パワポケRとは?

ゲームのキャッチコピー

ゲーム概要

パワプロクンポケットR(パワポケR)は、野球バラエティゲーム『パワプロクンポケット』シリーズ10年ぶりの新作だ。パワポケ1とパワポケ2のリメイク作でもあり、おなじみのサクセスモードのほか新モード「サイバーバル」が楽しめる。超展開が起きるシナリオも顕在だ。

公式ジャンルの「野球バラエティ」とは?

すべての要素が野球に繋がる

パワポケR サイバーバル
▲「サイバーバル」で戦車で敵と戦う

最初に言っておくが、画像は他ゲームのものではない。パワポケRにて「サイバー空間で戦車を操作してボスと戦っている」場面である。『パワポケ』シリーズを知らなければ、「野球ゲームなのに?」という感想を抱くだろう。

だが、なんのために戦っているのか?と尋ねられれば、答えはシンプルである。オリジナルの野球選手を作るためだ。戦車で戦うゲームモード「サイバーバル」のほかにも、本作は多数のゲームモードを持つが、その全要素が野球に繋がるぞ。

パワポケR 機械人形
▲戦利品で野球人形を完成させる

例えば、サイバーバルには野球人形を作るための生計立てというバックボーンが存在するし、実際に作成した人形は選手として「対戦」で使用可能だ。奇想天外な展開が存在するストーリーモード「サクセス」もクリア時に主人公がオリジナル選手として登録される仕様である。

バラエティ番組のように楽しめる

パワポケR ミニゲーム
▲豊富なミニゲームが存在

パワポケRには、多種多様な娯楽を含んだバラエティ番組のような面白さがある。複数のコーナーを持つ1つのバラエティ番組を見ている気分になれるぞ。具体的には次のような3つの大きな特徴がある。

  • パーティーゲームのようなワチャワチャ感
  • 飽きさせない型破りな展開
  • 中毒性を生むスゴロクのようなランダム性

パワポケRは、シチュエーションとバックボーンの異なる4種の育成モードを進め、オリジナル選手を育成する。育成モードはスゴロクのようにランダムで起きるイベントに一喜一憂しつつ、多種多様なミニゲームをこなしていく。

4種類の育成モード

育成モードはストーリーの存在する3つの「サクセス」と、バックボーンだけ用意されたシューティングゲームの「サイバーバル」が存在するぞ。サクセスの内「極亜久高校編」と「ドリルモグラーズ編」は表サクセスと呼ばれ、メインストーリーは王道のスポ根ものだ。

サクセスはランダム性の高いイベントをこなしながら、一定期間内にクリア条件を達成する必要がある。奇想天外な導入から始まる「戦争編」は裏サクセスと呼ばれ、ランダム性がさらに高まり、ギャンブルのような中毒性を持つ。

本格的な野球ゲームとして遊べる

パワポケR 野球
▲攻守ともに駆け引きが楽しい「対戦」

『パワポケ』は、本格的な野球を楽しめるゲームシリーズ『実況パワフルプロ野球』の派生作品であり、実際の野球を細かく再現した対戦を楽しめる。投手やバッターの立場で、リアルタイムの駆け引きを味わえるぞ。

パワポケR オリジナル選手
▲ステータスと能力が細かく設定されている

加えて、選手は細分化されたステータスや能力を持つ。オリジナル選手の育成はもちろんのこと、戦略に沿ったチーム編成も大事となり、アクションゲームが得意なだけでは勝てない奥深さが存在する。

オリジナル選手でチームを作れる

パワポケR オリジナル選手
▲見た目は細かく変更可能(画像は野球人形の最終的な姿)

最初から用意された選手もいるが、本作最大の醍醐味はオリジナル選手を使用した自分だけのチーム結成にある。理想のチームを誕生させるため、何人ものキャラクターを作りたくなるぞ。なお、見た目や投球フォームなど外観は自分で細かく設定できる。

バラエティ番組のような面白さの詳細

パーティーゲームのようなワチャワチャ感

あっち向いてバキッ!
▲ミニゲームのひとつ「あっち向いてバキッ!」

パワポケRは、豊富なミニゲームを内包している。ルールは直感的で分かりやすく、友だちと一緒にミニゲームだけ遊ぶことも可能だ。結果表示は漫画的な勢いがあり、成功時の嬉しさも失敗時の悔しさも直に感じやすい。総じて、パーティーゲームのようなワチャワチャ感が味わえるぞ。

引き出しの広さがすごい

パワポケR ストップウォッチ
▲ストップウォッチを指定時間で止めるゲーム

ミニゲームはひとつひとつ異なるルールとシステムが用意されている。指定された時間でストップウォッチを止めたり、サッカーで華麗なゴールを決めたりと、野球以外の様々な引き出しが存在するぞ。

パワポケR 地雷原を進む
▲時間内にアイテムを探しつつ地雷原を突破するゲーム

ミニゲームの規模に収まらないものも多く、「サイバーバル」ではボリュームの多いシューティングゲームを楽しめるし、「戦争編」ではハイリスクハイリターンの地雷ゲームに挑戦できる。野球のことを忘れて、特定のゲームに熱中してもおかしくない

飽きさせない型破りな展開

パワポケR ビル倒壊
▲「極亜久高校編」でビルが倒壊する瞬間

本作にはストーリー付きの育成モードが複数あり、数多くの型破りな展開が発生する。表サクセスのメインストーリーはスポ根の王道と言って間違いないが、それとは別にユーザーの目を引く強烈なイベントも数多い。爆発オチのような勢いも随所に感じられる。

