グラブル
『ビリビリ★エレクトリカルサマー』は8日21時まで
『ビリビリ★エレクトリカルサマー』攻略情報
『ラブライブ』コラボ事前情報まとめ
『水着ガチャ』限定キャラ一覧
水着10連ガチャシミュレーター

アルバハHLを徹底攻略

編集者
ライターW
更新日時

グラブルにおける超高難度マルチバトル『アルバハHL(神撃、究極の竜HL)』の攻略情報を掲載。アルバハの行動表や攻略に必要なジョブと編成に加え、ドロップするアイテムなども掲載しているので参考にどうぞ。

グラブル「神撃、究極の竜HARD」

©Cygames, Inc.


直近のアップデート予定

光と闇属性耐性を引き下げ予定

アルバハバランス調整

7/15(日)の生放送にて、アルバハHLの光と闇属性の耐性を引き下げることが告知された。

耐性は消失しないものの、HPによって最大20%程まであった光と闇属性の耐性が10%にまで引き下げられる。とのこと。

アルティメットバハムートHLの基本情報

「神撃、究極の竜HL」のクエスト情報

消費AP 100 参加人数 6人
回数制限 1回/1日 エリクシール 使用不可
開始条件 Rank130以上(参戦もRank130以上のみ)
「神撃、究極の竜」をクリア
トリガー 星の欠片星の欠片
出現場所 ベスティエ島 第92章

敵のステータス情報

敵名称 Lv200 アルティメット・バハムート・属性耐性:光/闇属性(残HPで割合変動)
推定HP 約4億2000万 ゲージ あり
CT HP100〜76% ◇◇◇◇HP75〜51% ◇◇HP50〜31% ◇◇◇◇◇◇◇HP30〜11% ◇◇◇◇HP10〜0% ◇◇◇

狙えるドロップアイテム

宝箱 報酬内容
宝箱・赤
自発赤箱
オメガユニットダマスカス磁性粒子ヒヒイロカネ
宝箱・赤
順位赤箱
オメガユニットダマスカス磁性粒子究竟の証銀天の輝き
宝箱・金
金箱
オメガユニットダマスカス磁性粒子ヒヒイロカネ究竟の証覇者の証栄光の証ミカエルのアニマガブリエルのアニマウリエルのアニマラファエルのアニマ銀天の輝き火のプシュケー水のプシュケー土のプシュケー風のプシュケー光のプシュケー闇のプシュケー碧空の結晶

アルバハHLに挑戦する目安

Rank 170 以上
HP 主人公
・セージorスパルタでHP30,000以上他キャラクター
・HP25,000以上
召喚石 トール所持
(トールは参戦者6人で3〜4枚必要)

アルバハHL行動早見表

アルバハの
HPトリガー
対策 スタンプ
《HP95%》風属性
ダイダロスウィング
ファランクス全員通過後ディスペル。 ハイ!
《HP85%》火属性
キルフレア
ファランクス可能なら100%カット。 不要
《HP80%》チャージMAX グラビティチャージMAX確認後、グラビティし、全員で攻撃してブレイクを狙う。 不要
《HP75%》土属性
バースコントロール
100%カット、幻影回避幻影や100%カットで突破。 不要
《HP70%》光属性
神撃
ファランクス全員通過後トールを使用し、麻痺を狙う。 ハイ!
《HP55%》火属性
キルフレア
ファランクス可能なら100%カット。 不要
《HP50%》無属性
シリウス
かばう、敵対心アップ完全ランダムのため、敵対心アップやかばうで主人公の事故を防ぐ。恐怖を狙う場合のみ、トールを考慮 不要
《HP45%》全属性
シリウス
ファランクスHPが少ない場合は100%カット。 不要
《HP40%》無属性
シリウス
かばう、敵対心アップ完全ランダムのため、敵対心アップやかばうで主人公の事故を防ぐ。 不要
《HP35%》全属性
シリウス
ファランクスHPが少ない場合は100%カット。 不要
《HP30%》フィールド
「滅びの刻」
-1人通過後トールを使用。 不要
《HP28%》チャージMAX ファランクスHPが少ない場合は100%カット。50〜30でテュポーンが余っていたら使用。 不要
《HP22%》水属性
オメガブラスト
ファランクスバフ消去があるため注意。 不要
《HP15%》闇属性
完全なる破局
100%カット無属性の追撃ダメージがあるため、残りHPに注意。10%トール担当者は17%ぐらいから待機。 不要
《HP10%》全属性
ビッグバン
ファランクス全属性多段攻撃。トール担当者以外が通過後、トールを使用。担当者はそのまま5%まで待機。 ハイ!
《HP5%》闇属性
キルフレア
ファランクス10%トール担当者合流。 不要
《HP1%》全属性
ビッグバン
ファランクスファランクスで受け切るか、火力で押し切る。 不要

