遊戯王デュエルリンクス
神ゲー攻略班のおすすめ記事を紹介!
最強デッキランキング【10月7日更新!】
DDキャッスル覇王編攻略
幻奏デッキのレシピと回し方
ハーピィデッキのレシピと回し方
事前登録でアマギフ1,000円分が当たるチャンス

【遊戯王デュエルリンクス】スキルの変更点まとめ

編集者
デュエルリンクス攻略班
更新日時

遊戯王デュエルリンクスのスキルの使用変更点を紹介。スキル修正によって影響を受けるデッキなども掲載しているので、スキルの使用変更を確認する際の参考にしてほしい。

スキル修正の変更点

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS
©Konami Digital Entertainment

制限&スキル修正リンク
リミットレギュレーション スキル修正

スキルの変更が実施

スキルの変更はVer.6.1.0で実施

2021/10/21頃に公開が予定されている「Ver.6.1.0」で、一部スキルの効果が変わる。10月下旬までは既存のデッキを使って楽しめる。

まれに見る大修正

今回の規制では、既存の環境TOPデッキ全てを破壊するレベルの大修正が実施されている。一部キャラスキルは上方修正されているものの、ダメージのほうが大きい規制となった。

スキル変更で影響を受ける主なデッキ

デッキ 解説
EーHEROデッキ EーHEROデッキワンキル型のキャラデッキだったが、オノマト等の影に隠れて使用率が伸び悩んでいた。上方修正により若干使いやすくなっている。
フォトンデッキ フォトンデッキEXデッキに「No」モンスターも採用できるように上方修正された。デッドリー・シンが入るようになり、急場の安定感が向上する。
機皇帝デッキ 機皇帝デッキ従来は「機皇帝」のみが対象だったが「機皇」モンスターも含まれるようになり、安定性が向上。
ガガガデッキ オノマトデッキ強烈な安定性を誇った環境最強デッキがついに修正。3ターン目以降に使用可能なため、従来通りの運用がほぼ不可能な修正を受けている。
サイバードラゴンデッキ サイバードラゴンデッキ長らくKC環境で活躍したサイドラもついに規制。プロトサイバードラゴンをデッキ外から出すスキルではなくなったため、構築の変化を余儀なくされている。
リゾネーターデッキ リゾネーターデッキ驚異の安定性が目立ったリゾネーターデッキも、デッキ構築の変化を要求される修正が入った。ただし他のデッキよりは優しめの修正で、レモンやスカノヴァを採用すれば運用自体は可能だ。
ガイアデッキ ガイアデッキ驚異の安定性と爆発力を持つガイアもスキルに修正が入った。今後はモンスターを手札に戻す必要があるため、構築を変化させればギリギリ使えるレベルにはある。
TGデッキ TGデッキ相手ターン中にS召喚が目立ったTGにも規制が入った。TGと恐竜を組み合わせたコンボに下方修正が入り、手札要求値が上昇している。
不知火デッキ 不知火デッキ罠デッキとして安定した強さを持っていた不知火には、スキルを弱体化する修正が入っている。妖刀不知火と底なしの併用を封じられ、罠地獄も修正されたため、今後は別方向のデッキアプローチが求められる。
E・HEROデッキ E・HEROデッキ罠てんこ盛りの通称害悪HEROに規制が入った。ヒーローフラッシュで手札が増強されるため、速度遅延の温床になるのを防ぐため修正された。今後はHEROデッキでのみ運用が可能になる。

強化されるスキル

最凶のイービル・ヒーロー

使用キャラ

覇王十代

スキル変更の内容

変更前
デュエル開始時に、自分のデッキに「EーHEROマリシャス・エッジ」2枚と「ダーク・フュージョン」1枚を追加する。さらに、自分のエクストラデッキに「EーHEROマリシャス・デビル」を1枚追加する。
変更内容
デュエル開始時に、自分のデッキに「EーHEROマリシャス・エッジ」2枚と「ダーク・フュージョン」1枚を追加する。さらに、自分のエクストラデッキに「EーHEROマリシャス・デビル」を1枚追加する。
また、自分フィールド上に「覇王城」が存在する際に、以下の効果をデュエル中1度ずつ使用できる。
●自分の手札の「EーHEROマリシャス・エッジ」1体をデッキに戻し、デッキからレベル6の悪魔族モンスター1体を手札に加える。「EーHERO」モンスターの場合、レベルに関係なく手札に加えることができる。
●レベルの合計が7以上になるように手札から悪魔族モンスター1体以上をデッキに戻し、デッキから「EーHEROマリシャス・エッジ」1体を手札に加える。

