FGO
2部5.5章開幕直前&2200万DL記念開催中!
2部5.5章「地獄界曼陀羅 平安京」最新情報まとめ
強化クエスト攻略まとめ
2200万DL記念キャンペーン情報まとめ
最新のガチャシミュレーター一覧

【FGO】スターの効果とスターを集中させるコツ

編集者
iyoten
更新日時

FGO(フェイトグランドオーダー)のシステム「スター」の効果と仕組み・クラス補正についてまとめている。スター集中度の計算や、スターを集中させるスキルや宝具、礼装についてもまとめているので、スターの活用方法を知りたい人は参考にどうぞ。

スター

©TYPE-MOON / FGO PROJECT

スターの効果

クリティカル率を上昇させる

クリティカル

スターはカードのクリティカル発生率を上げる効果を持つ。1個あたりの発生確率上昇値は10%であり、10個配られた場合は確実にクリティカルが発生する。

50個を超えて獲得する意味はない

スター

スターは50個を超えて獲得する意味はない。カード1枚に付きスターは最大で10個配られるが、余った分を次のターンに持ち越されるわけでもないので、51個以上のスターは無駄となる。

スター発生の仕組み

攻撃で稼ぐ

攻撃ヒット時に発生する

スターは通常攻撃や宝具がエネミーにヒットした際に発生する。発生したスターは次のターンに配分されるので、スター発生から配分まではタイムラグが生じる。

クイックはスター発生率が高い

スター発生率画像

クイックは、バスターやアーツよりも多くスターを稼げるカードだ。ただし、クイック1stボーナスは効果量が低いため、1枚目にクイックを選択するのは悪手。スターをより多く稼ぎたい場合は、2〜3枚目にクイックを選択しよう。

クイックチェインでスターを10個獲得

クイックチェイン

クイックを3枚選ぶとクイックチェインが発動し、チェインボーナスでスターを10個獲得できる。クイックサーヴァントを中心とした、通称クイックパを組む際は、チェインを意識してカードを選択しよう。

ヒット数が高いほど稼げる

攻撃1ヒットごとにスターが発生するため、ヒット数が多いほどスターを稼ぎやすい。例えばギルガメッシュ(弓)は全ての攻撃が5ヒットするため、クイック以外の攻撃でもスターを稼ぎやすい。

なお、ヒット数が同じであっても、一般的にアーツやバスターの稼ぐ数はクイックに劣る。多段ヒットのアーツやバスターでスターを稼ぎたい時は、高倍率のスター発生率アップと併用するのがおすすめだ。

アサシンクラスはスターを稼ぎやすい

不夜城のアサシン「クイック攻撃」

クラススキル「気配遮断」やクラス補正でスター発生率が高いアサシンは、スターを稼ぎやすいクラスである。なお、クラススキル「気配遮断」を持たないアサシンもいるが、「気配遮断」のスター発生率アップは誤差レベルなので、保有せずともスター発生に影響は少ない。

スター集中度の仕組み

クラス毎にスターの集まりやすさが異なる

スター
▲クラス補正とクリティカル率の関係

クラス毎にスターの集まりやすさを表す数値、「スター集中度」が設定されている。スター集中度が高ければ高いほど、スターが集まりやすく、例えばライダーとバーサーカーを一緒に編成した場合、スター集中度が高いライダーにスターが集まりやすい。

クラス毎の基礎集中度一覧

基礎集中率 クラス
200% ライダー
150% アーチャーフォーリナー
100% セイバーアサシンシールダールーラーアルターエゴ
90% ランサー
50% キャスタームーンキャンサー
30% アヴェンジャー
10% バーサーカー

毎ターンランダムに補正が掛かる

スター
▲集中度が同じでもクリティカル率が異なる

毎ターン配布された5枚のカードそれぞれに、ランダムでスター集中度が加算される。加算される数値は「+50%、+20%、+20%、+0%、+0%」の5種類であり、同じ集中度のクラスやサーヴァントでもスターが偏る要因である。なお、ランダム加算の数値は、プレイヤーが操作できない。

