に言うと次の3つだ。

  • 勧善懲悪に終わらない結論
  • キャラごとの掘り下げが濃密
  • 2つの種族や文明など対比構造が存在

本記事では3つのテーマ性をどの辺りから感じたのか、シナリオやキャラの魅力と合わせて掘り下げていく。なお、レビュワーは、『テイルズ オブ』シリーズのプレイ経験者だ。

レビュワーは多くの『テイルズ オブ』をプレイ済みのT

本記事の作成者「スタッフT」は、PS時代の『テイルズ オブ ファンタジア』に始まり、最新作の『テイルズ オブ アライズ』まで20タイトル以上の『テイルズ オブ』をプレイ済みだ。お気に入りの『テイルズ オブ』はエターニアとグレイセス。

多角的に描かれる物語とキャラ

ルミナリア 帝国幹部
▲帝国宰相と帝国幹部「三狼将」

突然だが、上記の4人を見てほしい。彼らは技術大国「ジルドラ帝国」の宰相と、「三狼将」と呼ばれる3人の帝国幹部たちだ。こうやって並べてみると、敵の四天王と言われても納得しないだろうか?ところが、彼らも本作では主人公として扱われる。

過去の『テイルズ オブ』シリーズでは、敵キャラにも多くの人気キャラがいた。しかし、当たり前といえば当たり前だが、視点は主人公サイドのみであり、敵は外から見た姿で描かれていた(例外的に、外伝で補完される人もいたが)。

しかし、本作は違う。通常のRPGだったら敵幹部になるであろうキャラも主人公として操作可能であり、その内面を見ながら物語を進められる。

ルミナリア 陣営所属図
▲キャラと所属図

キャラクターは大きく3つの陣営に分かれている。自然と共存する「ユール連邦」、技術大国「ジルドラ帝国」、世界の謎を追う「冒険者」だ。マナを生む巨大な獣「源獣」を巡って、スタンスの異なる陣営がそれぞれの戦いを繰り広げるぞ。

ルミナリア 荒野
▲帝国の侵略で荒野になった場所

ゲームを始めてしばらくの間は、「ユール連邦」のレオを操作するため「ジルドラ帝国」が悪に見える。倒さなければいけない気持ちになるのだ。しかし、帝国側のエピソードを進めると、帝国のキャラに愛着が湧き、彼らも応援したくなる。

ルミナリア はむ
▲白狼将アレクサンドラの食事光景

そう愛着である。正義とか悪とか論じる前に、まず親しみが湧くのが本作のずるいところ。正義にこだわる理想主義者のアレクサンドラに始まり、超絶悪人面の宰相アウグストですら会話にユーモアがあって面白い!

帝国にもやむを得ない事情があって……などといきなり語られたら、救いようのない重く悲劇的な話になってしまうし、人によっては鼻白むだろう。しかし、どのキャラも明るい部分で興味を持たせて、少しずつシリアスな部分を描いてくる。

過去の『テイルズ オブ』にも明るい導入から始まり、少しずつシリアスになるパターンが多数あった。物語の変化がキャラクターを掘り下げるのだ。本作の場合、それを21人分きっちりと行っている。つまり21人分の丁寧な導入が用意されているのだ。

各キャラに個人年表も存在

個人年表
▲個人年表がある

キャラの掘り下げを進める仕組みのひとつとして、キャラごとの来歴を追える「個人年表」も存在する。本作は1キャラクター全8章のエピソードで構成されているが、個人年表ならエピソード間の出来事も確認でき、キャラクターの変化を細かく追えるぞ。

ゲーム部分はキャラを立てる形で新規構築

ルミナリア バトル
▲アウグストによるバトル

本作のバトルはキャラクターの個性を強く活かしたものであるが、過去の『テイルズ オブ』のどれにも似ていない。縦方向に伸びるステージを進み、探索と戦闘はシームレスに移行する。会話劇(スキット)も同じフィールド上で行われるぞ。

回復アイテムが『テイルズ オブ』シリーズでおなじみの「料理」であったり、キャラの技名が秘奥義であったりとシリーズおなじみの要素も取り入れているが、基本的には完全新規のゲームシステムである。

