神ゲー攻略からイチオシ記事を紹介!
5章「美貌の圧制者」の攻略チャート
ストーリー攻略チャート
キャラクター一覧|人気キャラ投票実施中!
ガチャ情報一覧

【ツイステ】 闇落ちリドル戦の攻略のコツとおすすめ編成

更新日時

ツイステッドワンダーランド(ツイステ)1章24話「暴走プリーフェクト!」の闇落ちリドル戦の攻略のコツとおすすめ編成をご紹介!闇落ち(闇堕ち)リドルに勝てない時の対処法や、オーバーブロット(オバブロ)の解説も記載しているので、ツイステ攻略の参考にどうぞ。

ツイステ_リドル戦の攻略のコツとおすすめ編成

©Disney. Published by Aniplex

闇落ちリドルの攻略情報とステータス

闇落ちリドルの攻略情報とステータス

闇落ちリドルの攻略情報

推奨カード平均レベル 11〜
おすすめ属性 水
避けるべき属性 木

闇落ちリドルのステータス

HP 21000
特殊能力 なし
闇落ちリドルが使う属性 火火・水

1章「真紅の暴君」の攻略チャート

闇落ちリドル戦攻略のコツ

水属性の技を持つキャラを多く編成する

ツイステ_水属性の技を持つキャラを多く編成する

闇落ちリドルの弱点は水属性のため、水属性の技を使えるキャラを多く編成しよう。おすすめはSRリドル、SRレオナ、SRフロイドなどだ。

もし水属性のキャラを持っていなければ、Rキャラでも良いのでショップでマドル(お金)を消費して買おう。マドル(お金)はストーリー攻略やリズミックで簡単に入手できるので、ケチらなくていい。その際、すでに持っているキャラカードとバディが発生するカードを買うのがおすすめだ。

3ターン目の後攻には水属性を出す

ツイステ_3ターン目の後攻には水属性を出す

闇落ちリドルは、3ターン目に必ず「女王の激昂[III]」という3連撃を行う。3連撃を苦手属性で受けると、3連撃とも1.5倍のダメージを受けて不利になる。そのため、3ターン目の後攻には水属性を出し、ダメージを軽減しよう。

木属性はなるべく水属性のターンに出す

ツイステ_木属性はなるべく水属性のターンに出す

火に対して不利な木属性をどうしても出さなければならない場合は、相手のカードを予測し、水属性が出るターンに出そう。敵のカードは、画面左の「ENEMY'S CHOICE」の下部で予測できる。

「ATK UP」ボーナスを優先して編成する

24話「暴走プリーフェクト!」で闇落ちリドルと戦う際、バディボーナスは「ATK UP」を優先するといい。HPを0にすることが勝利条件のため、攻撃力を上げて相手のHPを大幅に削ろう。

21話のリドルは「HP UP」ボーナスを優先

21話「無鉄砲デュエル!」でリドルと戦う際、バディボーナスは「HP UP」を優先しよう。21話のバトルは5ターン耐久バトルなので相手を倒す必要はなく、こちらのHPが回復すれば勝てる可能性が格段に上がるのだ。

闇落ちリドル戦の攻略動画とポイント

攻略のポイント
3ターン目後攻に水属性を出す
木属性を出す場合は水属性のターンに出す
おすすめ編成例 フレンド枠
デュース
デュース
(SSR/寮服)
オルト
オルト
(R/アーキタイプ・ギア)
ケイト
ケイト
(SR/実験着)
イデア
イデア
(SR/実験着)
グリム
グリム

動画では、火属性が多い闇落ちリドルに対抗できるよう、水属性のカードを多めに編成した。やむなく木属性を編成する場合は、リドルが水属性を出すターンか、水属性が出る可能性が高いターンに出すといい。

さらに、闇落ちリドルの3ターン目後攻に水属性のカードを出し、ダメージを軽減した。水属性が足りない場合は、等倍ダメージの火属性を編成してもいい。

闇落ちリドル戦のおすすめ編成例

水属性と他属性のバランスが良い編成

おすすめ編成例1
リドル
リドル
レオナ
レオナ
アズール
アズール
カリム
カリム
デュース
デュース
バディボーナス
なし

おすすめ編成の1つ目は、水属性と他属性をバランス良く持つ組み合わせを編成したパーティ。バディボーナスは得られないものの、相手のダメージを軽減しつつ水属性で攻撃するバランスを持つ。

水属性重視で弱点はボーナスでカバーする編成

おすすめ編成2
レオナ
レオナ
オルト
オルト
イデア
イデア
リドル
リドル
イデア
イデア
バディボーナス
HP UP ATK UP(中) HP UP(小) ATK UP(中)