全員がハイ!スタンプを押す場面

95%、70%、10%で攻撃を受けたら

HP95%時の風属性のダイダロスウィング、70%の光属性の神撃、10%の全属性のビッグバンを受けたら全員が「ハイ!」のスタンプを押そう。

アルバハ残HP 理由
HP95% アルバハがダイダロスウィングを使用すると、アルバハに高揚が付与されるため、全員通過後にディスペルで高揚を無効化するため。
HP70% アルバハが神撃を使用すると、1人につき2個アルバハに付与されているデバフが消去される。70%以降麻痺を狙うパターンが多いため、トールの効果が消えないように全員通過後にトールを使用するため。
HP10% アルバハがビッグバンを使用すると、付与されているデバフが全消去される。トールの効果が消えないように、全員通過後にトールを使用するため。

50%、30%はデバフの全消去が合図

現在において、HP50%の「恐怖」を狙う、HP30%の「トール」を召喚する場合、"アルバハに付与されたデバフの全消去を合図"にしていることが多く、スタンプ合図は必須ではなくなっている。

アルバハHL攻略手順①:HP100〜50%

HP100%〜:レギンレイヴ対策

ターゲッティングは必ずクリアすること

アルバハHターゲッティング
▲自己解除できない場合、クリアオールを待とう

敵の通常攻撃を受けると、ランダムでターゲッティング状態が付与される。

ターゲッティング状態を解除しないまま攻撃すると、特殊行動の「レギンレイヴ」が発動し、カットなしではメンバーが脱落する可能性もある。必ずセージのクリアオールで解除すること。

HP95%:ダイダロスウィング(風)

70%以上のダメージカットで通過

ダメージカットなしで通常1万ダメージを受ける特殊行動。クリティカルが発動すれば当然ダメージは1.5倍まで上がってしまうので、70%以上のダメージカットをして通過したい。

全員通過後にディスペル

通過後は必ず「ハイ!」スタンプを押し、全員の通過後ディスペルを使用しアルバハの高揚を解除しよう。

HP85%:キルフレア(火)

火属性100%カットで通過したい

アルバハ85%トリガー「キルフレア」
▲ ダメージも高いが付与される弱体効果も厄介

火属性の特大ダメージを受けるので、必ずファランクスを受けてからHPトリガーを踏むこと。可能であればアテナや火鞄とファランクスを組み合わせて100%カットを狙いたい。

灼熱・虚脱はクリアオールで対処

また、灼熱、虚脱が付与されるので、クリアオールを使用して迅速にデバフを解除しよう。

HP80%:チャージターン即MAX

アビリティ使用でもトリガー発動

HP80%になるとアルバハのチャージターンがMAXになる。行動していない時にHPが80%になった場合は、攻撃以外にアビリティを使用した場合でもチャージターンがMAXになる。

カトルのグラビティを付与できれば◯

チャージターンMAXの状態で最終カトルのアビリティによるグラビティの付与を待つ。グラビティが成功したら全員で攻撃し、アルバハをブレイクさせよう。参戦者全体の攻撃力が高いと特殊技を受けずにブレイクさせることができる。

HP75%:バース・コントロール(土)

土属性100%カットで受けること

味方単体に土属性5万ダメージを与えてくるので、必ず100%ダメージカットが必要。単体攻撃のため、幻影の付与でも対象可能。バース・コントロールにより、フロントメンバーを2人、サブメンバーと強制的に交代されてしまう。

通常攻撃が全体化(HP50%まで)

HP75%で発動する「バース・コントロール」を皮切りに、アルバハの通常攻撃が全体化する。デバフも全て消滅しているため、次のHPトリガーの70%までの通常攻撃が非常に痛く、パーティ壊滅に繋がる危険が高い区間。

「ファランクス使います!」や「ファランクスお願いします!」のチャット定型文などを用いて参戦者同士で連携し、被らないようにファランクスを駆使して突破を図る。

弱体は70%まで必要最低限で温存

デバフ全消去により、再度デバフを付与する必要があるが、HP70%のトリガーでも再度デバフが消えてしまう。耐性をむやみに上げないためにも、弱体はできるだけ温存したい。

▼ ソーンを編成している場合
ソーンの2アビ:ディプラヴィティで付与できるターン制麻痺は、3アビの麻痺耐性に影響しない。そのため、このタイミングで2アビを使いターン制麻痺を付与できれば、HP70%までの間にターンをより回しやすくなる。

