FGO

【FGO】アカウント乗っ取りの原因と対策

編集者
FGO攻略班
最終更新日
正月キャンペーン開催!ヤマトタケル実装!
ヤマトタケルの性能評価
福袋2024で引くべきガチャとおすすめキャラ
正月パネルミッションの攻略まとめ
全キャラ評価ランキング

FGOでも発生するアカウントの乗っ取りについてまとめている。乗っ取りされる原因やされないための対策、乗っ取りされた後の対応を紹介しているので、Fate/Grand Order(フェイトグランドオーダー)でトラブルが起きた際の参考にどうぞ。

乗っ取り対策バナー

©TYPE-MOON / FGO PROJECT

アカウント乗っ取りとは

別ユーザーにアカウントが引き継がれる

アカウント乗っ取りとは、なりすました他人によって自分のアカウント使用権を奪われてしまう現象。乗っ取りの被害に遭うとログインできず、自分のデータでゲームをプレイできなくなってしまう。

アカウント乗っ取りの原因と手口

本人と偽って引き継ぎコードを発行する

乗っ取りを行う側はTwitterなどのSNSで情報を集め、必要な情報が揃うと運営に「引き継ぎコードをなくした」と連絡して新たに発行させる。認証に成功すると乗っ取り犯がアカウントにログインできるようになり、本来のデータ所有者はデータを使用できなくなる。

アカウントの乗っ取りにあわないための対策

プレイ状況を公にしない

防止策として、詳しいプレイ状況を公開しないのが有効だ。Twitterなどで詳細なプレイ状況を公にしていると、乗っ取り犯に必要な情報を与えやすくなる。また、与えたくない情報を伏せたり、ぼやかして発信するのも良い。スクリーンショットを投稿する際に、投稿日をずらすのもおすすめだ。

公にしないほうが良い情報一覧

引き継ぎコード発行に使用する主な情報
・ユーザー名 ・ユーザーID
・誕生日設定 ・マスターレベル
・聖杯の使用履歴 ・ストーリー進行度
・所有する星5サーヴァント ・お気に入りサーヴァント
・聖晶石の所持数 ・レアプリズムの所持数
・無記名霊基の所持数 ・最後にプレイしたクエスト
・聖晶石の購入の有無 ・最後のパーティ編成
・通算ログインボーナス日数 ・最終ログイン日時

フレンド募集する際にIDを一般公開しない

Twitterなどでフレンド募集をする際は、自分のIDをタイムライン上に一般公開しないのがおすすめだ。一般公開しているとメディアツイート欄などと合わせて、情報を把握される危険性が高まる。フレンド希望者にDMなどでIDを教えて申請してもらうのが、比較的安全なやり方と言える。

聖晶石のレシートメールを保管しておく

聖晶石の課金明細となるレシートメールや、itunesやgoogleplayなどの課金履歴を保管しておくと、乗っ取られた時の本人確認に使用できる。また、レシートメールを運営に提出すると、乗っ取りに関係ないアカウント復旧の際も対応が早くなる効果があるようだ。

毎日ログインする

毎日ログインするのも、乗っ取り対策の一環になる。運営は引き継ぎの際に、対象のアカウントがログインしているかを確認するようなので、毎日ログインしていると「10日間ログインできていない」など乗っ取り犯の嘘による引き継ぎを防げる。

引き継ぎナンバーを発行しておく

引き継ぎ手順

引き継ぎナンバーをこまめに発行しておくのも、乗っ取り対策として有効だ。問い合わせ内に矛盾があれば、運営側が乗っ取り目的と気づく可能性がある。ただし、「引き継ぎナンバーをなくした」と主張する乗っ取り犯も多いので、複数の対策を並行して行うのがおすすめだ。

アカウントの乗っ取りをされた場合の対策

運営に問い合わせる

お問い合わせ マイルーム

乗っ取りをされてしまった場合は、運営に問い合わせて自分がアカウントの持ち主だと証明しよう。運営に詳しい状況を知らせる時に、課金明細のレシートメールなどを添付して提出すると、自分の主張を証明しやすい。

関連リンク

関連記事まとめ
重い動作の解消方法 キャッシュクリアはすべき?
マイルームの機能やボイス ・フレンドの作り方

データの引き継ぎと復旧方法

オススメの記事