遊戯王デュエルリンクス
神ゲー攻略からイチオシ記事を紹介!
期間限定!Amazonギフト券1,000円分が当たる!
最強デッキランキング
聖騎士の栄光ストラクは買うべき?【発売中!】
最新のリミットレギュレーション【環境破壊!】
攻略班ライターのコラム記事【11月30日更新】

【遊戯王デュエルリンクス】「分断の壁」の評価と入手方法・採用デッキ

更新日時

遊戯王デュエルリンクスの「分断の壁」の評価と入手方法・採用デッキを紹介!「分断の壁」の入手方法、採用デッキの他にも特徴、相性が良いカードを掲載している。

分断の壁

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS
©Konami Digital Entertainment

「分断の壁」の評価と基本情報

「分断の壁」の評価

評価
8.5/10.0点

「分断の壁」の詳細

分類 通常罠
レアリティ SR
効果
①:相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
相手フィールドの全ての攻撃表示モンスターの攻撃力は、相手フィールドのモンスターの数×800ダウンする。

「分断の壁」の入手方法

入手方法
サーヴァントオブキングス サーヴァントオブキングス
セレクションボックスミニ1 セレクションボックスミニ1

「分断の壁」の特徴

相手攻撃モンスターの攻撃力を下げる

分断の壁は、相手の攻撃宣言時に、相手の攻撃表示モンスター全ての攻撃力を、相手モンスターの数かける800下げる罠カード。相手モンスターの攻撃力を最大2,400下げられる、強力な罠カードだ。

「分断の壁」使用時の注意点

攻撃反応罠なのでバレやすい

「分断の壁」は非常に強力な効果を持った罠だが、攻撃反応罠という点で相手にバレやすいカードだ。デュエルリンクスではチェーン確認のラグの有無で伏せカードの予測をつけられるテクニックがあり、メインフェイズにチェーン反応のないカードとして、「分断の壁」と予測して攻撃されてしまう可能性がある。