パワポケR 爆撃機
▲「戦争編」では爆撃機によって主人公が死ぬ可能性あり

「戦争編」では、時間制限として「爆撃機」が出たり、ランダムイベントで「マラリア」「黄熱病」「ペスト」「赤痢」にかかったりする。本作は洒落にならない要素がさらっと飛び出すなど、ダークな要素も内包するのだ。

以下では、育成モードのストーリー、世界観、シチュエーション、バックボーンを簡単に解説しておく。序盤の要素だけだからネタバレは無いぞ。

極亜久高校編の物語

パワポケR 極亜久高校導入
▲野球部の悪い評判が語られるシーン

評判の悪い野球部を抱える「極亜久高校」に転校した主人公が、廃部寸前の野球部を立て直そうと奮闘する。不良の先輩たち全員がビル倒壊で病院送りになったのをきっかけに、主人公は新たな部員を集め、甲子園出場を目指す。

ドリルモグラーズ編の物語

パワポケR ドリルモグラーズ導入
▲入団した球団が解散寸前の危機にあると語られるシーン

万年Bクラスで解散間近のチーム「ドリルモグラーズ」に入団した主人公がチームを盛り返そうと頑張るぞ。大筋は王道だが、お祈りで「野球仙人」なるものを呼び出したり、マッドサイエンティストが登場したりとサブ要素は「極亜久高校」以上にブっ飛んでる

戦争編の物語

パワポケR 戦争編導入
▲戦時下にワープした主人公が状況説明を受けるシーン

いきなりタイムスリップらしき現象に巻き込まれた主人公が戦時下で生き残りを図る。ストーリー中で野球をすることはなく、肉体を強化しつつ40日以上の生還を目指す。戦争の悲惨さを伝えるような強烈なマイナスイベントが多いのが特徴。

サイバーバルのバックボーン

パワポケR サイバーバル導入
▲「サイバーバル」の目的は戦利品で野球人形を作ること

サイバーバルにストーリーは存在せず、バックボーンだけが語られる。アシストキャラクターなども他のモードに出てきた人物が流用されているぞ。しかし、戦車で戦い、パーツを集めて野球人形を作るというバックボーンだけで、シューティングゲームの背景としては申し分ない。

中毒性を生むスゴロクのようなランダム性

パワポケR 能力アップ
▲取った行動に応じてランダムでイベントが発生

本作は多数のランダム要素を持ち、狙った展開を起こしづらい。ある程度の育成プランは立てられるが、基本的にはスゴロクのような一喜一憂を体験させられる。しかし、予定調和で進まないことが、ギャンブルのような中毒性を生み出す。

パワポケR 能力ダウンとペナルティ
▲運が悪いと病気などにかかる

運が悪いと凄まじいマイナス効果に襲われ続けるが、「次こそは!」という気持ちが強くなり、何度も何度も繰り返しチャレンジしたくなる。選手の性能を突き詰めようとすると膨大な試行錯誤が必要だが、うまく育成できたときの達成感は凄まじい。

恋愛要素もあるが運に左右される

パワポケR 好感度アップ
▲個別に濃い物語のある彼女を作れる。好感度上げは難しい

サクセスでは「彼女」を作ることで、彼女に応じた特殊能力を得られる。下手な恋愛ゲーム顔負けな驚愕のシナリオが展開されることもあり、実用面だけでなく物語の面でも楽しめるぞ。

しかし、ランダム性の中に一定の傾向こそあるが、彼女の好感度を上げるにも運の要素が関わる。彼女を作るのは難しく、彼女ありでゲームクリアするのが、最初の目標になるだろう。彼女を作れたプレイヤーはぜひ誇ってほしい。

バラエティ番組を見る感覚で楽しく育成できる

野球バラエティという唯一無二のジャンル

パワポケRは、野球バラエティという唯一無二のジャンルであるゲームだ。異なるシチュエーションで選手を育てるゲームモードが複数存在し、豊富なミニゲームや奇想天外な展開など多種多様な娯楽性を提供する。バラエティ番組を見る感覚で、オリジナル選手を育てられるぞ。

オリジナルの野球選手を作成し終えたら、本格的な野球を楽しめる「対戦」で使用できる。手塩をかけて育てた選手を活躍させられれば、達成感もひとしおだ。

育成は型破りな展開とランダム要素によって飽きづらく、チーム全員をオリジナルの選手で埋めるのも苦ではない。本作の全要素は野球に繋がるようゲームデザインされているが、野球そっちのけでミニゲームにハマる人も多いだろう。

みんなの評価



募集

注目の記事

リリース直後のおすすめ新作アプリ

リリース前のおすすめ新作アプリ

【厳選】編集部注目のアプリ

1 ドラけし ドラゴンクエストけしケシ!
『ドラクエ』のキャラクターやモンスターが可愛い姿で大暴れ!アイコンを揃えて戦うパズルゲームがスマホで登場
2 COUNTER: SIDE COUNTER: SIDE
異能力者を束ねる民間軍事企業の社長として、異能力者を指揮して戦うRPG
3 テイルズ オブ ルミナリア
人気RPG『テイルズ オブ』シリーズの新作アプリゲーム!スマホの縦画面に対応した3Dバトルやオリジナルキャラの新たな物語に注目
4 シン・クロニクル シン・クロニクル
大きな決断を繰り返し自分だけのロールプレイを行うRPG。一度下した決断はやり直せない!
5 タクトオーパス Takt op.(タクトオーパス)
音楽を力に変える少女たちを指揮して戦うRPG

お知らせ

Twitterで最新情報をゲット

神ゲー攻略では最新ニュースを配信するTwitterアカウントを開設!新作タイトル発表やイベント情報、キャンペーン情報など有益な情報をつぶやいています!是非フォローお願いします!

神ゲー攻略ニュースサイトTwitter