遊戯王デュエルリンクス
神ゲー攻略班のおすすめ記事を紹介!
最強デッキランキング
ハーピィデッキのレシピを更新!
サイバードラゴンデッキのレシピを更新!
サンダードラゴンデッキのレシピを更新!

【遊戯王デュエルリンクス】サンダードラゴンデッキのレシピと回し方|対策

編集者
デュエルリンクス攻略班
更新日時

遊戯王デュエルリンクスの、サンダードラゴンデッキについて紹介。おすすめのスキル、入れ替えカード、対策方法を掲載しているので、デッキ構築の参考にどうぞ。

サンダードラゴンアイキャッチ

©Konami Digital Entertainment

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS

環境上位おすすめデッキ一覧
ハーピィデッキ
ハーピィデッキ
幻奏デッキ
幻奏デッキ
D-HEROデッキ
D-HEROデッキ
サンダードラゴンデッキ
サンドラデッキ
磁石の戦士
磁石の戦士デッキ
妖仙獣デッキ
妖仙獣デッキ

サンダードラゴンデッキのレシピ【新リミ】

キャラ スキル
ユベル 闇からの誘惑自分のライフポイントが1800減る毎に使用できる。通常ドローの代わりにデッキ外から「闇の誘惑」を手札に加える。
メイン カード 23 モンスター 18 魔法 3 罠 2
オッドアイズ・アドバンス・ドラゴン オッドアイズ・アドバンス・ドラゴン 混源龍レヴィオニア 雷鳥龍サンダー・ドラゴン 雷鳥龍サンダー・ドラゴン 雷鳥龍サンダー・ドラゴン
雷電龍サンダー・ドラゴン 雷電龍サンダー・ドラゴン クリボール クリボール クリボール 雷劫龍サンダー・ドラゴン
雷獣龍サンダー・ドラゴン 雷獣龍サンダー・ドラゴン 雷獣龍サンダー・ドラゴン 太陽電池メン 太陽電池メン 太陽電池メン
封印の黄金櫃 封印の黄金櫃 ドラゴン・目覚めの旋律 百雷のサンダー・ドラゴン 百雷のサンダー・ドラゴン
エクストラ 融合 7
氷獄龍トリシューラ 聖刻神龍エネアード セイクリッド・トレミスM7 セイクリッド・トレミスM7 No61ヴォルカザウルス フォトン・ストリーク・バウンサー
No70デッドリー・シン
カード名 枚数
オッドアイズ・アドバンス・ドラゴン 2
混源龍レヴィオニア 1
雷鳥龍サンダー・ドラゴン 3
雷電龍サンダー・ドラゴン 2
クリボール 3
雷劫龍サンダー・ドラゴン 1
雷獣龍サンダー・ドラゴン 3
太陽電池メン 3
封印の黄金櫃 LIMIT2 2
ドラゴン・目覚めの旋律 LIMIT1 1
百雷のサンダー・ドラゴン 2
氷獄龍トリシューラ 1
聖刻神龍エネアード 1
セイクリッド・トレミスM7 2
No61ヴォルカザウルス 1
フォトン・ストリーク・バウンサー 1
No70デッドリー・シン 1

採用候補カード

カード 解説
機動要犀トリケライナー 機動要犀トリケライナー相手が3体以上のモンスターを召喚・特殊召喚したターンに手札から自身を特殊召喚する効果を持つ。レベルが6のためランク6のエクシーズ召喚に繋げやすい点が評価ポイントだ。
アルカナフォースⅩⅣTEMPERANCE アルカナフォースⅩⅣTEMPERANCEダメージ計算時に自身を手札から捨てて戦闘ダメージを0にする手札誘発。光属性のため「混源龍レヴィオニア」の墓地コストにしやすい点が評価ポイントだ。▶混源龍レヴィオニアの効果と評価

サンダードラゴンデッキのレシピ【現リミ】

注意
以下のレシピは12月16日施行のリミットレギュレーション以前のものです。ご了承ください。
キャラ スキル
闇遊戯 ディスティニー・ドロー自分のライフポイントが2000減った後に使用できる。ドローフェイズ時に通常のドローを行うかわりに、任意のカードをドローする。このスキルはデュエル中1度しか使用できない。
メイン カード 27 モンスター 24 魔法 2 罠 1
オッドアイズ・アドバンス・ドラゴン 混源龍レヴィオニア 混源龍レヴィオニア 雷鳥龍サンダー・ドラゴン 雷鳥龍サンダー・ドラゴン 雷鳥龍サンダー・ドラゴン
雷電龍サンダー・ドラゴン 雷電龍サンダー・ドラゴン 雷電龍サンダー・ドラゴン クリボール クリボール 雷劫龍サンダー・ドラゴン
雷獣龍サンダー・ドラゴン 雷獣龍サンダー・ドラゴン サンダー・ドラゴン サンダー・ドラゴン サンダー・ドラゴン BKベイル
BKベイル BKベイル 太陽電池メン 太陽電池メン 太陽電池メン 孤高除獣
封印の黄金櫃 ドラゴン・目覚めの旋律 百雷のサンダー・ドラゴン
エクストラ 融合 7
氷獄龍トリシューラ 聖刻神龍エネアード セイクリッド・トレミスM7 No61ヴォルカザウルス フォトン・ストリーク・バウンサー 終焉の守護者アドレウス
No70デッドリー・シン
カード名 枚数 必須
オッドアイズ・アドバンス・ドラゴン 1
混源龍レヴィオニア 2
雷鳥龍サンダー・ドラゴン 3
雷電龍サンダー・ドラゴン 3
クリボール 2
雷劫龍サンダー・ドラゴン 1
雷獣龍サンダー・ドラゴン 2
サンダー・ドラゴン 3
BKベイル 3
太陽電池メン 3
孤高除獣 LIMIT2 1
封印の黄金櫃 LIMIT2 1
ドラゴン・目覚めの旋律 LIMIT1 1
百雷のサンダー・ドラゴン 1
氷獄龍トリシューラ 1
聖刻神龍エネアード 1
セイクリッド・トレミスM7 1
No61ヴォルカザウルス 1
フォトン・ストリーク・バウンサー 1
終焉の守護者アドレウス 1
No70デッドリー・シン 1

