【ツイステ】 試験でハイスコアを取るコツと属性ごとの攻略方法

更新日時
編集者
ツイステ攻略班

ツイステッドワンダーランド(ツイステ)の試験でハイスコアを取るコツと属性ごとの攻略方法をご紹介!ベーシックテストとディフェンステストでハイスコアを取るコツ、各属性ごとの試験の攻略方法についても紹介しているので、ツイステ攻略の参考にどうぞ。

©Disney. Published by Aniplex

試験関連記事

試験のメリットと攻略方法

試験でハイスコアを取るコツ

火属性の試験攻略

水属性の試験攻略

木属性の試験攻略

全属性の試験攻略

無属性の試験攻略

NRC統一試験

試験HARDでハイスコアを取るコツ

ベーシックテスト

ベーシックテストHARDでハイスコアを取るコツ
有利属性のデュオ魔法を複数回発動する
メインアタッカーを決める
バディボーナスが多い編成にする
アタック以外を入れてHPを確保する
回復キャラを編成する
メイン火力の魔法LvとバディLvを最大強化する
4ターン目にオーバーキルする

有利属性のデュオ魔法を複数回発動する

試験でハイスコアを取るには、挑戦する属性に対して有利な属性のデュオ魔法を複数回発動するのがおすすめ。例えば「火属性の試験」なら有利属性は「水」なので、水属性のデュオ魔法が複数発動できる編成で火力を伸ばすとスコアアップに繋がる。

試験SSSを狙う場合は、最低でも3DUO発動が理想的。前半はディフェンスやバランスのMAGICでHP温存を意識しつつ、3〜4T辺りから一気にDUOで畳み掛ける立ち回りを意識すると良い。

おすすめ編成例

ジェイド
SSR/寮服

アズール
SSR/寮服

フロイド
SSR/寮服

リドル
SSR/寮服

エース
SSR/おめかし花婿
バディボーナスの数 デュオ魔法の数
8 4

バディボーナスが多い編成にする

試験でハイスコアを取るためには、なるべく多くのバディボーナスがつく組み合わせにするのがおすすめ。バディボーナスを発動させると、カードのステータス補正がかかり、ATKやHPが上昇する。

ベーシックテストでハイスコアを狙う場合は、「ATK UP」のバディボーナスを優先して編成すると良い。5ターン制限の場合、敵に与えたダメージ量が多いほどスコアが伸びる。

アタック以外を入れてHPを確保する

試験ではHPが0になるとスコアが大幅に下がってしまう。そのため、HPの高いディフェンスかバランスキャラを1〜2名入れてHPを確保し、全滅を防ごう。

メイン火力の魔法とバディLvを最大強化する

メインアタッカーカードの魔法LvとバディLvは、可能な限り上限まで上げておこう。特にデュオ魔法が発動できるマジック2、「ATK UP」のバディLvは最優先でMAXまで強化を目指すのがおすすめだ。

4ターン目にオーバーキルする

ベーシックテストでハイスコアを狙う際は、4ターン目にオーバーキルするのがおすすめ。ベーシックテストは5ターン目で倒しきるよりも、4ターン目でオーバーキルするとスコアが伸びる。バトルの手札が良ければ、4ターン目の1枚目にメインアタッカーカードを選択して、デュオ魔法でオーバーキルするのが理想だ。

ディフェンステスト

ディフェンステストHARDでハイスコアを取るコツ
HPを多く残せる編成にする
「HP UP」バディーを意識して編成する
デバフや回避効果を持つカードを編成に入れる
相手のデバフを避けつつ回復を行う
相手がソロで攻撃してきそうな時はデバフを当てる
5ターン目の初手でキルを狙う

「HP UP」バディーを意識して編成する

バディーボーナスのバフには「ATK UP」と「HP UP」の2種類があるが、ディフェンステストでハイスコアを目指す際は「HP UP」効果が発動するバディーを優先的に編成していこう。基礎HPに加えてバディーボーナスの恩恵を複数受けられれば全滅のリスクを大幅に軽減でき、ハイスコアにも繋がる。

デバフや回避効果を持つカードを編成に入れる

ディフェンステストでは、有利属性攻撃を受けた際にも加点が見込める。ただし、有利属性攻撃を受けると大幅にHPを削られてしまう可能性が高くなるので、なるべくデバフや回避持ちのカードを編成しよう。

相手がソロで攻撃してきそうな時はデバフを当てる

相手がソロ連撃をしてきそうな場合は、デバフスキル持ちの魔法を当てて相手の火力を削ごう。ダメージを軽減し、HPを温存すればハイスコアに繋がる。

5ターン目初手のオーバーキルが理想

ベーシックの場合は4ターン目だが、ディフェンスの場合は5ターン目の前半にオーバーキルするのが理想。耐久テストでは、「生き残ったターン数」も加点要素に含まれているため、5ターン前半に倒すのがおすすめ。育成しきれていない場合は無理に生き残ろうとせず、4ターン目に撃破すると良い。

