FGO

【FGO】テスカトリポカの再臨画像とマテリアル情報

編集者
FGO攻略班
最終更新日
正月キャンペーン開催!ヤマトタケル実装!
ヤマトタケルの性能評価
福袋2024で引くべきガチャとおすすめキャラ
正月パネルミッションの攻略まとめ
全キャラ評価ランキング

『FGO(フェイトグランドオーダー)』のキャラ「テスカトリポカ」の霊基再臨画像とマテリアル情報を紹介。初期再臨から最終再臨までのセイントグラフ画像やバトルアイコン、バトル時のグラフィックも掲載しているので、見た目でサーヴァントを引く際などの参考にどうぞ。

テスカトリポカの再臨画像

©TYPE-MOON / FGO PROJECT

関連記事
テスカトリポカ
テスカトリポカ
▶︎評価とスキル優先度▶︎運用方法とおすすめ編成▶︎霊基再臨・マテリアル▶︎セリフ・ボイス一覧▶︎元ネタ・史実解説

霊基再臨画像一覧

第一段階 第二段階
テスカトリポカ霊基再臨1 テスカトリポカ霊基再臨2
第三段階 最終再臨
テスカトリポカ霊基再臨3 テスカトリポカ霊基再臨4
ジャガーマン
テスカトリポカ霊衣開放1
最終再臨(拡大)
最終再臨(拡大)

バトルアイコン画像一覧

第一段階 第二段階 第三段階 最終再臨
テスカトリポカバトルアイコン1 テスカトリポカバトルアイコン2 テスカトリポカバトルアイコン3 テスカトリポカバトルアイコン4
ジャガーマン
テスカトリポカ霊衣開放アイコン1

バトルキャラクター画像一覧

第一段階 第二段階 第三段階
テスカトリポカバトルグラフィック1 テスカトリポカバトルグラフィック2 テスカトリポカバトルグラフィック3
ジャガーマン
テスカトリポカ霊位開放グラフィック1

宝具演出

第2段階まで

第3段階

テスカトリポカ_宝具 テスカトリポカ_宝具
テスカトリポカ_宝具 テスカトリポカ_宝具

マテリアル情報一覧

キャラクター詳細
アステカ世界の地上において最も有力な神。
戦いと魔術、美と不和、夜と支配、嵐と疫病、犯罪とルール、幸運と不運、摂理と対立する二者、そして、その衝突から生まれる躍動を司る。

おお、偉大なるモヨコヤニ、
恐るべきイルウィカワ・トラルティクパケよ。
御身の名はテスカトリポカ。
万象を映す、黒き太陽の化身なり。
絆Lv1で開放
身長/体重:180cm・80kg
出典:アステカ神話
地域:中南米
属性:混沌・善  性別:男性

○動機・マスターへの態度
生存競争があるところに、喜んで参戦する。
ただしマスターに敬意は評さず、特別視もしない。
「英雄はいらない。欲しいのは戦士だけだ。
 誰もが戦士である世界だけだ」

○神話上のテスカトリポカ
世界に知られるイメージは異形の邪神、あるいはジャガーの姿をした残忍で気まぐれ、流血を好む悪神。
ただし原典では、力の化身であり、人が全力を尽くして生きる場を構築し、それを達成できるように助ける、若々しく怜悧な男性の姿をした偉大な神。
―――なお、トルテカの宰相ウェマクを陥れるために魅力的な女性に変身したエピソードやケツァル・コアトルを罠にかけるために老爺やクモに変身した伝承もある。
絆Lv2で開放
アステカ世界の地上において全能神として定義され、ある意味では北欧のオーディンとギリシャのゼウス、仏教における第六天魔王(マーラ)やキリスト教のサタン(ルシファー)がミックスされたような存在である。
これらの神(魔性)がいずれも物理世界では並ぶ者のない存在だが、運命より霊的な世界においては無敵などではなく、全能ではあれど限界がある点でも、よく似ている。