◯:全枚数必須 △:あると便利 ×:無くても良い

採用候補カード

カード 解説
ライトパルサー・ドラゴン ライトパルサー・ドラゴン墓地から光・闇属性を1体ずつ除外し手札から特殊召喚可能なモンスター。自身のレベルが6のためランク6エクシーズを作る時に重宝する。
アルカナフォースⅩⅣTEMPERANCE アルカナフォースⅩⅣTEMPERANCEダメージ計算時に自身を手札から捨てて戦闘ダメージを0にする手札誘発。光属性のため「混源龍レヴィオニア」の墓地コストにしやすい点が評価ポイントだ。▶混源龍レヴィオニアの効果と評価
No22不乱健 No22不乱健手札を1枚捨て、自身を守備表示にすると相手の表側表示カードの効果を無効にする効果を持つ。相手ターンでも発動できる効果のため、盤面を制圧した後に出せれば、次ターンに相手の動きを妨害できる。
光の援軍 光の援軍デッキトップ3枚を墓地に送り、デッキから「ライトロード」モンスターを手札に加える魔法カード。墓地肥やしが重要なサンダードラゴンデッキと相性が良い。採用する場合は「ライトロード・アサシンライデン」とセットで使おう。▶アサシンライデンの効果と評価

サンダードラゴンデッキ構築の注意点

スキル候補は合計4つ

キャラ スキル名 / ポイント
闇遊戯
闇遊戯
ディスティニー・ドロースキル発動時に好きなカードをサーチできるため使い勝手が良い。他のスキルと異なり、「ライトニング・ボルテックス」等の不純物を入れやすい。▶ライトニング・ボルテックスの効果と評価
闇遊戯
闇遊戯
ドローセンス:魔法・罠ランダムで魔法・罠カードをドローするため「ドラゴン・目覚めの旋律」を引きやすい。また、相手が勝手に「ディスティニー・ドロー」と勘違いすることも多いため、そもそもスキルを発動させやすいのも特徴。▶ドラゴン・目覚めの旋律の効果と評価
ユベル
ユベル
闇からの誘惑「闇の誘惑」を確定ドローできるため、手札を増やせるのが特徴。発動後に闇属性を除外するので、除外ゾーンの「サンダー・ドラゴン」モンスターの効果が使いやすいのもメリットだ。▶闇の誘惑の効果と評価
ユベル
ユベル
悪魔送り悪魔族モンスターをデッキから墓地に送るスキル。「カオス・ベトレイヤー」を採用する場合が多い。ベトレイヤーが墓地の光・闇属性を除外する効果を持っているため、除外ゾーンの「サンダー・ドラゴン」モンスターの効果を発動させやすい。▶カオス・ベトレイヤーの効果と評価

サンダードラゴンデッキにはスキル候補がたくさんあるが、闇遊戯とユベルのスキルの使用率が高い。相手にスキルを勘違いさせるのが主な狙い。KCカップ等のポイント戦では、「スキル偽装」が勝敗に大きな影響を与えるのだ。

スキル一覧と入手方法

レヴィオニアは2枚でもOK

混源龍レヴィオニア オッドアイズ・アドバンス・ドラゴン

サンダードラゴンデッキのエースモンスター「混源龍レヴィオニア」は2枚でも大丈夫だ。代わりに、「オッドアイズ・アドバンス・ドラゴン」とレヴィオニアで合計3枚という構成にしよう。

デッキの初動率が落ちているため、無理にレヴィオニアを3枚積むと手札事故が増加してしまう。どうしても3枚採用したい場合は、デッキ枚数を30枚近くまで厚くするのがおすすめだ。

20〜24枚の薄型構築も強い

サンダードラゴンデッキは、他の環境デッキと比べて事故率が高いのが特徴。したがって、デッキ枚数を20〜24程度に薄くし、初動率を高める構築も選択肢としてアリだ。ただし、薄くした分デッキの「混源龍レヴィオニア」たちが初手に集結しやすくなる点は覚悟しよう。