各属性ごとの攻略方法

火属性の試験の攻略

難易度 敵のHP 推奨カード平均レベル 獲得可能な最高ランク
EASY 15000 20〜 B
NORMAL 34000 30〜 A
HARD 73000 50〜 SSS

水魔法をもつカードをメインに編成する

火属性の試験では「水」の属性をメインに編成し、「木」の編成は避けるのが理想。そのため、編成に入れるカードは「水・火・無」で固めるのがおすすめだ。

おすすめ編成例:実験着イデア中心の編成

編成するカード

オルト
(SR/バースト・ギア)

イデア
(SR/実験着)

オルト
(R/アーキタイプ・ギア)

トレイ
(SR/実験着)

リリア
(SR/実験着)

火属性の試験の攻略とおすすめキャラ編成

木属性の試験の攻略

難易度 敵のHP 推奨カード平均レベル 獲得可能な最高ランク
EASY 18000 20〜 B
NORMAL 38000 30〜 S
HARD 80000 50〜 SSS

火の魔法をもつカードをメインに編成する

木属性の試験では、木に強い火属性の技持ちカードを多く編成しよう。水属性が少ないカードで編成すれば受けるダメージを減らせるため、「木・火」を多く編成するのがおすすめ。「木・火」がなければ「無」を編成してカバーしよう。

5ターン制限の編成例:寮服リドルとルーク中心の編成

編成するカード

リドル
(SSR/寮服)

アズール
(SR/実験着)

ルーク
(SSR/寮服)

エペル
(SR/式典服)

ケイト
(SSR/寮服)

木属性の試験の攻略とおすすめ編成

水属性の試験の攻略

難易度 敵のHP 推奨カード平均レベル 獲得可能な最高ランク
EASY 15000 20〜 B
NORMAL 32000 30〜 A
HARD 81000 50〜 SSS

木の魔法をもつカードをメインに編成する

水属性の試験では、水に強い木属性の技をもつカードを多く編成しよう。また、火属性を少なめに編成すれば、受けるダメージを減らせるので、なるべく「木・水」の編成がおすすめ。「木・水」がなければ「無」でカバーしよう。

ベーシックの編成例:ダブルレオナを中心にした編成

編成するカード

レオナ
(SSR/寮服)

レオナ
(SSR/ガラクチュール)

カリム
(SSR/寮服)

ジャミル
(SR/式典服)

ヴィル
(R/運動着)

ディフェンスの編成例:トレイとケイト中心の編成

編成するカード

レオナ
(SSR/寮服)

ヴィル
(SR/実験着)

イデア
(R/スケアリー・ドレス)

トレイ
(SSR/寮服)

ケイト
(SSR/スケアリー・ドレス)

水属性の試験の攻略とおすすめキャラ編成

無属性の試験の攻略

自身の編成と敵HPを見比べ難易度を決める

難易度 敵のHP 推奨カード平均レベル 獲得可能な最高ランク
EASY 16000 20〜 B
NORMAL 33000 30〜 A
HARD 71000 50〜 SSS

まずは挑戦する難易度を決めよう。自身のパーティの合計HPと近い難易度から始めるといい。攻略班では合計HPが34002、カード平均レベルが43の編成で、NORMALでランクDを獲得できた。

寮服トレイを中心にした編成

おすすめ編成例

トレイ
(SSR/寮服)

ケイト
(SR/実験着)

ジャック
(SR/スケアリー・ドレス)

イデア
(SR/実験着)

オルト
(SR/バースト・ギア)

無属性の試験の攻略とおすすめキャラ編成

全属性の試験の攻略

難易度 敵のHP 推奨カード平均レベル 獲得可能な最高ランク
EASY 19000 20〜 B
NORMAL 40000 30〜 A
HARD 84000 50〜 SSS

3属性まんべんなく+無属性×2が理想

全属性の試験では、敵は4つの属性(火・水・木・無)をまんべんなく使ってくる。そのため、火・水・木の魔法をまんべんなく編成のうえ、無属性の魔法は2枚あると戦いやすい。

おすすめ編成例:SSR1枚で挑む編成

おすすめ編成例

オルト
(SR/バースト・ギア)

イデア
(SR/実験着)

ケイト
(SSR/寮服)

トレイ
(SR/式典服)

ヴィル
(SR/実験着)

全属性の試験の攻略とおすすめ編成


攻略ガイド一覧