ミラクルニキ
最新情報
▶常設のガチャシミュレーターが完成!NEW!
▶イベント「星空の願い事」が開催!NEW!
▶イベント「新世界」が開催!
▶ニキの限定ヴィータ&デザイナー協会が実装!

3章のストーリー「《キャンディと星の海》」(ネタバレ)

編集者
あや
更新日時

ミラクルニキにおけるメインストーリー3章のストーリー「《キャンディと星の海》」のストーリーを紹介している。ストーリー中に登場するキャラやセリフも掲載しているので、気になる方はぜひ参考にどうぞ!

ネタバレを含んでいます
こちらの記事はネタバレを含んでおります。事前に内容を知りたくない方は、閲覧をお控え下さいますよう、よろしくお願い致します。

ストーリーまとめ

3章のストーリー「《キャンディと星の海》」のあらすじ

あらすじ

第3章「文学少女マーサ(2)」攻略

3章の登場キャラ

ポポポポ
ニキニキ
モモモモ
マーサマーサ
クローカクローカ
ロイスロイス
リッカリッカ
ジェーンジェーン
ニーズヘッグニーズヘッグ
メリーメリー
アウラアウラ
スースー
エリザエリザ
ソフィアソフィア

キャラクター一覧へ

3章のストーリー(ネタバレ)

3-1「文学少女マーサ(2)」

ポポ
ポポ
ニキ、公演までまだ日にちがあるし、シシーヤの街を案内してあげよっか。
ニキ
ニキ
ん…………えっ?ごめん、ちょっと考え事してた!
ソフィアさん、言ってたよね。力をつければ、普通のスカートでも『星の海』に勝てるって。
ほんとにそんなことが可能なのかな?
モモ
モモ
さあね。地道にコーデバトルを重ねて、経験を積んでいくしかないさ。
ポポ
ポポ
そうだね。ちょうどいいや、これからシシーヤデザイン学院に行ってみない?
あそこは学生同士のコーデバトルが盛んだから、きっと勉強になるよ。
マーサ
マーサ
ニキ?リヴィエーラにいたんじゃなかったの?
ニキ
ニキ
マーサ!
あなたこそ、リヴィエーラで学校に行っていたんじゃ……?
マーサ
マーサ
うん…実は私…先輩の後を追って、ここのデザイン学院に入学したの。
モモ
モモ
先輩って、この前言ってた「カレ」のこと?
マーサ
マーサ
そう。私、ずっと先輩に片思いしてるの。それで勇気を出して告白しようって思って。
でもここにはきれいでおしゃれな女の子がたくさんいて、自信なくなってきちゃって……ニキ、また助けてくれる?
ニキ
ニキ
そうだなぁ、英国風の学生服、優雅で清楚な雰囲気っていうのはどうかな。きっとマーサに似合うと思う!
コーデバトル

3-2「メインボーカル・リッカ(2)」

クローカ
クローカ
ロイス様、ここで学びたいとお考えでしたら、いつでも入学手続きをいたします。
しかし、どうかまずは私と一緒にお戻りください。
ロイス
ロイス
うげっ、クローカ!よ、よく僕がここにいるのがわかったね……
クローカ
クローカ
殿下をお護りするのが私の役目ですから。
ロイス
ロイス
頼むよ、僕のことは放っておいてくれ。
よし、こうしよう。君も好きなところに遊びに行っていいよ。君はもう少し肩の力を抜いたほうがいい。その冷たい視線も魅力的だけどね。
で、僕は旅行を続ける。その後、国に帰って報告しても絶対に君のことはバラさない。どうだい?
クローカ
クローカ
……そう仰るなら無理にとは申しません。あなたを連れて帰れないのは私の不徳の致すところ。国へ戻って罰を受けます。
ロイス
ロイス
待って!よし、とりあえずこうしよう。まずは、一緒に”お茶会”に来てくれ。帰国のことはそれから考えよう。
たのむから、一人で罰を受けるなんて言わないでくれよ。
(一方その頃……)
ポポ
ポポ
リッカー!リッカも来てたの!私の乙女心がきゅんきゅんする~!!
モモ
モモ
誰か肉食系ポポを止めるんだー!リッカが危ない!!
ポポ
ポポ
何ぃ~!失礼なことを言うのはこの口か!このっこのっ!
リッカ
リッカ
やあ、みんな!また会ったね。……何か揉めてる?
ニキ
ニキ
こんにちは。ふふっ…あれは”ケンカするほど仲がいい”ってやつだから、気にしないで。
ポポ
ポポ
ちがうもん!
リッカ
リッカ
あははっ、ポポは相変わらず元気だね。
今日はバンドの宣伝と新メンバーの募集のために来たんだ。でも成果はいまいちかな。
ニキ
ニキ
もっと派手で個性的なパンク衣装を着てみたら?まずは人目をひかなくちゃ。
コーデバトル

