グラブル
「ドレッドバラージュ」難度追加!グランデフェス開催中
ドレッドバラージュ(ドレバラ)攻略まとめ
グランデフェスのピックアップ対象
グランデフェスの10連ガチャシミュ
「ハロウィンイベント」まとめ

【グラブル】「十天衆」最終と加入のおすすめ度一覧と入手方法

編集者
電磁スピア
更新日時

グラブルの「十天衆」(じゅってんしゅう)の最終上限解放と加入時それぞれのおすすめキャラを掲載。選び方や入手方法も掲載しているのでヒヒイロカネ使用先の参考にどうぞ。

十天衆

©Cygames, Inc.

2020年内に「十天衆最終上限解放Ⅱ」実装予定
6周年特別生放送にて「十天衆最終上限解放Ⅱ」を実装予定であることが発表された。放送ではキャラLv上限が150になる情報とシエテのイラストが公開。
▶ 6周年ゲーム内アップデート情報
十天衆と天星器関連記事
シエテ
十天衆一覧
四天刃
天星器一覧
ヒヒイロカネ
十天衆
加入手順
十番天星の欠片
十天衆
最終手順

「十天衆」の最終と加入のおすすめ度

十天衆おすすめ度一覧

キャラ 加入 最終
ウーノ
ウーノ
C B
ソーン
ソーン
B A
サラーサ
サラーサ
S C
カトル
カトル
C C
フュンフ
フュンフ
C B
シス
シス
B A
シエテ
シエテ
A A
オクトー
オクトー
A A
ニオ
ニオ
C B
エッセル
エッセル
S S

生放送で発表された加入数と最終上限解放数

加入 最終上限解放
十天衆の加入数 最終上限解放された十天衆

おすすめ度の基準

加入
おすすめ度
対象
・キャラが揃っていない初心者〜中級者基準
・具体的に活躍できる場面があるかどうか方法
・十天衆の中でS〜Cの4段階
最終上限解放
おすすめ度
対象
キャラが揃っている上級者基準
・フルオートや短期戦の周回適性>高難易度適性。マグナ2や古戦場EX+などの周回が多いゲームであるため
・他と代用が効きにくいほど評価。特にマグナ2やアルバハHLのような重要度の高いバトルに必要であればおすすめ度が上がる方法
十天衆の中でS〜Cの4段階

古戦場の属性に合わせて進めるのがおすすめ

古戦場

十天衆の加入と最終には古戦場イベントで手に入る天星器が必須。そのため、次回古戦場の有利属性に合わせて加入と最終を進めると効率的。特に、肉集めやマグナ2武器集めのような周回向きの十天衆は持っておきたい。

例えば、土属性有利古戦場が近いのであれば土属性の「オクトー」を取ったり、土属性武器集めに適した風属性の「シエテ」を取ったりしよう。

肉集めやマグナ2武器集め向きの十天衆
シエテ
シエテ

未最終でも可
オクトー
オクトー

未最終でも可
ソーン
ソーン

最終上限開放が必要
ウーノ
ウーノ

最終上限開放が必要
エッセル
エッセル

最終上限開放が必要
シス
シス

最終上限開放が必要

最終する段階になったら全員加入も意識しよう

手に入るもの 効果
十天光輝の楯
十天光輝の楯
バトル開始時に十天衆の
・攻撃力UP(別枠10% / 久遠の指輪枠)
・HPUP(10%)
・奥義ゲージUP(10%)

十天衆を全員加入させると手に入る「十天光輝の楯」によって、バトル開始時に十天衆の奥義ゲージが10%UPする。マグナ2や古戦場EX+のような短期周回において活躍する「黄龍クリュサオル編成」でアビリティ操作数を1個減らせる。

「ルリア」のアビリティ1個で埋められる利点ではあるが、効率を良くするために必要。最終おすすめ度「S」や「A」の十天衆の最終を進めつつ、残った十天衆の加入も進めるのがおすすめ。

