グラブル

【グラブル】「十天衆」最終と加入のおすすめ度一覧と入手方法

編集者
グラブル攻略班
更新日時
「古戦場(闇有利)」開催!闇石スタレ開催中!
古戦場イベントの進め方と攻略まとめ
闇古戦場マグナ2200万(EX+)肉集め周回編成
闇古戦場ハデス2200万(EX+)肉集め周回編成
スターレジェンドガチャ確定枠対象と当たり

グラブルの「十天衆」(じゅってんしゅう)の最終上限解放と加入時それぞれのおすすめキャラを掲載。選び方や入手方法も掲載しているのでヒヒイロカネ使用先の参考にどうぞ。

十天衆

©Cygames, Inc.

十天衆関連記事
シエテ
十天衆一覧
ヒヒイロカネ
加入手順
十番天星の欠片
最終手順
無我・天伐槍
超越手順
天星器天星器(古戦場武器)のおすすめと一覧

「十天衆」の超越と最終と加入のおすすめ度

十天衆おすすめ度一覧

キャラ Lv80
評価
Lv100
評価
Lv120
評価
Lv140
評価
Lv150
評価
ウーノ
ウーノ
C B B C C
ソーン
ソーン
B A A B B
サラーサ
サラーサ
S C C B B
カトル
カトル
C C B C C
フュンフ
フュンフ
C B B C B
シス
シス
B A S S S
シエテ
シエテ
S A A C S
オクトー
オクトー
A A A A A
ニオ
ニオ
C B C A A
エッセル
エッセル
S S C B B

十天衆の段階別人数

2021年8月生放送

加入 最終上限解放 限界超越
十天衆の加入数 最終上限解放された十天衆 限界超越された十天衆

加入と最終上限解放はおおよそ同じ程度の割合となっている。限界超越はニオとエッセルが未実装時のデータだが、加入と最終上限解放に似た割合になっている。

十天衆おすすめ度の基準

十天衆
評価方法
・十天衆の中でS〜Cの4段階で評価
加入
おすすめ度
対象
・キャラが揃っていない初心者〜中級者基準
・具体的に活躍できる場面があるかどうか
最終
おすすめ度
対象
・キャラが揃っている上級者基準
・フルオートや短期戦の周回適性>高難度適性。マグナ2や古戦場EX+などの周回が多いゲームであるため
・他と代用が効きにくいほど評価。特にマグナ2やアルバハHLのような重要度の高いバトルに必要であればおすすめ度が上がる
限界超越
おすすめ度
対象
・十天衆を全員最終済のユーザーを想定
・ヒヒイロ掘りを行える上級者
・古戦場で上位ランキングを狙う上級者基準
・超越性能が最終と比べてどこまで強化されるか
・碧麗の証を使う恩恵の大きさも基準。古戦場やドレバラなどの周回タイムを大幅に縮められるとおすすめ度が上がる。高難度の性能が強化されても代用キャラが他に存在するため恩恵は薄く、おすすめ度は上がりにくい

十天衆の選び方

古戦場の属性に合わせて進めるのがおすすめ

古戦場

十天衆の加入&最終は古戦場で手に入る天星器が必須なため、次回古戦場の有利属性に合わせて加入と最終を進めると効率的。特に、肉集めやマグナ2武器集めなど周回向きの十天衆は優先したい。例えば、土有利古戦場が近いなら「オクトー」+土属性武器集めに適した「シエテ」がおすすめとなる。

肉集めやマグナ2武器集め向きの十天衆
シエテ
シエテ

未最終でも可
オクトー
オクトー

未最終でも可
ソーン
ソーン

最終が必要
ウーノ
ウーノ

最終が必要
エッセル
エッセル

最終が必要
シス
シス

最終が必要

最終する段階では全員の加入も意識する

手に入るもの 効果
十天光輝の楯
十天光輝の楯
バトル開始時に十天衆の
・攻撃力UP(別枠10% / 久遠の指輪枠)
・HPUP(10%)
・奥義ゲージUP(10%)

十天衆全加入で入手できる「十天光輝の楯」により、両面黄龍や黄龍クリュ編成で2番手に配置し、周回を時短するのに活用できるようになる。バトル開始時に十天衆の奥義ゲージが10%UPするため、通常の編成ではできない組み合わせで奥義周回が可能になるためだ。

「ルリア」のアビリティ1個で埋められる利点ではあるが、効率を良くするために必要。最終おすすめ度「S」や「A」の十天衆の最終を進めつつ、残った十天衆の加入も進めるのがおすすめ。

