グラブル
SSR出現率2倍!レジェンドフェス開催!!
『レジェフェス(5月)』詳細情報
『レジェフェス』10連ガチャシミュレーター
『ハンサム・ゴリラ』攻略情報まとめ
カイン(リミテッド)のキャラ性能評価

騎空団の詳細と探し方

編集者
ライターT
更新日時

グラブルにおけるギルドの役割をもつ騎空団について解説する。騎空団の探し方や探す時のポイントも掲載しているので、騎空団選びの参考にしてほしい。

騎空団バナー

©Cygames, Inc.

騎空団とは

プレイヤー同士のコミュニティのこと

騎空団

騎空士(プレイヤー)が集まって形成するコミュニティのことを、グラブルでは騎空団と呼んでいる。他のゲームで言う所のギルドやチームと同じ意味だと考えて欲しい。

騎空団に所属すことで受けられるサポート効果や、イベントなどが存在する。

騎空団に加入するべきか

デメリットはないので所属しよう!

騎空団に所属することで、様々なサポート効果や、強力なアイテムを獲得できるイベントに参加できたりといったメリットがあり、特にゲーム上のデメリットも無い。騎空団には所属しておくべきだ。

騎空団の多彩なメリット

アサルトタイム(AT)が利用可能

団長・副団長が指定した時間帯の間、マルチバトルを奥義ゲージ最大で開始できるようになる「アサルトタイム」(通称AT)を利用できるようになる。

AT

獲得経験値、獲得ルピが1.2倍に!

あまり知られていないが、獲得経験値、獲得ルピが1.2倍になる効果もアサルトタイムにはある。

騎空団サポートを受けられる

騎空団サポート

騎空団には、選択している騎空挺によって属性攻撃アップや奥義ゲージアップ、ポーションの獲得など様々なサポートバフ効果がある。

サポート効果を発動するにはお金(ルピ)が必要だったり、パーツを購入したりなど、色々な手順が必要だが、どのサポート効果も強力なため、積極的に使用していきたい。

▼ 騎空団サポートについての詳細はこちら

騎空団サポートと騎空艇効果について

決戦!星の古戦場に参加できる

決戦!星の古戦場-闇

星の古戦場は騎空団vs騎空団の対戦型イベントなため、騎空団に所属していることが参加条件となっている。

貴重なアイテムと交換できる勲章を稼ごう

星の古戦場に参加することで勲章というポイントがもらえ、ヒヒイロカネや金剛晶といった強力なアイテムと交換することが可能だ。

騎空団の探し方

団員を募集している騎空団を探す

「騎空団」ページから検索してみよう

メニューの「騎空団」ページから「騎空団を探す」を選択すると、募集条件を指定して団員募集中の騎空団を探すことができるできる。「Rank」と「プレイスタイル」を設定して検索すると、該当する騎空団のリストが条件を設定して検索して、入りたい騎空団が決まったら「入団申請をする」を押して、承認されれば騎空団に所属できる。

掲示板を活用しよう

入団希望者が書き込めるよう掲示板を用意しているので、是非利用してほしい。

書き込み例もあるので、気軽にどうぞ。

団活・入団希望掲示板

自分で騎空団を結成するのは難しい

初心者には大きすぎる額のルピが必要

自分で騎空団を結成してメンバーを集めることも可能だが、はじめたばかりのプレイヤーにはおすすめできない。

騎空艇の購入や騎空団サポートの発動にはルピが必要で、初心者1人で賄うのはかなり難しい。

騎空団を探す時のポイント

自分に合った方針の団を選ぼう

プレイスタイルと団の方針が自分に合っているかは重要だ。団の方針は騎空団情報の欄に記載されているので、必ず確認しよう。

人数の多い団を選ぼう

団員が20人以上所属していると、騎空団サポートの同時発動可能数が3から4に増えるため、メリットがより大きくなる。

アサルトタイムを使いやすい団を選ぼう

「アサルトタイム」とは「団長」が任意の時間帯2つを設定し、1日のうち合計2時間、団員にボーナスが付く時間だ。自分が主にプレイする時間帯と団のアサルトタイムが合うかどうかは重要だ。

騎空団情報の欄に記載されていなければ、団長に挨拶するなどして確認しよう。

騎空団の役職

5種類の役職があり団長を補佐する

騎空団には以下の5つの役職がある。

  • 団長
  • 副団長
  • 攻撃隊長
  • 防衛隊長
  • 団員

団長が任命した役職によっては団長の代わりに騎空団に関する仕事ができるようになる。

▼ 役職の詳細についてはこちら

騎空団の役職と権限

騎空団脱退時のペナルティ

24時間ほかの騎空団に所属できない

騎空団を脱退してから24時間は他の騎空団に所属することができない。

勧誘やスカウトは受けれるため、次の所属騎空団を決めた場合は、脱退時の24時間ペナルティを受けていることを説明しておこう。


【PR】オススメの新作スマホゲーム!

オススメの記事