3-3「首相の秘書」

ニキ
ニキ
ここがデザイン学院の作品展示館かぁ。大きな建物!
ポポ
ポポ
マーベル大茶会で発表された名だたる作品が、全部ここに展示されてるんだよ。
モモ
モモ
あのロイスって人も”お茶会”がどうのって言ってたよね。しかもニキに参加しろって。
ニキ
ニキ
”お茶会”かぁ……お芝居をみてから、ウェンツに行ってみようかな。
ポポ
ポポ
待って!そこの人!
ジェーン
ジェーン
はっ、はいぃ!わ、わわわ、私ですか!?
ポポ
ポポ
えっ、えっ、あれっ、そんなにびっくりさせちゃったかな。
ごめんね。あなたのセットコーデをよく見せてほしかっただけなの。細かい細工が凝ってて、オートクチュールみたいだなって思って。
ジェーン
ジェーン
は、はい!それはもちろんです。だ、だって私は首相の……い、いえ、何でもありません。
ニキ
ニキ
首相?あ、もしかして首相の秘書さんとか?
ジェーン
ジェーン
ち、ちち、違います!そんなことは決して言ってません!あの、失礼します!
ポポ
ポポ
待って待って。こんなエレガントで落ち着いた正装をしてるんだから、もっと堂々としてなよ。
そうだ。ニキとコーデバトルしてみなよ!あなたのお名前は?
ジェーン
ジェーン
私はジェーンといいます。その、リリス王国の公務員です……
ポポ
ポポ
そうなんだ。よろしくね、ジェーン。お友達になろうよ!
コーデバトル
ニーズヘッグ
ニーズヘッグ
報告ひとつにどれだけ待たせるつもりだい?
ジェーン
ジェーン
首相、も...申し訳ありません!
さっき途中で実習生にコーデバトルを申し込まれまして、それで、あの……
ニーズヘッグ
ニーズヘッグ
結果は?
ジェーン
ジェーン
……申し訳ありません。
ニーズヘッグ
ニーズヘッグ
実力のない者は淘汰されるのみ。よく覚えておくんだな。
時間がない。会議に向かうよ。

3-4「同人漫画家メリー(1)」

モモ
モモ
さすが名だたる作品だけあるね。この服なんてボクの見立てでは、お肉何トン分もの値打ちがあるにゃ!
ポポ
ポポ
ニキ、”お茶会”へ向けて、いっぱい勉強しなきゃね。
メリー
メリー
あなた、デザイナーなの?
ニキ
ニキ
私はニキです。
モモ
モモ
何このシュールな会話。
ポポ
ポポ
ニキはねー、すごいスタイリストなんだよ!
メリー
メリー
スタイリストさんか。はじめまして、私は漫画家のメリー。
次の作品は衣装デザイナーとスタイリストのラブストーリーにしようと思ってるの。それでここに取材に来たのよ。
ニキ
ニキ
漫画家さん!すごいですね。何かお手伝いできることはありますか?
メリー
メリー
そうねえ、じゃあ実際にコーデをしているところを見せてくれない?スタイリストのキャラ作りの参考にしたいの。
モモ
モモ
よし、じゃあお題は清らかなナチュラルな森ガールで、いってみようか!
コーデバトル