コンボルートを開拓していく喜びよりは、敵の攻撃を避けながら反撃を差し込んでいき、倒すか倒されるかの緊張感を味わうのがバトルの醍醐味。雑魚戦のときは敵の数が多いため、無双ゲーのような爽快感もある。

だが、本作のゲームパートが最も力を入れているのは、キャラの特徴を活かすという点だろう。例えば、料理に対してはキャラクターの好みが設定されており、キャラの個性を立てるのに使われている。

ルミナリア 狙撃
▲弓による狙撃

戦闘スタイルもキャラごとに個性が光る。例えば、弓による攻撃を得意とするセリアは、攻撃ボタン長押しで狙撃が可能だ。長押しする時間と離すタイミングで、威力が大きく変わるため、上手く撃てればヘッドショットを決めたかのような爽快感がある。

同じ剣を持つキャラでも、回避の挙動が違ったり、長押しの突進の性能が異なったりと、キャラごとに違った立ち回りが求められるぞ。槍使いは空中戦が得意など、シリーズファンならニヤリとする要素もある。

片手操作とオプションでバトルに挑もう

ルミナリア オプション
▲ルミナリアのオプション画面

普段コンシューマゲームをプレイしている人だと戸惑うかもしれないが、本作は片手操作に特化している。左手で移動ボタン、右手で攻撃ボタン……など両手で操作すると逆にやりづらい

攻撃ボタンに指先を置く形で操作しよう。基本的には攻撃ボタンを連打しつつ、回避時だけ素早くフリックだ。画面品質(全体の処理速度)、攻撃ボタンのサイズや位置、入力感度などはオプションで調整できるぞ。

アニメのような演出でキャラの魅力をアップ

ルミナリア ED
▲ユーグ連邦側のエンディング画面

本作はさながら週間アニメのように、エピソードを開始するたびにオープニングが流れ、クリアするごとにエンディングが流れる。なお、エピソードの主役に合わせて映像に変化があるなど、キャラ立てはここでも頑張っているぞ。

ルミナリア クリア後SNS
▲いいねとコメント機能

また、エピソードクリア後は「いいねボタン」と「コメント機能」が表示され、ゲーム内で他ユーザーと感想を共有可能だ。週間アニメを見終わったあとに、SNSで感想を共有するような面白さがある。好きなキャラに対して同じように魅力を感じる人がいたら嬉しい

キャラ紹介とキャラ別感想

※初期に開放される4人(レオ、セシル、アウグスト、アレクサンドラ)のエピソード、およびリリース前に公開された情報への言及を含みます

レオ・フルカード(声優:新井良平)

ルミナリア レオ

プロフィール
所属 ユール連邦
生年月日 創神歴982年7月24日
(創神歴999年開始時16歳)
代表的なセリフ 最後まで「気高く」戦い抜くのがフルカード流ってもんだよな!
公式紹介文 祖母の遺訓である「気高く生きる」ことを信条としている青年。幼馴染のセリア、ユーゴと騎士学校へ入学。故郷を奪った帝国を倒すため、ブレイズ(※騎士学校の精鋭部隊)の一員となり仲間とともに切磋琢磨する。

主人公っぽい主人公ランキング第1位。ピンチになるとお婆ちゃんのことを思い出して、自分に気合を入れるお婆ちゃんっ子でもある。故郷を何かしらの事件で失ったことがあり、人を助けるために強くなろうと日夜努力中。

自分の信条である「気高く生きる」をよく口に出すため、一部に「気高いくん」と呼ばれている。公式サイトがオープンされた時点で親友ユーゴとの敵対が確定しているため、今後は立場の違いと友情の境で苦悩しそう。強く生きて欲しい。

セリア・アルヴィエ(声優:岡咲美保)

ルミナリア セリア

プロフィール
所属 ユール連邦
生年月日 創神歴982年1月8日
(創神歴999年開始時16歳)
代表的なセリフ 誰かの背中に守られるだけのお姫様じゃいられないしね
公式紹介文 レオやユーゴの幼馴染。共に騎士学校へ入学し、ブレイズの一員となる。世話焼き気質で、いつも2人を見守るように振る舞うが、とある事件が理由で2人に対して引け目を感じている。

すごい視野の持ち主(オッドアイが演出なのかは不明)。レオやユーゴの幼馴染。故郷を失ったとき、現場にいなかったことに大きな引け目を感じており、2人のサポート役に徹している。ブレイズ候補生時代は過剰な謙遜と合わせてもはや卑屈とも取れる状態だった。

