ネクサスコード Plusの配信日/リリース日はいつ?

配信日は2019年冬

『ネクサスコード Plus』の配信日は2019年冬となっている。配信日の詳細については続報を待とう。本アプリはiOS,Androidに対応予定だ。

公式サイトはこちら

事前登録と特典情報

事前登録者数1,000人突破

『ネクサスコード Plus』では、11月20日より事前登録の受付を開始している。事前登録人数に応じて、リリース開始時に無料開放されるルート数が増加するぞ!さらに人数が増えるとゲーム内のお役立ちアイテムも追加される。

事前登録者数は1,000人を突破し「各ルート15話まで開放」の特典配布が決定した。

登録者数 特典
500人
クリア
各ルート5話まで開放
1,000人
クリア
各ルート15話まで開放
2,000人
挑戦中
各ルート30話まで開放
3,000人 かけら+ガチャチケット3枚
5,000人 シナリオチケット×5

事前登録はこちら

ネクサスコードPlusとはどんなゲーム?

恋愛ADV/カップリング固定BL

ネクサスコードPlus』とは、恋愛乙女・BLゲームブランド「おとめ堂」から2017年に配信されたBLゲーム『ネクサスコード』のリニューアル作品だ。シナリオチケットを消費しながら読み進めるノベルタイプ恋愛アドベンチャーゲームになっている。

ネクサスコード Plusのあらすじ

公安委員会の下、秘密裏に組織された特別捜査班。

正規ルートで合格した『正規組』、 犯罪歴がある『成り上がり組』の二人がバディを組み、非公開事案の調査等を行う。

互いに生い立ちに秘密を持つ茅萱と棗。元バディと死別した桂と新たに組むことになった柘榴。

そして、そんな二組の後輩として配属される新たなバディたち。それぞれが巻き込まれる事件と、その真相は?!

ネクサスコード Plusのゲームシステム

好感度を上げるとストーリーが見れる

カレの好感度を上げると美麗なスチルつき特別シナリオが発生し、ドキドキのストーリーを楽しめるぞ。

選択肢によって恋愛関係が変化

ストーリー中に出てくる選択の内容で、カレたちとの恋愛関係が変化していくぞ。選択肢によってその後どんなストーリーが展開されるのか、とても気になるところだ!

Plus版の新要素

本作では、『ネクサスコード』からのリニューアル要素としてマイページリニューアルまとめてレッスンの実装新キャラクター登場茅萱×棗と桂×柘榴の続編ルートが追加予定だ!

クリエイター情報

企画・原案 おとめ堂
シナリオ 蒼生根子・落合海花
イラスト 花緒ト綸

ネクサスコード Plusに登場するキャラクター

棗(なつめ)

茅萱(ちがや)

柘榴(ざくろ)

桂(かつら)

桔梗(ききょう)

柊(ひいらぎ)

新キャラクター 竜胆

新キャラクター 橘

新キャラクター 牡丹

新キャラクター 馬酔木

あなたの好きなバディは?

ネクサスコード Plusのゲーム情報

タイトル名 ネクサスコード Plus
ジャンル 恋愛ADV/カップリング固定BL
配信日 2019年冬予定
会社 おとめ堂
事前登録 事前登録はこちら
プラットフォーム App Store/Google Play
公式サイト ネクサスコード Plus公式サイト
公式ツイッター おとめ堂公式ツイッター
価格 基本プレイ無料

最新ニュース一覧はこちら

お知らせ

Twitterで最新情報をゲット

神ゲー攻略では最新ニュースを配信するTwitterアカウントを開設!新作タイトル発表やイベント情報、キャンペーン情報など有益な情報をつぶやいています!是非フォローお願いします😁

※ギフト券プレゼントキャンペーン開催予定‼️

Twitterアカウントはこちら

あなたにおすすめの記事

【厳選】編集部注目のアプリ

1 アリブレ 【好評配信中】
気高き魂をつなぐRPG
SAOシリーズ新作となる今作ではオリジナルヒロインが登場!黒の剣士「キリト」の新たな物語がここに始まる。
2 マジファイ 【配信決定】
ディフェンス型ワンパンゲーム
人気漫画「ワンパンマン」が待望のスマホゲーム化!敵の攻撃に耐えて一撃で相手を蹴散らせ!
3 デュエプレ 【事前登録受付中&CBT開催
オンライン対戦型カードゲーム
人気トレーディングカードゲーム「デュエルマスターズ」がスマホゲームに登場!スマホを片手にデュエルスタンバイ!
4 FFBE幻影戦争 【好評配信中】
FFBE新作タクティカルRPG
FFBEシリーズ最新作となる幻影戦争は「二人の王子と鉄の美姫」の物語だ。
FFXIV漆黒のヴィランズコラボ開催決定!
5 アリバト 【事前登録受付中&CBT開催
念がぶつかり合う盤上バトル
ハンターハンターのおなじみのキャラたちが登場!カードバトルとなる今作では頭脳戦と心理戦が求められる。