【ツイステ】 6章「冥府の番人 前編」のネタバレ考察

更新日時
編集者
ツイステ攻略班

ツイステッドワンダーランド(ツイステ)の6章「冥府の番人 前編」のネタバレ考察をご紹介!STYXの元ネタやイデアに関する考察、嘆きの島、オーバーブロットに関する考察などをまとめてあるので、6章ショックとも呼ばれる冥府の番人のストーリーを楽しむ際の参考にどうぞ。

©Disney. Published by Aniplex

元ネタに関する考察

S.T.Y.X.の元ネタはMARVEL作品か?

今回登場した非政府組織「S.T.Y.X.」だが、元ネタはディズニー系列であるMARVEL作品に登場する『S.H.I.E.L.D.』から来ている可能性がある。MCU版S.H.I.E.L.D.は世界各地に支部や関連施設を構えているそうだ。

更に、MCU版S.H.I.E.L.D.は最新鋭装備と情報網を駆使して人類の脅威となりうる物体・物質・超常現象、超人的な能力を持った人物についての捜査・研究と、それらの強大な力を得た者への対処を主任務とする機関であるという。S.T.Y.X.もブロットの研究をする機関であり、S.H.I.E.L.D.と通ずるものを感じる。

S.T.Y.X.の外見はマンダロリアンが元ネタか?

「S.T.Y.X.」のカローン部隊の外見は、非常にいかつくメカニカルである。一瞬ディズニー作品の『トロン』やMARVEL作品の『アイアンマン』が頭を過る人も多いと思うが、首から下の見た目だけで言えば、『スターウォーズ』に登場する『マンダロリアン』が一番近いフォルムをしている。

アイアンマンが元ネタの可能性もある

首から上の元ネタに関しては、アイアンマンが元となっている可能性もある。アイアンマンには主人公「トニー・スターク」が作り出した「アイアンレギオン」と呼ばれるロボット兵の軍団が登場するため、アイアンマンの「パワードスーツ」や「アイアンレギオン」を参考にしている可能性もある。

イデアに関する考察

イデアの諦念は家業による拘束のためか

5章の終わりで、イデアは各企業からのオファーに答えず「僕はどうせ、どこへも行けやしない」と諦念の姿勢を見せていたが、「レオナやジャミル以上に、1つのレールを走る事しか許されていないから」という理由が大きいのだろう。

イデアは将来的にシュラウド家の長男として両親の跡を継ぎ、「S.T.Y.X.」の所長になるよう定められていると考えられる。ある種、リドル以上に両親や一族、家柄に縛られていると言っても過言ではない。しんどいバックボーン持ちの限界オタクである。

オーバーブロットに関する考察

グリムをオーバーブロットさせるつもりか

巷では、イデアがオーバーブロットするのか否かで意見が割れている。気になるのは、各寮の寮章が歴代オーバーブロット者をイメージさせるデザインになっている点だ。

イグニハイド寮の寮章デザインを見ると、上部に青い焔、下部にドクロ、そして中央には『ケルベロス』と思しき生き物が描かれている。ツイステのキャラのなかで最もケルベロスに近い形態に変じる可能性があるキャラと言えば、グリムを置いて他に居ないため、イデアがあえてグリムをオーバーブロットさせる可能性がある。

みんなのオーバーブロット予想

嘆きの島に関する考察

嘆きの島は飛行機で向かえる場所にあるのか

嘆きの島は、地図の何処にも載っていない島であると作中で明言された。6章冒頭で監督生が『ヘラクレス』の夢を見て「雲の上?」と述べていたが、ギリシャ神話において天空はゼウスの領域とされるのがセオリーである。

しかし、作中で輸送機に載せられたジャミルが「どんな速度でどの方角に飛んでいるのかすらわからない」と述べている。この発言がミスリードでない場合、嘆きの島は飛行機で向かえる場所にあることになる。

ミスリードの可能性もある

気になるのは、ジャミルやリドル達が乗せられた輸送機内部は非常に狭く、真っ暗であるという点。自分たちは飛んでいると錯覚していたが、実情は潜水艇や掘削機のような機体で地底に潜っていた、という可能性も考えられる。

6章のCMに関する考察

歯車は天体との関連を示唆するものか

6章のCM冒頭では、平歯車が映し出されている。歯車は古代ギリシャ時代に生み出され、「アンティキアラの沈没船」から回収された「アンティキティラ島の機械」が最古の歯車であるとされている。

この「アンティキティラ島の機械」は「天体運行を計算するため作られた歯車式機械」であったと推定されている。天体とギリシャ神話は深い結び付きがあり、6章内でも天体との結びつきを匂わせる要素が沢山出ていたため、CM内の歯車も天体との結びつきを示唆するものである可能性がある。

ドクロは魂を機械に定着させた証か

CMの中では、イデアがオルトの胸に焔を押し付け、オルトが覚醒するのと同時にドクロが出現。色が白から黒に反転するという演出がなされている。「反転」は「位置・方向・順序などが反対になる」という意味があるため、世界の摂理に逆らって死者の魂を蘇らせた証として、ドクロの色が反転するのかもしれない。

6章「冥府の番人」のストーリー攻略