3-5「スポーツ少女アウラ(3)」

ニーズヘッグ
ニーズヘッグ
なんだね、その顔は。
ジェーン
ジェーン
い、いえ、実習生に負けるなんて、首相秘書として面目が立たないと……
ニーズヘッグ
ニーズヘッグ
それで眉間にしわを寄せているというわけか。やれやれ、他の参加者に私がいじめているように思わせたいのかな?
ジェーン
ジェーン
そ、そんな……首相はずっと私なんかに良くしてくださっています。いじめられたことなんて一度もありません。
ニーズヘッグ
ニーズヘッグ
まあいい。そのうち稽古をつけてあげよう。さあ、戻るぞ。
(一方その頃……)
ニキ
ニキ
デザイン学院に来て、すごく勉強になったよ。みんなのテクニックをたくさん見られたし。
ポポ
ポポ
ねえ、そこのグランドにいる女の子、アウラに似てない?
モモ
モモ
似てるもなにも、正真正銘のアウラじゃないか!
アウラ
アウラ
なになに?呼んだ?はーい、アウラですよーっと!
ニキ
ニキ
アウラ、体育の授業中?
アウラ
アウラ
もうすぐ体育の試験なんだ。だからジョギングしてるの。
ニキに会えてちょうどよかった。陸上競技のスポーツウェアのコーデを教えてくれない?
うちの学院は試験時の服装も評価対象になるのよ!まいったわー。
モモ
モモ
うひゃぁ、この世界の試験は大変だにゃぁ~
コーデバトル

3-6「恋愛体質のスー(3)」

クローカ
クローカ
ロイス様、遊学というのは温泉につかることなのですか?
ロイス
ロイス
う~ん、君のようなおカタい人には分からないだろうけど、温泉に入ってこそ僕の無限のインスピレーションが湧き上がるのさ。
クローカ
クローカ
それで、次はどこへ行けばインスピレーションが沸くと仰るおつもりです?
ロイス
ロイス
それは、えーと……あれだ、もちろん僕の傑作を展示してくれる場所さ。ウェンツのマーベル大茶会だ!
(一方その頃……)
モモ
モモ
ああ~気持ちいい~!温泉に来て正解だね、ポポ。
ポポ
ポポ
でしょ~?一日中歩き回った後で入る温泉って、特に気持ちいいよね!
ニキ
ニキ
ふわ~なんだか身体がぽかぽかして、幸せ……
モモ
モモ
うにゃぁ~これで変な乱入者がいなけりゃ最高なんだけど……
スー
スー
ニキ!モモ!ポポ!!
モモ
モモ
ああぁ、フラグを立ててしまった……
ニキ
ニキ
スー、あなたも温泉に入りに来たの?
スー
スー
ええそうよ、今日は水瓶座の画家と温泉デートなの♪
ニキ、カレがめろめろになるような、カワイイ浴衣のコーデを手伝って。ね?(ニキの手を握った拍子にスーのバスローブがはだける)
ポポ
ポポ
すごい………………
モモ
モモ
ちょっとスー!バスタオルかバスローブを着て!
コーデバトル

3-7「エリザが倒れた?!」

ポポ
ポポ
今日は珍しく二人とも寝坊しなかったよね。
モモ
モモ
いつも寝坊してるみたいな言い方やめてくれる?
ニキ
ニキ
変だなぁ、エリザさんがどこにもいない。
今日は『キャンディー魔女と星の海』の初日だから、いないはずないんだけど。
モモ
モモ
エリザ支配人なら、重要人物を迎える準備をしていて過労で倒れたらしいよ。さっき隣の劇団の舞台監督が言ってた。
ニキ
ニキ
エリザさんが倒れた?!
ポポ
ポポ
重要人物って?
モモ
モモ
ニャ!もちろん聞いてきたさ。この国の首相が来るんだって。
エリザ支配人は今回の首相の視察にすごく力を入れてたみたい。
強引な観客
強引な観客
早く着きすぎちゃったわね。誰かとコーデバトルでもしようかしら。よし、あんたたちに決めた!
モモ
モモ
うわぁ!?どっから出てきたの!?
ニキ
ニキ
ええっ!?何のバトルですか?
強引な観客
強引な観客
もちろん公演を鑑賞するフォーマルウェアよ!『キャンディ魔女と星の海』にマッチしたエレガントでキュートなスタイルね~
コーデバトル