HP70%:神撃(光)

受けた後に「ハイ!スタンプ」を押そう

「神撃」は全体に1万程度の光属性ダメージ。100%カットする必要はなく、ファランクスを受けて攻撃を受けよう。攻撃を受けたら「ハイ!」スタンプを押して、通過したことを申告しよう。

全員通過後、トールを使う

全員がHP70%トリガー通過後、トールを使用してデバフを付与する。トールは1人1回しか使えないため、バトル前にトール所持者は"どこで誰が使うか"を決めておくこと。

トール
召喚石トール
敵全体に光属性ダメージ(特大)/敵全体のステータス(弱体耐性、攻撃、防御、DATA率)大幅DOWN ◆再召喚不可

ソーンで麻痺を狙うと安全

トールを使用したらソーン持ちは麻痺付与を狙おう。成功すれば効果時間中は一方的に攻撃できるので、全体攻撃による被弾を恐れず戦える。

ただし、アルバハの特殊行動は麻痺状態でも発動するため、次(HP55%)の行動には気をつけよう。

▼ ソーンの4アビ「二王の諍い」はどうする?
最終ソーンの4アビで麻痺時間延長をせずとも、HP50%付近までもっていける場合、麻痺延長はしないほうがいい。参戦メンバーの戦力が足りない場合のみ使用を考慮しよう。

HP55%:キルフレア(火)

火属性100%カットを狙おう

HP85%の時は間に合わなくとも、HP55%の時にはアテナや火鞄が使用可能になっている可能性も高いため、ファランクスと組み合わせて100%カットを狙おう。

なお、70%で麻痺を入れた場合でも特殊行動は発動するので要注意。

受けた後の弱体をクリアオールで対処

HP85%時に発動する特殊行動と同じ名前だが、こちらは付与される弱体効果が、防御ダウンや石化などにパワーアップしている。

放置すると大ダメージを受けかねないので、クリアオールで消去しておくこと。

55%キルフレア
▲石化はマウントかクリアオールで対処

アルバハHL攻略手順②:HP50〜30%

HP50%:無属性「シリウス」を全員で通過

50%で発動する特殊行動「シリウス」は無属性ダメージなので、ファランクスなどのダメージカットは無効。なるべくHPを回復してHPトリガーを踏もう。主人公のHPが90%以下だと事故の確率が高くなるため注意。

HP50%〜:特殊技の発動前にHP30%を突破する

理の超越
▲ ダメージカット無効、サブメンバーを含め全滅する

アルバハはHP50%になると通常攻撃を止め、HPトリガー以外の行動をしなくなる。チャージターンが溜まるとこちらのパーティーを必ず全滅させる特殊技「理の超越」が発動する。「理の超越」は参戦者が1人でも発動させると全員に対して発動してしまうため要注意。

恐怖がない場合はテュポーンで対応しよう

召喚効果
テュポーン
テュポーン
敵全体に闇属性ダメージ(特大)/敵全体のチャージターンをリセット ◆再召喚不可▶ テュポーンの性能と評価はこちら

召喚石のテュポーンを使うことで、敵のチャージターンをリセットすることができる。合体召喚を利用することで、テュポーン1枚につき2人まで恩恵を受けることができる。

HP50/45/40/35%で「シリウス」発動

HP シリウスの種類
HP50% 【無属性】
最大HPの30%分の無属性ダメージ×4
HP45% 【全属性】
何れかの属性大ダメージ×4
HP40% 【無属性】
最大HPの30%分の無属性ダメージ×4
HP35% 【全属性】
何れかの属性大ダメージ×4

通常行動がない状態でも、50%から5%刻みに無属性ダメージと4属性の「シリウス」を交互に発動する。HP50%と40%は主人公のHPを91%以上にするか「かばう」で1人犠牲にして通過、45%と35%はファランクスを受けて突破しよう。

アルバハHL攻略手順③:HP30%〜

通常攻撃が単体に戻る

HP30%になると再びアルバハが通常攻撃を再開する。通常攻撃は単体攻撃のため、幻影の付与などが有効。

OD時の特殊行動は「完全なる破局」

完全なる破局

HP30%以降、オーバードライブ状態時の特殊行動は「完全なる破局」となる。全体に闇属性999,999ダメージのため100%カット必須

HP30%〜:以降はHP10%以下になると即死

滅ビノ刻
▲ ダメージはないが必ずスタンプで確認してから弱体を付与

チャージターンがリセットされ、以降はチャージターンが◇◇◇◇に減少。さらに味方のHPが10%以下になると戦闘不能になるフィールド効果を発動してくる。

最初にHP30%のトリガーを踏んだ人のみデバフの全消去がかかるため、踏んだ人は「ハイ!」スタンプで申告し、スタンプを確認したらトールを使おう。

HP28%:チャージターンがMAX

HP28%になるとアルバハのチャージターンがMAXになる。行動していない時にHPが28%になった場合は、アビリティを使用したり、リロードすることでチャージターンがMAXになる。特殊技はファランクスを貰ってから受けよう。