彼女のエピソードは自身の立ち位置を改めるところから始まり、相棒のミシェルと大きく躍進する姿が描かれる。実力はあるが芽が出なかったブレイズ候補生の最下位コンビが、成績上位の者たちに大逆転を決めていく青春スポーツものみたいな展開が光るぞ。

ミシェル・ブーケ(声優:緒方佑奈)

ルミナリア ミシェル

プロフィール
所属 ユール連邦
生年月日 創神歴982年9月10日
(創神歴999年開始時16歳)
代表的なセリフ いつだって「正しい判断」ができる人でありたいなって
公式紹介文 祖父の下で医療に従事して育つが、とある人物からの勧誘をきっかけに騎士学校に入学。ブレイズの一員となる。癒しの術で周囲を支える優しい面が強い一方、窮地では仲間を鼓舞するなど意外と芯が強い。

人を助けるために強くなろうとしている(レオと動機がかぶってる)。レオから1人だけちゃん付けされたり、レオに対して妙にぎこちないなど、明らかにわけありな事情を抱えてそうな女の子。

立ち位置として非常に頼りになる存在。ヒーラーを担うほか、物語でもここぞというときに駆けつけたり、弱気になった仲間を鼓舞するなど精神的に非常に強い。医療従事者は戦場でも強いんだなという当たり前の事実を我々に教えてくれる。

リゼット・レニエ(声優:嶋村侑)

ルミナリア リゼット

プロフィール
所属 ユール連邦
生年月日 創神歴973年6月14日
(創神歴999年開始時25歳)
代表的なセリフ 私直々の補習授業といくか
公式紹介文 イーディス騎士学校の精鋭特殊選抜クラス「ブレイズ」の担任。誰よりも厳しく学生達を一人前の騎士として育て上げる。軍人としての腕前・実績も高いが、ある理由により第一線からは身を引いている。

The鬼教官。彼女が補習授業を口にしたときのレオとユーゴの顔は必見!クールで威圧的な言動が目立つが、言動や采配の端々に生徒に対する愛情を感じられる。たぶん良い人。

連邦と帝国の二重スパイである「ガスパル」とは旧知の仲であることや、何かしらの理由で戦場の第一線から退いていることなどから、ユール連邦の抱える闇とかも詳しく知ってそうだが、果たして……?

リュシアン・デュフォール(声優:上村祐翔)

ルミナリア リシュアン

プロフィール
所属 ユール連邦
生年月日 創神歴980年10月13日
(創神歴999年開始時18歳)
代表的なセリフ 連邦の明日を担うべく微力を尽くします
公式紹介文 指揮力・戦闘力など全ての能力に秀でるブレイズの筆頭。物腰が柔らかく穏やかな性格で、聡明さも抜きんでており、さまざまな作戦を成功に導いてきた実績を持つ。時折、苦しむように胸をおさえることがある。

溢れ出る強キャラ臭。そして、公式紹介文やオープニングに存在する「苦しむように胸を抑える」姿から考えて、持病など強キャラ特有の制限時間的なハンデを抱えてそう(偏見)。

立ち振る舞いや立ち回りはパーフェクトの一言。他者を尊重しつつ、やるべきことを確実にこなしている。逃げた指揮官の代わりに、砦の防衛を指揮して、味方が逃げる時間をかせぐなど八面六臂の活躍をしている。現状スキが無さすぎてどう掘り下げられるのか想像つかない

マクシム・アセルマン(声優:斉藤壮馬)

ルミナリア マクシム

プロフィール
所属 ユール連邦
生年月日 創神歴980年12月21日
(創神歴999年開始時18歳)
代表的なセリフ 僕は、高名なるアセルマン家の次男だ!
公式紹介文 「アセルマン家の誇りにかけて」が口癖の名家の御曹司。リュシアンのことを一方的にライバル視している。居丈高で臆病な面もあり後輩にもいじられがちだが、やる時はやる実力を持つ。

ユール連邦側のマスコットみたいな人。実力はあるが、コメディリリーフ的な役目が多い。ツッコミもボケもこなす器用な人物。ゲーム序盤から、色んな人のエピソードで登場する。