十天衆の評価一覧

ウーノ:一伐槍

最終前 最終後
ウーノ ウーノ
属性 種族 得意武器
ハーヴィン
加入 最終
おすすめ度 C B
周回適性 ★☆☆☆☆ ★★★☆☆
高難易度適性 ★★★☆☆ ★★★★★
代用の効きにくさ ★★☆☆☆ ★★★☆☆

難易度の高いバトルで活躍

ウーノは、水属性キャラで唯一の100%ダメージカットが可能なアビリティもち。さらに、かばうとカウンター効果を持つスキルを持っており防御性能が高い。

ただし、最終上限解放前はダメージを出す手段が乏しいため周回攻略では出番がなく、高難易度でも他キャラの方が適する場面が多いため加入おすすめ度は「C」。

最終後は攻撃性能も上がって使いやすい

ウーノは、最終すると攻撃性能が大幅強化。アビリティによる自分の攻撃力大幅UPや奥義による味方全体渾身バフ+バリア付与が強力であり、防御役としてだけでなく攻撃役としても活躍する。

ただし、水属性には「リリィ」や「エウロペ」といった防御面に秀でたキャラが揃っており、周回時に必須となる場面も多くないため最終おすすめ度は「B」だ。

ウーノのキャラ評価と運用方法

ソーン:二王弓

最終前 最終後
ソーン ソーン
属性 種族 得意武器
ヒューマン
加入 最終
おすすめ度 B A
周回適性 ★★☆☆☆ ★★★★☆
高難易度適性 ★★☆☆☆ ★★★☆☆
代用の効きにくさ ★★★★☆ ★★★★★

貴重な「麻痺」で敵の行動を封じられる

ソーンの最大の強みは、奥義使用後に付与できるようになる1分間の麻痺効果。マルチバトルでは麻痺のタイミングに注意する必要があるが、セレスト・マグナ確定流しのようなソロバトルでも十分実用可能。他にも全体攻撃を活かした複数敵相手の周回など、特定の場面で活躍するため加入おすすめ度は「B」。

最終後は優秀なバッファーになる

最終後は奥義に「味方全体のクリティカル確率UP(ダメージ倍率50%/発動確率100%/4ターン)」が追加。持続ターン数も長い上、発動率も100%なので確実かつ大幅に光属性パーティの火力を上げられる。特に、光のマグナ編成では火力が不足しがちなので編成から抜けにくい。

麻痺効果の延長で周回に活躍

最終後に習得可能な4アビによる「敵の弱体効果90秒延長」が非常に便利。麻痺効果の延長もできるため、HLマルチバトルのボス相手でも他参戦者が全力で攻撃すればほとんどのHPを削り切ってしまえる。

アルバハHLなどの高難易度バトル攻略や、プロバハHL(つよばは)や共闘アスタロト周回で活躍するので、最終おすすめ度は「A」。

ソーンのキャラ評価と運用方法

サラーサ:三寅斧

最終前 最終後
サラーサ サラーサ
属性 種族 得意武器
ドラフ 斧/剣
加入 最終
おすすめ度 S C
周回適性 ★★★★★ ★★★★★
高難易度適性 ★☆☆☆☆ ★★☆☆☆
代用の効きにくさ ★★★★★ ★★☆☆☆

無属性ダメージで周回を楽にできる

サラーサは、自身のHPを犠牲に全体無属性ダメージを与えられる3アビ「グラウンドゼロ」が最大の強み。無属性ダメージは自身のHPに依存したダメージを防御値や属性に関係なく与えるため、HPを確保すれば他はドロップ率UPや経験値UP装備を編成して周回可能。