HP22%:「オメガブラスト」

HP22%になるとアルバハは「オメガブラスト」を使用する。水属性の全体ダメージで、攻撃を受けるとバフが消去される。ファランクスを貰ってから受けよう。

HP15%:「完全なる破局」

15%完全なる破局
トールが使えるプレイヤーを1人残すのがおすすめ

全体に闇属性999,999ダメージのため100%カット必須。HP15%の「完全なる破局」を受けると、『召喚不可』のデバフが付与される。『召喚不可』のデバフは解除不可能。

「神光」「終末の光」2種のバフが付与されるため、ディスペルで消去してから動きたい。

10%トール担当者はHP5%まで待機

HP10%のトリガーでデバフの全消去が再度あるため、10%トール担当の人はHP17%からトールが召喚可能な状態で待機する

HP10%:「ビッグバン」

「ビッグバン」はランダム属性の多段攻撃なのでファランクス+かばうで対処。またはHPに余裕があるならばファランクスだけでも受けられる。

ビッグバン無属性ダメージ
▲ 無属性ダメージの威力は低いのでかばうがあると安全

アルバハが「ビッグバン」を使用するとデバフがリセットされるため、「ビッグバン」を受けたら「ハイ!」スタンプで通過したことを申告しよう。

「ビッグバン」はファランクスを貰ってから受けないと全体多段攻撃のため、大きくHPを削られてしまいパーティが壊滅する可能性が高いので注意。

全員通過後、トールを使用

15%の「完全なる破局」を受けた全員が「ビッグバン」を通過したことを確認したら、待機していた10%トール担当者はトールを使用する。しかし、トールを使用するだけで間違っても攻撃してはいけないトール使用後はそのままHP5%まで待機しよう。

HP5%:キルフレア

5%闇キルフレア
▲ 同じ名前だが闇属性ダメージの「キルフレア」が発動

闇属性ダメージの「キルフレア」が発動。ダメージはそこまで大きくないのでファランクスだけで受けることが可能。

待機していた10%トール担当者が合流

HP5%の「キルフレア」にはデバフ消去が効果に含まれないため、HP5%になったら10%トール担当者も攻撃を再開しよう。

HP1%:「ビッグバン」

1%ビッグバン
▲ 倒し切るまで油断は禁物

HP1%で再び「ビッグバン」が発動。ファランクスを貰って踏むか、HP5%以降から参戦者全員の奥義フルチェインで一気にHPを削ってしまおう。

主人公のジョブとアビリティ構成

基本スパルタとセージが安定

スパルタ セージ

アルバハHLでは主にスパルタ5人、セージ1人の編成が主流となっており、どちらかのジョブで参戦することを想定して準備しよう。

ファランクスがより欲しい環境に

討伐速度上昇による影響

アルバハHL実装当時はスパルタ4セージ2の編成が主流であり、勿論現在もその構成で挑む場合もあるが、クリア経験者が増え討伐速度が速まり、ファランクスが足りなくなる場合もあるため、現在ではスパルタ5セージ1の構成が増えてきている。

スパルタのアビリティ構成

スパルタ

EXアビ1 EXアビ2 リミアビ
リヴァイヴ
リヴァイヴ
【固定】
ディスペル
ディスペルかばう
かばうクリアオール
クリアオール
シールドワイア
シールドワイアセンチュリオン
センチュリオンⅡ