日本では名前だけが先行しているが、実際、テスカトリポカの神話エピソードは驚くほど少ない。
ギリシャ神話のように「人間的な」性格もなければ、
日本神話のように「その後の人間社会に続く痕跡」すらない。
テスカトリポカはどちらかというとシステム的な存在であり、この世のいずれの場所にも存在して争いを引き起こし、その争いの結果を定めることができる……という神のようだ。

ただしその結果を定める基準は明確ではなく、テスカトリポカ自身もその決定には関与しないと思われる。あくまでもダイスをふるだけ。
これは多くの神話に登場する運命神が、運命そのものを自らの意志でコントロールできないことに似ている。
絆Lv3で開放
自らが力を認めた者であればどれだけでも援助するが、力の程度を試すべく只人であれば死に至ることすら幸運と思えるような苛烈な試練を課すこともある。
逆に力を欲する者が自分に挑戦する機会を与えるため、夜闇の中を護衛も連れずに歩くことがあり、この時にテスカトリポカに挑んで勝った者は、その無上の援助を得られたという。
―――しかもこの時、テスカトリポカは自分であることがよく分かるように王のまとうような豪華な軍装で出歩き、戦いを挑まれたなら武器を使わず組み打ちのみで勝負を行ってくれるという。そしてテスカトリポカが(その時、どのような人格であろうとも)約束を破ることはない。

  ◆

まったく相手の意見を聞き入れない、残忍で冷酷な戦いの神、黒いテスカトリポカ。
戦う意志ある者であれば誰であれ対等に話をする炎と未来の神、赤いテスカトリポカ。
都市を守護し、休息を認め、ケツァル・コアトルをからかうのが大好きな楽園の神、青いテスカトリポカ。

といった三つの方向性がとくに理由もなく変化する、困った神格でもある。
絆Lv4で開放
○性格
外交的・行動的。
完璧主義で、やや皮肉屋。もちろん好戦的。
お喋り(語り)癖があり、相手にとって必要なこと(欠けていること)を雑談として忠告する癖がある。
他人に厳しい。自分には寛容(というか、性質がその場で変わるので自分に厳しいとやっていられない)。
根が悲観主義なのでまわりの空気を重くし、また、持ち前の運の無さ(より厳しい状況を呼び込む)のため、死神扱いされる。
冷淡、冷酷な性格だが、お喋り好きな面から、人を好きやすい(好かれやすい)。

「まず最悪の事態になる。耐えろ。勝ち抜け。
 その後に善いことがある。まあ、差し引きで言えば少しだけ、だがね」

たえず「戦いの種」を探しては、これが育ち、芽吹く事を楽しみにしている酷い人格。
その在り方は、二つの都市国家に武器を与え、いずれ起きる戦争を持ち望む武器商人のように見える。
そこに悪心はなく、テスカトリポカにとっては生存競争こそ秩序……世界を安定させて回す善だと捉えている。

十九世紀~二十一世紀の戦争を気に入り、2017年までの近代兵器(個人兵装)を「いいオモチャ」として愛でている。
(征服者たちの銃器にアステカ帝国が敗れた事も評価している)
しかし使うのはド下手。結局のところは野蛮な手斧、ジャガー化した爪、超自然現象を武器にして戦う事に。本人、そこを指摘されるととても傷つく。
「日本人は嫌いじゃない。まわりくどさがハンパない。
『好きこそものの上手なれ』、なんて、こんな残酷な言葉があるか?」
絆Lv5で開放
○戦士の司:A
ティトラカワン。
意味は『我々を奴隷として司る者』。
契約者に死を恐れぬ戦いを強いる。テスカトリポカと契約した者に自然死は許されず、戦いの中でその命を終えなくてはならない。
その苛烈な誓約の代償として、契約者は自身の限界を超える活力を与えられる。
マスタースキルの能力を向上させる。