運営による変更理由

制限カードの追加実装に伴い、キャラクターの固有スキルを使いやすくするために強化します。

最凶のイービル・ヒーローの詳細

ゼアルゼアル・ウェポン

使用キャラ

ゼアル

スキル変更の内容

変更前
自分のライフポイントが2000以下の場合、自分ターン開始時に適用される。遊馬とアストラルでオーバーレイ・ネットワークを構築!「ゼアル」となる!
「ゼアル」変身後、自分のエクストラデッキに「CNo39希望皇ホープれい」を1枚追加する。毎ターン自分のドロー前に自分のデッキの一番上を確認できる。さらに下記の効果をそれぞれ1ターンに1度ずつ使用できる。
●ドローフェイズ時に通常のドローを行う前に、デッキの一番上のカードを「ZW」モンスターにする。
●自分のメインフェイズに使用できる。手札から「ZW」モンスターを1枚フィールドに出す。
変更内容
スキルテキストに変更はありません

運営による変更理由

デッキの一番上のカードを、「ZW」モンスターにする際に選択できるモンスターの種類を増やします。

ゼアルゼアル・ウェポンの詳細

銀河光子

使用キャラ

天城カイト

スキル変更の内容

変更前
手札から「ギャラクシー」モンスターまたは「フォトン」モンスター1体をデッキに戻し、デッキから「ギャラクシー」魔法・罠カードまたは「フォトン」魔法・罠カード1枚を手札に加える。このスキルはデッキ・エクストラデッキのモンスターが光属性モンスターのみのデッキを設定してデュエルを開始した場合に、デュエル中1度のみ使用できる。
変更内容
手札から「ギャラクシー」モンスターまたは「フォトン」モンスター1体をデッキに戻し、デッキから「ギャラクシー」魔法・罠カードまたは「フォトン」魔法・罠カード1枚を手札に加える。このスキルはデッキ・エクストラデッキのモンスターが光属性モンスター及び「No.」モンスターのみのデッキを設定してデュエルを開始した場合に、デュエル中1度のみ使用できる。

運営による変更理由

「ナンバーズ・ハンター」に相応しいスキルになるように強化します。

銀河光子の詳細

機械の城

使用キャラ

プラシド

スキル変更の内容

変更前
自分の手札の「機皇帝」モンスター1体を持ち主のデッキに戻し、デッキ外から「機皇城」1枚を手札に加える。このスキルはターン中に1度かつ、デュエル中に2度まで使用できる。
変更内容
自分の手札の「機皇」モンスター1体を持ち主のデッキに戻し、デッキ外から「機皇城」1枚を手札に加える。このスキルはターン中に1度かつ、デュエル中に2度まで使用できる。

運営による変更理由

キャラクターの固有スキルを使いやすくするために強化します。

機械の城の詳細

弱体化されるスキル

オノマト変化

使用キャラ

九十九遊馬&アストラル

スキル変更の内容

変更前
手札の「ズババ」「ガガガ」「ゴゴゴ」「ドドド」カード1枚をデッキに戻し、デッキから「ズババ」「ガガガ」「ゴゴゴ」「ドドド」モンスター1体を手札に加える。このスキルはターン中に1度、かつデュエル中に2度まで使用できる。
変更内容
3ターン目以降に使用できる。手札の「ズババ」「ガガガ」「ゴゴゴ」「ドドド」モンスター1体をデッキに戻し、デッキから「ズババ」「ガガガ」「ゴゴゴ」「ドドド」モンスター1体を手札に加える。このスキルは以下の条件を満たしたデッキを設定してデュエルを開始した場合のみデュエル中1度だけ使用できる。
●デッキに「ズババ」「ガガガ」「ゴゴゴ」「ドドド」モンスターが12枚以上存在する
●エクストラデッキに「ホープ」エクシーズモンスターが2枚以上存在し、「No.」または「ZW」モンスター以外のランク5以上のモンスターが存在しない

