ロードス島戦記 クロニクルの予約情報と価格

特設サイトでPCパッケージ版のみ予約受付中

ロードス島戦記 クロニクル(仮)は、レトロゲーム配信サービス「プロジェクトEGG」の特設サイトで2021年4月9日から予約受付を開始した。本作はPCのパッケージ版のみ販売予定である。

プロジェクトEGGは、D4エンタープライズが発足したプロジェクトだ。レトロゲームの保護を目的として、PC-9801やFM-7、X1など多数のプラットフォームが乱立していた1980年代のゲームソフトを現行のWindowsで遊べるよう復刻している。

PDFマニュアルとCDサウンドトラックが付属

本作は、ゲーム本編だけでなく、オリジナルのゲームソフトに付属していたマニュアルをPDFデータ化して収録している。加えて、ゲーム内のサウンドを収録したCDサウンドトラックを付属予定だ。

価格は11,000円

ロードス島戦記 クロニクルの価格は11,000円(税込)だ。高額商品であるため、予約完了後のキャンセルは受け付けていない。

「ロードス島戦記 クロニクル(仮)」特設サイト

本ゲームへのみんなの期待値は?

ロードス島戦記 クロニクルの発売日はいつ?

発売日は2022年春

ロードス島戦記 クロニクルの発売日は2022年春である。発売日の詳細は続報を待とう。

新作ゲームの発売日をチェックしよう!

神ゲー攻略の発売日カレンダーで、新作ゲームタイトルの発売日をチェックできるぞ!今後発売予定のゲームタイトルの中から気に入った1作を見つけよう!

その他ゲームタイトルの発売日をチェック!

ロードス島戦記 クロニクルとはどんなゲーム?

『ロードス島戦記』関連の11タイトルを収録

ロードス島戦記 クロニクルは、『ロードス島戦記』の関連ゲーム11作を収録している。『ロードス島戦記』は、1980年代に小説をはじめ複数のメディアで人気を博した作品だ。

本作には、小説版1巻を再現した『ロードス島戦記~灰色の魔女〜』をはじめとした『ロードス島戦記』のゲームのほか、同一世界観の人気RPG『ソード・ワールド』も収録されているぞ。

復刻にあたり、ゲームスピードの変更やステートセーブなど遊びやすさを上げる機能も追加される。現行のPCで昔以上の快適さとともに、当時のファンタジーファンが夢中になった冒険を体験可能だ。

収録タイトル一覧

本作は機種違いを含む計11タイトルを収録した大ボリュームを誇る。同一タイトルでも機種によってゲーム内容の細かな部分が異なるため、当時のファンは自分が遊んだソフトで完全再現された懐かしさを味わえるぞ。

タイトル名 ゲーム内容
1

ロードス島戦記~灰色の魔女~
(PC-9801版)