フリクエでの素材集めやアーカルムの転生、金銀スライムや共闘のスラ爆などの周回を効率化できるため、加入おすすめ度は「S」。

最終後はアタッカー兼デバッファーとして強くなる

剣モード時の追加ダメージが2回発生に強化。さらに10ターン後に使用可能になる4アビを使えば奥義の連続発動も可能と、攻撃性能が向上。特に、無属性を含む大ダメージが出せる4アビはアルバハHLでのHP15%トリガー飛ばしや、ルシファーHLでの無属性200万試練突破を狙う際に役立つ。

カインやマキラが居なければ理想メンバーに食い込む性能だが、渾身環境においてデバッファーとしてはデメリットが大きく、グラゼロも他で代用しやすいため最終おすすめ度は「C」。

グラゼロは強くなると代用しやすい

最終すると「グラウンドゼロ」のダメージ上限が上がり、恒常的な周回が必要な「アーカルムの転生」で倒せる敵が増える。ただし、同じく無属性ダメージの出せる「ディスペアー剣聖」や弱点属性ダメージの出せる「ディストリーム編成」、アビダメ上限付きのオメガ武器や終末の神器など代用手段が多い。

サラーサのキャラ評価と運用方法

カトル:四天刃

最終前 最終後
カトル カトル
属性 種族 得意武器
エルーン 短剣
加入 最終
おすすめ度 C C
周回適性 ★☆☆☆☆ ★★☆☆☆
高難易度適性 ★★☆☆☆ ★★★★☆
代用の効きにくさ ★★★☆☆ ★★★☆☆

強化効果を延長できるが貢献は不安定

カトルは味方の強化効果を1ターン延長できるのが最大の特徴。「四天刃」の奥義効果で付与される連続攻撃確率アップや、カーバンクルのダメージカットなど強力な効果を延長することでパーティに貢献できる。

ただし、弱体効果がランダムで安定しなかったり、最大CT増加の効果は主人公のダークフェンサーで代用できるので加入おすすめ度は「C」。

最終後は奥義で連続攻撃率を大幅強化

最終上限解放後は、奥義効果によって四天刃と同じ35%の連続攻撃確率UPを味方全体に付与するなど、味方の強化も可能になる。

デバッファーとしても強化

1アビのランダム弱体効果に、敵の防御力を下限の50%以下に下げられる「喪失」が追加。ランダム効果なので付与できるかは運次第だが、パーティの火力UPに大きく貢献してくれる。他にもディスペルやデバフ付与数が2個に増えるなど、デバッファーとして強化される。

ただし、カツオ剣豪や黄龍クリュサオル編成など周回用の編成において理想メンバーには入らない。高難易度でも必須な場面が少ないため、最終おすすめ度は「C」。

カトルのキャラ評価と運用方法

フュンフ:五神杖

最終前 最終後
フュンフ フュンフ
属性 種族 得意武器
ハーヴィン
加入 最終
おすすめ度 C B
周回適性 ★☆☆☆☆ ★☆☆☆☆
高難易度適性 ★★★☆☆ ★★★★★
代用の効きにくさ ★★☆☆☆ ★★★★★

自動復活効果が特徴の回復特化キャラ

フュンフは味方単体に自動復活が可能になる「魔力の奔流」を付与できるので、主人公が戦闘不能になってしまい召喚効果を使えなくなるなどの事故を防げる。ただし、火力UPにつながるアビリティは少なく、短期戦や周回プレイでは強さを発揮しにくいので加入おすすめ度は「C」。

最終後は最強の回復キャラ&デバフも可能

最終後のフュンフは奥義効果によって「闇属性攻撃DOWN」「連続攻撃確率DOWN」といったデバフを付与できる。また、回復キャラとしても更に優秀になり、疑似的なマウントや味方全体復活などができる。最終後は高難易度バトルで編成から抜けなくなるが、逆に短期戦の周回時にはほとんど使わないため最終おすすめ度は「B」。