運営による変更理由

このスキルによって、「オノマト」デッキの様々な戦術を安定して行えるようになっており、あらゆるデッキに対して有利な戦術で対応できるため、下方修正します。

オノマト変化の詳細

サイバー流奥義

使用キャラ

ヘルカイザー亮

スキル変更の内容

変更前
自分のライフポイントが2000以下の場合に1度だけ使用できる。デッキ外から「プロト・サイバー・ドラゴン」を2体までフィールドに攻撃表示で出す。
自分のライフポイントが1000以下の場合・代わりにデッキ外から「プロド・サイバー・ドラゴン」を3体までフィールドに攻撃表示で出す。
このスキルでフィールドに出した「プロト・サイバー・ドラゴン」はリリースできず、そのモンスターがフィールドに表側表示で存在する限り、自分は融合モンスター以外を特殊召喚できず、融合モンスターでしか攻撃できない。
変更内容
自分のライフポイントが2000以下の場合、1度だけ使用できる。4000を下回っているライフポイント1000につき1体まで、手札・デッキから「サイバー・ドラゴン」を攻撃力を0にして攻撃表示でフィールドに出す。
次の相手ターンの終了時まで自分は「サイバー・エンド・ドラゴン」しか特殊召喚できない。
このスキルでフィールドに出した「サイバー・ドラゴン」はリリースできず、そのモンスターがフィールドに表側表示で存在する限り、自分は融合モンスター以外を特殊召喚できず、融合モンスターでしか攻撃できない。

運営による変更理由

「サイバー・ドラゴン」デッキは長期に渡って活躍しており、環境の固定化の一因にもなっているため、環境の変化を促進する目的で、このスキルを下方修正します。

サイバー流奥義の詳細

デモンズ・レゾナンス

使用キャラ

ジャック・アトラス

スキル変更の内容

変更前
手札の「リゾネーター」モンスター1体を相手に見せて使用できる。手札1枚をデッキに戻し、デッキからレベル4以下の悪魔族モンスター1体を手札に加える。このターン、自分はこのスキルで手札に加えたカード及びその同名カードの効果を発動できない。
このスキルは「リゾネーター」カードまたは悪魔族モンスターが10枚以上存在するデッキと、ドラゴン族シンクロモンスターのみのエクストラデッキを設定してデュエルを開始した場合のみに1ターンに1度、かつデュエル中に2度まで使用できる。
変更内容
手札の「リゾネーター」モンスター1体をデッキに戻して使用できる。デッキからレベル4以下のモンスター1体を手札に加える。このターン、自分はこのスキルで手札に加えたカード及びその同名カードの効果を発動できない。
このスキルは以下の条件を満たしたデッキを設定してデュエルを開始した場合のみ1ターンに1度、かつデュエル中に2度まで使用できる。
●デッキに「リゾネーター」カードが8枚以上存在し、ドラゴン族と悪魔族以外のモンスターが存在しない
●エクストラデッキに「レッド・デーモンズ・ドラゴン」と「スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン」が存在し、ドラゴン族・闇属性または悪魔族のシンクロモンスター以外のモンスターが存在しない。

運営による変更理由

デッキの安定性を高めるスキルの勝率と採用率が上昇傾向にあるため、それらのスキルの内、対戦環境で特に活躍しているこのスキルを下方修正します。

デモンズ・レゾナンスの詳細

竜騎士へ至る道

使用キャラ

闇遊戯武藤遊戯武藤遊戯DSOD

スキル変更の内容

変更前
手札1枚をデッキに戻して使用できる。デッキから「走破するガイア」1枚を自分のフィールドゾーンに表側表示で置く。このスキルの使用後、次の自分ターンのターン終了時まで、自分は以下のモンスターしか特殊召喚できない。
このスキルは「暗黒騎士ガイア」モンスターまたはドラゴン族・レベル5モンスターが8枚以上存在するデッキを設定してデュエルを開始した場合にデュエル中1度のみ使用できる。(エクストラデッキは含まない)
●「暗黒騎士ガイア」モンスターを素材とする融合モンスター
●「暗黒騎士ガイア」モンスター
●「カオス・ソルジャー」モンスター
●ドラゴン族・レベル5モンスター
変更内容
手札のモンスター1体をデッキに戻して使用できる。デッキから「走破するガイア」1枚を自分のフィールドゾーンに表側表示で置く。このスキルの使用後、次の自分ターンのターン終了時まで、自分は以下のモンスターしか特殊召喚できない。
このスキルは「暗黒騎士ガイア」モンスターまたはドラゴン族・レベル5モンスターが8枚以上存在するデッキを設定してデュエルを開始した場合にデュエル中1度のみ使用できる。(エクストラデッキは含まない)
●「暗黒騎士ガイア」モンスターを素材とする融合モンスター
●「暗黒騎士ガイア」モンスター
●「カオス・ソルジャー」モンスター
●ドラゴン族・レベル5モンスター