限界超越は全員の最終を終えてから目指そう

最低でも加入は済ませて「十天光輝の楯」を取る

限界超越

「限界超越」は、十天衆を全員最終した後に目指すのがおすすめ。超越をする際にヒヒイロカネ+非常に多くの素材を消費するため、他の十天衆の最終が遠退いてしまう。また、優先的に超越したい十天衆がいる場合でも、先に加入は全て済ませて「十天光輝の楯」は確保しておきたい。

Lv130とLv150の超越はできる数に限りがある

Lv130とLv150の超越は古戦場毎に最大1枚手に入る「碧麗の証」を消費しないと行えないため、超越を進める十天衆は慎重に選ぼう。おすすめ度の詳細は限界超越の記事で詳しく説明している。

十天衆「限界超越」のおすすめと必要素材

十天衆の見た目や声優で決めてもいい

十天衆は加入させるのにも手間がかかるコンテンツのため、性能だけでなく見た目や声といった個人の好みも十分に選考の材料になる。ゲームのモチベーションも上がるため、好みなキャラは優先して取ってしまっても良い。

十天衆加入と最終の評価一覧

十天衆評価メニュー
ウーノ
ウーノ
ソーン
ソーン
サラーサ
サラーサ
カトル
カトル
フュンフ
フュンフ
シス
シス
シエテ
シエテ
オクトー
オクトー
ニオ
ニオ
エッセル
エッセル

ウーノ:一伐槍

最終前 最終後
ウーノ ウーノ
属性 種族 得意武器
水 ハーヴィンハーヴィン 槍
加入 最終
おすすめ度 C B
周回適性 ★☆☆☆☆ ★★★☆☆
高難度適性 ★★★☆☆ ★★★★☆
代用の効きにくさ ★★☆☆☆ ★★★☆☆

高難度バトルで活躍

ウーノは、単体で全体100%ダメージカットが可能なキャラ。さらにかばう回避カウンターが使えるため、防御性能が高い。ただし、加入段階ではダメージを出す手段が乏しく周回では出番がない。高難度でも他キャラの方が適する場面が多いため加入おすすめ度は「C」だ。

最終後は周回でも使える

ウーノは最終で攻撃性能が大幅強化され、周回でも使えるように強化。かばう時に1ターンの攻撃大幅UPによる通常軸、奥義による味方全体渾身による奥義軸共に運用可能だ。

ただし、他キャラで代用がしやすい。高難度はウーノが必須な場面はなく、周回時も最速の編成にはならない。幅広く優秀だが、最適解な場面はないため最終おすすめ度は「B」だ。

ウーノのキャラ評価と運用方法

ソーン:二王弓

最終前 最終後
ソーン ソーン
属性 種族 得意武器
光 ヒューマンヒューマン 弓
加入 最終
おすすめ度 B A
周回適性 ★★☆☆☆ ★★★★☆
高難度適性 ★★☆☆☆ ★★★☆☆
代用の効きにくさ ★★★★☆ ★★★★★

60秒「麻痺」のデバフがメインのキャラ

加入時点でのソーン最大の強みは、奥義使用後に付与できるようになる60秒の麻痺効果だ。マルチバトルの敵の動きを止めて一方的に攻撃できるため、周回が楽になる。他にも全体攻撃を活かした複数敵相手の周回で活躍するため、加入おすすめ度は「B」だ。

最終後は優秀なバッファーとして運用できる

最終後は奥義で味方全体に発動率100%のクリ確率UPが追加され、バッファーとして優秀になる。光のマグナ編成では火力が不足しがちなので編成から抜けにくい。

最終後は麻痺効果の90秒延長により周回で活躍

最終後は4アビの「敵の弱体効果90秒延長」により麻痺を150秒にでき、一方的に攻撃可能な時間が延びる。高難度バトル攻略やつよばはで活躍しやすい。麻痺が効かない敵も多いが、バッファーとしても強力な点を加味し最終おすすめ度は「A」だ。

ソーンのキャラ評価と運用方法

サラーサ:三寅斧

最終前 最終後
サラーサ サラーサ
属性 種族 得意武器
土 ドラフドラフ 剣斧
加入 最終
おすすめ度 S C
周回適性 ★★★★★ ★★☆☆☆
高難度適性 ★☆☆☆☆ ★★☆☆☆
代用の効きにくさ ★★★☆☆ ★★☆☆☆

無属性ダメージで周回を楽にできる

サラーサは全体無属性ダメの3アビ「グラウンドゼロ」により、HPさえ確保すればドロ率UPや経験値UP装備で周回できるようになるのが強み。金銀スライムや共闘スラ爆を効率化できるため、加入おすすめ度は「S」だ。