スター分配期待値の計算方法

スター分配のプロセス

順番 行われる計算
1 配布カードにランダムでスター集中度が加算
2 クラス補正とランダム加算値が合算
3 5枚の合算値を合計し、1枚あたりの割合を計算
4 割合に応じてスターを分配
5 1枚のカードに10個配られた場合、上限に達したカードを除外
残った4枚のカードで再計算し、残スターが分配される

【1】各カードにスター集中度が加算

カード バーサーカーQ バーサーカーB キャスターA キャスターA キャスターB
カード
集中度
20% 20% 50% 0% 0%

スターが配られる前、各カードにランダムでスター集中度が加算される。仮に、バーサーカーのカードが2枚、キャスターのカードが3枚配られた時、バーサーカーに20%、キャスターに50%のスター集中度が加算されたとしよう。

【2】クラス補正とカード加算値を合算

カード バーサーカーQ バーサーカーB キャスターA キャスターA キャスターB
合算
集中度
30%
(20+10%)
30%
(20+10%)
100%
(50+50%)
50%
(0+50%)
50%
(0+50%)

カード加算値は、各クラスのスター集中度、いわゆるクラス補正と合算される。バーサーカーは10%、キャスターは50%がクラス補正だ。

【3】カード1枚あたりの割合を出す

カード バーサーカーQ バーサーカーB キャスターA キャスターA キャスターB
1枚辺り
の割合
12%
(30/260)
12%
(30/260)
38%
(100/260)
19%
(50/260)
19%
(50/260)

1枚のカードのスター集中度が、合計集中度の何割を占めているか割合を計算する。計算した数値は、1個のスターが何%の確率で配布されるかを示す。

例えば5枚のカードの合計値は260%。「バーサーカーQ」は30%なため、260%で割ると12%となる。したがって「バーサーカーQ」にスターが配られる確率は12%とわかる。

【4】割合に応じてスターを分配

カード バーサーカーQ バーサーカーB キャスターA キャスターA キャスターB
1枚辺り
の期待値
(20個中)
2.4個 2.4個 7.6個 3.8個 3.8個

各カードの確率を計算したら、実際にスターを分配する流れとなる。例えば20個のスターを獲得していた場合、「バーサーカーQ」にスターが配布される期待値は「20個×12%=2.4個」となり、2.4個のスターが配布されるのを期待できる

【5】カードを除外して再計算

カード バーサーカーQ バーサーカーB キャスターA キャスターA キャスターB
1枚辺り
の割合
(5枚中)
12%
(30/260)
12%
(30/260)
38%
(100/260)
19%
(50/260)
19%
(50/260)
1枚辺り
の割合
(4枚中)
19%
(30/160)
19%
(30/160)
× 31%
(50/160)
31%
(50/160)

1枚のカードに上限のスター10個が配られた場合は、上限カードを除いた4枚で再計算と再分配が行われる。スターの分配手順と期待値の算出方法は【4】と同じだ。

スター集中度アップ時の計算

無バフ スター集中度6000%アップ
スターの分配1 スターの分配2

スター集中度アップはクラス補正に関係する

スター集中度アップの計算式
クラス補正×(1+スター集中度アップ/100)

スター集中度アップ効果は、各サーヴァントのクラス補正に関係する。例えばバーサーカーのスター集中度が6000%アップになった場合、計算式は「10%×(1+6000/100)」となり、スター集中度は610%となる。

スター集中度が610%にもなれば、ライダーを一緒に編成してもスターを一極集中させられる。ただし、仮にスター集中度アップが800%の場合は90%止まりになるため、アサシンと同等に収まる。

スターを集中させるコツ

スキル・礼装で集中度を操作する

英雄の介添

スター集中系効果を持つスキルや礼装を使えば、特定のサーヴァントにスターを集めやすくなる。ただし、元のスター集中度が低いサーヴァントに、生半可なスター集中度アップをつけても効果は薄い。