1988年にリリースされたRPG。
フィールドはトップビュー、ダンジョンは3Dで表現され、戦闘はランダムエンカウントのターンバトル。
戦闘はコマンド選択のみで進行するクイックコンバットと、シーンによってはコマを移動させながら戦うタクティカルコンバットが選択可能です。
自作のキャラはもちろん、パーンやディードリットといった原作キャラのみで冒険することもできるほか、要所では原作の有名シーンが登場。原作の雰囲気がしっかりと感じられる内容に仕上がっています。
2 ロードス島戦記~灰色の魔女~
(MSX2版)
3 ロードス島戦記II~五色の魔竜~
(PC-9801版)
1991年にリリースされたRPG。
小説の2巻以降を題材としており、ロードス島に生息する五色の魔竜との戦いや、ライバルのアシュラムとの祭器をめぐる冒険が楽しめます。
ゲームシステムは前作を踏襲していますが、クイックコンバットは廃止され、よりスピーディーなターボバトルを搭載。
またパーティには新たにNPCスロットが2つ追加され、最大で8人パーティが編成できます。ゲームの進行に応じて、エンディングが変わるなどの演出もあります。
4 ロードス島戦記 福神漬
(PC-9801版)
1990年にリリースされたファンディスク。
カレーに添えられた福神漬けのように……というコンセプトで開発されました。
16&25パズル、タクティカルゲーム、サウンドギャラリー、水野良氏によるQ&Aなどが収録されています。『ロードス島戦記〜灰色の魔女〜』からキャラクターを読み込んでプレイできます。
5 ロードス島戦記 福神漬
(MSX2版)
6 ロードス島戦記 福神漬2
(PC-9801版)
1991年にリリースされたファンディスク第2弾。
サウンドギャラリーのほか、ショートシナリオ形式のタクティカルコンバット、ダンジョン探索が楽しめるトラップダンジョンが楽しめます。
『ロードス島戦記II〜五色の魔竜〜』との間でキャラデータの転送が可能。マニュアルには魔法を一覧できるスペルコレクションなども収録。
7 ロードス島戦記 福神漬3
(PC-9801版)
1992年にリリースされたファンディスク第3弾。
サウンドギャラリーのほか、ショートシナリオ形式のタクティカルコンバット、クイズゲームのロードスQ戦記などが楽しめます。
『ロードス島戦記II〜五色の魔竜〜』との間でキャラデータの転送が可能です。
8 ロードス島戦記
(コンシューマー版)
1995年にリリースされたRPG。
小説の1巻を題材にしており、全4章構成。
章ごとに主人公が異なり、パーン、ファーン、カーラ、ベルドのそれぞれのストーリーによってロードス島戦記の世界を多角的に楽しむことができます。
トップビューのフィールド、戦闘はランダムエンカウントのターンバトルを採用しており、直感的なプレイが可能です。
9 ソード・ワールドPC
(PC版)
1992年にリリースされたRPG。
1989年に作成されたTRPGのソード・ワールドをベースにPCゲーム化した作品で、ロードス島戦記と同じフォーセリアという世界を舞台にしています。
プレイヤーは5種族、8職業の他、信仰神を選んでキャラクターを作り、仲間とともに様々な冒険に挑むことになります。
シナリオは大小含めて50本以上収録。メインシナリオ群を攻略していくことで、壮大な物語を体験できます。
シナリオ攻略でもらえる経験値が多いなど、TRPGらしさがたくさん詰まった作品です。
10 ソード・ワールドSFC
(コンシューマー版)
1993年にリリースされたRPG。
基本的なゲームシステムやシナリオはPC版を踏襲していますが、一部のサブシナリオなどがPC版とは異なります。
シナリオ分岐があることから100%の攻略を目指すと一度のプレイでは足りなかったり、同じシナリオでも複数の解決策があったりと、何度も繰り返してプレイできる秀作RPGです。
11 ソード・ワールドSFC2
(コンシューマー版)
1994年にリリースされたRPG。
『ソード・ワールドSFC』の続編にあたる作品。
新たなシナリオが楽しめるほか、最大レベルの上限値の拡大や、使える魔法が増えており、よりダイナミックな戦闘が楽しめます。
前作と比較してシナリオ展開などについての自由度は減ったものの、その分、しっかりとしたストーリーが堪能できます。

「ロードス島戦記 クロニクル(仮)」特設サイトより引用

ロードス島戦記は国産ファンタジーの金字塔

ロードス島戦記は国産ファンタジーに大きな影響を与えたメディアミックス作品だ。例えば、国産ファンタジーの多くで、エルフの耳が長いのは『ロードス島戦記』のヒロイン「ディードリット」の影響が大きい。

原作小説第1巻は、戦士や僧侶、魔法使い、盗賊などで構成された6人パーティーによる王道感あふれる冒険が繰り広げられる。登場人物は生き生きと動き、現在でも色褪せない面白さを誇っているぞ。

『ロードス島戦記』は、1986年にパソコン雑誌『コンプティーク』に掲載された、グループSNEによるテーブルトークRPGのリプレイ記事から始まりました。記事を重ねるごとに世界観やキャラクターへの人気が高まり、1988年には水野良氏によって小説化。以後、ゲームやOVAなども続々とリリースされ、今日では国産ファンタジーの金字塔として広く知られています。

