グラブル
5周年アプデ第4弾実装 &『四象降臨』開催!
『四大天司HL』攻略(新規マルチバトル)
セラフィックウェポンの入手方法(最終上限解放実装)
『四象降臨』攻略/報酬情報まとめ
四象武器一覧・おすすめスキル追加手順

デバフの系統と下限の組み合わせ例

編集者
ライターN
更新日時

グラブルのデバフの仕組みについて掲載。デバフの種類や系統、上限値だけでなく、下限まで下げることができる組み合わせ例まで紹介しているので、デバフを組み合わせる際の参考にしてほしい。

属性別攻防デバフ一覧と下限
火属性アイコン 攻防デバフ一覧と下限の組み合わせ・火属性
水属性アイコン 攻防デバフ一覧と下限の組み合わせ・水属性
土属性アイコン 攻防デバフ一覧と下限の組み合わせ・土属性
風属性アイコン 攻防デバフ一覧と下限の組み合わせ・風属性
光属性アイコン 攻防デバフ一覧と下限の組み合わせ・光属性
闇属性アイコン 攻防デバフ一覧と下限の組み合わせ・闇属性

デバフとは

敵を弱体化させることができる

デバフとは攻撃ダウンや防御ダウンなど、ステータスを低下させる弱体効果のこと。キャラクターでデバフを付与するキャラクターのことをデバッファーと呼ぶこともある。

バトルにおいて必須の要素

デバフはバトルにおいて、敵を弱体化させることで効率よくクリアするために必須な要素だ。デバフの有無でバトルの難易度は大きく変わると言っても過言ではない。

デバフには「系統」が存在する

片面枠 両面枠 累積枠
アマブレ等 ミスト等 ロザミア(SSR)
召喚枠 奥義枠 属性枠
オーディン等 ルリア等 クラリス等

デバフには「系統」というものが存在し、効果内容は同じであっても、ゲーム内の処理が異なる場合がある。

違う「系統」の場合は加算処理になる

デバフアイコン

効果内容は同じ『防御力ダウン』であっても、「系統」が違う場合は加算処理となる。ゲーム内では同じアイコンであっても複数表示されることが目印だ。

同じ「系統」のデバフを使用した場合

効果内容は同じ『防御力ダウン』であり、「系統」も同じ場合は処理がそれぞれ異なる。

効果が高い場合は上書き

デバフ使用順
デバフA → デバフB = デバフBがデバフAを上書き

既に付与されているデバフAより、効果値が高い「系統」が同じデバフBを使用した場合は、既存のデバフを上書きする形になる。

効果が低い場合はNO EFFECT

NO EFFECT

デバフ使用順
デバフB → デバフA = NO EFFECT

既に付与されているデバフBより、効果値が低い「系統」が同じデバフAを使用した場合は、既存のデバフを上書きすることなくNO EFFECTと表示される。

同値の場合は相互上書き

デバフ使用順
デバフA → デバフC = デバフCがデバフAを上書きデバフC → デバフA = デバフAがデバフCを上書き

既に付与されているデバフAと、同じ効果値の「系統」が同じデバフCを使用した場合は、お互いに上書きする関係となる。

デバフの上限値

防御デバフは全ての系統の合計で50%

系統 上限
全ての系統 上限値50%を共有

防御デバフは、片面・両面・累積・召喚・奥義・属性の全ての系統でデバフ上限値の50%を共有する。

合計が50%を超えても効果は50%まで

防御デバフ使用例
両面枠25% 片面枠25% 属性枠10% 合計60%(50%)

付与した防御デバフの合計値が50%以上だとしても、デバフ上限値の50%以上は効果がないので要注意だ。

カトルの「喪失」のみ下限突破可能

十天衆カトルが最終上限解放後に使用可能となるデバフ「喪失」は別枠加算の攻防10%DOWN効果となっていて、防御下限50%DOWNに届いている状態で付与すれば防御60%DOWNとなる。

攻撃デバフは属性枠のみ別枠計算

系統 上限
片面枠 上限値50%を共有
両面枠
累積枠
召喚枠
奥義枠
属性枠 完全別枠

攻撃デバフは、片面・両面・累積・召喚・奥義の5つは上限値50%を共有するが、属性枠のみ別枠のため上限を共有しない

組み合わせ次第で50%以上のデバフ可能

攻撃デバフ使用例
両面枠25% 片面枠25% 属性枠10% 合計60%

攻撃デバフは属性枠が完全に別枠のため、片面・両面枠で上限値の50%に到達していたとしても、属性枠の10%が加算され合計で60%のデバフとなる。

デバフ下限の組み合わせ例

ミスト+アマブレⅡ

ベルセルク

主人公のジョブをベルセルクで運用する際の組み合わせ。主人公だけで敵防御を下限まで到達させられるため、他のキャラクターで防御デバフを用意する必要がなくなる。

ミスト+防御DOWN25%

すべてのジョブ・属性で可能な組み合わせ。「ミゼラブルミスト」で両面枠の攻防25%DOWNを付与できるため、残りの25%を片面/属性/累積などの枠で補う形。属性によっては、奥義や召喚効果などで付与することがある。

