FGO
2部5.5章は12月4日(金)18:00開幕!
2部5.5章「地獄界曼陀羅 平安京」最新情報まとめ
★5蘆屋道満(リンボ)の最新情報と性能予想
★4渡辺綱の最新情報と性能予想
最新のガチャシミュレーター一覧

【FGO】クラス補正による攻撃力やスターの変化とNP獲得量

編集者
どでちゃん
更新日時

FGO(フェイトグランドオーダー)におけるクラス補正について紹介。攻撃補正値やスター発生率と集中度、攻撃によるクラス別NP獲得補正も掲載しているので、FGO(FateGO)攻略の参考にどうぞ。

クラス補正

©TYPE-MOON / FGO PROJECT

クラス補正とは

クラス補正が入るステータス
「攻撃力補正」ATK値に乗算される補正値
「スターの発生率」1ヒットあたりのスター発生率
「スター集中度」クリティカルスターが集中する確率の高さ

クラス補正とは、クラスごとに「攻撃力」や「スターの発生率」、「スターの集中度」に補正が入るシステムだ。クラス相性とは別枠で火力を伸ばす手助けになるため、戦略の一つとして覚えておこう。

クラス補正値一覧

クラス
ATK補正
スター発生率
スター集中度
セイバーセイバー ×1 10% 100%
アーチャーアーチャー ×0.95 8% 150%
ランサーランサー ×1.05 12% 90%
ライダーライダー ×1 9% 200%
キャスターキャスター ×0.9 11% 50%
アサシンアサシン ×0.9 25% 100%
バーサーカーバーサーカー ×1.1 5% 10%
ルーラールーラー ×1.1 10% 100%
アヴェンジャーアヴェンジャー ×1.1 6% 30%
ムーンキャンサームーンキャンサー ×1 15% 50%
アルターエゴアルターエゴ ×1 10% 100%
フォーリナーフォーリナー ×1 15% 150%
シールダーシールダー ×1 10% 100%

クラス補正:攻撃補正について

補正値によってダメージが変動する

攻撃補正 攻撃補正
▲ほぼ同攻撃力状態での比較、補正は左0.9倍/右1.1倍だ。

攻撃補正とは、サーヴァントのATK値へクラスごとに決まった数値が乗算され、実際の攻撃力に影響する補正である。そのため同じ攻撃値であっても、クラス補正によって与えるダメージが異なる。高ければ高いほど優秀な補正。

上昇補正付きのクラスはアタッカー向き

攻撃力に上昇補正が入るクラスは、火力を伸ばしやすいためアタッカーに向いている。上昇補正はバーサーカー、ルーラー、アヴェンジャーが同率1位の1.1倍で、続いてランサーが1.05倍である。

特にバーサーカー、アヴェンジャーは基礎ATKの高いサーヴァントが多く、恩恵も大きい。アタッカーを務める上で、非常に強力な補正だ。

下方修正されるクラスはスキルや礼装でカバーしよう

攻撃力に下方修正が入るクラスは、スキルや礼装を用いて攻撃力をカバーしよう。下方修正はキャスターとアサシンが0.9倍、アーチャーに0.95倍の補正が入り、ダメージが増加しにくい。

また、所持スキルの都合で火力を出しにくいサーヴァントもいる。アタッカーとしての運用だけでなく、サポートや星出し要員としての運用も視野に入れ戦略を広げよう。

攻撃力の補正値一覧

攻撃力補正 対象クラス
1.1倍 バーサーカールーラーアヴェンジャー
1.05倍 ランサー
変動なし セイバーライダー
0.95倍 アーチャー
0.9倍 キャスターアサシン

クラス補正:スター発生率について

攻撃時のスター獲得量が増える

スター発生率
▲1ヒットあたりにスター発生率がかかる

スター発生率は、1ヒットあたりどれだけスターを発生させるか、という確率に影響する。スター発生率が高いほどスターを多く算出するが、ただし、最終的なスターの数は、ヒット数やカードの性能、スキルなども影響する。

ヒット数の方が影響は大きい

スター発生率は攻撃1ヒットごとの確率のため、ヒット数が多いほどスターを稼ぎやすい。また、ヒット数が同じであっても、一般的にアーツやバスターの稼ぐスターの数はクイックに劣る。