おすすめ編成の2つ目は、とにかく闇落ちリドルの弱点である水属性に特化した編成。ただしバディボーナスは4つ発動しており、パーティの弱点もカバーする編成だ。

闇落ちリドル戦のおすすめキャラ

カード名 おすすめ理由
アズール
アズール
(SSR/寮服)
水属性2枚持ちリドルと同時編成でデュオ魔法発動(リドルは式典服を推奨)
所持していなければフレンド枠で高レベルを借りることを推奨
デュース
デュース
(SSR/寮服)
有利属性を持つダメージUP(小)を持つ
カリム
カリム
(SSR/寮服)
水属性ダメージUP(小)(味方選択/1T)のバフを持つ
イデア
イデア
(SR/実験着)
水属性2枚持ちダメージUP(小)を持つ
リドル
リドル
(SR/式典服)
ATK UP(中)を持つデュース(SSR/寮服)とのデュオ魔法ペアで、かつ弱点属性を持たない
エース
エース
(SR/実験着)
デュース(SSR/寮服)とのデュオ魔法ペアで、かつ弱点属性を持たない
ラギー
ラギー
(SR/実験着)
弱点属性を持たないATK UP(中)を持つ
オルト
オルト
(R/アーキタイプ・ギア)
水属性2枚持ちイデアと編成すればATK UP(中)のバディボーナスが付く(イデアは実験着を推奨)
アズール
アズール
(R/制服)
弱点属性を持たないATK UP(小)を持つ
ジャミル
ジャミル
(R/制服)
ATK UP(小)を持つカリム(SSR/寮服)とのデュオ魔法ペアで、かつ弱点属性を持たない

上記のキャラ以外でも「水属性」か「火属性」で、育成済みのキャラ(Lv11〜推奨)がいれば編成候補となる。さらに「バフ持ち」や「ATK UP」のバディボーナスが付く編成ならよりおすすめだ。

闇落ちリドル戦で勝てない時の対処法

キャラカードを魔法史の授業で強化する

ツイステ_「魔法史」の授業を受ける

闇落ちリドル戦で勝てない場合は、月並みだがバトルで使うキャラカードを魔法史の授業で強化しよう。経験値アップアイテム「飛躍のマカロン」を使った上で、魔法史を「ループ機能」で周回すれば、さらに効率よく強化可能だ。

授業で入手する「開花の蜜」も使おう

魔法史を受けると入手できる「開花の蜜」は、HOME画面の「CARD」をタップし、カードレベルを選択すれば使える。好きなキャラをピンポイントで強化できるので、リドル戦で必ず使うキャラを集中的にレベルアップしよう。

水属性のカードをショップで購入する

どうしても水属性のキャラカードが手元になければ、ショップ(購買部)でマドルを消費し、Rキャラカードを購入しよう。その際、すでに持っているカードとバディボーナスが発動するカードを買うのがおすすめだ。

デュオ魔法のペアを編成する

デュオ魔法のペアと一緒に編成する

「デュオ魔法」とは、SSRキャラと特定のペアを編成すると発動する魔法で、強力なので戦況を左右する。そのためどうしてもアズールに勝てない場合は「デュオ魔法」のペアを編成しよう。

ペアのカードがないなら購入もおすすめ

手持ちのSSRキャラカードのデュオ魔法ペアを所持していない場合は、ショップでR(制服)カードを購入するのもおすすめ。デュオ魔法のペアの1つは必ずSSRでなければならないが、もう1つのレアリティは問わないので、ペアの相手カードがなければショップで買おう。

バディボーナスが発動する編成にする

闇落ちリドルに勝てない場合、パーティ編成を見直すのもポイントだ。バディボーナスがより多く発動する組み合わせにすれば戦況は大きく変わる。特に耐久戦である21話は「HP UP」が発動すれば楽に勝てるので、バディボーナスが発動する組み合わせにしよう。

闇落ちリドルの解説

ネタバレを含む記事です
以下のコンテンツはツイステのストーリーのネタバレを含みます。閲覧の際はご注意ください。

赤黒いドレスを纏ったリドルの異形の姿

闇落ちリドル

「闇落ち(闇堕ち)リドル」とは、リドルの魔力が暴走(オーバーブロット)した結果、異形と化した姿のこと。リドルは反旗を翻したエースとデュースたちに罰を与えようとしたが、トレイのユニーク魔法で止められる。自身の生き方を否定されたことで、怒りに囚われたリドルはついに暴走してしまった。

リドルの背後にハートの女王の化身が現れる

オーバーブロットの化身

バトルパートでは、リドルの背後にハートの女王を連想させるモンスターが現れた。化身はリドルと同様に継ぎ接ぎだらけのドレスをまとい、手にはバラの木を持っている。ハートの女王の化身は、リドルが怒りをぶつけるかのように、バラの木を主人公たちに叩きつけて攻撃を仕掛けてきた。

自分の生き方を否定されたことが引き金となった

リドルの過去

リドルがオーバーブロット(闇落ち/闇堕ち)した理由は、母親のしつけに従って生きてきた自分のやり方を否定されたことによる怒りのようだ。リドルは厳しい母親に育てられたため、「徹底的にルールを守り、管理することが正しい」と思い込んでしまう。

そして、リドルの寮長としての姿は、自身が母から受けてきた苦行をハーツラビュル寮生に押し付ける形となっていた。「母の教えを守るボクこそが正しい」と信じるリドルの行動によって、エースとデュースは決闘を申し込み、さらにはリドルのオーバーブロット事件が起こるきっかけともなった。


ボス一覧