明らかにコンプレックスの裏返しな口癖といい、精神的な成長の幅は大いにありそう。実家の誇りとともに飛躍するのか、独立した精神を持つ個人として成長するのか、彼は無限の可能性を秘めている。

ヴァネッサ・モラクス(声優:八巻アンナ)

ルミナリア ヴァネッサ

プロフィール
所属 ユール連邦
生年月日 創神歴981年4月25日
(創神歴999年開始時17歳)
代表的なセリフ 私は剣 ただ敵を断ち切るのみ
公式紹介文 筆頭であるリュシアンに迫る実力を持つ、ブレイズの一員。判断が苦手で、その決定権を他人に依存している。生真面目で堅苦しい物言いをするが、虚をつかれるとパニックに陥る面も。

ザ・堅物。自分を剣と称するところは、自分を兵器と称する帝国の黒狼将バスチアンに似たものを感じる。しかし、ヴァネッサの場合は若さゆえの意思決定不足や依存心も影響しているようだ。

キャラクター紹介動画では「自分が騎士としてなすべきこと」について考えている様子が伺えるなど、精神的な成長の兆しが見える。ジュリアンやイェルシィと関係が深いようだが、どのような会話劇や成長劇を繰り広げるのか興味が尽きない。

イェルシィ(声優:茜屋日海夏)

ルミナリア イェルシィ

プロフィール
所属 ユール連邦
生年月日 創神歴981年2月24日
(創神歴999年開始時17歳)
代表的なセリフ いっぱい見つけようね!あたし達の素敵な花!
公式紹介文 「アムル天将領」のお姫様。トトというイェルシィにしか見えない生物と共に生活している。軽い調子と、独特な言葉遣いで、誰とでも隔てなく接することのできる明るい性格を持つ。

やんごとなき身分のギャルっぽい人。他の人には見えない生物トトと会話しているので不思議ちゃんっぽくもある。ついでに、姫君であり次代の巫女王でもある。……属性多いなぁ。

日常の会話でもグイグイ行くので存在感あるが、キャラクター紹介動画では厳かな祝詞を唱えていたりもするので、もはやシナリオ上でどんな役割をこなしても驚かない。なお、イェルシィのエピソード中しか姿は見えないが、トトは可愛い。

アウグスト・ヴァレンシュタイン(声優:梅原裕一郎)

ルミナリア アウグスト

プロフィール
所属 ジルドラ帝国
生年月日 創神歴964年11月18日
(創神歴999年開始時34歳)
代表的なセリフ 私には 今日という日も単なる通過点に過ぎませんよ
公式紹介文 かつては片田舎のしがない林檎農家だったが、故郷、そして最愛の妻子を失う。仇敵への復讐のため、帝国軍に身を投じ、その類まれな才能が認められ宰相まで上り詰めていく。

ラスボスにしか見えない人(実際、主人公兼ラスボスって可能性もある)。良い人ではないが、ただ悪い人でもない不思議な立ち位置であり、21人の主人公というコンセプトを1番体現している。エピソード1の最後はダークヒーロー風だった。

見た目が悪人→好きな料理とかでりんご大好きマンだと分かる→話が始まると、意外と苦労人ポジだったりオチャメだったりして面白い→りんごが好きな理由が重い……とプレイした際の印象が激しく変わる人。本記事作成者の推し。

アレクサンドラ・フォン・ゾンネ(声優:大西沙織)

ルミナリア アレクサンドラ

プロフィール
所属 ジルドラ帝国
生年月日 創神歴978年4月8日
(創神歴999年開始時20歳)
代表的なセリフ 常勝こそが私に課された使命だな
公式紹介文 アウグストと共に帝国を支える狼将の一人「白狼将」 自らの正義を信じ、アウグストやラプラスとは思想の違いで衝突しながらも、共に前へ進んでいく。帝都中の食材を全て食い尽しかねない大食漢な一面も。

スピードを兼ね備えたパワーキャラ。想像の10倍くらい猪突猛進であり、リリース前情報から想像できる10倍くらいはアウグストとも良好な関係を築いていた(関係は物語が進むにつれ少しずつ崩れていくようだが……)。

アウグストのジョークにツッコミを入れつつ、生真面目ゆえのボケをかまして同じ狼将のラプラスにツッコミを入れられるなど会話のテンポが良い。彼女の第1エピソードにおけるトリプル漫才は必見。