スター発生率はアサシンがトップ

スター発生率は、ほかのクラスを圧倒しアサシンがトップ。25%というクラス補正に加えて、クラススキル「気配遮断」やヒット数が合わさり、50個近いスターを発生させることも可能になる。

バーサーカーはスターを生み出しにくい

ほかのクラスと比べ、スター発生率が低いバーサーカー。ヒット数の多い攻撃であっても、あまりスターを出すことがなく、補助役としては不向き。アヴェンジャーも発生率が低く、ヒット数に対しての獲得量は控えめ。

スター発生量の補正値一覧

スター発生率 対象クラス
25% アサシン
15% ムーンキャンサーフォーリナー
12% ランサー
11% キャスター
10% セイバールーラーアルターエゴシールダー
9% ライダー
8% アーチャー
6% アヴェンジャー
5% バーサーカー

クラス補正:スター集中度について

補正が高いほどスター配分が増える

スター集中度
▲集中度に偏りのある1人へスターが集まる。

スター集中度は、数値が高いほど攻撃前にスターを集め、クリティカルを出しやすくなる。スター1個あたりのクリティカル発生率は10%であり、10個配られた場合は100%クリティカルが発生する。

パーティ内の補正値が近いと分散する

集中度が同じクラスや近いクラスのみで編成している場合は、スターが分散しクリティカルを狙いにくい。クリティカルを狙うサーヴァントには集中度の偏りを意識して、スター集中系効果を持つスキルや礼装を使おう。

スター集中度はライダーがトップ

スター集中度はライダークラスがトップで、200%と平均の倍に匹敵する集中度を持つ。ほかのクラスと同時に戦闘した場合、真っ先にスターを集め、クリティカルを出しやすい。ただし、サポート型ライダーも、スターを集めてしまうので、編成時には注意が必要だ。

バーサーカーはスター集中度も低い

スター発生量と同じく、スター集中度もバーサーカーが最下位の10%である。平均との差が凄まじく、並大抵の礼装効果では補う事も出来ない。また、アヴェンジャー、キャスター、ムーンキャンサーも低く、狙ってクリティカルを出すには相応の集中アップ効果を付与する必要がある。

スター集中度の補正値一覧

攻撃力補正 対象クラス
200% ライダー
150% アーチャーフォーリナー
100% セイバーアサシンルーラーアルターエゴシールダー
90% ランサー
50% キャスタームーンキャンサー
30% アヴェンジャー
10% バーサーカー

NPに関するクラス補正

被ダメ時のNP獲得量はクラスごとに異なる

サーヴァントがダメージを受けた際に獲得するNP量にも、クラスごとの差がある。ターゲット集中スキルとダメージカットや無敵で敵の攻撃を受け、NPを多く獲得する戦法もある。

クラス別被ダメ時NP獲得量

被弾時NP獲得量 対象クラスとサーヴァント
1hitあたり5% アヴェンジャーバーサーカー
1hitあたり4% ランサーアサシンアルターエゴ
1hitあたり3% ほかクラス
1hitあたり1% アストルフォアストルフォ(剣)

敵クラスによってNP獲得量に補正が入る

攻撃を与えるエネミーのクラスによって、NPの獲得量にわずかに差が生じる。NPの獲得量は、サーヴァントごとの性能やスキルなどに着目されがちだが、覚えておいて損はない。

敵クラス別NP獲得補正値

NP補正値 攻撃対象の敵クラス
×1.2 キャスター
×1.1 ライダー
×1.0 ほかクラス
×0.9 アサシン
×0.8 バーサーカー

関連リンク

初心者

初心者にオススメの攻略記事まとめ
サーヴァントの強化 霊基再臨とは
聖杯転臨とは フレンドについて
スターについて QPの集め方と使い方
遊び方とバトルのコツ オススメ経験値周回
素材一覧と効率的な集め方 曜日クエスト一覧
概念礼装について コマンドコードの使い方
マナプリズムの集め方と使い方 フレンドポイントの集め方
クラス補正について

オススメの記事