FGO(フェイトグランドオーダー)
キングプロテアピックアップ開催中!
復刻CCCコラボの攻略情報はこちら
キングプロテアの評価はこちら
▶︎開催中のガチャシミュレーターはこちら

2部4章ユガ・クシェートラ「黒き最後の神」攻略と最新情報まとめ

編集者
yanu
更新日時

FGO(Fate/GrandOrder)のストーリークエスト2部4章ユガ・クシェートラ「黒き最後の神(ロストベルトNo4創世滅亡輪廻ユガ・クシェートラ)」の攻略情報を紹介。ユガのストーリー展開や登場するキャラについての考察も掲載しているので、FGO(FateGO)2部4章ユガ攻略の参考にどうぞ。

黒き最後の神

©TYPE-MOON / FGO PROJECT

2部4章ユガクシェートラの概要

4章アイキャッチ
4章情報概要
ストーリー名 創世滅亡輪廻ユガ・クシェートラ
「黒き最後の神」
異聞深度 A
時代/舞台 ??.11,900/インド
配信日 2019年春?
参加条件 2部3章「人智統合真国シン」クリア
シナリオ総数 不明
クリア報酬 不明
新規素材 不明
クリプター スカンジナビア・ペペロンチーノスカンジナビア・ペペロンチーノ
新規登場
サーヴァント
2部のバーサーカー?
キャスター・リンボ?

章題「ユガ・クシェートラ」とは?

「ユガ」とは輪廻の概念

ユガは4つの時代の周期のことを指し、章題における「輪廻」の概念と結びつけられる。サイクルの流れでは後半になるにつれて、人間が堕落し、神々による粛清が繰り返されるというもの。

時代ごとに数字が割り当てられている

時代の名前はサイクル順に「クリタ・ユガ」「トレータ・ユガ」「ドヴァーパラ・ユガ」「カリ・ユガ」と呼ばれる。それぞれクリタ(4)、トレータ(3)、ドヴァーパラ(2)、カリ(1)と数字が割り当てられている。

インド賭博に由来するもので、少ない値ほど悪い数字とされていが、見ようによっては終末のカウントダウンとも受け取れる。

各ユガの特徴

サイクル内の各時代の特徴
クリタ・ユガ
4,800年間
完全なる善の世界
悪も嘘もない世界
トレータ・ユガ
3,600年間
正義の1/4が失われる
ドヴァーパラ・ユガ
2,400年間
正義の1/2が失われる
カリ・ユガ
1,200年間
正義の3/4が失われる
全ての人が嘘つきになる
人々は短命になる
雨が降らず作物は実らない
ヴィシュヌの化身による粛清
再度クリタ・ユガから繰り返す

各時代の年数合計は12,000年となる。神々にとっての1年は人にとっての360年とされているため、ユガの1サイクルは人間の感覚で4,320,000年に相当する。

「クシェートラ」はクリシュナ関連?

クシェートラはアルジュナとクリシュナに関連深い土地として伝えられている。FGO内ではアルジュナの別人格としてクリシュナが存在しているため、アルジュナをはじめとしたインドサーヴァントが大きく絡んでくる可能性が高い。

これまでに判明している事実

章タイトルが判明

タイトル

2部3章シンの配信に伴い、続く4章の章題も判明した。章題は「創世滅亡輪廻ユガ・クシェートラ」。「創世」と「滅亡」の二律背反がテーマとなっている異聞帯ようだ。

4章はムーンセル絡み?

ムーンセル

4章のアイコンにはムーンセルイメージした模様が組み込まれているようにも見て取れるため、ムーンセル(Fate/EXTRA)がらみの展開になる可能性もある。

2部最初の異聞帯紹介において、タイトルの後ろに浮かんでいる立方体も、ムーンセルと酷似している。

インドは神話世界の異聞帯

膨張と収束を繰り返している

インドの異聞帯は神話世界になっており、シオンから「膨張と収束を繰り返している」という解説があった。章題にある「創世/滅亡/輪廻」という言葉がそのまま当てはまる世界のようだ。

11,900は西暦ではない?

年代の表記が「???11,900」と記載されているため、西暦という枠に収まっていない「神々による年表記」の可能性がある。つまり神々にとっての11,900年、滅亡直前の「カリ・ユガ」が舞台と想定される。

厭らしい陰陽師がいる

リンボが登場する可能性が高い

2部アルターエゴ

3章進行中に「厭らしい陰陽師」がいるとコヤンスカヤが発言している。アルターエゴという特徴からCMで紹介された「キャスター・リンボ」がインドで登場する可能性が高い。

玉藻の宿敵は安倍晴明

コヤンスカヤ(=玉藻の前系)の宿敵に当たる陰陽師は、リンボではなく安倍晴明だ。コヤンスカヤが嫌悪を明確に表していることを考えると「陰陽師+アルターエゴ=リンボ」がミスリードで、安倍晴明が実装される可能性もある。

空想樹の名称が銀河に関連している

これまでの空想樹の名称「オロチ」「ソンブレロ」「メイオール」が全て、銀河に当てられた名前であると判明した。

空想樹の体内に銀河が存在している?