なお、薄型の場合は「光の援軍」をリミット②の枠で採用するのがおすすめ。レヴィオニアの初手率が上がっている分、墓地を肥やせれば早いターンでレヴィオニアを叩き込みやすい。

薄型構築で抜いても良いカード
サンダー・ドラゴン
サンダー・ドラゴン
BKベイル
BKベイル
百雷のサンダー・ドラゴン
百雷のサンダー・ドラゴン

サンダードラゴンデッキの基本情報

基本情報
30点 / 35点
【キーカード】混源龍レヴィオニア
【必須パック】
インフィニットレイセレクションボックスプチ1セレクションボックスミニ2ダークディメンションアルティメットライジングセレクションボックス1フューチャーホライゾンレイジオブヴォルケーノバーニングノヴァ沈黙の魔術師セレクションボックス3アリーナオブサンクチュアリフォトンオブギャラクシーシャークファング

サンダードラゴンデッキのコンセプト

手数の多さで敵を圧倒する

サンダードラゴンデッキは、「混源龍レヴィオニア」の破壊効果で場を荒らした後、エクシーズ召喚で一気に勝負を決める戦術を得意とする。「サンダー・ドラゴン」カードにはサーチやリクルート効果を持っているものが多く、スムーズに展開できる。

サンダードラゴンデッキのキーカード解説

キーカード 解説
混源龍レヴィオニア 混源龍レヴィオニア墓地から光闇属性モンスター3体を除外して召喚すると、場のカードを2枚破壊できる。レヴィオニアで相手フィールドをがら空きにし、後続のモンスターで一気に勝負を決めよう。

サンダードラゴンデッキの回し方

レヴィオニアからの展開例

ドラゴン・目覚めの旋律 混源龍レヴィオニア フォトン・ストリーク・バウンサー
手順
1 「ドラゴン・目覚めの旋律」を発動。デッキから「混源龍レヴィオニア」2枚を手札に加える。
2 墓地の光・闇属性のモンスター3体を除外しレヴィオニアを特殊召喚する。
★除外には「雷獣龍サンダー・ドラゴン」を含む
3 レヴィオニアの効果発動。相手の場のカードを2枚破壊する。
4 「雷獣龍サンダー・ドラゴン」の除外時効果発動。デッキからレベル6「サンダードラゴン」モンスターを特殊召喚する。
5 手札の「雷鳥龍サンダー・ドラゴン」の効果発動。除外されている「雷獣龍サンダー・ドラゴン」を特殊召喚する。
6 場のレベル6モンスター2体で「フォトン・ストリーク・バウンサー」をエクシーズ召喚する。

「混源龍レヴィオニア」で場を荒らしてからエクシーズ召喚に繋げる動き。レヴィオニアを場に出す際に墓地の「サンダー・ドラゴン」モンスターを除外するため、手札やフィールドのアドバンテージを稼ぎながら盤面を制圧できる。

サンダードラゴンデッキの対策方法

対策ポイント
・除外を封じる

除外対策をしよう

サンダードラゴンデッキは、モンスターを除外して特殊召喚する「混源龍レヴィオニア」を切り札としている。「カオスハンター」などで除外を封じれば切り普段の特殊召喚とサンダードラゴンの除外時の効果を封じられる。

サンダードラゴンデッキの対策カード

カード 解説
インヴェルズ・ローチ インヴェルズ・ローチ上級モンスターの特殊召喚を無効にして破壊する汎用ランク4エクシーズ。サンダードラゴンデッキの「混源龍レヴィオニア」や「雷劫龍サンダー・ドラゴン」を止めるのに役立つ。
アーティファクトロンギヌス アーティファクトロンギヌス発動ターン中の除外を封じる手札誘発カード。除外を戦術に組み込んでいるデッキ全般に刺さる。メタカードのため特定の相手以外には腐りやすいのが難点。
王家の眠る谷ネクロバレー 王家の眠る谷ネクロバレー墓地のカード移動を封じるフィールド魔法。除外を主要ギミックとするサンダードラゴンには抜群の効果を発揮する。
デモンズ・チェーン デモンズ・チェーンモンスター効果を無効にし、攻撃を封じる永続罠。サンダードラゴンデッキには、チェーンの順番の問題でカウンター罠を使いづらいため、フリーチェーンで使える「デモンズ・チェーン」が効果的だ。
煉獄の落とし穴 煉獄の落とし穴攻撃力2000以上のモンスター効果を無効にして破壊する落とし穴。「混源龍レヴィオニア」等の厄介な上級モンスターを処理するために有用。

デッキ関連記事

デッキ関連記事一覧
環境トップデッキの対策
環境トップデッキの対策
ハイスコアデッキランキング
ハイスコアデッキランキング
オート周回デッキ一覧
オート周回デッキ一覧
デュエルリンクス用語集
デュエルリンクス用語集
強いデッキの作り方
強いデッキの作り方
パックおすすめランキング
パックおすすめランキング

全デッキレシピ一覧

オススメの記事