最終後はアタッカー兼デバッファーとして優秀

最終するとグラゼロに土防御25%DOWN付き、防デバフ役も可能になる。アタッカーとしても全体的に強化されるが、渾身が主流のため背水軸のサラーサは主戦力にならず、おすすめ度は「C」となっている。

グラゼロは編成が強くなるほど必要なくなる

最終すると「グラウンドゼロ」のダメ上限が上がり、「アーカルムの転生」で倒せる敵が増える。ただし、編成が強くなっていくと最終的には「ディストリーム編成」で周回するようになるため、サラーサは必要なくなってしまう。

サラーサのキャラ評価と運用方法

カトル:四天刃

最終前 最終後
カトル カトル
属性 種族 得意武器
水 エルーンエルーン 短剣短剣
加入 最終
おすすめ度 C C
周回適性 ★☆☆☆☆ ★★☆☆☆
高難度適性 ★★☆☆☆ ★★★★☆
代用の効きにくさ ★★★☆☆ ★★★☆☆

強化効果延長と弱体が強みだが貢献が不安定

カトルは味方の強化効果1ターン延長により、四天刃の奥義やリリィのダメージカットなど、強力な効果を延長しパーティに貢献できるのが強み。ただし、弱体効果がランダムで安定せず、最大CT増加は主人公のグラビティで代用できてしまうため、加入おすすめ度は「C」だ。

最終後は高難度全般で優秀になる

最終後は1アビ弱体が2個に増えて「喪失」が追加され、ディスペルもできるようになり高難度で活躍可能に強化。ルシHLやベルゼバブHLでも使えるため、最終での役割は多い。ただし、高難度は代用できるキャラが多く、カトルが必須ではないため最終おすすめ度は「C」だ。

カトルのキャラ評価と運用方法

フュンフ:五神杖

最終前 最終後
フュンフ フュンフ
属性 種族 得意武器
光 ハーヴィンハーヴィン 杖
加入 最終
おすすめ度 C B
周回適性 ★☆☆☆☆ ★☆☆☆☆
高難度適性 ★★★☆☆ ★★★★★
代用の効きにくさ ★★☆☆☆ ★★★★★

自動復活効果が特徴の回復特化キャラ

フュンフは味方単体に自動復活を付与でき、主人公が戦闘不能になる事故を防げるのが強み。ただし、火力UPに繋がるアビリティは少なく、短期戦や周回プレイでは強さを発揮しにくいため加入おすすめ度は「C」だ。

最終後は最強の回復キャラ&デバフも可能

最終後のフュンフは奥義で闇属性攻撃DOWNや連撃率DOWNが追加される他、回復キャラとしても更に優秀になる。高難度バトルで編成から抜けにくいが、逆に短期戦の周回時にはほぼ使わないため最終おすすめ度は「B」になっている。

フュンフのキャラ評価と運用方法

シス:六崩拳

最終前 最終後
シス シス
属性 種族 得意武器
闇 エルーンエルーン 格闘格闘
加入 最終
おすすめ度 B A
周回適性 ★★★☆☆ ★★★★☆
高難度適性 ★★☆☆☆ ★★★★☆
代用の効きにくさ ★★☆☆☆ ★★★★☆

自己累積強化型のアタッカー

シスはサポアビの効果によって常時DA以上が確定し、自己強化アビリティで高い火力を出せる。加入段階でもアタッカーキャラとして使えるが、他キャラで代用しやすいためおすすめ度は「B」だ。

最終後は最強のアタッカーに強化される

最終後は1アビの追撃+与ダメUPとサポアビによる自己強化が追加され、アタッカーとしては他の追随を許さないレベルに強化。古戦場EX+の周回では奥義アタッカーとしても運用可能。3ターンの恐怖や命中率DOWNによって耐久力も高く、フルオート編成でも活躍できるためおすすめ度は「A」だ。

シスのキャラ評価と運用方法

シエテ:七星剣

最終前 最終後
シエテ シエテ
属性 種族 得意武器
風 ヒューマンヒューマン 剣
加入 最終
おすすめ度 S A
周回適性 ★★★★★ ★★★★☆
高難度適性 ★★☆☆☆ ★★★☆☆
代用の効きにくさ ★★★★★ ★★★★★

味方全員の奥義ダメを常に強化するバッファー

シエテ最大の強みは、サポートアビリティの「味方全体の奥義ダメージ50%アップ」によるバッファーだ。奥義ダメを上限まで出せない序盤にシエテを仲間にすると、爆発的に火力を伸ばせる。

