【ARK】 【PS4版】スコーチドアース(Scorched Earth)のマップ攻略と特徴

更新日時
編集者
ARK攻略班

ARK(ARK:Survival Evolved)のスコーチドアース(Scorched Earth)について解説!マップの特徴やスコーチドアースに出現する生物まで紹介しているので、PS4版ARKを攻略する際の参考にどうぞ。

マップ解説一覧
アイランド センター スコーチドアース
ラグナロク アベレーション エクスティンクション
バルゲロ ジェネシス クリスタルアイルズ

スコーチドアースのマップと特徴

スコーチドアースのマップ

※ 画像をタップして拡大します

スコーチドアースのマップ関連記事
拠点におすすめの場所 各エリアのマップと特徴
採集ポイント一覧 洞窟攻略
ボス攻略 天気の特徴と対処方法

スコーチドアースの特徴

砂漠の生物が多く生息している

スコーチドアースは、ロックエレメンタルやカマキリ、デスワームなど、砂漠特有の生物が多く生息している。

水源が少なく水不足になりやすい

スコーチドアースは、川や海がなく、水源が少ないマップだ。さらに、水分の消費量が2〜3倍ほど高くなっているため、水不足になりやすい。

そのため、水瓶などで水分の回復が出来ない序盤の間は特に難易度が高いマップだ。

悪天候が多い

砂嵐 視界の見通しが悪くなり、スタミナと水分の減少量が増える。
磁気嵐 暗雲が立ち込め、電子機器や火器が使用不可になる。
スーパーヒート 体力と水分の減少量が極端に増える。

スコーチドアースには特有の悪天候が3つ存在する。天候が悪い間は、外にいるだけでも危険なので、拠点など屋内で過ごそう。

天気は、トビネズミをテイムすることで、次の天候が何かを把握できる。

スコーチドアースの洞窟


※ 画像をタップすると拡大できます

洞窟 入り口
岩山の洞窟 28.5:29.3
門番の洞窟 58.6:47.7
破壊者の洞窟 78.5:75.6

スコーチドアースの洞窟攻略まとめ

スコーチドアースに出現する生物


アフリカマイマイ

アラネオモーフス

始祖鳥

アルゲンタヴィス

アースロプレウラ

カルノタウルス

シーラカンス

ダイアウルフ

ドエディクルス

フンコロガシ

ガリミムス

イグアノドン

カプロスクス

リストロサウルス

メガロサウルス

モスコプス

オニコニクテリス

パラケラテリウム

パラサウロロフス

プロコプトドン

プルモノスコルピウス

ユタラプトル

ティラノサウルス

サーベルタイガー

タペヤラ

ケレンケン(テラーバード)

ティタノボア

ティタノミルマドローン

ティタノミルマソルジャー

ティタノサウルス

プルロヴィア

エクウス

カマキリ

ダエオドン

ヒエノドン

ヒツジ

メガテリウム

モレラトプス

ロックエレメンタル

イキオオミツバチ

トビネズミ

メガラニア

ミクロラプトル

トロオドン

ケントロサウルス

ペゴマスタクス

ティラコレオ

ユウティラヌス

ユニコーン

デスワーム

リマントリア

フェニックス

モロクトカゲ

ハゲワシ

ファイアワイバーン

ライトニングワイバーン

ポイズンワイバーン

PS4版の恐竜一覧


各マップ解説と出現生物一覧

マップ解説記事

アイランド

センター

スコーチドアース

ラグナロク

エクスティンクション

アベレーション

バルゲロ

ジェネシス

クリスタルアイルズ

ジェネシス2

ロストアイランド
(2021年後半実装予定)