FGO
アマゾネスドットコム開催中!
「アマゾネスドットコム」攻略と効率的な進め方
高難易度「ヤツを倒すその時まで」攻略
第五真説要素環境用カルデア制服の効果一覧
最新のガチャシミュレーター一覧

【FGO】イシュタルの再臨画像とマテリアル情報

更新日時

FGO(フェイトグランドオーダー)のキャラ「イシュタル」の霊基再臨画像とマテリアル情報を紹介。最終霊基画像やバトルアイコン、バトル時のグラフィックも掲載しているので、FGO(FateGO)再臨の参考にどうぞ。

©TYPE-MOON / FGO PROJECT

関連記事
イシュタル
イシュタル
▶︎評価とスキル優先度▶︎運用方法とおすすめ編成▶︎霊基再臨・マテリアル▶︎セリフ・ボイス一覧▶︎元ネタ・史実解説

霊基再臨画像一覧

第一段階 第二段階
イシュタル霊基再臨1 イシュタル霊基再臨2
第三段階 第四段階
イシュタル霊基再臨3 イシュタル霊基再臨4

バトルアイコン画像一覧

第一段階 第二段階 第三段階 第四段階
イシュタルバトルアイコン1 イシュタルバトルアイコン2 イシュタルバトルアイコン3 イシュタルバトルアイコン4

バトルキャラクター画像一覧

第一段階 第二段階 第三段階
イシュタルバトルグラフィック1 イシュタルバトルグラフィック2 イシュタルバトルグラフィック3

マテリアル情報一覧

キャラクター詳細
メソポタミア神話における美と豊穣、そして戦の女神。
神々にもっとも甘やかされた、もとい、愛された女神とも言われる。
この姿はイシュタル女神としてのものではなく、彼女に波長の近い人間を依り代にした疑似サーヴァント状態。
女神らしく人間を見守るのが役割と語るが、
「さあて、人間は生き延びるのかしら、それとも滅亡するのかしら?」
とニマニマ笑いながら見守る、という意味。
まさに金星の(赤い)悪魔。
絆Lv.1で開放
身長/体重:159cm・47kg
出典:古代メソポタミア神話
地域:メソポタミア
属性:秩序・善 性別:女性
「元の私はもっとグラマラスなんだけど、この体も悪くないわね」
絆Lv.2で開放
シュメル神名ではイナンナといい、名としてはこちらの方が古い。
イシュタルはアッカド神名。
金星の女神であり、人に繁栄をもたらす豊穣を司る女神であり、戦いと破壊を司る女神でもあり、『天の牡牛』という恐るべき神獣をウルク市へ送り込んだ、とにかく傍迷惑な女神。

愛が多かったのも有名で、人間であれ神々であれ、気に入った相手は全力でモーションをかけたという。
一方、自分の意に染まらない者には悪魔の如き残忍さを見せたとも。
神獣を地上にもたらした理由も、ウルクの英雄王ギルガメッシュが自分の誘惑に応えなかったから、と言われる。
絆Lv.3で開放
『山脈震撼す明星の薪』
ランク:A++ 種別:対山宝具
さんみゃくふるわす みょうじょうのまき。
アンガルタ・キガルシュ。
シュメル神話においてイシュタルが行った最も「破壊的で」「残忍な」行為───
神々の王さえ恐れ、敬った霊峰エビフ山を“ただ気にくわないから”と蹂躙し、死滅させた逸話を宝具にしたもの。
メソポタミア神話曰く、イシュタルはエビフ山に分け入り、一歩ごとにその神威を増し、最後には山脈の頂を鷲づかみにし、その地脈の心臓部に槍を突き刺し、エビフ山脈を崩壊させたという。

この逸話を元に、宝具使用の際は金星にワープ、管理者権限で金星の概念を手中に収め、概念惑星としてマアンナの弾倉に詰めて放つ、という神をも恐れぬ行為をやってのける。
またの名をジュベル・ハムリン・ブレイカー。
絆Lv.4で開放
○魔力放出(宝石):A+
ありあまる魔力を武器に付加させ攻撃力を増す。
本来、イシュタルの神気は自由自在でほとんど万能なのだが、憑依体の影響か、なぜか宝石にしか魔力を蓄積する事ができなくなっている。
強力な魔力放出スキルではあるが、宝石に込めてから放つ、という工程が必要なため、使いどころがやや難しい。

○美の顕現:EX→B
美の女神としての恐るべきカリスマ性。
他者を惹き付ける力。
憑依しているだけの状態ながら、既に人の領域を超えている。
本来は強力な誘惑を主体とした複合スキル(ゲージ吸収、呪い、スキル封印)となるはずが、憑依された人間の強い意向によって相手への束縛効果が外されて、実質的にはカリスマ単体のスキルになっている。(本来ならEXランクだが、Bに下がっている)
絆Lv.5で開放
巨大な弓であり飛行船である『天舟マアンナ』を主武装とする。
マアンナはメソポタミア世界を駆ける神の舟であり、地球と金星を結ぶ星間転移門(ゲート)でもあるが、疑似サーヴァントであるため、基本、ワープ機能は封じられている。
イシュタルは槍も扱うが、今回はアーチャーに徹している。
メソポタミアの神と言いながら、イメージは金星から地球を攻めに飛来したインベーダーのそれである。ピピュン。
第七特異点クリアおよび絆Lv.5で開放
『FGO』に於いては人間に憑依した疑似サーヴァントとして現界した。
イシュタルは我が強いため、憑依先の人間を尊重する事なく振る舞うが、その性格は憑依した人間のものに大きく影響を受けている。
慈悲深くもあるが残忍でもあるイシュタルだが、憑依先の人間の人格が善よりなため、残忍さは奥に引っ込み、善い部分が前に出るようになった。

イシュタルにとって、マスターとは『からかい甲斐のある人間』だ。
彼女は自分の方が偉いと思っているものの、憑依体の性格がベースにあるため、決して人間を見下したりはしない。
あくまで『からかい甲斐のある玩具』として、親愛と友情をもって接する。
しかし絆が深まるともともとの面倒見の良さと情の弱さ(感情移入してしまう)がたたり、『からかい甲斐のある玩具』から『行き先を見守るにたる、大切な契約者』になってしまう。

パラメーター

パラメーター
筋力 B 耐久 B
敏捷 B 魔力 EX
幸運 A 宝具 A++

イラストレーター・声優

イラストレーター 声優
森井しづき 植田佳奈

関連リンク

関連記事
イシュタル
イシュタル
▶︎評価とスキル優先度▶︎運用方法とおすすめ編成▶︎霊基再臨・マテリアル▶︎セリフ・ボイス一覧▶︎元ネタ・史実解説

オススメの記事