クラス4ジョブのレリックバスターで奥義ゲージ100%UPと奥義上限UPが容易なため、奥義ダメを上げられるシエテの価値は高い。シナリオイベントや古戦場を奥義周回する際に、シエテを編成するだけで大幅に効率が上がるため加入おすすめ度は「S」だ。

最終後は攻撃性能が大幅に強化

最終後は味方全体の奥義ダメージ上限も上がり、シエテ自身の攻撃性能が飛躍的に伸びる。他にも、V2の高頻度バトルでは高い奥義頻度によるFCゲージ確保&予兆解除に役立つのも強み。武器集めや古戦場の肉集めを筆頭に活躍の場が多いため、最終おすすめ度は「A」だ。

シエテのキャラ評価と運用方法

オクトー:八命切

最終前 最終後
オクトー オクトー
属性 種族 得意武器
土 ドラフドラフ 刀
加入 最終
おすすめ度 A A
周回適性 ★★★★☆ ★★★★☆
高難度適性 ★★☆☆☆ ★★★☆☆
代用の効きにくさ ★★★★☆ ★★★★★

超高回転の奥義200%アタッカー

オクトーは奥義ゲージの最大値が200%のため、強力な奥義キャラ。奥義ゲージ上昇量も常に2倍のため、レリックバスターの奥義ゲージ100%UPで200%まで上昇するのも強み。奥義周回でダメージを出すなら最強といえる性能のため、加入おすすめ度は「A」だ。

最終後は奥義アタッカーとしての性能が強化

最終後は奥義で自分の連撃率UPに加え、味方全体を土属性攻撃UPで強化可能。オクトーは奥義周回時のダメージが伸びるだけでも貢献度が大きく、1アビ発動時には更に火力が出せる。土属性は「ガレヲンジョー」で奥義ダメージの底上げもしやすく、2回発動する奥義の恩恵も高い。

奥義周回時には必須レベルのキャラ

最終オクトーはダメージが高く、奥義周回では最強の性能だ。古戦場肉集めやシナリオイベント、サンドボックスの周回など活躍できるバトルが多く、代用も効きにくいため最終おすすめ度は「A」だ。

オクトーのキャラ評価と運用方法

ニオ:九界琴

最終前 最終後
ニオ ニオ
属性 種族 得意武器
風 ハーヴィンハーヴィン 楽器楽器
加入 最終
おすすめ度 C B
周回適性 ★★☆☆☆ ★★★☆☆
高難度適性 ★★☆☆☆ ★★★☆☆
代用の効きにくさ ★★☆☆☆ ★★★☆☆

敵の行動をターンで封じる「昏睡」役

ニオは、敵に行動を封じる「昏睡」効果を付与できるのが最大の強み。睡眠と違って攻撃時に確率で解除されるため、運が良ければ効果ターン中は一方的に攻撃も可能だ。ただし、「昏睡」は効かない敵が多い。

また、同属性のシエテと比べると周回適正が大きく落ちる。ニオはバッファーとしても使えるが、サイドストーリーで入手できる「コッコロ」で代用が効くため、加入おすすめ度は「C」だ。

最終後はバッファーとして強力になる

最終後のニオは、2アビの効果が大幅に強化。DAだけでなくTA率も上がり、特殊強化で攻撃力も上昇する。また、4アビによる4ターンの確定TA+50%追撃も強力。ただし、10〜13ターンを想定した周回コンテンツはなく、最大限の活躍はさせられないため最終おすすめ度は「B」だ。

ニオのキャラ評価と運用方法

エッセル:十狼雷

最終前 最終後
エッセル エッセル
属性 種族 得意武器
火 エルーンエルーン 銃
加入 最終
おすすめ度 S S
周回適性 ★★★★★ ★★★★★
高難度適性 ★★☆☆☆ ★★★☆☆
代用の効きにくさ ★★★★★ ★★★★★

メインサブ問わず編成するだけでドロップ率UP

エッセルは、サポートアビリティに「サブメイン問わず編成時にアイテムドロップ率5%UP」の効果があるため、属性問わず幅広い編成に入る性能。特に金箱からの武器ドロップや素材を集める際は必ず入るため、加入おすすめ度は「S」だ。

最終で火属性屈指のアタッカーに強化

ブレアサを常時適用する「強襲」や、4アビで味方全体に確定TA+追撃30%+ブレアサという強力なバフが非常に優秀。10ターン戦うバトルでは4アビ中心で編成を組むほどの性能。ブレアサ以外は2ターン持続のため、召喚石「シヴァ」と合わせれば実質2ターン続けて大火力で攻撃可能だ。