キャラを蘇生させるためのリヴァイヴが固定で、2つ目のEXアビリティが編成するキャラによって選択肢が分かれる。

リミットアビリティはシールドワイア、センチュリオンⅡのどちらかから選択する形になるが、スロウはHP50%以降無効になるため注意。

セージのアビリティ構成

セージ

EXアビ1 EXアビ2 リミアビ
リヴァイヴ
リヴァイヴ
クリアオール
クリアオール
ディスペル・シージ
ディスペル・
シージ

セージのアビリティ構成はリヴァイヴ、クリアオール、ディスペル・シージの3つ以外に採用するアビリティがないためほぼ固定となる。

アルバハHL攻略にオススメの召喚石

召喚石 詳細
トール
トール
【オススメ度】SS一度きりだが超強力な弱体効果を敵に付与することができる。アルバハHL攻略には最低でも3名は用意したい。全体で使える数が多いと攻略が楽になる。
ルシフェル
ルシフェル
【オススメ度】S4凸の高いステータスと召喚効果による回復が重要。回復量も多く合体召喚でも拾うことができると嬉しい場面が多い。
アテナ
アテナ
【オススメ度】Sファランクスと合わせて100%カットに使用することが多い、4凸済みの場合はダメージカットに加え再生効果もつくのが回復が必要になるアルバハHL戦では重要。
テュポーン
テュポーン
【オススメ度】A50%以降の即死特殊技「理の超越」を回避するために使用。全員が所持する必要はないが、50%〜30%までに使わなくても28%のチャージターンMAXを回避できる利点もある。
グリームニル
グリームニル
【オススメ度】A一度しか召喚できないが、味方全体にバリアを付与することができる。バリアの値は1万と大きく、召喚までのターン数も短いため、非常に使いやすく便利。
エウロペ
エウロペ
【オススメ度】A成功率100%で2人蘇生させることができる。事故時の保険。自分だけでなく、合体召喚を利用することで、参戦者の事故を救うことができる。
ガルーダ
ガルーダ
【オススメ度】B敵の単体攻撃と特殊技を回避できる幻影を付与することができる。75%のバースコントロールを回避するのに役立つ。HP75%トリガーの他、HP30%以降の通常攻撃が単体のゾーンでも役に立つ。
ティアマト・マグナ
ティアマト・マグナ

各属性の役割

火属性

最終アニラはほぼ必須

アニラ

火属性で参戦する場合、最終上限解放したアニラはほぼ必須といえる。味方全体を強化するバフ、参戦者全体に恩恵がある全属性デバフ所持、と非常に強力なキャラクターとなっている。

恐怖は必須ではなくなりつつある

アルバハHLのクリア経験者が増え、討伐までの平均速度が上がってきたこともあり、HP50-30%区間での恐怖の重要性が低くなってきている。

アルバハHLの適正度が高いキャラ

キャラ 詳細
パーシヴァル
パーシヴァル
【役割】
アタッカー 恐怖3アビの自己強化で背水に頼らずとも火力を出しやすい。参戦者の火力が低く、50-30%区間を押し切れない場合に、恐怖の付与を狙う。
ユエル
ユエル
【役割】
追撃 回復クリア効果つきの回復でパーティーのHPを保つだけでなく、追撃付与などで火力面も補助できる。
スツルム
スツルム
【役割】
アタッカー 累積防御DOWN優秀なアタッカー且つ累積防御DOWNの付与が可能なため、通常の攻防DOWN無効区間での防御デバフ役としても有用。
アギエルバ
アギエルバ
【役割】
かばうアビリティでかばうことが可能なため、壁役として活躍することができる。
ソシエ
ソシエ
【役割】
ダメージカットアビリティで味方全体のダメージカットが可能。アビリティ強化後で60%カットのため、アテナと組み合わせての100%カットが不可能な点には注意。
その他適正度が高いキャラ
敵対心UP持ちアタッカー ディスペル、火防DOWN
水着ベアトリクス
水着ベアト
クラリス
クラリス

火属性でアルバハHLに挑戦する際の編成や、おすすめキャラクターなどは以下のページでより詳しく紹介している。

アルバハHL編成・火

水属性

最終上限解放した十天衆2名必須

ウーノとカトル

水属性はアルバハHLにおいてのデバフ役を主に担当する。攻略において、固有デバフである『喪失』や、その他様々なデバフを付与することができるカトルや、100%カットや奥義にストレングスとバリア付与を持つウーノは必須だ。

