遊戯王デュエルリンクス

【遊戯王デュエルリンクス】スキルの変更点まとめ【2022/1/24適用】

編集者
デュエルリンクス攻略班
更新日時
神ゲー攻略班のおすすめ記事を紹介!
最強デッキランキング
ユートイベント「漆黒のエクシーズ使い」
セレクションボックスVol.5発売中!
ストラクEX「超魔導の剣士」発売決定!

遊戯王デュエルリンクスのスキルの使用変更点を紹介。スキル修正によって影響を受けるデッキなども掲載しているので、スキルの使用変更を確認する際の参考にしてほしい。

スキル修正の変更点

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS
©Konami Digital Entertainment

制限&スキル修正リンク
リミットレギュレーション スキル修正

スキルの変更が実施

スキルの変更はVer.6.3.0で実施

スキル修正

2022年1月17〜19日頃に公開が予定されている「Ver.6.3.0」で、一部スキルの仕様が変わる。スキルの説明文が変更されるのは1月24日だが、アップデートすると新仕様に変わるため混乱しないよう注意しよう。

環境への影響あり

今回は、環境トップのハーピィデッキの強スキル「ハーピィの狩場」が規制対象になった。他にも環境上位のDDDデッキが使う「契約手形の先延ばし」も規制対象に。環境に与える影響が大きいスキル修正になると予想される。

スキル変更で影響を受ける主なデッキ

デッキ 解説
ハーピィデッキ ハーピィデッキ「ハーピィの狩場」をデッキから場に置く仕様に変更。手札を1枚デッキに戻す必要があるため、妨害への耐性が下がる見込みだ。
EーHEROデッキ EーHEROデッキキャラデッキ強化のため「悪を支配する力」が上方修正予定。デュエル中の回数制限が撤廃され、安定して融合が可能になる。
DDDデッキ DDDデッキ契約手形の「踏み倒し」が下方修正。デュエル中の1度しか使えないように制限がかけられる。
レッドアイズデッキ レッドアイズデッキ「4ターン目以降」の発動条件が撤廃される。初ターンから使えるため、「真紅眼融合」が撃ちやすくなる。
カオス・ソルジャーデッキ カオス・ソルジャーデッキ「超戦士の萌芽」をデッキ外からサーチ可能に変更。不純物を入れる枠が増え、デッキの自由度が若干高くなる。

強化されるスキル

レッドアイズ・ルーレット

使用キャラ
城之内克也城之内克也DSOD

「4ターン目以降」のターン制限が撤廃!

変更前
以下のモンスターから1体を選び、デッキ外からデッキに追加する。その後、デッキからランダムに「レッドアイズ」カード1枚を手札に加え、手札から「レッドアイズ」カード1枚をデッキに戻す。
このスキルは「レッドアイズ」モンスター5体以上を含む「レッドアイズ」カードが10枚以上存在するデッキを設定してデュエルを開始した場合のみ4ターン目以降にデュエル中1度だけ使用できる。(エクストラデッキは含まない)
「真紅眼の凶雷皇エビル・デーモン」
「デーモンの召喚」
「真紅眼の凶星竜メテオ・ドラゴン」
「メテオ・ドラゴン」
「真紅眼の鉄騎士ギア・フリード」
「鉄の騎士ギア・フリード」
変更内容
以下のモンスターから1体を選び、デッキ外からデッキに追加する。その後、デッキからランダムに「レッドアイズ」カード1枚を手札に加え、手札から「レッドアイズ」カード1枚をデッキに戻す。
このスキルは「レッドアイズ」モンスター5体以上を含む「レッドアイズ」カードが10枚以上存在するデッキを設定してデュエルを開始した場合に、デュエル中1度だけ使用できる。(エクストラデッキは含まない)
「真紅眼の凶雷皇エビル・デーモン」
「デーモンの召喚」
「真紅眼の凶星竜メテオ・ドラゴン」
「メテオ・ドラゴン」
「真紅眼の鉄騎士ギア・フリード」
「鉄の騎士ギア・フリード」

運営による変更理由

キャラクターの固有スキルを使いやすくするために強化します。

レッドアイズ・ルーレットの入手方法

儀式の使い手:超戦士

使用キャラ
闇遊戯武藤遊戯武藤遊戯DSOD

デッキ外から「超戦士の萌芽」をサーチ!