ドロップ率UPも10%に強化

サポアビによるドロップ率UPも10%に強化され、シンプルに素材や武器集めで他属性編成のサブキャラとして使える。更に活躍の幅が広がるため、最終おすすめ度は「S」だ。

エッセルのキャラ評価と運用方法

十天衆とは

無課金で入手できる最強クラスのSSRキャラ

ゲーム内コンテンツで加入

十天衆はゲーム内のコンテンツを進めていくと仲間に加えられる。ガチャなどの課金要素は関わらない。

各々の武器種において全空一の使い手たち

グラブルに登場する10の武器種を使いこなし、各々の得意とする武器において右に出るものがいない「全空一の使い手」と呼ばれている。加入や最終上限解放にはゲーム上・エピソード上ともに対応する武器が関わる。

十天衆の関連キャラとイベントまとめ

計画的にプレイすれば誰でも入手できる

十天衆を仲間にするのに必要な素材は多いが、計画的にプレイしていれば誰でも仲間にできる。必要な素材を確認し、こつこつ加入の準備を行おう。

十天衆の加入方法と最終/超越手順

加入までの手順と最終のやり方
古戦場で対応する天星器を獲得
古戦場武器を最終段階まで強化
ヒヒイロカネなどの素材を使って「加入」
「最終」は大量の周回時間と素材が必要
「限界超越」は素材とレベル上げが必要

古戦場で対応する天星器を獲得

天星器

定期開催されている古戦場イベント(団イベ)にて、イベント限定武器である「天星器(古戦場武器)」を手に入れることから十天衆獲得への道は始まる。古戦場武器は最大まで上限解放(3凸)しておく必要があるので、戦力に合わせて取得するとよいだろう。

ドレッドバラージュでも入手可能

討伐手形

古戦場以外でも「ドレッドバラージュ」イベントで天星器は入手可能。古戦場イベントが開催されない月に不定期で開催され、入手できる数は最大20本。好きな天星器と交換できる「討伐手形」として入手でき、トレジャー交換から1本ずつ交換が可能だ。

「天星器」全種一覧

古戦場武器を最終段階まで強化

多種多量のトレジャーを素材に使う

十天衆の加入には、天星器の最終強化後に発生するフェイトエピソードクリアが必須。天星器を強化する過程は必要不可欠となる。非常に膨大な素材や時間のかかる周回が求められるので、計画を立てて地道にこなすのが良いだろう。

属性変更時の注意点

天星器を強化していく過程で、武器を自分の好きな属性に変更できる。属性変更は基本的にどの属性でも構わないが、後々、十天衆の最終上限解放を狙う際には作成した天星器を装備して十天衆と戦う必要がある。そのため、対応している十天衆に弱点をとられる属性は避けたほうが良い。

「天星器」の強化素材・手順

ヒヒイロカネなどの素材を使って加入

ヒヒイロカネ

入手したヒヒイロカネは大切に保管しておこう

十天衆を仲間にするためには貴重なアイテム「ヒヒイロカネ」が必要となる。入手できた場合、他にいくつかの使い道はあるものの、十天衆を仲間に加えるために保管しておこう。

「ヒヒイロカネ」の入手方法と使い道

最終は大量の周回時間と素材が必要

十天衆の最終上限解放手順

十天衆の最終上限解放を行うには、「エンジェルヘイロー」を始めとした周回を大量に行い、「天星器」も基本的には40本必要。更に最終にも「ヒヒイロカネ」を使うため、大量の周回時間と素材が必要になる。こつこつと準備を進めて最終を目指そう。

十天衆の最終上限解放手順と必要素材一覧

限界超越は素材とレベル上げが必要

限界超越

十天衆の限界超越を行うには、最終よりも多くの素材が必要。貴重な素材としては「ヒヒイロカネ」に加えて、「碧麗の証」が要求される。さらに、レベルを100から150まで上げる必要があるため、レベル上げにも多くの時間を割かなければならない。

十天衆「限界超越」のおすすめと必要素材

関連記事

十天衆関連記事
シエテ
十天衆一覧
ヒヒイロカネ
加入手順
十番天星の欠片
最終手順
無我・天伐槍
超越手順
天星器天星器(古戦場武器)のおすすめと一覧
古戦場武器を入手可能なイベント
決戦!星の古戦場
イベント『決戦!星の古戦場』まとめ
「天星器」が手に入る古戦場関連記事
古戦場・初心者
初心者向け攻略
古戦場:戦貨
戦貨の稼ぎ方
古戦場:戦貨
40箱コースのやり方
十天衆のキャラクター情報
十天衆設定
十天衆の関連キャラとイベントまとめ

ゲーム知識TOP

オススメの記事