FGO

【FGO】ドゥルガーの再臨画像とマテリアル情報

編集者
FGO攻略班
最終更新日
正月キャンペーン開催!ヤマトタケル実装!
ヤマトタケルの性能評価
福袋2024で引くべきガチャとおすすめキャラ
正月パネルミッションの攻略まとめ
全キャラ評価ランキング

『FGO(フェイトグランドオーダー)』のキャラ「ドゥルガー/カーリー」の霊基再臨画像とマテリアル情報を紹介。初期再臨から最終再臨までのセイントグラフ画像やバトルアイコン、バトル時のグラフィックも掲載しているので、見た目でサーヴァントを引く際などの参考にどうぞ。

ドゥルガーの再臨画像とマテリアル情報

©TYPE-MOON / FGO PROJECT

関連記事
ドゥルガー
ドゥルガー
▶︎評価とスキル優先度▶︎運用方法とおすすめ編成▶︎霊基再臨・マテリアル▶︎セリフ・ボイス一覧▶︎元ネタ・史実解説

霊基再臨画像一覧

第一段階 第二段階
ドゥルガー霊基再臨1 ドゥルガー霊基再臨2
第三段階 最終再臨
ドゥルガー霊基再臨3 ドゥルガー霊基再臨4

バトルアイコン画像一覧

第一段階 第二段階 第三段階 最終再臨
ドゥルガーバトルアイコン1 ドゥルガーバトルアイコン2 ドゥルガーバトルアイコン3 ドゥルガーバトルアイコン4

バトルキャラクター画像一覧

第一段階 第二段階 第三段階
ドゥルガーバトルグラフィック1 ドゥルガーバトルグラフィック2 ドゥルガーバトルグラフィック3

マテリアル情報一覧

キャラクター詳細
ドゥルガーはインド神話における戦いの女神である。
シヴァの神妃であり、優美の女神パールヴァティーと同一視(あるいはその別側面だと)される。
現在では三つの目と複数の腕を持った美しい女性の姿で描かれることが多い。

天界が強大な魔神に襲われた際、神々の怒りの光が集まり生まれたのがドゥルガーだと伝えられている。
神々は三叉戟、チャクラム、槍など、それぞれが持つ象徴的な武具を彼女に与えた。
彼女はそれらの神授の武具で魔神に襲いかかり、戦いの果てに見事その討伐に成功したという。
絆Lv1で開放
身長/体重:156cm・46kg
出典:インド神話
地域:インド
属性:秩序・中庸  性別:女性
一人称は「私」「我」「当女神」など。
絆Lv2で開放
ある人間の少女を依り代とした、女神ドゥルガーの疑似サーヴァント。神々の怒りより生まれし戦闘の女神。

ドゥルガーはシヴァやヴィシュヌをはじめとした、多くの神々の怒りの光から生まれた存在である。
それは天界を襲った魔神マヒシャを殺すためであり、その目的からすれば当然に、ドゥルガーは神々から数多くの武具を与えられた。

生誕においても、武具の贈与においても、数多の神々の力が「魔神を殺すものを作る」というただ一点に向けて集約されたのだから、そうして生まれたものがどんな存在となったかは推して知るべし。

柔和な優美の女神パールヴァティーとは対極に存在し、魔なるものを壊し殺すことのみに注力する、殺戮と戦闘の女神。
それこそがドゥルガー。
ヒンドゥーの神々の力を結集して作り出された、殲滅兵器のような存在である。
絆Lv3で開放
静かなる怒り、清澄な威圧感のようなものを常に身に纏っており、悪しきものは近付いただけで弾け飛ぶのでは、と思わせるような雰囲気を持つ。

口調や態度は丁寧ながら、「魔を殺すシステム」のように動き、私的な欲を表に出すことはほとんどない。
人を愛するのはパールヴァティーの仕事、と考えている。(けっして愛していないわけではなく、むしろ人間は好きなのだが、役割の違いから表には出さないようにしている)

「任務」のような意味合いで「神務」という言葉を用いる。
絆Lv4で開放
○マハーマーヤー:EX
大幻力。
呪術的な力の根源である大いなる幻力は、女神として神格化され、さらにはドゥルガーと同一視された。
すなわちマハーマーヤーとはドゥルガー女神の別名でもある。