変更前
手札の儀式モンスター1体を墓地へ送り、デッキから「超戦士の萌芽」1枚を手札に加える。
「カオス・ソルジャー」を墓地へ送った場合、さらに手札・デッキから「転生の超戦士」1枚を自分フィールドに裏側表示で置く事ができる。
このターン、自分は儀式モンスターしか特殊召喚できず、メインフェイズ〜バトルフェイズの間にモンスターの効果を1度しか発動できない。
このスキルは「カオス・ソルジャー」儀式モンスターまたは効果テキストに「カオス・ソルジャー」モンスターと記されたモンスターが6種類以上かつ9枚以上存在するデッキを設定してデュエルを開始した場合のみ2ターン目以降にデュエル中1度使用できる。
変更内容
2ターン目以降に使用できる。手札の儀式モンスター1体を墓地へ送り、デッキ外から「超戦士の萌芽」1枚を手札に加える。このターン、自分は「カオス・ソルジャー」モンスターしか特殊召喚できず、メインフェイズの間にモンスターの効果を1度しか発動できない。
「カオス・ソルジャー」を墓地へ送った場合、さらに手札・デッキから「転生の超戦士」1枚を自分フィールドに裏側表示で置く事ができる
このスキルはデッキ(エクストラデッキは除く)に「カオス・ソルジャー」儀式モンスターまたは効果テキストに「カオス・ソルジャー」モンスターと記されたモンスターが4種類以上かつ6枚以上存在するデッキを設定してデュエルを開始した場合に、デュエル中1度のみ使用できる。

運営による変更理由

キャラクターの固有スキルを使いやすくするために強化します。

儀式の使い手:超戦士の入手方法

悪を支配する力

使用キャラ
覇王十代

毎ターン使用可能に変更!

変更前
エクストラデッキの「EーHERO」融合モンスター1体を選んで相手に見せ、そのモンスターにカード名が記されている融合素材モンスター全てをデッキ外から墓地に置く。このスキルで同名の融合モンスターは1度までしか選べない。
このスキルは以下の条件を満たしたデッキを設定してデュエルを開始した場合のみ1ターンに1度、かつデュエル中に2度まで使用できる。
●デッキに「EーHERO」モンスター、「ダーク・フュージョン」または「ダーク・コーリング」が10枚以上存在する。
●デッキに「HERO」以外のモンスターが存在しない。
●エクストラデッキに「EーHERO」モンスター以外のモンスターが存在しない。
変更内容
エクストラデッキの「EーHERO」融合モンスター1体を選んで相手に見せ、そのモンスターにカード名が記されている融合素材モンスター全てをデッキ外から墓地に置く。このスキルで同名の融合モンスターは1度までしか選べない。
このスキルは以下の条件を満たしたデッキを設定してデュエルを開始した場合に1ターンに1度使用できる。
●デッキに「EーHERO」モンスターが5枚以上存在し「E・HERO」モンスターまたは「EーHERO」モンスター以外のモンスターが存在しない。
●エクストラデッキに「EーHERO」モンスターが5枚以上存在し、「EーHERO」モンスター以外の融合モンスターが存在しない。

運営による変更理由

キャラクターの固有スキルを使いやすくするために強化します。

悪を支配する力の入手方法

懺悔の用意はできているか!

使用キャラ

使用キャラ
天城カイト

Xモンスター制限を撤廃!

変更前
このターンに特殊召喚された自分フィールド上の「No」モンスター以外の「ギャラクシーアイズ」Xモンスター1体の攻撃力を、ターン終了時まで1000アップさせる。このスキルはデュエル中に1度しか使用できない。
変更内容
自分フィールド上の「No.」モンスター以外の「ギャラクシーアイズ」モンスター1体の攻撃力をターン終了時まで1000アップさせる。このスキルはデュエル中に1度しか使用できない。

運営による変更理由

キャラクターの固有スキルを使いやすくするために強化します。

懺悔の用意はできているか!の入手方法

弱体化されるスキル

ハーピィの狩場

使用キャラ
孔雀舞

手札をデッキに戻す縛りが追加!

変更前
フィールド魔法「ハーピィの狩場」が発動した状態でデュエルを開始する。
変更内容
自分の最初のターンのメインフェイズ開始時に使用できる。手札を1枚デッキに戻し、デッキから「ハーピィの狩場」1枚をフィールドゾーンに置く。自分フィールド上にフィールド魔法が存在している場合、そのカードは墓地に置く。

運営による変更理由

このスキルの存在により、罠カード主体のデッキを使い辛い対戦環境が長く続いているため、下方修正します。

ハーピィの狩場の入手方法

契約手形の先延ばし

使用キャラ
赤馬零児

スキル発動がデュエル中1回に変更!

変更前
自分フィールド上に「契約書」カードが1枚以上存在する場合に、自分のターン開始時に使用できる。このターンのスタンバイフェイズをスキップする。
変更内容
自分フィールド上に「契約書」カードが1枚以上存在する場合に、自分のターン開始時に使用できる。このターンのスタンバイフェイズをスキップする。このスキルはデュエル中1度のみ使用できる。

運営による変更理由

スタンバイフェイズに効果を発動する必要があるデッキに対して確実な優位を得ることができるため、下方修正します。

契約手形の先延ばしの入手方法

スキル関連記事

遊戯王アイキャッチ_スキルランキング
最強スキルランキング
スキル一覧
スキル一覧
スキル掘り
効率的なスキル掘りの方法
スキルチップスキルチップの集め方

オススメの記事