フュンフのキャラ評価と運用方法

シス:六崩拳

最終前 最終後
シス シス
属性 種族 得意武器
エルーン 格闘
加入 最終
おすすめ度 B A
周回適性 ★★★☆☆ ★★★★☆
高難易度適性 ★★☆☆☆ ★★★★☆
代用の効きにくさ ★★☆☆☆ ★★★★☆

自己累積強化型のアタッカー

シスはサポートアビリティの効果によって常時ダブルアタック以上確定。さらに、自己強化アビリティで高い火力を出せる。加入段階でも強力なアタッカーキャラとして使えるが、アタッカーキャラは代用しやすいためおすすめ度は「B」。

最終後はさらに火力がUP

最終解放後は、1アビによる追撃+与ダメUPとサポアビによる自己強化が非常に強力。アタッカーとしては追随を許さないレベルに強化。古戦場EX+のような、敵が特殊技を発動するバトルの周回では奥義アタッカーとしても運用可能。3ターンの恐怖や命中率DOWNによって耐久力も高く、フルオート編成でも活躍できるためおすすめ度は「A」。

シスのキャラ評価と運用方法

シエテ:七星剣

最終前 最終後
シエテ
シエテ
シエテ
属性 種族 得意武器
ヒューマン
加入 最終
おすすめ度 A A
周回適性 ★★★★☆ ★★★★★
高難易度適性 ★★☆☆☆ ★★★☆☆
代用の効きにくさ ★★★★☆ ★★★★★

味方全員の奥義を常時強化可能

シエテ最大の魅力は、サポートアビリティの「味方全体の奥義ダメージ50%アップ」にある。とくに奥義ダメージを上限まで出すことのできない序盤にシエテを仲間にすると、爆発的に火力を伸ばせる。

シナリオイベントや古戦場をメカニックで周回する時など、周回に関してはシエテがいると大幅に効率化できるので加入おすすめ度は「A」。

最終後は奥義強化だけでなく単独アタッカーとしても強い

最終解放により奥義特化のアタッカー兼バッファーとして強くなる。最大の特徴であるサポアビによる味方強化には上限10%UPが追加されるにとどまるが、武器集めや古戦場イベントの肉集めには最重要キャラなので最終おすすめ度は「A」。

シエテのキャラ評価と運用方法

オクトー:八命切

最終前 最終後
オクトー オクトー
属性 種族 得意武器
ドラフ
加入 最終
おすすめ度 A A
周回適性 ★★★★☆ ★★★★★
高難易度適性 ★★☆☆☆ ★★★☆☆
代用の効きにくさ ★★★★☆ ★★★★★

超高回転の奥義アタッカー

奥義ゲージの最大値が200%で上昇量も2倍。味方へ自分の奥義ゲージを分配するアビリティや、奥義発動時のゲージ上昇でパーティー全体の奥義ゲージをガンガン上昇させることが可能だ。

奥義ゲージ上昇量が2倍なので、メカニックの全体ポンバなどを発動すると奥義ゲージが200%まで上昇。即2回奥義を発動することができ、周回に向いているため加入おすすめ度は「A」。

最終後は土属性最強のアタッカー

最終後の奥義効果には「自分のDA率とTA率50%UP/味方全体の土属性攻撃20%UP」など凄まじい強化効果がついており、土属性最強のアタッカーになる。土属性攻撃UPの効果量は低めだが、リミキャラ「ブローディア」と組み合わせることでパーティ全員の火力を大幅強化可能になる点が強力。

水属性ボス相手の周回時には必須レベル

最終オクトーは土属性キャラとして最強レベルの性能。奥義周回から長期戦まで、活躍できる場面が多い上に代用が効きにくいため最終おすすめ度は「A」。

オクトーのキャラ評価と運用方法

ニオ:九界琴

最終前 最終後
ニオ ニオ
属性 種族 得意武器
ハーヴィン 楽器
加入 最終
おすすめ度 C B
周回適性 ★★☆☆☆ ★★★★☆
高難易度適性 ★★☆☆☆ ★★★☆☆
代用の効きにくさ ★★☆☆☆ ★★★☆☆