メイオール戦では、空想樹が裂けて中に銀河のような空間が存在しているのが確認できた。そのため、空想樹の体内には地球以外の銀河が内包されている可能性が指摘されている。

キャプテンも4章から冒険に参入

キャプテン

3章から登場しているシオンの召喚したサーヴァント「キャプテン」も、4章には主人公たちの冒険に参加する様子。真名も判明しておらずクラスも不明瞭だが、4章のピックアップで実装される可能性もある。

登場が予想されるキャラ

ペペロンチーノ

ペペロンチーノ

スカンジナビア・ペペロンチーノという偽名を持つフリーの魔術師。マリスビリーのスカウトでAチームに所属することになった経緯を考えると、芥ヒナコ同様に曲者である可能性が高い。

しかし、クリプター内では他者への気配りが上手なムードメイカーとして振舞っている。面倒見の良いお姉ちゃんといった印象だ。

異聞帯の王

異聞帯ごとに王が存在しているため、今回も時代や土地にちなんだ人物が王として登場する可能性が高い。

王はヴィシュヌ神?

最終的にカリ・ユガを終わらせる存在。カリ・ユガではヴィシュヌの化身が現れて、悪人や蛮族を滅ぼすとされている。

ヴィシュヌ化身「カルキ」の可能性もあり

カリ・ユガの終末に登場するヴィシュヌの化身「カルキ」が王として登場する可能性もある。主に有名なヴィシュヌの化身は10人ほどいる。FGOで実装済みの「ラーマ」も化身の一人だ。

ヴィシュヌの10化身
・マツヤ
・クールマ
・ヴィラーハ
・ナランシハ
・ヴァーマナ
・パラシュラーマ
ラーマ
・クリシュナ
ブッダ
・カルキ
※赤字はFate作品登場済みの人物

2部のバーサーカー

2部バーサーカー

絵師がpakoさん、声優が島崎信長さん、という特徴からアルジュナ関連のサーヴァントであると想定されている2部のバーサーカー。黒いイメージが特徴的であるため、アルジュナの別人格「クリシュナ(黒)」なのでは、という声が多い。

2部のバーサーカーCM

インド関連サーヴァント

神話系:アルジュナ・カルナ・ラーマ

インドに関連したサーヴァントも登場する可能性が高い。「アルジュナ」「カルナ」、インド王子の「ラーマ」や妻の「シータ」などはインド神話に因縁深いキャラであるため、登場する可能性が非常に高い。

ムーンセル関係サーヴァント

EXTRAのインド系:セイヴァーブッダ

ムーンセルが関係すると考えた場合、EXTARキャラの登場も予想できる。インドに関わりのあるサーヴァントならば「覚者(ブッダ/セイヴァー)」などが存在している。

BB・サクラファイブ

また、ムーンセルと切っても切り離せない「BB」や「サクラファイブ」などの登場も可能性として捨てきれない。「サクラファイブ」は解析情報で実装予定があるため、このタイミングで追加される可能性もある。

陰陽師関連サーヴァント

キャスター・リンボ

「厭らしい陰陽師」として真っ先に思い浮かぶキャラ。2部では異星の神に遣わされているサーヴァントの一人となっている様子。

安倍晴明

コヤンスカヤ(タマモヴィッチ)にとっての「厭らしい陰陽師」であると仮定した場合、リンボではなく「安倍晴明」が登場する可能性あり。


FGO_2部

2部ストーリー最新情報と各章考察はこちら

第2部クエスト一覧
第2部「SIN」
3章『シン』攻略
第2部「ゲッテルデメルング」
2章『ゲッテル』攻略
第2部『アナスタシア』
1章『アナスタシア』攻略
第2部『序』
『序』攻略
第1.5部クエスト一覧
セイレム
亜種4『セイレム』攻略
英霊剣豪七番勝負
亜種3『剣豪』攻略
アガルタ
亜種2『アガルタ』攻略
新宿
亜種1『新宿』攻略
第1部クエスト一覧
終章_ソロモン
『ソロモン』攻略
7章_バビロニア
『バビロニア』攻略
6章_キャメロット
『キャメロット』攻略
5章_北米
『北米』攻略
4章_ロンドン
『ロンドン』攻略
3章_オケアノス
『オケアノス』攻略
2章_セプテム
『セプテム』攻略
1章_オルレアン
『オルレアン』攻略
序章_冬木
『冬木』攻略

ストーリークエスト攻略一覧へ

オススメの記事