「分断の壁」を採用できるデッキ

デッキ/評価 解説
死皇帝の陵墓デッキ 死皇帝の陵墓デッキ【評点】11/35点【解説】
「死皇帝の陵墓」の効果を使い、上級モンスターをリリースなしで召喚する。「巨大決戦」を使って大ダメージを与える。
アマゾネスデッキ アマゾネスデッキ【評点】19/35点【解説】
「アマゾネス」を戦闘破壊から守り、「アマゾネスの急襲」効果を発動し戦う。
エーリアンデッキ エーリアンデッキ【評点】19/35点【解説】
Aカウンター関連カードを使って、トリッキーに攻めるデッキ。
レプティレスデッキ レプティレスデッキ【評点】14/35点【解説】
「終焉の焔」でリリースを確保し、「レプティレス・ヴァースキ」を召喚する。「レプティレス・ヴァースキ」の効果でモンスターを破壊し、盤面を有利にして戦う。
フライング寄生デッキ フライング寄生デッキ【評点】10/35点【解説】
インセクター羽蛾のスキル「フライング寄生」で相手のモンスターゾーンを埋め、モンスターの展開を妨害する。
剣闘獣デッキ 剣闘獣デッキ【評点】22/35点【解説】
戦闘を行ったバトルフェイズにデッキに戻り、カード名が異なる「剣闘獣」を特殊召喚してアドバンテージを獲得していくデッキ。「剣闘獣ストラク」や新カード実装によって大幅に強化された。
ラーの翼神竜ハイスコアデッキ ラーの翼神竜ハイスコアデッキ【評点】-/35点【解説】
「ラーの翼神竜」の攻撃で9999ダメージオーバーを狙うハイスコアデッキ。
神召喚ボーナスを獲得でき、高得点を狙いやすい。
おジャマデッキ おジャマデッキ【評点】12/35点【解説】
「おジャマ・キング」や「おジャマ・ナイト」を融合召喚し、相手のモンスターゾーンを封じながら戦う。「おジャマ・カントリー」の効果で攻守が入れ替わるため、攻撃力は非常に高い。
ヴァイロンデッキ ヴァイロンデッキ【評点】17/35点【解説】
「ヴァイロン・エプシロン」を装備魔法で強化して闘うデッキ。
電池メンデッキ 電池メンデッキ【評点】17/35点【解説】
「充電池メン」を召喚してモンスターを並べ、一斉に攻撃する。
サイレント・ソードマンデッキ サイレント・ソードマンデッキ【評点】18/35点【解説】
「沈黙の剣士サイレント・ソードマン」の効果で「サイレント・ソードマンLv7」を特殊召喚する
ライトロードデッキ ライトロードデッキ【評点】23/35点【解説】
強力な切り札「裁きの龍」でフィールドを一掃し、カードを破壊してから攻撃する。
魔轟神デッキ 魔轟神デッキ【評点】17/35点【解説】
「魔轟神」をフィールドに並べてシンクロ召喚を狙う。スキルを「絆の力!」にすれば、シンクロ召喚をしなくてもダメージを稼げる。
トビウオデッキ トビウオデッキ【評点】13/35点【解説】
優秀な除去効果を持つ「光鱗のトビウオ」を主役にした魚族デッキ。「光鱗のトビウオ」と相性が良い「オイスターマイスター」や「強化蘇生」を採用する。
墓守デッキ 墓守デッキ【評点】22/35点【解説】
「王家の眠る谷ネクロバレー」で墓地の利用を封じながら戦う。
7軸儀式デッキ 7軸儀式デッキ【評点】11/35点【解説】
レベル7の儀式モンスターを中心にしたデッキ。儀式のリリースを揃えやすく、儀式召喚しやすい。
VWXYZデッキ VWXYZデッキ【評点】11/35点【解説】
「融合識別」を2枚使い、「VWXYZドラゴン・カタパルトキャノン」の特殊召喚を狙う。
オベリスクデッキ オベリスクデッキ【評点】14/35点【解説】
効果の対象にならない攻守4,000の強力な神のカード「オベリスクの巨神兵」召喚を目指すデッキ。特殊召喚できる罠カード「バージェストマ」を使って、リリースを確保する。
ローズドラゴンデッキ ローズドラゴンデッキ【評点】16/35点【解説】
「ブラック・ローズ・ドラゴン」をS召喚して、カードを破壊する。植物族が中心なので、弱体化効果を発動できる。
ゴーストデッキ ゴーストデッキ【評点】7/35点【解説】
「ゴースト王パンプキング」を「闇晦ましの城」の効果で強化して戦うデッキ。「ゴースト王パンプキング」の攻撃力は、最大で3,300まで上がる。
クローラーデッキ クローラーデッキ【評点】15/35点【解説】
「機怪神エクスクローラー」をリバースし、相手モンスターの効果を無効化する。
トビウオデッキ トビウオデッキ【評点】13/35点【解説】
優秀な除去効果を持つ「光鱗のトビウオ」を主役にした魚族デッキ。「光鱗のトビウオ」と相性が良い「オイスターマイスター」や「強化蘇生」を採用する。
マインド軍曹デッキ マインド軍曹デッキ【評点】13/35点【解説】
「エレクトロ軍曹」の効果で魔法罠を封じる。「エレクトロ軍曹」を魔法・罠カードで守りながら戦う。
マスタージーグデッキ マスタージーグデッキ【評点】9/35点【解説】
「BOXサー」の効果を使って、切り札の「マスター・ジーグ」を特殊召喚する。モンスターは「マスター・ジーグ」では破壊し、魔法・罠は「炎舞玉衝」と「心鎮壷」で対策する。
レプティレスデッキ レプティレスデッキ【評点】14/35点【解説】
「終焉の焔」でリリースを確保し、「レプティレス・ヴァースキ」を召喚する。「レプティレス・ヴァースキ」の効果でモンスターを破壊し、盤面を有利にして戦う。
黒蠍デッキ 黒蠍デッキ【評点】9/35点【解説】
「黒蠍棘のミーネ」の効果で手札を増やして戦う。攻撃力が低いため、相手にダメージを与える工夫が必要。
霊使いデッキ 霊使いデッキ【評点】9/35点【解説】
「霊使い」モンスターの効果で相手のモンスターを奪い、「憑依装着」をデッキから特殊召喚する。「憑依装着」は光・闇以外の属性に実装されているので、仮想敵を絞って使用する属性を決めよう。
海デッキ 海デッキ【評点】12/35点【解説】
フィールド魔法「海」で強化されるモンスターで戦うデッキ。「アビス・ソルジャー」や「ハンマー・シャーク」などの下級モンスターが中心となる。
戦士デッキ 戦士デッキ【評点】10/35点【解説】
下級戦士族を強化して戦うビートダウンデッキ。
クセがなく扱いやすい。
肥大化カタパルトハイスコアデッキ 肥大化カタパルトハイスコアデッキ【評点】-/35点【解説】
「肥大化」で相手モンスターを強化し、「カタパルト・タートル」のリリースにして大ダメージを与えるハイスコアデッキ。
「肥大化」がLIMIT1に制限されたため、現在は使用できない。
風エレメントデッキ 風エレメントデッキ【評点】8/35点【解説】
風属性モンスターが自分の場にいる時に連続攻撃できる効果を持つ「エレメント」モンスターを主役にしたデッキ。「闇の力」で攻撃力を強化して、効果を発動しやすくしよう。

最強デッキランキングはこちら

「分断の壁」の関連カード

「分断の壁」と相性がいいカード

カード 解説
E・HEROフレイム・ウィングマン
E・HEROフレイム
ウィングマン
相手モンスターを破壊したとき、破壊したモンスターの元々の攻撃力分のダメージを与える
サイバー・エンジェル弁天
サイバーエンジェル弁天
相手モンスターを破壊したとき、破壊したモンスターの元々の守備力分のダメージを与える。「分断の壁」で弱らせて戦闘破壊をしやすくする。

オススメの記事