ロードス島戦記 クロニクル(仮)タイトル発表プレスリリースより引用

物語の舞台は呪われた島「ロードス」

ロードスという名の島がある。

神々の時代の終わりに起こった光の神々と暗黒の神々の戦いは、大地母神マーファと、破壊の女神カーディスの相討ちによって終焉を迎えることとなった。
二柱の女神は、天地を震撼させるほどの激しい戦いの末に、かつては北の大陸と陸続きであったロードスの地に倒れた。

しかし、カーディスの“気”は、その肉体が朽ち果ててもなお大地を蝕んでいた。
この邪悪な“気”が大陸全土に広がることを恐れたマーファは、最後の力を振り絞り、ロードスを大陸から切り離したのである。

かくて、ロードスは、マーファが最後を迎えた聖なる墓所として豊穣を約束された。
同時に、カーディスが滅びた場所として、魔物が跳梁する暗黒の地となったのである。

それ故、人々はこの島をこう呼ぶ。——“呪われた島”ロードス、と。

ロードス島戦記とは? – ロードス島戦記30周年より引用

人気の火付け役である小説版は現在も購入可能

1980年代に『ロードス島戦記』の人気に火をつけた小説版は現在も購入可能である。ロードス島戦記の関連書籍の一覧は、角川社が運営する「ロードス島戦記30周年記念サイト」で確認可能だ。

『ロードス島戦記』の世界観にどっぷり浸かりたい人は、購入を検討しよう。昔読んだ人があらためて購入して楽しめるほか、読んだことがない人が読んでも面白いぞ。

書籍版の一覧を見る

ロードス島戦記 クロニクルのキャラ

パーン

ディードリット

エト

スレイン

ギム

ウッド・チャック

キャラクター- ロードス島戦記30周年より引用

あなたの好きなキャラは?

ロードス島戦記 クロニクルのゲーム情報

ゲーム名 ロードス島戦記 クロニクル(仮)
ジャンル ロールプレイング
プラットフォーム PC
価格 11000円
リリース日 PC:今春 配信予定
公式サイト https://ac-mall.jp/egpc-0019
コピーライト © 水野良・グループSNE・出渕裕 発行:株式会社KADOKAWA ©2021 D4Enterprise Co.,Ltd. ©2021 MSX Licensing Corporation MSX\' is a trademark of the MSX Licensing Corporation.

最新ニュース一覧

募集

Twitterで最新情報をゲット

神ゲー攻略では最新ゲーム情報やプレイレポートを配信するTwitterアカウントを運用中!新作タイトル発表やイベント情報、キャンペーン情報など有益な情報をつぶやいていますので、是非フォローお願いします!

神ゲー攻略ニュースサイトTwitter

注目の記事

発売直後の新作ソフト

発売直前の新作ソフト


【厳選】編集部注目のアプリ

1 コードギアス コードギアス 反逆のルルーシュ ロストストーリーズ
実績ある会社による人気アニメのアプリ化!あの名作の世界をもう一度体験できる
2 Dead by Daylight モバイル Dead by Daylight モバイル
ついに配信!非対称対戦ゲームの金字塔がスマホで遊べる
3 リロメモ 魔法科高校の劣等生 リローデッド・メモリ
人気アニメ原作の魔法バトルRPG「リロメモ」
4 新信長の野望 新信長の野望
スマホ向けに開発された『信長の野望』 多人数で遊ぶMMO戦略シミュレーション
5 ぱずりべ 東京リベンジャーズ ぱずりべ!全国制覇への道
ついにタイトル決定!「東京リベンジャーズ ぱずりべ!」
ジャンル別のおすすめゲームアプリ
RPGRPG アクションゲームアプリ ACT シミュレーションSLG リズムゲーム おすすめリズム カードゲーム おすすめカード
パズルパズル ストラテジーゲームアプリRTS FPS おすすめFPS オンラインオンゲー 女性向け女性向け

人気のおすすめゲームアプリランキングを見る