遊戯王デュエルリンクス
神ゲー攻略班のおすすめ記事を紹介!
最強デッキランキング【10月7日更新!】
DDキャッスル覇王編攻略
幻奏デッキのレシピと回し方
ハーピィデッキのレシピと回し方
事前登録でアマギフ1,000円分が当たるチャンス

【遊戯王デュエルリンクス】スペルスピードとチェーンとは?

編集者
デュエルリンクス攻略班
更新日時

遊戯王デュエルリンクスのルール「スペルスピードとチェーン」について解説!スペルスピードやチェーンのしくみやカード処理の順番を確認して、プレイングのミスを減らそう。

チェーンバナー

スペルスピードとは?

カード効果のスピード

スペルスピードは、カードの効果のスピードのことである。スペルスピード1〜3まで設定されており、スペルスピードが遅いカードはスペルスピードが早いカードに対してアクションを起こせない。

スペルスピードの種類

スペルスピード1

スペルスピード1は、一部を除くモンスターの効果と速攻魔法以外の魔法カードが該当する。例外の「邪悪な儀式」を除いて、自分のメインフェイズにしか発動できない。スペルスピードが最も遅いため、カードの効果にチェーンして発動できない。

スペルスピード1のカード
カタパルト・タートル
効果モンスター
融合
魔法カード

スペルスピード2

スペルスピード2は、速攻魔法・罠・相手のターンに発動できるモンスターの効果が該当する。相手のターンにも発動できるので、妨害や防御に使える。

スペルスピード2のカード
真六武衆エニシ
モンスター効果
(誘発即時効果)
エネミーコントローラー
速攻魔法
 
ホーリー・エルフの祝福
罠カード
 

スペルスピード3

スペルスピード3は、カウンター罠が該当する。スペルスピードが最も早いので、カウンター罠以外のカードにはチェーンされない。カードや効果の発動に対して発動するカードがほとんどなので、発動のタイミングは限られる。

スペルスピード3のカード
天罰
カウンター罠

チェーンとは?

カードに対して別のカードを発動する行為

チェーンは、カード効果の発動に対して、別のカード効果を発動する行為を指す。効果が発動した時には、お互いのプレイヤーに必ずチェーンする機会が与えられる。お互いにチェーンをしなくなったら、最後に発動したカードから順に効果の処理が行われる。

チェーンのしくみ

チェーン処理の手順

チェーン処理手順
1 自分がカードの効果を発動
2 相手にカードのチェーン発動を確認
3 相手がカードの効果をチェーン発動
4 自分にカードのチェーン効果を確
5 お互いがカードの効果を発動しなくなるまで繰り返す
6 最後に発動したカードから順番に効果を処理する

カードを発動したプレイヤーから見た相手プレイヤーが、最初にチェーン発動する権利を得る。自分が自分のカードにチェーンするタイミングは、相手がチェーンをしなかった場合に訪れる。

チェーン処理の例

チェーン

チェーン1に「融合」を発動し、「真六武衆シエン」の無効化効果をチェーンした場合の例。最後に発動したカードから効果処理を行うので、「ギャクタン」の効果で「天罰」の発動が無効になり、「真六武衆シエン」の効果が適用されて「融合」が無効になる。

直前に発動した効果にしかチェーンできない

チェーン

チェーンは、直前に発生したカードに対してしか行えない。そのため、画像のように遡って「サブテラーマリス・リグリアード」の効果にチェーンして「天罰」を発動できない。

「サブテラーの戦士」の効果は、「サブテラーマリス・リグリアード」のリバース効果が発動した直後にチェーンして発動するため、「サブテラーマリス・リグリアード」の効果が他のカードにチェーンされることはない。


デュエルリンクスのルール

オススメの記事