○闘争のカリスマ:A
ケツァル・コアトルが生命体の『善性』『営み』を育み、奮起させるカリスマであるように、そのライバルとなるテスカトリポカも生命体を扇動するカリスマを持っている。
『悪性』『闘争』を沸騰させる攻撃的なカリスマ。
致命傷を受けてもなお戦う、あるいは、死してなお戦おうとする戦士を、テスカトリポカは優遇する。

○黒い太陽:EX
黒曜石に映し出される太陽。未来を見通し、万象の流れを操作する、全能神の権能。
“この世にないもの”は操れないが、“この世にあるもの”であれば自在に組み替える事ができる。
たとえば『勝利し、敗北する王国』があるとしたら、『敗北し、勝利する王国』と、起きる出来事の順序を変え、結論を変える事も可能。
ただし、あまりにも摂理に反した操作はテスカトリポカ本人にもペナルティを与える事になる。
右脚の黒曜石に太陽が映らなくなった時、テスカトリポカの神格は失われ、ただの“人間”になってしまう。

○山の心臓:A
テペヨロトル。ジャガーたちの王を示す名であり、また、巨大なジャガーの名でもある。
神話において、太陽と化したケツァル・コアトルの腰骨を砕いて地に叩き落とし、世界中に満ち溢れていた巨人たちをすべて喰い殺したテスカトリポカのジャガー形態にして、その外部に投影される魂の一部。
絆Lv5で開放
『第一の太陽』
ランク:B 種別:対界宝具
レンジ:0~999 最大捕捉:999人

ファーストサン・シバルバー。
本来なら『ナウイ・オセロトル』、あるいは『ミクトラン・シバルバー』が正しいが、現代かぶれしたテスカトリポカによってこのように。
マヤ神話の冥界シバルバーと同一視される地下冥界ミクトラン、休息の楽園ミクトランパの支配者たるテスカトリポカの権能を、彼が太陽として天空にあった第一の太陽の時代(ナウイ・オセロトル)の力と融合させたもの。
地上のあらゆる物理法則を支配し、万物を自身の定めた摂理に従わせるが、自身もその摂理の影響下に縛られてしまう。
―――すでに滅び去った巨人たちが闊歩する第一の太陽の時代は、冥界にその痕跡を残すのみであるため、その力を取り戻す、または地上に現出させるということは、必然的に冥界そのものを地上に出現させるに等しい。

  ◆

中南米は過酷な土地であり、そこで人類は幾度とないカタストロフを迎えたと推測されている。
このため、人々は今の世界が最初から存在する世界では無く、自分たち以前にかつて世界が存在するという信仰を強く持った。
逆に言えば、世界が滅びようとも何かの因子は必ず存続し、次の世界へと引き継がれる。世界は滅びても必ず復活すると強く信じたのである。
この信仰を最も強く表しているのが『五つの太陽』、五回、世界が滅びた伝承である。
テスカトリポカはこの5回のうち一度目を司り、また、最後の5度目はケツァル・コアトルと話し合い、世界を再生し、現在のアステカ神話世界を安定させた。

テスカトリポカは『死と戦争の神』と誤解されているが、アステカの神はほとんど死の神である。
なのでテスカトリポカだけ特別「人間を殺し、心臓を生贄にし、世界を脅かす」というものではない。
むしろ中南米世界のルール(生贄の重要性。大切なものを捧げるからこそ世界は安定する)を守っている側の神で、世界を脅かす(生贄は不要と既存ルールを壊そうとしている)のはケツァル・コアトルの方でさえあった。

パラメーター

パラメーター
筋力 A 耐久 A
敏捷 A 魔力 A
幸運 C 宝具 B

イラストレーター・声優

イラストレーター 声優
田島昭宇 三上哲

担当絵師の関連イラスト

関連リンク

関連記事
テスカトリポカ
テスカトリポカ
▶︎評価とスキル優先度▶︎運用方法とおすすめ編成▶︎霊基再臨・マテリアル▶︎セリフ・ボイス一覧▶︎元ネタ・史実解説

霊基再臨画像一覧

オススメの記事