事故率が低く、安定した攻略が可能

水属性は装備でHPを稼ぎやすく、安定して高火力を出せるため、アルバハHL攻略においてメインとなる属性になる。

アルバハHLの適正度が高いキャラ

キャラ 詳細
ウーノ
ウーノ
【役割】
100%カット アタッカー100%カット、奥義のストレングス+バリア付与、かばうカウンター、無条件で発動可能なアサシンなど全てにおいて最高クラスのキャラ。
カトル
カトル
【役割】
弱体 グラビティ ディスペル最終上限解放後、奥義に連続攻撃率アップ効果が追加され、安定して火力を出すことが可能。ダメージアビリティでデバフを付与可能であり、「喪失」を付与できると参戦者全員の火力アップに繋がる。
ドランク
ドランク
【役割】
回復 弱体耐性ダウン ディスペル弱体耐性ダウンの付与が可能なため、参戦者全員がデバフを付与しやすくなる。持てる役割も多く、汎用性が高い。
アルタイル
アルタイル
【役割】
弱体 味方全体強化攻防デバフだけでなく味方全体へのバフも持つため、ドランク同様に汎用性が高い。
ロミオ
ロミオ
【役割】
かばうアビリティでかばうことが可能なため、壁役として活躍することができる。
その他適正度が高いキャラ
ダメカ所持 デバフ、味方回復 かばう可能
シャルロッテ
シャルロッテ
ソシエ
ソシエ
ヨダルラーハ
ヨダルラーハ
水防DOWN、弱体成功率UP 味方強化、恐怖 累積防御DOWN
水ユエル
水ユエル
ヴァジラ
ヴァジラ
ククル(SSR)
ククル(SSR)

水属性でアルバハHLに挑戦する際の編成や、おすすめキャラクターなどは以下のページでより詳しく紹介している。

アルバハHL編成・水

土属性

最終上限解放した十天衆2名必須

オクトー

土属性はアルバハHLにおいて、主に火力役を担当する。火力を出す上で最終上限解放した十天衆2名はほぼ必須といえる。

中でも最終上限解放したオクトーの奥義による属性バフや、奥義のダメージの高さが火力を出す上で非常に重要。

ブローディア、リミテッドカインの登場

ブローディア

土属性でアルバハHLに挑戦する際に、十天衆に次いで強力なキャラクターがブローディアとリミテッドカインだ。

特にブローディアはダメージカットや無敵付与を持ちながら、味方全体に付与された土属性攻撃力UPの効果を高めることができるため、オクトーと非常に相性が良い。

アルバハHLの適正度が高いキャラ

キャラ 詳細
サラーサ
サラーサ
【役割】
アタッカーバリアやカウンター、自己回復を持つため生存力の高さと火力の高さが光る。4アビを用いた火力も凄まじく、アタッカーとしてピカイチだが、「グラウンドゼロ」使用後はフォロー必須。
オクトー
オクトー
【役割】
アタッカー奥義を主軸にしたアタッカーのため、背水に頼らずに高火力を出せる点が魅力。サラーサとオクトーの奥義だけでHPを大きく削るため、HPトリガー直前の奥義は要注意。
ブローディア
ブローディア
【役割】
アタッカー ディスペル ダメージカット奥義にディスペル効果を持ち、味方全体に無敵の付与やダメージカットを付与可能。サポートアビリティに『味方全体の土属性攻撃力UPの効果UP』を持つため、オメガ武器奥義や、オクトーの奥義と相性抜群
サラ
サラ
【役割】
かばう ダメージカットクールタイムの短いダメージカットアビリティを持ち、アビリティでかばうを持つため壁役として活躍することができる。
リミテッドカイン
リミテッドカイン
【役割】
攻防DOWN 味方全体強化所持するデバフは片面枠の攻防DOWNのため、水属性のアルタイルやソシエのデバフと共存する。味方全体の強化が可能であり、強化効果は奥義を使うことで延長されるため、奥義を加速させるオクトーと高相性。
その他適正度が高いキャラ
アタッカー 2ターン持続かばう バッファー
ジークフリート
ジークフリート
ラスティナ
ラスティナ
レ・フィーエ
レ・フィーエ

