【ツイステ】 ハロウィン2021「エンドレスハロウィンナイト」の元ネタ・考察まとめ

最終更新日
編集者
ツイステ攻略班

ツイステッドワンダーランド(ツイステ)のハロウィン2021「スケアリー・モンスターズ!~Endless halloween night~」の元ネタ・考察まとめをご紹介!関係性がありそうな作品やストーリーの考察などを掲載しているので、参考にどうぞ。

©Disney. Published by Aniplex

ハロウィンイベント関連記事

ツイチャン
放送内容

ハロウィン
2021攻略

ミッション&ショップ情報

イベントの
元ネタ・考察
ハロウィンガチャ詳細記事

リドル&ラギー
PU

ルーク&トレイ
PU

シルバー&レオナ
PU
ハロウィンガチャ排出カード性能記事一覧

リドル

ルーク

シルバー

ラギー

トレイ

レオナ
配布カード性能記事一覧

セベク

オルト

フロイド

ジャミル

SRエース

エンドレスハロウィンナイトの元ネタ

ナイトメア・ビフォア・クリスマス

ナイトメア・ビフォア・クリスマスは作中で主人公の「ジャック・スケリントン」がハロウィン・タウンでクリスマスを催すためにサンタを誘拐してきたり、主人公のジャックが誘拐してきたサンタに成り代わったりする。エンドレスハロウィンも異空間でゴーストが失踪した生徒達に憑依し、生徒に成り代わっている点が共通している。

また、1章13話にて初登場した「異空間 虚ろな墓地」の様子は、ナイトメア・ビフォア・クリスマスで登場する丘に似ている。虚ろな墓地以外の場所も非常にナイトメア・ビフォア・クリスマスを想起させる世界観になっているため、参考にしていると推察できる。

タワーオブテラー

タイトル画面や「生徒達が謎の失踪を遂げる」という点は、タワーオブテラーを想起させる。タワーオブテラーも「ハイタワー三世が呪いの偶像のお披露目パーティーを催すが、偶像の呪いによってハイタワー三世が乗ったエレベーターが落下し、エレベーターに乗っていた筈の三世は失踪してしまった」というストーリーである。

オープニングタイトルで緑の稲光が走ったり、女性の悲鳴が聞こえるが、タワーオブテラーでも緑色の光やハイタワー三世の悲鳴が聞こえるといった演出が見られる。稲光の色味もかなり似ているため、タワテラをイメージして作成された可能性は大いにある。

ホーンテッドマンション

タイトル画面のBGM序盤はホーンテッドマンションを想起させるような曲調になっている。タイトル以外のストーリー内のBGMや端々の演出も、かなりホーンテッドマンションを意識しているのではないかと感じる要素が多く、思わずニヤリとしてしまう。

ミステリアス・マスカレード

2009年~2010年にディズニー・シーで開催されたハロウィンショーである。ショーの始まり、ツイステのタイトル画面のBGMは途中から曲調が変化して3拍子になるが、3拍子になった部分の曲は進行役を務めるミケーレとカミーラが登場する場面の音楽に非常に似ている。

ウェルカム・トゥ・スプーキーヴィル

物語の序盤は、2010年~2012年にディズニーランドで開催されたハロウィンパレード「ウェルカム・トゥ・スプーキーヴィル」を想起させる。スプーキーヴィルは「おばけが住むと言われるハロウィーンストリートからミッキーにパーティーの招待状が届き、ミッキーと仲間達はドレスアップして出かけて行く」という内容のショーであり、序盤でゴーストの住む世界から招待状が届くという点が共通している。

美女と野獣

1章で「輝石の国」に伝わる古い魔法道具「人見の鏡」の話をバルガスが語ってくれるが、語られた内容や鏡の画像を見るに、元ネタは美女と野獣の作中で登場した鏡であると推察できる。輝石の国では、伝説として語り継がれているアイテムであるとのこと。

ムーラン

3章で「幽玄の渓谷」に辿り着いたジャミルとシルバーが渓谷内を進みながら会話しているシーンで、シルバーが話している逸話の内容が完全に「ムーラン」である。シルバーは幼い頃、ムーランの逸話を耳にし、大いに影響を受けたとのこと。

ピーターパン

3章で「呪われた廃村」に辿り着いたリドル、ラギー、オルトが村の内部を探索しながら会話していた際に登場した「お髭船長の冒険」は、ピーターパンが元ネタである。2020年のスケモンでサバナクロー寮の装飾関連の話のくだりで触れられていたが、今回はオルトが話題を振っていた。

ジャングル・ブック

3章で「眠らずの城」に辿り着いたトレイ、ルーク、セベクがゴースト達からの情報収集を行いつつ会話していた際、セベクに疑いをかけられたルークが釈明に用いた内容がジャングル・ブックであった。ジャングル・ブックの主人公モーグリはおかっぱ頭の少年であり、モーグリが漁師になる前に殺そうとする虎のシア・カーンが出てくる点も一致している。

ジャングルクルーズ

3章で「禁断の研究室」に辿り着いたフロイド、エース、レオナが研究室内部で丸と四角のボタンが付いたカチカチと鳴る箱を発見し、レオナが緊迫した様子で箱について説明するくだりの内容は、映画『ジャングルクルーズ』が元ネタと推察。ジャングルクルーズも船での移動や呪いによる石化などが印象的なストーリである。

ラーヤと龍の王国

ルークが語った「代々子孫を守る龍の話」というのは、おそらく『ラーヤと龍の王国』が元ネタであると推察。『ラーヤと龍の王国』は東南アジアが舞台の作品で、龍と人間が調和を保ちながら暮らす「クマンドラ」に脅威が迫った時、龍が民を守るために自分を犠牲にする。