3-8「犯人は謎の怪盗」

ポポ
ポポ
え!?何!?大丈夫なの?舞台装置が落ちてきたの、演出じゃないよね!?
モモ
モモ
にゃんてことだ!!
きっと誰かが天井裏に細工をして、舞台上に装置を落としたんだ。ソフィアさんに当たらなかったのが不幸中の幸いだにゃ。
ニキ
ニキ
監督さんが、何者に『星の海』を盗まれたって言ってた。今犯人を捜してるみたい。
でも犯人を捜すって言ったって、こんな大混乱の劇場内じゃ簡単に逃げられちゃうんじゃないかな。
ポポ
ポポ
そうだ!あたし達が使った抜け道があるじゃない!きっと犯人もあそこを使うはずだよ!
モモ
モモ
怪盗を捕まえたぞ!誰か!早く来て!
通りすがりの人
通りすがりの人
怪盗って何のことよ!そんなの知らないわよ!
ニキ
ニキ
モモ、その人は怪盗じゃないよ。持っている包みに入っているのは役者さんの写真だもの。
通りすがりの人
通りすがりの人
何なの?失礼な猫ね……
アンタもアンタよ!怪盗をさがっしているって言っときながらその服装は何?もっと動きやすい服に着替えなきゃダメでしょ!
コーデバトル

3-9「『星の海』を盗んだ犯人は!」

モモ
モモ
今度は間違いないぞ!お前は完全に包囲されている、おとなしく投降しろ!
エリザ
エリザ
まさかこの抜け道が知られているとは思わなかったわ。私の誤算ね。
ポポ
ポポ
エリザ支配人!!!怪盗って、あなただったの?!!
ニキ
ニキ
そっか……私たちが初めてここに忍び込んだときにエリザさんが舞台裏にいたのは、装置に細工を……
エリザ
エリザ
ふふ。あなたは本当に頭がいいわねえ、ニキ。
そう、この事故を計画したのは私。今日休んだのも、裏で動きやすくするための口実よ。
これじゃああの方を失望させてしまうわね、困ったわ……
ニキ
ニキ
あの方?誰かの命令なんですか?
首相直属の警備隊がここを包囲しています。本当のことを言ってください。
エリザ
エリザ
いつかあなたたちにも全て分かるわ。
ニキ、最後に一度あなたとコーデバトルがしたいわ。今日のこの女怪盗の衣装で決着をつけましょう。
コーデバトル

3-10「同人漫画家メリー(2)」

ジェーン
ジェーン
首相!ここは大変危険です。急いで引き上げましょう!
ニーズヘッグ
ニーズヘッグ
落ち着け。それとも、私がいざという時君一人も守れないような男だと思うか?
ジェーン
ジェーン
……あ……い、いえ……そういうわけでは……
ニーズヘッグ
ニーズヘッグ
こっちだ。人混みに潰されるなよ。
(一方その頃……)
舞台監督
舞台監督
ニキ、悪いけどお客さんの誘導も手伝ってもらえないかな?
現場は大混乱だよ。人手が足りないんだ。
ニキ
ニキ
はい、もちろん!
メリー
メリー
ハ~イ!また会ったわね。あなたたち、劇場スタッフもやってたのね。
ポポ
ポポ
メリーは今日も取材?
メリー
メリー
そうよ。でも残念だわ、あんな事故があっちゃ公演も中止ね。
ハッ……でも待って?ニキがいれば資料になるじゃない!
モモ
モモ
ニキ、これ絶対にニキをヒロインのモデルにするつもりだよ。
メリー
メリー
ね、ニキ。キュートな動物風のコーデしてみて、ヒロインはブリッコキャラなの!
コーデバトル

3-11「『星の海』」

ソフィア
ソフィア
ニキ、モモ、ポポ。本当にありがとう。あなたたちがいなかったら『星の海』はあのまま持ち去られていたわ。
モモ
モモ
お礼は焼肉でいいよ!
ポポ
ポポ
あ、モモの言うことは気にしなくていいんで。
それより、イケメン俳優のブロマイドとかありませんか?
ニキ
ニキ
ソフィアさん、『星の海』を見せてもらってもいいですか?あなたが『星の海』を着ている姿を見られなかったから。
モモ
モモ
それ賛成!このドレスの話でもう2章も引っ張ってるんだもん。きっと焼肉より値打ちがあるにゃ。
ソフィア
ソフィア
いいわよ。でもその前にひとつだけ。ニキ、この数日のがんばりの成果を見せてちょうだい。
ポポ
ポポ
ニキはすっごくがんばったんだよ。デザイン学院まで行っていっぱい勉強してきたんだから!
ソフィア
ソフィア
うふふ。どうかしらね。ニキ、『星の海』に勝ってその力を見せてごらんなさい!
ニキ
ニキ
『星の海』に勝つ!?
モモ
モモ
そんなの無理だよ!
コーデバトル
ソフィア
ソフィア
(去って行くニキ一行の後ろ姿を見送って)
目標に向かって前進できるというのは、とても幸せなことかもしれないわね。
私の目標は一体何なのかしら。怪盗一族の後継者だということを隠して、いつまで舞台でスポットライトを浴びていられるかしら……