昏睡で敵の行動を封じられる

ニオは、敵に睡眠と同じく行動を封じる「昏睡」効果を付与できるのが最大の特徴。睡眠と違い確率で解除なので、1回の攻撃だけでなく運が良ければ効果ターン中は一方的に攻撃し続けることもできる。

例えば、マグナ2バトル「ブローディアHL」に対して有効で、武器を効率よく集める際のキャラ選択肢に入る。ただし、同属性のシエテと比べると周回適正は落ち、バッファーとしても「コッコロ」で代用が効くレベルなので、加入おすすめ度は「C」。

最終後はトップクラスのバッファー

最終後のニオは、2アビの効果が大幅に強化。DAだけでなくTA率もあげられるようになる上、特殊強化で攻撃力も上昇。4アビ+召喚石シヴァを使った大火力が強力。

ただし、風属性には「アンチラ」や「グリームニル」など他にも強力なバッファーが存在する。また、マグナ2武器集めで行う短期周回では「シエテ」が強いため最終おすすめ度は「B」。

ニオのキャラ評価と運用方法

エッセル:十狼雷

最終前 最終後
エッセル エッセル
属性 種族 得意武器
エルーン
加入 最終
おすすめ度 S S
周回適性 ★★★★★ ★★★★★
高難易度適性 ★★☆☆☆ ★★★☆☆
代用の効きにくさ ★★★★☆ ★★★★★

編成するだけでドロップ率UP

エッセルは、サポートアビリティに「サブ・メインメンバー問わず編成時にアイテムドロップ率5%UP」の効果がある。特にアイテムドロップ率UPが重要な序盤において、サブに編成するだけでドロップ率UPできるエッセルの加入おすすめ度は「S」。

最終で火属性屈指のアタッカーに強化

最終後は火属性のアタッカーとして優秀。トレハンレベルに関係なく火力を出せる上、ブレイクアサシンを敵の状態に関係なく発動でくる「強襲」のデバフを敵に付与できるようになる。

4アビ「十狼の雄叫び」は、「味方全体の火属性攻撃力UP/追撃付与/確定TA/ブレアサ」というグラブル屈指の強烈な性能。10ターン以上の長期戦では、エッセルの4アビを活かすことを中心に編成を調整することも多い。

ドロップ率UPも10%に強化

サポートアビリティによるドロップ率UPも10%に強化。シンプルに素材集めなどで他属性編成のサブキャラとして使えるので、最終おすすめ度は「S」。

エッセルのキャラ評価と運用方法

十天衆の選び方

次回の古戦場に合わせて選ぶ

十天衆を仲間にするためには、天星器やヒヒイロカネの取得が必須。特に、天星器は古戦場期間中しか取得できない。古戦場を周回しやすくするため、次回の開催される属性に有利になる属性のキャラを優先して選ぶのがおすすめだ。

属性に関わらず便利なキャラ

各属性における純粋な戦力だけではなく、属性に関係なく活躍できるタイプの十天衆が居る。無属性攻撃でアーカルムなどの周回が楽になる「サラーサ」や、サブメンバーに入れてドロップ率が5%UPする「エッセル」などを優先して加入させるのもおすすめだ。

サブ運用や周回で活躍する十天衆
エッセル
エッセル
サラーサ
サラーサ

見た目や声(声優さん)で決める

十天衆を1人加入させるのにも非常に手間がかかるので、性能だけでなく見た目や声といった個人の好みも十分選考の材料になる。

十天衆とは

無課金で入手できる最強クラスのSSRキャラ

ゲーム内コンテンツで仲間に加入

十天衆はゲーム内のコンテンツを進めていくと仲間に加えられる。ガチャなどの課金要素は関わらない。

各々の武器種において全空一の使い手たち

グラブルに登場する10の武器種を使いこなし、各々の得意とする武器において右に出るものがいない「全空一の使い手」と呼ばれている。加入や最終上限解放にはゲーム上・エピソード上ともに対応する武器が関わる。