ふしぎの国のアリス

水に濡れたリドルが服を乾かすために海の中で6時間走り回り、歌を口ずさむという奇行に走ったとフロイドが語っていた。この一連の話題は『不思議の国のアリス』に登場する『コーカス・レース』のシーンが元ネタである。

アリスも全身ずぶ濡れの状態で小島に上陸し、服を乾かすために『コーカス・レース』に参加して、ぐるぐると走り続ける。コーカス・レースのシーンで歌われる歌も「回って回って回るのさ」といったワードが登場するため、その点も一致している。

ライオンキング

レオナが語った百獣の王がハイエナと共に未来への希望を歌ったという逸話の元ネタは、『ライオンキング』のスカーが『準備をしておけ』を歌うシーンから来ている。口承で受け継がれているとのことなので、細部の歌詞などが変化している可能性はあるが、レオナがどんな曲を歌おうとしたのか気になる人は、調べてみると良い。

エンドレスハロウィンナイトの考察

パイレーツ・オブ・カリビアンか?

4章でオルトが語ったお髭船長の冒険の内容は、『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』のストーリーと一致している。パイレーツでも、ジャック・スパロウが幽霊船フライング・ダッチマン号の船長であるディヴィ・ジョーンズと戦う。ただし、ディヴィ・ジョーンズが登場するのは『デッドマンズ・チェスト』からで、幽霊というよりは「悪魔・悪霊」という印象が強いキャラである。

また、前回のスケモンでジャックが語ったお髭船長のストーリーなどは完全にピーターパンのフック船長であった。よって、「お髭船長」はフック船長とジャック・スパロウの二人が元ネタであると考えられる。

元ネタの元ネタが採用されている可能性が高い

『パイレーツ・オブ・カリビアン』に出てくるフライング・ダッチマン及びディヴィ・ジョーンズは、近代イギリスの伝承にある「フライング・ダッチマン」が元ネタである。「リヒャルト・ワーグナー」の有名なオペラで『さまよえるオランダ人』という作品があるが、これはまさに「フライング・ダッチマン」を題材にした作品だ。

ある時、アフリカ大陸南端近くの希望峰付近でオランダ人の船長が神を罵って呪われてしまう。船長の船「フライング・ダッチマン号」は幽霊船となり、船とともに幽霊になった船長はたった一人、永遠に海を彷徨い続けているという。

性格的に真逆のゴーストのみが憑依できる?

エースを筆頭に、ゴーストに憑依された生徒達はみな、普段の生徒達と正反対の言動を取っていた。最も顕著であったのはジャックやエペルであるが、エース、デュース、ジェイドも普段とは正反対であった点を考えると、憑依先の人間と真逆の性格を持つゴーストでなければ、憑依できないのではないだろうか。

キャラ 憑依前と憑依後の性格の変化

エース
【元の性格】
要領良く、無闇に他人に喧嘩を売らない【憑依後】
誰もが喧嘩を売りたがらないフロイドとレオナに喧嘩を売る

ジャック
【元の性格】
ガテン系で男らしく汗など気にしないタイプ【憑依後】
シルバーやジャミルに触れられ、汗が付いたと繊細な発言を繰り返す

ジェイド
【元の性格】
物腰丁寧だが腹黒く、腹に一物抱えているタイプ【憑依後】
ほぼフロイド

デュース
【元の性格】
真面目で勤勉な学生を目指す、男らしい元ヤン【憑依後】
怯えながらママ〜!と泣き叫ぶ

エペル
【元の性格】
強者やガチムチ男前に憧れる、見た目とギャップのある性格【憑依後】
ろりぽっぷちゃん♡

カリム
【元の性格】
大らかで人当たり良く、他人を敬う【憑依後】
他人を見下し、服従させたがる

アズール
【元の性格】
守銭奴で常に成り上がるための策を巡らせながらギラギラしている【憑依後】
圧倒的怠惰。ほぼイデア状態

イデア
【元の性格】
陰キャ、根暗、引きこもりがちなオタク【憑依後】
完全にレオナ

キャラクター一覧

ゴーストのいう「あのお方」とは?

候補1:イライザ姫

ゴスマリで登場したイライザ姫が、「お世話になったし、みんなを新居に正体しなくっちゃ!」という理由から再びNRCに混乱をもたらした可能性は大いに考えられる。実際、ゴスマリのエピローグでは「来年は元気なベイビーを見せに来るから楽しみにしててね」とにこやかに述べていた。

候補2:チャビー

ゴーストの口ぶりや、世界観にナイトメア・ビフォア・クリスマスの要素を感じる点を考慮すると、王女と結婚したチャピーも候補に入ってくる。既存キャラの中では、最もゴーストの王的なポジションを務めても違和感がなさそうなキャラである。

候補3:完全なる新キャラ

今回、連れ去られたNRC生がみなゴーストに憑依されている点を考えると、終盤でゴーストの王的なキャラが出てくる可能性も否めない。特に、今回は連れ去られた側にマレウスが居るため、王がマレウスに憑依しており、マレウスから引き剥がされた折に初登場するという可能性がある。


ハロウィンイベント関連記事

ツイチャン
放送内容

ハロウィン
2021攻略

ミッション&ショップ情報

イベントの
元ネタ・考察
ハロウィンガチャ詳細記事

リドル&ラギー
PU

ルーク&トレイ
PU

シルバー&レオナ
PU
ハロウィンガチャ排出カード性能記事一覧

リドル

ルーク

シルバー

ラギー

トレイ

レオナ
配布カード性能記事一覧

セベク

オルト

フロイド

ジャミル

SRエース