【モンハンライダーズ】 マクシスの評価とおすすめタッグ

更新日時

モンハンライダーズ(MHR)のマクシスの評価とおすすめタッグ(オトモン)を紹介。技(スキル)や特性の効果、所属都市、強い点、おすすめのオトモンについてまとめているので、モンハンライダーズでマクシスを育成する際の参考にどうぞ。

©CAPCOM

マクシスの評価と基本情報

総合評価
9 / 10点
所属都市 属性 タイプ 最高レア度

ヴァルクス

火属性

攻撃型

星5

強力な一撃を繰り出す攻撃ライダー

マクシスは、強力な攻撃技を持つ攻撃型ライダー。星5マクシスが習得する「マグマドライブ」はトップレベルの威力だ。特性も攻撃に特化しており、攻撃を増加させる「攻の型」と、与えるダメージが上がる「攻撃強化」を所持している。

加えて、「タッグ 攻撃強化・火」を持つオトモンとタッグを組めば、対弱火属性戦では火力役として立ち回りやすい。ただし、HPと防御ステータスが心もとなく、オトモンかライダー技で補う必要がある。

炎の楼閣でサポート役も担える

マクシスの「炎の楼閣」を駆使すれば、耐久力のあるサポートとして立ち回りも可能だ。「炎の楼閣」は自身の防御ランクを2段階も上昇させるため、サポート役にありがちな耐久力の低さをカバーできる。回復や支援などのサポート技には、オトモン技を使用しよう。

マクシスのおすすめオトモン

オトモン 理由

リオレウス
・「タッグ 攻撃強化・火」持ち
・攻撃のステータスが高い
・特性でさらにマクシスの火力を上げられる

ブラキディオス
・「タッグ 攻撃強化・火」持ち
・全体攻撃技で周回適正も有り
・貴重なSP回復技持ち

オトモン(モンスター)評価一覧

マクシスの技(スキル)

星5ライダー技

フレアドライブ
敵単体に近距離攻撃
威力 250 消費SP 45
属性 攻撃回数 1
習得レベル 10 ターゲット 敵単体
火の防壁
自身の防御ランクを1段階上げる(3ターン)
威力 0 消費SP 25
属性 攻撃回数 1
習得レベル 30 ターゲット 自身
マグマドライブ
敵単体に近距離攻撃
威力 465 消費SP 75
属性 攻撃回数 1
習得レベル 60 ターゲット 敵単体
炎の楼閣
自身の防御ランクを2段階上げる(3ターン)
威力 0 消費SP 45
属性 攻撃回数 1
習得レベル 67 ターゲット 自身

星3〜4ライダー技

フレアソード
敵単体に近距離攻撃
威力 120 消費SP 30
属性 攻撃回数 1
習得レベル 初期 ターゲット 敵単体
フレアタックル
敵単体に近距離攻撃
威力 250 消費SP 45
属性 攻撃回数 1
習得レベル 10 ターゲット 敵単体
火の防壁
自身の防御ランクを1段階上げる(3ターン)
威力 0 消費SP 20
属性 攻撃回数 1
習得レベル 30 ターゲット 自身

マクシスの特性

ライダー特性

攻の型
【効果】
攻撃を2%増加【条件】
・なし
+値 Lv 効果
+0 初期 攻撃を2%増加
+1 20 攻撃を3%増加
+2 40 攻撃を4%増加
+3 55 攻撃を5%増加
攻撃強化
【効果】
与えるダメージが4%増加【条件】
・なし
+値 Lv 効果
+0 5 与えるダメージが4%増加
+1 25 与えるダメージが5%増加
+2 45 与えるダメージが6%増加
+3 65 与えるダメージが7%増加
睡眠耐性【騎】
【効果】
睡眠耐性を5%増加【条件】
・なし
+値 Lv 効果
+0 15 睡眠耐性を5%増加
+1 35 睡眠耐性を12%増加
+2 50 睡眠耐性を20%増加
+3 70 睡眠耐性を30%増加

タッグ特性

タッグ 攻撃強化・火
【効果】
火属性技で与えるダメージが5%増加【条件】
・なし
タッグ 防御強化・龍
【効果】
龍属性技で受けるダメージが5%減少【条件】
・なし

マクシスのステータス

※実装済み最高レアリティのステータスを記載

ステータス 最大値 ステータスの順位
HP 842 20位/48位
攻撃 490 10位/48位
防御 460 8位/48位
賢さ 408 17位/48位
速さ 370 33位/48位

ライダーのステータスランキング

マクシスの信頼度ボーナス

レベル HP 攻撃 防御 賢さ 速さ
10 27 21 14 7 14
9 27 20 13 7 13
8 18 13 9 4 9
7 18 14 9 5 9
6 18 13 9 4 9
5 18 14 9 5 9
4 18 13 9 4 9
3 18 14 9 5 9
2 18 13 9 4 9

マクシスのプロフィール

イラスト
性別 年齢 誕生日 声優
68歳 12/4 -
ヴァルクスに属するライダーで、かつてダライアスと互角に渡り合った実力者。今は一線を退き隠居しているが、たまに闘技大会に出場したり、若手に教えを説いたりしている。