最終上限解放後の性能はトップクラス

最終上限解放まで到達した十天衆は、最前線の環境においてもトップクラスの戦闘力を発揮する。十天衆が2名居る属性においては両方が理想編成とされることも多い。

計画的にプレイすれば誰でも入手可能

天星器を最終段階まで強化する必要あり

十天衆を仲間にするには、イベント『決戦!星の古戦場』の報酬武器「天星器」を最終段階まで強化する必要がある。必要な素材は少なくないが、計画的にプレイしていれば誰でも仲間にできる。

十天衆の入手方法

古戦場で対応する天星器を獲得する

天星器

定期開催されている古戦場イベント(団イベ)にて、イベント限定武器である「天星器(古戦場武器)」を手に入れることから十天衆獲得への道は始まる。古戦場武器は最大まで上限解放(3凸)しておく必要があるので、戦力に合わせて取得するとよいだろう。

ドレッドバラージュでも入手可能

古戦場イベント以外でも「ドレッドバラージュ」のイベントで天星器は入手可能。「ドレッドバラージュ」は古戦場イベントが開催されない月に不定期で開催予定。入手できる数や制限についてはまだ判明していない。

「天星器」全種一覧

古戦場武器を最終段階まで強化しよう

多種多量のトレジャーを素材に使う

十天衆の加入には、天星器の最終強化後に発生するフェイトエピソードクリアが必須。天星器を強化する過程は必要不可欠となる。非常に膨大な素材や時間のかかる周回が求められるので、計画を立てて地道にこなすのが良いだろう。

属性変更時の注意点

天星器を強化していく過程で、武器を自分の好きな属性に変更できる。属性変更は基本的にどの属性でも構わないが、後々、十天衆の最終上限解放を狙う際には作成した天星器を装備して十天衆と戦う必要がある。そのため、対応している十天衆に弱点をとられる属性は避けたほうが良い。

「天星器」の強化素材・手順

ヒヒイロカネが必要

ヒヒイロカネ

入手したら大切に保管しておこう

十天衆を仲間にするためには貴重なアイテム「ヒヒイロカネ」が必要となる。入手できた場合、他にいくつかの使い道はあるものの、十天衆を仲間に加えるために保管しておこう。

「ヒヒイロカネ」の入手方法と使い道

「十天衆」スキンと別バージョンまとめ

主人公用の十天衆スキン

主人公用の十天衆風スキン
十天衆を総べし者
十天衆を総べし者
十天の極みに至りし者
十天の極みに至りし者

十天衆のスキン

十天衆のスキン
マスタッシュサンタ・スタイル
ウーノ
エターナルズ・サマーバケーション
ソーン
エターナルズ・サマーバケーション
サラーサ
サマーバカンス・ツインズ
カトル
スウィート・ウィッチ
フュンフ
マスク・ブルクレー
シス
エターナルズ・サマーバケーション
シエテ
鯨幕晴甲
オクトー
ヴァイオレット・インコグニート・ニオ
ニオ
サマーバカンス・ツインズ
エッセル

別バージョンの十天衆

別バージョン
シス(イベント)
シス(イベント)

関連記事

十天衆と天星器関連記事
シエテ
十天衆一覧
四天刃
天星器一覧
ヒヒイロカネ
十天衆
加入手順
十番天星の欠片
十天衆
最終手順
古戦場武器を入手可能なイベント
決戦!星の古戦場
イベント『決戦!星の古戦場』まとめ
「天星器」が手に入る古戦場関連記事
古戦場・初心者
初心者向け攻略
古戦場:戦貨
戦貨の稼ぎ方
古戦場:戦貨
40箱コースのやり方

ゲーム知識TOP

オススメの記事