運営による変更理由

デッキの安定性を高めるスキルの勝率と採用率が上昇傾向にあるため、それらのスキルの内、対戦環境で特に活躍しているこのスキルを下方修正します。

竜騎士へ至る道の詳細

セット!デルタアクセル!

使用キャラ

アンチノミー

スキル変更の内容

変更前
デュエル開始時に、自分のエクストラデッキに「TGハルバード・キャノン」「TGブレード・ガンナー」「TGパワー・グラディエイター」「TGワンダー・マジシャン」「TGレシプロ・ドラゴン・フライ」をそれぞれ1枚ずつ追加する。また、自分が「TG」シンクロモンスターを2体以上シンクロ召喚したターンに1度使用できる。自分のエクストラデッキから「TGレシプロ・ドラゴン・フライ」1体をフィールドに出す。
変更内容
デュエル開始時に、自分のエクストラデッキに「TGハルバード・キャノン」「TGブレード・ガンナー」「TGパワー・グラディエイター」「TGワンダー・マジシャン」「TGレシプロ・ドラゴン・フライ」をそれぞれ1枚ずつ追加する。また、自分が「TG」シンクロモンスターを2体以上シンクロ召喚したターンに1度使用できる。手札の「TG」カード1枚をデッキに戻し、自分のエクストラデッキから「TGレシプロ・ドラゴン・フライ」1体をフィールドに出す。

運営による変更理由

「TG」モンスターの枚数が少ないデッキ構築でも「TGハルバード・キャノン」を容易に召喚できるため、「TGハルバード・キャノン」を召喚する難易度を上げる調整を加えます。

セット!デルタアクセル!の詳細

終わらない罠地獄

使用キャラ

リシド

スキル変更の内容

変更前
自分の墓地に罠カードが3枚以上ある場合に使用できる。自分の墓地にある罠カードをランダムで1枚手札に加え、残りの罠カードをすべてデッキに戻す。このスキルはデュエル中に1度しか使用できない。
変更内容
自分の墓地に罠カードが3枚以上ある場合に使用できる。自分の墓地から罠カードをランダムで1枚手札に加え、手札1枚をデッキに戻す。このスキルはデュエル中に1度しか使用できない。

運営による変更理由

罠カードを使った戦術を支えるためのスキルでしたが、以前より罠カードが使いやすい対戦環境になったため、下方修正します。

終わらない罠地獄の詳細

ヒーローフラッシュ!!

使用キャラ

遊城十代

スキル変更の内容

変更前
自分のターンで数えて2ターン毎に、ターン開始時に以下の順番でデッキ外からカードを手札に加える。このスキルは自分のデッキに「HERO」通常モンスターが4種類以上存在するデッキを設定してデュエルを開始した場合のみ適用される。

2ターン目:Hヒートハート
4ターン目:Eエマージェンシーコール
6ターン目:Rライトジャスティス
8ターン目:Oオーバーソウル
10ターン目ヒーローフラッシュ!!
変更内容
自分のターンで数えて2ターン毎に、ターン開始時に以下の順番でデッキ外からカードを手札に加える。このスキルはデッキのモンスターが全て「HERO」モンスターで「HERO」通常モンスターが4種類以上存在するデッキを設定してデュエルを開始した場合のみ適用される。(エクストラデッキは含まない)
2ターン目:Hヒートハート
4ターン目:Eエマージェンシーコール
6ターン目:Rライトジャスティス
8ターン目:Oオーバーソウル
10ターン目:ヒーローフラッシュ!!

運営による変更理由

主に罠カードのコスト確保用に使用されているため、「HERO」デッキでのみ使用できるように下方修正します。

ヒーローフラッシュ!!の詳細


スキル一覧

オススメの記事