バスチアン・フォルジュ(声優:竹内良太)

ルミナリア バスチアン

プロフィール
所属 ジルドラ帝国
生年月日 創神歴962年2月9日
(創神歴999年開始時36歳)
代表的なセリフ この「力」をもって殲滅を開始するとしよう
公式紹介文 アウグストと共に帝国を支える狼将の一人「黒狼将」 帝国軍の兵の中でも圧倒的な戦力を誇る。感情が乏しく、常に任務のことしか考えていないが、時折異彩を放つ発言で相手を戸惑わせることもある。

職務に超真面目な人。真面目すぎるがゆえに独特な会話のテンポを作り出して、アウグストが会話に困ったりする。同じ狼将のラプラスに何か吹き込まれて行動したりもするため、社会性が皆無なわけではない。

三狼将の中でも敵国からとりわけ恐れられている存在だが、味方にとっては頼もしい存在。RPGの主人公で初期からこれほど強者ムーブする者もいないだろうから、プレイヤーは新鮮な気持ちでシナリオを追えるだろう。

ラプラス(声優:庄司宇芽香)

ルミナリア ラプラス

プロフィール
所属 ジルドラ帝国
生年月日 創神歴???年9月25日
代表的なセリフ もう飽きちゃったからそろそろ葬ってあげるわあ
公式紹介文 アウグストと共に帝国を支える狼将の一人「赤狼将」 皇帝の寵愛を一身に受ける彼女に対し、帝国内でも不信感をもつ人間は数多い。しかし、その美貌と妖艶さから、彼女の虜になる帝国兵も少なくない。

魔女っぽい人。良い人か悪い人かと言われたら悪い人だけど、ツッコミ役な場面が多くて妙な愛嬌がある。味方キャラのときの彼女は、操作キャラの体力が減ると気遣いのコメントを発するなど、気配りもできるぞ。

アウグストの過去や真の目的を知っていたり、アレクサンドラを執拗に煽ったり、鍛錬以外に興味を示さないバスチアンを祭儀の場に呼んだり、ユール連邦のリシュアンの名前に反応したりと、序盤から人間関係は幅広い

ガスパル・エルベ(声優:濱野大輝)

ルミナリア ガスパル

プロフィール
所属 ジルドラ帝国
生年月日 創神歴972年3月6日
(創神歴999年開始時26歳)
代表的なセリフ 今回も張り切って汚いお仕事と、いきますか
公式紹介文 連邦と帝国、両方からの指示を受け二国間を行き来する謎多き人物。軽薄かつナンパなため、他者からは低く見られていることが多いが、彼の実力が分かる人間には強く警戒されている。

二重スパイ。ユール連邦内で強い存在感を出していたので、前情報を一切仕入れてなかったら、帝国で始めて会ったとき驚いたかもしれない。けど、公式紹介時点で二重スパイと書かれている

一周回って、ゲーム進めたら帝国所属じゃなくなったりしない?と疑心暗鬼になる存在。序盤は誰の視点からも彼の内心は覗けないため、はじめて彼のエピソードが解禁されたときにユーザーに与えるワクワク感はすごいだろう。

ユーゴ・シモン(声優:竹田海渡)

ルミナリア ユーゴ

プロフィール
所属 ジルドラ帝国
生年月日 創神歴982年5月7日
(創神歴999年開始時16歳)
代表的なセリフ また 一から頑張ろう譲れないものを守るため
公式紹介文 レオやセリアの幼馴染。共にブレイズの一員として活動する中、徐々に連邦不信に陥り、アウグストとの出会いを引き金として帝国につくことになる。

レオやセリアの幼馴染であり、ゲーム開始時はユール連邦側にいる。レオのエピソード内で、機密事項という名の後ろ暗い連邦の秘密の一端を垣間見たりと、連邦離脱のための前フリが行われていく……。

ジルドラ帝国でキャリアを積み立て直す都合上、0からスタートとなり、最初から強者ポジのキャラが多い帝国内では1番主人公感ある。レオのライバルキャラとしても成り立つため、シナリオ後半が楽しみ。

アメリー・ロランス(声優:山根綺)

