【ARK】 設計図の使い道と入手方法

最終更新日
編集者
ARK攻略班

ARKモバイル(ARK:Survival Evolved)の「設計図」について解説!設計図の使い道や使い方、品質の解説や入手方法まで記載しているので、クラフトや攻略の参考にしてほしい。

設計図の使い道

より強力なアイテムの作成

設計図は、より高品質なアイテムをクラフトできるアイテムだ。

設計図で作った武器や防具は威力や耐久値が高く、強い敵と頻繁に戦うHARDなどの難易度やPvEサーバーでプレイする時に必須となる。

品質によって強さが変わる

品質 性能 必要素材
原始的な〜





ガタガタの〜
職人見習いの〜
職人の〜
名工の〜
至高の〜

クラフトするアイテムは品質によって性能が変化する。また、品質が高いほど、作成に必要な素材が増えるというデメリットもある。

エングラムポイントの節約

設計図を使ったクラフトは、エングラムで学習していないアイテムでも作成できる。

そのため、まだエングラムで解放していないアイテムの設計図を入手できれば、エングラムで学習する必要がないため、EPを節約できる。

設計図の使い方

対応する施設に入れて使う

設計図は、設計図に書かれたアイテムを作成する施設に入れて使う必要がある。「サバイバー」、「作業台」、「旋盤」の中から対応する場所に入れて作成しよう。

設計図は消費されない

設計図は消費アイテムではないため、何度でも繰り返し使用できる。死亡してロストしないかぎりは無くならないので、どんどん使っていこう。

使わないときは本棚に入れる

設計図は作業台や旋盤、収納ボックスに入れられるが、アイテムスロットを1つ消費してしまう。スロットを設計図で消費するのはやや勿体無いので、本棚で保管するのがおすすめだ。

設計図の入手方法

設計図の入手方法
フリーギフトで入手する(モバイル版限定)
オベリスクにアーティファクトを貢いで入手する(モバイル版限定)
クレートから入手する
釣りで入手する

フリーギフトから入手する

設計図は、モバイル版のみフリーギフトから入手できる場合がある。フリーギフトは、設計図の他にも染料や琥珀などが貰える可能性があるのでこまめに受け取っておこう。

アーティファクトを貢いで入手する

設計図は、モバイル版のみ洞窟にあるアーティファクトをオベリスクに貢ぐことでも入手できる。洞窟周回は、レベル上げや「癒し効果のある香料」の入手などの要素も兼ね備えているので、おすすめの入手方法だ。

クレートから入手する

設計図は、マップの各地にあるクレートから手に入る時がある。PS4版では設計図の主な入手方法となるので、見かけたら積極的に開けていこう。

モバイル版は免疫の洞窟にのみクレートが存在する。また、モバイル版のPvPサーバーは似た性質を持つビーコンが存在する。

釣りで入手する

設計図は、釣りをした際に報酬で手に入る時がある。比較的安全に設計図を入手できる手段なので、餌が手に入ったらチャレンジしてみよう。