FGO

【FGO】Uオルガマリーの最新情報と実装時期

編集者
FGO攻略班
最終更新日
正月キャンペーン開催!ヤマトタケル実装!
ヤマトタケルの性能評価
福袋2024で引くべきガチャとおすすめキャラ
正月パネルミッションの攻略まとめ
全キャラ評価ランキング

FGOの新キャラ「Uオルガマリー」の最新情報を掲載している。2部のストーリーで登場したサーヴァント「Uオルガマリー」の実装時期や、今後の活躍予想についても掲載しているので、Fate/Grand Order(フェイトグランドオーダー)の未実装サーヴァント予想の参考にどうぞ。

Uオルガマリー

©TYPE-MOON / FGO PROJECT

Uオルガマリーの最新情報

実装を匂わせるアイテムが登場

Uピース

白紙化地球上に追加されたストーリー「オルガマリークエスト」をクリアすると、オルガマリーと関連がありそうなアイテム「Uピース〔火〕」を入手できる。ストーリー上でUピースについて触れられていないが、オルガマリーとのバトルで入手できる。

Uピースはオルガマリーの再臨素材?

Uピースはアイテム所持一覧の中で、イベント配布サーヴァントの霊基再臨素材近くに表示されるため、誰かの霊基再臨素材と予想される。オルガマリーに関連するアイテムであるため、今後実装されるオルガマリーの再臨素材の可能性が濃厚だ。

オルガマリークエスト攻略まとめ

2部7章のストーリーで登場

2部7章のストーリーで登場

Uオルガマリーは2部7章のストーリーで、プレイアブルキャラとして登場する。スキル3種の性能なども判明済みだ。ただし、クラスアイコンが虹色で、レアリティなどの判別がつかない。

Uオルガマリーの実装はいつ?

実装する可能性は低い

Uオルガマリーが、サーヴァントとして実装される可能性は低い。シナリオライターの奈須きのこ氏が「ストーリー限定の特別なキャラクター」と言及しており、NPC以外でプレイアブルとなる可能性は低い。

今後ストーリーで再登場するかも

2部7章のストーリーを踏まえると再登場は絶望的な状態だが、今後のストーリー展開次第ではオルガマリーの再登場が期待できる。オルガマリークエストの実装により、オルガマリー復活の期待値が高まっている。

Uオルガマリーの性能

スキル

スキル1
スキルターン減少空前絶後/ウルトラマニフェスト【CT:8~6】
・自身のスキルチャージを2進める
・自身を除く味方全体にコマンドカード選出不能状態を付与<1騎の場合は無効>(1回・1T)
・コマンドカードを配り直す
・スターを獲得
・敵全体に宝具封印状態を付与(1T)
・HP回復量をダウン(1T)
スキル2
仮アイコン驚天動地/アトミックプラント【CT:8~6】
・敵全体にやけど状態を付与(3T)
・自身のNPを最大にする
・HPをランダムに減らす【デメリット】
スキル3
無敵貫通天衣無縫/アルテミット・UC【CT:8~6】
・<NPが100%以上ある場合のみ使用可能>自身のNPを0%にする【デメリット】
・味方全体に無敵貫通状態を付与(3T)
・バスター性能をアップ(3T)
・クリティカル威力をアップ(3T)
・NP獲得量をアップ(3T)

バスターとEXアタックが全体攻撃

全体攻撃

UオルガマリーのバスターカードとEXアタックの攻撃範囲は、敵全体でダメージ範囲が広い。バスタークリティカルを狙えれば、1waveをバスターカード1枚で突破も狙える。

QAAAB構成であるため乱発は不可能

QAAAB構成

Uオルガマリーのカード構成はQAAABであり、バスターカードは1枚しか無い。バスターカードによる攻撃は乱発できないカード構成だ。

宝具の性能は現状不明

Uオルガマリーの宝具名は「すでに過ぎし人理の終(プラネット・オルガマリー)」であると判明しているが、性能は不明だ。アーツカードであること以外、攻撃宝具かどうかも判別できない。

Uオルガマリーとは

異星の神そのもの

異星の神

第二部でクリプターたちを蘇生し、空想樹を使って地球を漂白した異星の神。「羽化前」なのでまだ蛹の状態と見られるが、既にキリシュタリアの大令呪でも破壊できない規格外の霊基を持っている。

また、今まで登場したビーストにカルデアは不確定要素として対抗してきたが、ビーストⅦは最初からカルデアを認識して顕現してしまっている。今のところホームズからは勝ち目が無いという評価なので、新しい対抗策が待たれる。

2部7章で主人公たちの味方に

U-オルガマリー

2部7章序盤で記憶喪失になったU-オルガマリーは、前編終盤まで主人公たちの味方になっていた。後編もしばらくはカルデアの味方として、ラスプーチンこと言峰綺礼共々異聞帯を攻略することになると思われる。

ただ、前編内でオルガマリーは記憶が段々戻る様子があり、後編のどのタイミングで敵対するかは不明。最終的にはカルデアとの決着をつけることにはなるだろう。

オルガマリーは人類の脅威ではない

ゲーム内で対決したビーストのU-オルガマリーは、人類の脅威特性がなかった。また、ストーリー内で放った聖剣兵装「レイプルーフ」も発射の直前に出力が減衰していた。

聖剣兵装は「人類史への脅威」を測定して、そのレベルに応じて地球内核からエネルギーが供給される仕組みと説明されていた。そのため、オルガマリーは人類の脅威ではない何かかもしれない。


2部7章の新規サーヴァント
Uオルガマリー テスカトリポカ
紅閻魔オルタ カマソッソ
トラロック
ウィツィロポチトリ
ククルカン
イスカリ

オススメの記事