風属性

最終上限解放した十天衆2名必須

シエテ

風属性は土属性同様にアルバハHLにおいて明確な役割がなく、純粋な火力枠としての参戦になるため、最終上限解放したシエテ、ニオが必須となる。

4アビは14%以降に発動がおすすめ

最終シエテの4アビを用いた瞬間火力の高さを活かし、アルバハHLのHPを14%から一気に減らすことが可能。

火力の高い風属性や土属性のプレイヤーが複数いれば、14%から一気に削ることで、トールなどの弱体効果などを付与せずに倒しきってしまうこともできる。

アルバハHLの適正度が高いキャラ

キャラ 詳細
シエテ
シエテ
【役割】
奥義アタッカー 全体強化サポアビにより味方全体の火力を底上げすることができる。最終上限解放後は奥義効果に自身に無敵付与が追加される。4アビを用いた瞬間火力の高さもピカイチ。
ニオ
ニオ
【役割】
バリア 全体強化 昏睡アルバハの行動の都合上、コルワを編成に組み込むことができないため、ニオのDA・TAアップは非常に重要。奥義効果の魅了はもちろん、奥義追加ダメージや4アビの追撃効果で火力貢献できる。昏睡を使用する場面は、主に70%-50%の全体通常攻撃区間がオススメ。
レナ
レナ
【役割】
回復 奥義アタッカー貴重な蘇生アビリティをはじめ、ヒール、活性、クリアと回復役としては全属性でもトップのキャラ。奥義性能も高い。
浴衣ジークフリート
浴衣ジークフリート
【役割】
ダメージコントロール 属性防御DOWN敵対心により単体攻撃に対する安定感を高め、属性防御DOWNでダメージ量にも大きく貢献する。ダメージアビリティもトリガー用に役立つ。アルバハ用のキャラと言っても差し支えないキャラ。
水着クロエ
水着クロエ
【役割】
チェンジパーティメンバーを入れ換えて特定のメンバーで戦うために編成する。本人の戦闘能力は低い。
アンチラ
アンチラ
【役割】
敵対心コントロール 全回復シリウスをコントロールしたり、緊急時に全回復したりと保険的な使い方をされるキャラ。
その他適正度が高いキャラ
ダメージカット持ち 奥義アタッカー CTの短い単体クリア
ガウェイン
ガウェイン
ミリン
ミリン
リミテッドリーシャ
リミテッドリーシャ

風属性でアルバハHLに挑戦する際の編成や、おすすめキャラクターなどは以下のページでより詳しく紹介している。

アルバハHL編成・風

光属性

最終上限解放したソーンとトールが必須

ソーン

光属性はアルバハHLにおいて、麻痺の付与やHP70%でのトール使用が主な役割となる。水属性同様に装備でHPを稼ぎやすく、安定して立ち回ることができるが、アルバハは光と闇属性に対して耐性があるため、火力を出しづらい。

デバフの延長、火力の底上げの点から最終ソーンは必須。役割にデバフの延長も含まれるため、レベル100も必須となる。

アルバハHLの適正度が高いキャラ

キャラ 詳細
ソーン
ソーン
【役割】
弱体 麻痺 弱体効果延長アビリティによるデバフ付与、アビリティと奥義による麻痺、4アビによる弱体効果延長が役割。最終上限解放後の奥義効果も非常に強力で、火力を出すために必須。
フュンフ
フュンフ
【役割】
回復 強化 ディスペルHP回復、ストレングスや活性付与といったパーティの回復が主な役割。4アビを最大限に活かす場合は、サブメンバーを入れない編成にすることで主人公が倒れた場合でも確実に蘇生させることができる。
ソフィア
ソフィア
【役割】
回復貴重な蘇生アビリティを持つ。HP回復とクリアも持つが、HP回復は少々特殊なため使う時は注意が必要。蘇生も成功確率が100%でないため過信は禁物。
ルシオ
ルシオ
【役割】
アタッカー 強化使用感覚が短く、威力の高いダメージアビリティを持つ。奥義発動後はダメージアビリティが2連続で発動するため手軽に大ダメージを出すことが出来る。味方全体に攻防両面バフとバリアを付与するアビリティも持っているため、非常に優秀なキャラクター。
リミテッドヴィーラ
リミテッドヴィーラ
【役割】
かばう ディスペル全体攻撃を含む全ての攻撃をかばうことができるアビリティを持つキャラクター。全体攻撃すら1人でかばうことができるため、盾役として非常に強力であり、他のアビリティもディスペル、TA確定強化と非常に強力。
その他適正度が高いキャラ
敵対心UP、ダメカ 敵対心UP持ちアタッカー かばう所持
バウタオーダ
バウタオーダ
ロザミア
ロザミア
シロウ
シロウ

光属性でアルバハHLに挑戦する際の編成や、おすすめキャラクターなどは以下のページでより詳しく紹介している。

アルバハHL編成・光

闇属性

黒騎士による恐怖付与が主な役割

黒騎士

闇属性はアルバハHLにおいて、恐怖の付与が主な役割となる。黒騎士の恐怖は、同じく恐怖を付与することができるパーシヴァルやヴァジラよりも成功確率が高い。

火力を出すには最終上限解放したシスが必須

シス

アルバハは光と闇属性に対して耐性があるため、火力を出すためには背水を駆使しなければならない。ブルトガンググラーシーザーなどの武器を用いることは勿論、麻痺中や50-30%区間で火力を出すために、最終上限解放したシスは必須。

