【艦これ】 2021年秋イベE3 3ゲージ目出現ギミック

更新日時
編集者
艦これ攻略班

艦これの2021年秋イベにおけるE3の3ゲージ目出現ギミックの攻略情報を掲載。秋イベE3を甲クリアする際の参考にどうぞ。

©C2Praparat Co., Ltd.

ギミックの解除条件

他難易度での解除条件を募集しています
甲以外の難易度でのギミック解除条件を募集しています。ご存知の方がいましたら、コメント欄にて情報提供をお願いいたします。また、別の条件でクリアできた場合もご報告いただけると助かります。
マス
R2 S×1 調査中 調査中 調査中

ギミック情報投稿掲示板

ギミック攻略編成のまとめ

R2マス

第1艦隊 戦艦2隻
正規空母×2隻
軽巡洋艦×1隻
水上機母艦×1隻
第2艦隊 軽巡洋艦×1隻
航空巡洋艦×1隻
重雷装巡洋艦×2隻
駆逐艦×2隻
ルート ・J→B→E→L→M→N→R1→R2
制空値 調査中
索敵値 調査中
その他備考 ・E3-2攻略編成をそのまま流用できる

3ゲージ目出現ギミックの手順と変化

ギミック解除の手順

順番 やること
1 E3の2ゲージ目を攻略
2 第2艦隊に対潜装備を用意する
3 R2マスを攻略

ギミック解除で起きる変化

ギミック解除前

ギミック解除後

R2マス到達編成

編成例

第1艦隊

艦娘 装備

長門改二

(戦艦)
51cm連装砲 ★6 41cm連装砲改二 ★6 零式水上偵察機11型乙(熟練) >> 一式徹甲弾改 ★6 91式高射装置 ★10

陸奥改二

(戦艦)
41cm三連装砲改二 ★6 41cm連装砲改二 ★6 一式徹甲弾改 ★6 零式水上偵察機11型乙(熟練) >> 91式高射装置 ★10

赤城改二

(正規空母)
彗星二二型(六三四空) >> 零式艦戦53型(岩本隊) >> ★10 流星改(一航戦/熟練) >> 試製 陣風 >> 烈風(六〇一空) >> 12cm30連装噴進砲改二 ★6

加賀改二

(正規空母)
彗星二二型(六三四空/熟練) >> 烈風改二 >> 流星改(一航戦/熟練) >> 烈風改二戊型(一航戦/熟練) >> 彩雲(偵四) >> 12cm30連装噴進砲改二 ★6

Commandant Teste改

(水上機母艦)
二式水戦改(熟練) >> 二式水戦改(熟練) >> 強風改 >> 強風改 >> 12cm30連装噴進砲改二 ★6

Atlanta改

(軽巡洋艦)
GFCS Mk.37+5inch連装両用砲(集中配備) 5inch連装両用砲(集中配備) GFCS Mk.37 Bofors 40mm四連装機関砲

第2艦隊

艦娘 装備

矢矧改二乙

(軽巡洋艦)
61cm五連装(酸素)魚雷 ★9 61cm五連装(酸素)魚雷 ★9 61cm五連装(酸素)魚雷 ★9 甲標的 丙型 水雷戦隊 熟練見張員

最上改二特

(航空巡洋艦)
20.3cm(3号)連装砲 ★9 20.3cm(3号)連装砲 ★9 零式水上偵察機11型乙(熟練) 甲標的 丁型改(蛟龍改) 12cm30連装噴進砲改二

北上改二

(重雷装巡洋艦)
61cm五連装(酸素)魚雷 ★9 61cm五連装(酸素)魚雷 ★9 甲標的 丙型 水雷戦隊 熟練見張員

大井改二

(重雷装巡洋艦)
61cm五連装(酸素)魚雷 ★9 61cm五連装(酸素)魚雷 ★9 甲標的 丙型 熟練見張員

雪風改二

(駆逐艦)
三式水中探信儀改 ★6 HF/DF+Type144/147 ASDIC 試製15cm9連装対潜噴進砲 熟練見張員

長波改二

(駆逐艦)
三式水中探信儀改 ★6 HF/DF+Type144/147 ASDIC 試製15cm9連装対潜噴進砲 熟練見張員

基地航空隊

第1航空隊
1 試製 秋水 >>
2 試製 秋水 >>
3 秋水 >>
4 烈風改(三五二空/熟練) >>
状態 防空 場所 - 半径 - 制空 -
第2航空隊
1 一式戦 隼II型(64戦隊) >>
2 銀河 >>
3 銀河 >>
4 銀河 >>
状態 出撃 場所 R2 半径 - 制空 -
第3航空隊
1 試製東海 >>
2 試製東海 >>
3 試製東海 >>
4 東海(九〇一空) >>
状態 場所 R1 半径 - 制空 12

ルート分岐と選択する陣形

ルート分岐

選択する陣形

マス 選択する陣形
B 第三航空警戒序列(輪形陣)
E 第三航空警戒序列(輪形陣)
M 第三航空警戒序列(輪形陣)
N 第四航空警戒序列(単縦陣)
R1 第一航空警戒序列(単横陣)
R2 第二航空警戒序列(複縦陣)

編成の解説

R1マス対策に東海や先制対潜を編成する

R1マスは潜水新棲姫が出現するので、基地航空隊の東海や、第2艦隊の先制対潜で対策をしよう。ギミックにはおそらく関係ないマスだが、S勝利を取るに越したことはない。