▼ 画像タップで各キャラページに飛べます

防御25%DOWN可能キャラ例(両面枠除く)
火属性 クラリス(火)パーシヴァル(水着)イルザ(水着)
水属性 ドランクユエル(水SSR)アルルメイヤ(クリスマス)
土属性 マキラ(SSR)カイン(リミテッド)イルザサラーサ
風属性 フィーナ(SSR)セレフィラ(SSR)ジャンヌダルク(水着)ユリウス
光属性 ジャンヌダルク(光)クラリス(光)ノイシュ(水着)
闇属性 レディ・グレイジャンヌダルク(闇)ナルメア(SSR)アザゼル

デッド+片面/累積防御15%

エリュシオン

主人公のジョブをエリュシオンで運用する際の組み合わせ。アビリティ「ソング・トゥ・ザ・デッド」で両面枠15%と属性枠20%を稼ぐことができるため、残りの15%を他キャラクターのアビリティで稼ぐことになる。

片面/累積15%デバフを持つキャラクター例

キャラ アビリティ
ランスロット
ランスロット
【2アビ】
ヴォーゲンシュトローム

(最終上限解放後、Lv90必須)
カリオストロ
カリオストロ
【1アビ】
コラプス

(最終上限解放後、Lv90必須)
ソーン
ソーン
【2アビ】
ディプラヴィティ
ヴィーラ
ヴィーラ
【1アビ】
レイヤーライズII

主人公の有用デバフアビリティ

アイコン アビリティ
ミゼラブルミスト ミゼラブルミスト・両面枠
・攻防25%ダウン
ブラックヘイズ ブラックヘイズ・両面枠
・攻防25%ダウン
ウォーロック取得必須
アンプレディクト アンプレディクト・両面枠
・攻防25%ダウン
カオスルーダー取得必須
ソング・トゥ・ザ・デッド ソング・トゥ・ザ・デッド・両面枠
・防御15%ダウン
・自属性防御20%ダウン
エリュシオン取得必須
アーマーブレイク アーマーブレイク・片面枠
・防御20%ダウン
アーマーブレイクⅡ アーマーブレイクⅡ・片面枠
・防御25%ダウン
ベルセルク取得必須
アローレインⅢ アローレインⅢ・片面枠
・攻撃25%ダウン

有用なデバフを持つ代表的なキャラ

火属性:クラリス

クラリス

主人公のアビリティ「ミゼラブルミスト」と合わせて、敵の防御を下限まで下げられるアビリティを持つキャラクター。サポートアビリティの効果で味方全体のデバフが命中しやすくなる点も魅力。

水属性:アルタイル

アルタイル

両面枠の攻防ダウンアビリティを持つキャラクター。最終上限解放後、攻防デバフアビリティに属性防御デバフも追加される。アルタイルを編成することで、主人公のアビリティから「ミゼラブルミスト」を外す選択肢が視野に入る。

土属性:マキラ(SSR)

マキラ

片面枠と属性枠の防御ダウンアビリティを持つキャラクター。マキラ1人で合計40%まで下げることができ、召喚石「テスカポリトカ」と合わせると防御下限に到達。主人公のアビリティから「ミゼラブルミスト」を外す選択肢が視野に入る。

風属性:ユリウス

ユリウス

累積枠の攻防デバフを持つキャラクター。効果値10%(最大40%)のデバフを、奥義ゲージがある限り1ターンに何度でも付与可能。累積枠のデバフは使っても敵の耐性が上がらないため、安定して付与できる。

光属性:ジャンヌ・ダルク

ジャンヌダルク

片面枠の防御ダウンアビリティ「リヴァーサル」を持つキャラクター。最終上限解放後に「リヴァーサル」に攻撃ダウンが追加され、主人公の「ミゼラブルミスト」と合わせてほぼ攻防下限まで到達できる。

闇属性:レディ・グレイ

レディ・グレイ

片面枠の防御ダウンアビリティを持つキャラクター。主人公の「ミゼラブルミスト」と合わせて防御下限に到達できる。自身は属性枠の防御ダウンも持つため、レディ・グレイだけでも防御を40%下げることが可能。


ゲーム知識TOPへ

属性別攻防デバフ一覧と下限
火属性アイコン 攻防デバフ一覧と下限の組み合わせ・火属性
水属性アイコン 攻防デバフ一覧と下限の組み合わせ・水属性
土属性アイコン 攻防デバフ一覧と下限の組み合わせ・土属性
風属性アイコン 攻防デバフ一覧と下限の組み合わせ・風属性
光属性アイコン 攻防デバフ一覧と下限の組み合わせ・光属性
闇属性アイコン 攻防デバフ一覧と下限の組み合わせ・闇属性
デバフ関連記事
バフの枠・相性とバフ持ちキャラ例

オススメの記事