○近付き難い者:A
「ドゥルガー」という名が意味するもの。
これは元々魔神の名であったともされ、以下のような神話も語られている。

かつて神々を追放するほどの力を持った魔神がいた。
神々に助けを請われたシヴァが妻に対処を託すと、彼女は千本の腕を生み出すなどして魔神の軍勢と戦い、さらには投げつけられた山を七つに砕き、最後には矢を魔神の胸に撃ち込んで殺した。
その功績から、彼女は魔神の名を奪い、ドゥルガーと名乗るようになったのだという。
絆Lv5で開放
『怒りよ、願いよ、魔を鏖殺する女神よ』
ランク:EX 種別:殲滅宝具
レンジ:1~100 最大捕捉:500人

マヒシャースラマルディニー。
意味は「魔神マヒシャを殺すもの」。
ドゥルガーの神話として最も有名な、マヒシャという魔神を殺したエピソードが宝具として昇華されたもの。

彼女は全世界を覆うような光と共に、水牛の魔神であるマヒシャに神授の武具で襲いかかり、魔神の軍勢のことごとくを殺したという。手下を失ったマヒシャはライオン、人間、象、さらに水牛へ、と姿を変えながら戦ったが、最後には彼女に殺されたと伝えられている。

この宝具が真名解放されると、神授の十装の真名解放も連動して同時に行われ、シヴァの三叉戟の光、ヴィシュヌのチャクラム、インドラの雷などが一斉に活性化し、敵を一切の容赦なく殲滅する。
絆Lv5&奏章1クリア&再臨3段階突破
(第三再臨)
ドゥルガーがシュムバとニシュムバという兄弟の魔神と争った際、チャンダとムンダという手下の魔神とも戦った。
敵が近付くとドゥルガーは怒り、その額の第三の目から怖ろしい顔の女神が現れたという。
つまり怒りから生まれたドゥルガーの、さらなる怒りから生まれた存在、それがカーリーである。

ドゥルガーをさらに怖ろしい姿にした、恐怖の女神。
魔神を食い殺し血を啜る、殺戮と破壊の化身。
出自として上記のような神話はあれど、ドゥルガーやパールヴァティーと同一視され、あるいはそれ以上の宇宙的な全能性を持つ女神としても扱われる。

『世界を砕く勝利の舞踏』
ランク:EX 種別:対界宝具
レンジ:― 最大捕捉:―

サンハーラ・カーリー。
勝利と血に酔ったカーリーが踊るという、終末を呼ぶダンス。
魔神たちを殺し尽くしたあと、血に酔ったカーリーは、大地が割れ、世界が砕けるような激しい踊りを始めた。
神々はシヴァにそれを止めるよう頼み、シヴァが声をかけたが、彼女の耳には届かなかった。
そこでシヴァは彼女の足下に寝そべり、その身体で衝撃を吸収することにした。
シヴァを踏みつけたことで、カーリーはようやく正気を取り戻したという。

大地震をはじめとした大地の終焉、人類には対処不能な規模の天変地異を引き起こす宝具。
この宝具は本来、彼女の意志ではなく、戦闘後にのみ自動的に真名解放が為される(可能性がある)ものである。
その戦いが苛烈で、流血が多く、彼女にとって高ぶるものであればあるほど発生する確率が高い。

世界が砕けるか、彼女の魔力が尽きて消滅するか、シヴァを踏むかするまで、この宝具は停止されない。

カルデア式召喚で現界しているカーリーの宝具は、その名前こそ同じであるが、枷や安全装置の影響でダウンサイジングされた、中身の異なるものである。

パラメーター

パラメーター
筋力 EX 耐久 B
敏捷 B+ 魔力 EX
幸運 C 宝具 EX

イラストレーター・声優

イラストレーター 声優
STAR影法師 下屋則子

担当絵師の関連イラスト

関連リンク

関連記事
ドゥルガー
ドゥルガー
▶︎評価とスキル優先度▶︎運用方法とおすすめ編成▶︎霊基再臨・マテリアル▶︎セリフ・ボイス一覧▶︎元ネタ・史実解説

霊基再臨画像一覧

オススメの記事