3-12「ウェンツに向かおう」

ポポ
ポポ
まさか本当に『星の海』に勝っちゃうなんて、ニキはもうスーパースタイリストだね!
ニキ
ニキ
自分でも信じられない。二人とも応援してくれてありがとう。……さて、これからどうしよっか。
モモ
モモ
ニキ、忘れたの?ええっと、マーベラスな飲茶大会に行くんでしょ!
ポポ
ポポ
モモのおバカ。マーベル大茶会、通称”お茶会”でしょ!まあ、焼肉大会って言わなかっただけマシだけど。
ニキ
ニキ
うふふ、モモはきっとお腹がすいてるのね。日も暮れてきたし、まずは食事をしてからウェンツに出発しましょ。
モモ
モモ
そうだね。腹が減っては戦はできぬ!
でもまず暖かくて動きやすい服に着替えた方がいいよ。夜は冷えるからね。
コーデバトル

3-SP1「プリンセス・シシーにそっくり」

ニキ
ニキ
モモ、ため息ついてどうしたの?
モモ
モモ
にゃぁ~……だって、ここの試着エリアにはボクが着られる服が一着もないんだもん!
猫差別はんたーい!
ニキ
ニキ
大丈夫。服が着たいんだったら、家に帰ってからママにモモ用の服を編んでもらうね。
モモ
モモ
ニキぃ……
ポポ
ポポ
ニキ、見て。このスカート、女王様のドレスみたい!
ニキ
ニキ
わあ、豪華だね。プリンセス・シシーみたい!
ポポ
ポポ
プリンセス・シシーって誰?……まあそれはともかく、試着してみようよ。
こういうアシンメトリーなデザインで凝った細工の宮廷風ドレスはなかなか着る機会ないもんね。
コーデバトル

3-SP2「首相の婚礼衣装デザイン」

ポポ
ポポ
ここのエリアはウェディングドレスのデザイン画を展示してるんだね。どれもすてきだな~
これなんか見て、ここのラインの美しさが完璧だよね。どんな人が作ったんだろう。
ニキ
ニキ
紹介プレートには「ニーズヘッグの学生時代の作品」て書いてあるよ。
ニーズヘッグさんかぁ。きっと今ごろ一流デザイナーになってるんだろうね
ポポ
ポポ
ニーズヘッグって、それ、リリス王国の首相の名前じゃない!
逸話は色々聞いたことあったけど、こんなにすてきなデザインもできるんだ。
モモ
モモ
そんなにたくさん逸話があるの?
ポポ
ポポ
うん!首相は大陸の北にある軍事国家、ノーザン王国の出身なの。
そこは”暴風と烈火の洗礼を受けた国”といわれる程で、メルヘンチックなリリス王国とは正反対。
ニーズヘッグは若い頃は貧乏だったんだけど、マーベル大茶会で頭角を現してナナリー女王のデザイナーとして抜擢されたの。
ニキ
ニキ
シンデレラ級のサクセスストーリーだね!
ポポ
ポポ
うん。出身はノーザン王国だけど、今ではリリス国民の誇りなんだ。
今は女王様のためのデザインだけをしているから、ニーズヘッグの作品を見られることはめったにないんだよ。
今日は思いがけず良いもの見ちゃった。う~ん、なんだかコーデ意欲が沸いてきちゃったな。
ニキ、あたしとウェディングドレスでコーデバトルしよ!
コーデバトル

3章の攻略情報

関連記事

▼第2巻のストーリー
第2巻1章 第2巻2章 第2巻3章 第2巻4章
▼第1巻のストーリー
1章 2章 3章 4章
5章 6章 7章 8章
9章 10章 11章 12章
13章 14章 15章 16章
17章 18章 19章 -

オススメの記事