仮にバーサーカーが別のクラスを組んだ時、スター集中度が低いバーサーカーにスターを偏らせたいなら、数千%以上のスター集中度アップが必要だ。高倍率のスター集中度アップを持つ、または付与できるサーヴァントを覚えて、効果的にスターを偏らせよう。

クラス混成で編成する

IMG_4182

スター集中度の異なるクラス同士で編成すれば、スターの配分を操作できる。集中度が高いアタッカーをキャスターなどの低いクラスで囲めば、アタッカーにスターを集めやすい。

また、アベンジャーやバーサーカーをサブアタッカーとし、メインアタッカーにスターを渡すのも手だ。クラス毎の集中度を確認し、スターを活用できる編成を見つけよう。

スターを溢れさせる

通常攻撃やクイックチェインでスターを溢れさせれば、スターの偏りを考慮する必要もない。クイック性能が優秀なサーヴァントを集めたクイックパなら、毎ターンスターを大量に用意できる。

また、クリティカルはスターの獲得数が2倍になるため、一度クリティカルが発生し始めれば、連続してクリティカルが発生する利点がある。一度クリティカルが途切れるとスター発生効率が下がるので、スターを補填できる礼装やスキルも考慮すると良い。

スター関連のスキル・宝具・礼装

スターを獲得するスキル

即時獲得

直感

「直感」などの即時スター獲得系のスキルは、使用したターンにスターを確保するため、1ターン目からクリティカルを狙うのに重宝する。また、クリティカル発生率が心許ない時のスター補充などにも向いている。

毎ターン獲得

啓示

「無辜の怪物」などの毎ターンスター獲得スキルは、次のターンから一定数を無条件で獲得し続ける。スキルを使用したターンにスターを獲得できないものの、配布カードなどに依存しないので、クリティカルを発生させ続けるのに向いている。

スター発生率上昇

出航の助言

スター発生率アップのスキルは、攻撃時のスター獲得数を増やす効果を持つ。ただし、スター発生率アップの倍率が低い、ヒット数が少ないと恩恵は薄い。

スターを獲得する宝具

エミヤ
▲多段ヒットの全体宝具はスターを稼ぎやすい

多段ヒットで獲得

通常攻撃と同様に、宝具もヒット時にスターが発生する。ヒットすればするほど獲得できるため、エネミー数の多いBattleで全体宝具を発動すれば、次のターンに確定クリティカルを狙えるほどになる。

宝具の追加効果で獲得

ドレイクや源頼光のように、宝具の追加効果でスターを獲得できるサーヴァントもいる。宝具の追加効果は、エネミー数に影響されない利点がある。

スターを獲得する礼装

毎ターン一定数獲得

2030年の欠片

スキルと同様に、毎ターンスターを獲得する礼装もある。スキルは効果が途切れるが、礼装であれば装備者が留まり続ける限り、永遠にスターを供給してくれる。

おすすめの毎ターンスター獲得礼装は「2030年の欠片」だ。1枚で8個(最大解放で10個)獲得するため、3騎に装備させれば毎ターン24個が保証される。

登場時効果で獲得

ゴールデン捕鯉魚図

登場時にしか効果を発揮しないが、戦闘開始時や「オーダーチェンジ」で場に出した時にクリティカルを狙う場合は、登場時スター獲得礼装が便利だ。

中長期戦であれば、安定してクリティカルを狙える毎ターンのスター獲得礼装がおすすめだが、短期戦であれば1ターン目からスターを獲得する「ゴールデン捕鯉魚図」や「聖女の教示」などに分がある。

スターを獲得するコマンドコード

攻撃時獲得

聖夜の極光

刻印したカードで攻撃する時に、一定数のスターを獲得するコマンドコードが存在する。攻撃しないと効果を発揮しないので、サーヴァントがよく使うカードに刻印しよう。

刻印するカードは、サーヴァントの運用にあわせて選ぶと良い。スターを稼ぎやすいクイックに刻印して長所を伸ばす、もしくはアーツやバスターに刻印してスターの稼ぎにくさを補うといった運用がある。

オススメの記事