ルミナリア アメリー

プロフィール
所属 ジルドラ帝国
生年月日 創神歴980年7月1日
(創神歴999年開始時18歳)
代表的なセリフ 帝国の平和はこのアメリーにお任せです!
公式紹介文 無垢な子どもがそのまま成長したような女の子。自身が育った養護院への仕送りのため、安定した収入を求め入隊。運がやたら良く、何事も偶然にも上手くいってしまう。

運が良いがもはや超能力に近い人。代わりにガチャ引いてほしい(笑)。……ただ、運の良さについては、単なるギャグやコメディではなく、後半に理由付けされそうな感じもある。

戦闘モーションは純粋なコメディ要素として見れる。本作はシナリオ後半になればなるほどシリアス度が増していきそうなので、ほどほどに癒やし枠として活躍してほしい!

ファルク(声優:田邊幸輔)

ルミナリア ファルク

プロフィール
所属 ジルドラ帝国
生年月日 創神歴982年8月22日
(創神歴999年開始時16歳)
代表的なセリフ この世界はな、逃げたヤツから死ぬんだよ
公式紹介文 アウグストにスカウトされる形で帝国軍に入隊。とにかく「オレ様」主義で、手柄をあげることに命を掛けている。アメリーもいた養護院を脱走した後、傭兵などを生業としてその腕一つで生きてきた。

初登場時にワニをジャイアントスイングした。シビアな人生観を抱いており、剣呑な言動も多いが、変なやつが多い帝国内ではツッコミ役として面白い姿を見せたりもする。

同じ養護院出身だったり、オープニングで一緒だったりとアメリーとの絡みが多そうな人。2人の価値観はまったく違うため、どんな化学反応が起きるのかに注目していきたい。

エドワール・ルキエ(声優:坂田将吾)

ルミナリア エドワール

プロフィール
所属 冒険者
生年月日 創神歴978年12月5日
(創神歴999年開始時20歳)
代表的なセリフ まったく 面倒な依頼主に当たっちまった
公式紹介文 政変でマイシュ氷涯国を追われた後、放浪の旅を重ねたことで、すっかりやさぐれたオーラを身に纏った青年。それでも生来のお人好しな性格は変わっておらず、ボヤきながらも人助けに奔走しがち。

やさぐれているが、全身からお人好しオーラが出ている。冒険者陣営のリーダーポジションと書いて苦労人と呼びたい。

帝国に侵略された国の出身であったり、変わった依頼人リディとの出会いにより世界の真実に近づいていくなど、冒険者陣営の中でも特に主人公っぽい立ち位置リリース時の記念イラストでもレオやユーゴと一緒に描かれていたりする。

リディ・ドラクロワ(声優:内田真礼)

ルミナリア リディ

プロフィール
所属 冒険者
生年月日 創神歴984年3月23日
(創神歴999年開始時14歳)
代表的なセリフ あたしは天才だもの こんな状況想定済みよ
公式紹介文 半ば軟禁状態の屋敷の中で、知識の吸収と研究に励んできた天才少女。暇潰しのため書物を乱読し続けた結果、世界に対してある疑念を抱き、それを証明するための旅に出る。

世界を根本から変える可能性が1番高そうな少女。冒険者陣営が世界の真実を追うきっかけを作った存在であり、重要人物。テイルズ オブの天才はマジで世界を根底から変える天才なことが多いので、リディもおそらく変えるだろう……。

個人としてはまだ幼いため、キャラクター紹介動画では精神的な弱さも垣間見せている。冒険者陣営のヒロインっぽい立ち位置でもあり、今後の成長と活躍が期待されるぞ。

アナマリア・マルシュナー(声優:伊藤美来)

ルミナリア アナマリア

プロフィール
所属 冒険者
生年月日 創神歴982年5月27日
(創神歴999年開始時16歳)
代表的なセリフ わたくし今とっても冒険してる感が出ておりますわ!
公式紹介文 ジルドラ帝国二代目皇帝の娘。生まれてから屋敷に軟禁状態だったため、外の世界や世間一般の基礎知識を知らずに育つ。仲間達との旅の中で、外の世界と、世界の裏側を知っていく。

冒険者陣営のコメディリリーフ担当の片割れ。世間知らずゆえの暴走がすごい。冒険者生活楽しそう

ジルドラ帝国の皇女であるため、物語上での重要度は高いのだが、ワンチャンその立場を使わずに物語が終わってもそれはそれで面白いかもしれない。それくらい勢いはある子。

シャルル(声優:富田美憂)