おすすめキャラ

キャラ 詳細
黒騎士
黒騎士
【役割】
恐怖 ディスペル闇属性で参戦する際の必須枠。他のアビリティでスロウ、ディスペルを持ち、HP回復も可能なため恐怖付与以外の面でも活躍できる。
アザゼル
アザゼル
【役割】
弱体 アタッカーアビリティに暗闇付与、闇属性防御ダウンを持つ。闇属性防御ダウンの効果量がトップクラスのため、闇属性で火力を出す際に大きく貢献する。強力な自己強化アビリティも所持しており、優秀なキャラクター。
闇カタリナ
闇カタリナ
【役割】
クリアアビリティで再生とクリアを持つキャラクター。効果量は低いものの、3ターンに1度25%カットが使用可能。
シス
シス
【役割】
アタッカーアビリティで自身の攻撃力を強化できるキャラクター。長期戦において輝きやすく、自身のHPが少ない時には3アビの隠し効果でTA確率アップ、HP吸収の付与が可能。
シロウ
シロウ
【役割】
ダメージカット かばう累積枠の攻撃DOWNの付与が可能であり、かばうや味方全体ダメージカットも所持するため、アルバハHLに対して非常に相性が良いキャラ。
その他適正度が高いキャラ
ケルベロス
ケルベロス
ザザ
ザザ

アルバハHL攻略において重要な要素

トールを誰がどこで使うか決める

トール

アルバハはHPトリガーでデバフの消去を頻繁に行うこと、デバフ耐性が高いことからトールのデバフ効果が非常に重要になる。

トールは再召喚が不可能なため、クエスト開始前に誰が、どのタイミングでトールを使用するか、予め決めておこう。

トールの使用タイミング

HP 使用優先度
10%
70%
30%
50% 例外

トールの使用タイミングはHP70%、HP30%、HP10%の3箇所のデバフ消去効果があるHPトリガーの後となる。

優先度は10%、70%、30%の順となっており、50%のトールは恐怖を付与する場合且つ確実に付与を狙いたい時のみ

トールを使用することでアルバハの連撃ダウン耐性が上がってしまうため、恐怖を付与しない場合はトールを使わない方が良い。

HP70%のトールはなるべく光が担当しよう

HP70%で使用する最初のトールはなるべく光属性で参加する人が担当しよう。トールが光属性の召喚石のため、他属性の参加者よりも使用可能になるまでのターン数が短く、HP70%時にトールが使用可能になりやすい。

共闘ルームではジョブとトールの有無を自己申告しよう

光セ ト70

アルバハHLの共闘ルームでは、「水セ ト30」のようなチャットがよく見受けられる。これは自分がどのジョブで挑戦するか、トールを所持しているか、などを意味するチャットだ。

バトル開始前から情報共有がとにかく重要なため、入室したらチャットで必ず共有するようにしよう

アルバハHL部屋で用いられる用語

言葉 意味
◯セ セージのこと。例として「水セ」は水属性のセージ、という意味。
◯スパ スパルタのこと。例として「水スパ」は水属性のスパルタ、という意味。
ト70 召喚石「トール」をどこで使います、という意味。70はHP70%、50はHP50%、のように数字はHP%のことを指す。
ト50
ト30
ト10
召喚石「テュポーン」のこと。テュポーンを持ち込みます、という意味。

使用例

言葉 意味
水セ ト30 水属性セージ、トール30%で使用
光スパ トテ70 光属性スパルタ、トール70%で使用、テュポーン有り

参戦者同士の連携が非常に重要

ファランクスお願いします

アルバハHLを攻略する上で、最も大切なことは参戦者同士の連携だ。アルバハHLはどんなに装備やキャラが良くても、事故は起こってしまう。事故を防ぐことはもちろん重要だが、事故が起きた際など参戦者と常に情報を共有しよう。

特に主人公が倒れてしまった時や、ファランクスやクリアオールの使用前の申告、使用を求める要求などが非常に大切。

「ターゲッティング」は必ず解除する

アルバハHターゲッティング▲自分で解除できない場合、クリアオールを他のメンバーにお願いしよう。

HP100%からHP75%までの区間では、アルバハの通常攻撃を受けた際に 「ターゲッティング」 が付与されることがある。

「ターゲッティング」を付与した次のターンにアルバハは「レギンレイヴ」という全属性多段攻撃を行う。「レギンレイヴ」を受けてしまうとパーティ壊滅に繋がるため、「ターゲッティング」を受けたら必ずクリアで解除しよう。

100%カットする手段を必ず用意する

完全なる破局▲100%カットが求められる「完全なる破局」

アルバハHLは多数の特殊行動を持ち、対処を都度求められるが、その中でも一部の特殊行動は100%カットが求められる。求められる回数も多いため、100%カットするための手段は多いに越したことはない。

アルバハNの仕様はそのまま引き継ぎ

麻痺中でもHPトリガーを発動したり、属性に関係なく敵味方にクリティカルが発生したりと、アルバハNにあった仕様はそのまま引き継がれている。


グラブル・マルチバトル攻略一覧

オススメの記事