ルミナリア シャルル

プロフィール
所属 冒険者
生年月日 創神歴???年1月25日
代表的なセリフ お嬢様の道を阻むものは、何者であろうとも殲滅するのみ!
公式紹介文 アナマリアを第一に考え行動する、彼女の良き理解者。しかし、彼女以外の人間に対しては毒舌で、虫けら同然の扱いをする。

冒険者陣営のコメディリリーフ担当の片割れ。アナマリア全肯定マシーンたる従者である。ツッコミ不在の漫才を加速させる。

上記の「マシーン」は比喩だが、本当にマシーンの可能性も捨てきれない人。年齢不詳だったり、性別よくわかんなかったり、オープニングで瞳孔が赤く光ったりと、普通じゃない人間感出している

ラウル(声優:木村昴)

ルミナリア ラウル

プロフィール
所属 冒険者
生年月日 創神歴???年8月10日
※時期不明だがキャラ紹介動画では31歳を自称
代表的なセリフ お兄さん こう見えて 戦える考古学者なのさ
公式紹介文 遺跡の調査や研究が生業だと主張する、自称・考古学者。実際造詣も深いのだが、周囲からはその身分を胡散臭がられている。おっさん扱いされる事を頑なに拒否する微妙なお年頃。

怪しいおっさん。絶対に何かありそうだが、冒険者陣営では貴重な常識人ポジ。ボケるときは、ボケと認識したうえで口にしてる感じ。

考古学者というあからさまに何か知ってそうな肩書も含めて、従来の『テイルズ オブ』シリーズなら高確率で一度裏切って再加入しそうな人。だが、嫌いじゃない!

好きなキャラを推していけ!

どのような結末に至るのかを見届けたくなる

テイルズ オブ ルミナリアはシリーズ最新作であると同時に、大きく冒険した作品でもある。21人の主人公が登場し、大ボリュームでの群像劇を展開している点も大きいが、バトルシステムの刷新なども特徴的だ。

しかし、シナリオ面ではシリーズのテーマ性を順当に継承&発展させ、多角的にキャラの魅力を描いている。各キャラの視点で紡がれる物語により、プレイヤーは当初気になっていたキャラ以外へも興味を持っていくだろう。

どのキャラがどのような結末を迎えるのか、ヒヤヒヤしながら見守るのも面白い。ゲーム内で感想を共有するシステムもあるため、好きなキャラを推していくと良いだろう。

みんなの評価

ダウンロードしよう

テイルズ オブ ルミナリア

バンダイナムコエンターテインメント/無料

大人気RPG『テイルズ オブ』シリーズの25周年を記念した新作アプリゲーム

紹介ページをみる

募集

Twitterで最新情報をゲット

神ゲー攻略では最新ゲーム情報やプレイレポートを配信するTwitterアカウントを運用中!新作タイトル発表やイベント情報、キャンペーン情報など有益な情報をつぶやいていますので、是非フォローお願いします!

神ゲー攻略ニュースサイトTwitter

注目の記事

【厳選】編集部注目のアプリ

1 Tower of Fantasy(幻塔) Tower of Fantasy(幻塔)
8月11日に配信決定!壮大な世界を冒険できるオープンワールドRPG
2 鋼の錬金術師 モバイル 鋼の錬金術師 モバイル
不朽の名作20周年記念のアプリ「鋼の錬金術師 モバイル」が配信開始!
3 勝利の女神:NIKKE 勝利の女神:NIKKE
CBTレポートあり!美少女ヒューマノイド×終末世界の新作STG
4 キングオブキングダム キングオブキングダム
多人数の共闘が熱いリアルタイムストラテジー
5 エーテルゲイザー エーテルゲイザー
Yostarの新作アクションRPGが発表!
ジャンル別のおすすめゲームアプリ
RPGRPG アクションゲームアプリ ACT シミュレーションSLG リズムゲーム おすすめリズム カードゲーム おすすめカード
パズルパズル ストラテジーゲームアプリRTS FPS おすすめFPS オンラインオンゲー 女性向け女性向け

人気のおすすめゲームアプリランキングを見る

リリース直後の新作アプリ

リリース直前の新作アプリ