夏イベ 増援輸送作戦!地中海の戦い 開催中!
21夏イベ 攻略記事一覧
夏イベE1甲の攻略と報酬
夏イベE2甲の攻略と報酬
夏イベE3甲の攻略と報酬

【艦これ】 運改修のやり方と強化におすすめの艦娘

更新日時
編集者
艦これ攻略班

艦これ(艦隊これくしょん)のまるゆを使った運改修のやり方を解説。カットイン運用を有利にするために、運改修の優先度が高い艦娘も合わせて紹介しているので運改修の参考にどうぞ。

©C2Praparat Co., Ltd.

運改修とは

運のステータスを強化する手段

艦娘には予め運のステータスが決められているが、運改修を行うと、最初の値より高い数値にできる。運改修にはまるゆや海防艦を素材として使用するので、よく考えて改修を行いたい。

運を上げるメリット

夜戦カットイン攻撃の発動率が上がる

運改修をして運の数値を上げると、夜戦カットイン攻撃の発動率が大きく上昇する。基本的には魚雷カットイン運用を行うために運改修をするケースが多く、運の高い艦を多数揃えておくとイベントの甲難易度攻略が楽に進められる。

命中や回避にも若干の影響がある

運の数値は命中率や回避率にも影響する。高ければ高いほど良いのだが、命中や回避目当ての運改修はおすすめしない。あくまでも、一番の目的は魚雷カットイン運用ができる艦を増やすというのがおすすめだ。

魚雷カットイン運用をする艦娘を優先する

運改修はすべての艦娘に恩恵があるが、まるゆや海防艦は無制限に使えない。そのため、運改修は夜戦で魚雷カットインを担当する艦娘を先に行おう。

運改修のやり方

まるゆを近代化改修の餌にする

まるゆを近代化改修の素材にすることで運を強化することができる。まるゆとまるゆ改で上昇値は異なるので、必ず改造後のまるゆを素材にしよう。小数点になった分の上昇はランダムになる。

1隻あたりの運の上昇値

まるゆ
1.2

まるゆ改
1.6

おすすめのまるゆ入手方法

4-5の周回

4-5のボスマスでまるゆがドロップするので、ウィークリー任務「敵東方艦隊を撃滅せよ!」を4-5で進めよう。高速+ルート前提なので若干敷居は高いが、獲得できる戦果も大きいのでランカーを維持しながらまるゆを集めるのに向いている。

6-2の周回

6-2のボスマスもまるゆがドロップするので、デイリーの補給艦3隻任務を6-2で消化する日課を組み込むのがおすすめだ。月2隻前後のドロップが見込め、経験値も美味しいので艦隊の強化に大きく貢献する。

大型建造最低値

大型建造の最低値を毎日行うことで、まるゆの供給を試みるのもあり。最低値でのまるゆ建造率は大体10%前後なので、毎日建造をすると月3隻前後の供給が見込める。

大型建造の最低値

燃料 弾薬 鋼材 ボーキ
1500 1500 2000 1000

イベントで周回をする

イベント海域では稀にまるゆ堀に適した周回ポイントが設置される。集会しやすいマップが来た場合は他のレベリングや戦果稼ぎの手を一切止めてでも周回をするのがおすすめだ。

運改修におすすめの艦娘

評価基準

夜戦キャップに近く汎用性の高い艦は評価が高い

直近のアプデで夜戦キャップが360に上昇した。しかし、艦娘の性能は変わっていないため、恩恵を受けられる艦娘は一部だ。素の夜戦火力が高く、キャップに到達しやすい艦を上位に置いている。

魚雷カットイン+αが出来る艦も優秀

摩耶改二や阿武隈改二など、魚雷カットインに加えて対空カットインや先制雷撃が出来る艦も評価が高い。単純に火力のみの艦に比べて使い所が多いので、大体のイベントで活躍が見込める。

優先度:高

運改修をするなら最優先で上げる

イベントの甲難易度攻略などで間違いなく活躍する艦娘を選んでいる。性能に加えて、史実艦補正が掛かりやすいかどうかも検討する要素に入れているので、まずはこの中から運改修を進めたい。

艦娘 理由

矢矧改二乙

(軽巡洋艦)
必要なまるゆ改の数:22隻甲標的が装備できてかつ夜戦火力の高い4スロット軽巡。デメリットがない性能なので、軽巡の運改修をするなら真っ先におすすめだ。

最上改二特

(航空巡洋艦)
必要なまるゆ改の数:22隻航巡でありながら先制雷撃が可能なので、魚雷カットインとの相性が良い。対地など幅広い運用が可能なので、運を上げる恩恵も高い。

夕張改二特

(軽巡洋艦)
必要なまるゆ改の数:14隻甲標的で先制雷撃が可能なので、魚雷カットイン運用との相性が非常に良い。対地・対潜目的の運用も可能なので、夜戦カットイン以外でも運改修の恩恵を受けやすい。

妙高改二

(重巡洋艦)
必要なまるゆ改の数:13隻6連装魚雷★10×3と3号砲★10でキャップ到達可能。2スロットを自由に使えるので、夜偵や照明弾などの夜戦装備を多く積み込めるので、カットイン艦が何隻か揃った段階で改修を進めるのがおすすめだ。

北上改二

(重雷装巡洋艦)
必要なまるゆ改の数:14隻魚雷CIで夜戦キャップに到達する。北上の魚雷カットインは中破をある程度ケアしつつ、先制雷撃の威力を上げられるメリットがあるので、改修する価値はかなり高い。

綾波改二

(駆逐艦)
必要なまるゆ改の数:8隻初期運が高いので、少ないまるゆの数で運改修を終えられる。キャップには到達できないが、駆逐艦の中では夜戦火力が高いのも魅力だ。運用もしやすいので運改修の恩恵を感じるきっかけになる駆逐艦と言える。

霞改二

(駆逐艦)
必要なまるゆ改の数:10隻夜戦火力が157と高く、初期運が高いので改修コストが少ない。霞は大戦中長く生き残ったので、史実艦としての特効補正を得やすい。 大規模イベントを見越すのであれば、長波と合わせて運改修をしよう。

長波改二

(駆逐艦)
必要なまるゆ改の数:14隻霞改二と合わせて、史実艦としての特効補正を得やすいのでイベント攻略を考慮すると進めたい。

夕立改二

(駆逐艦)
必要なまるゆ改の数:20隻4連装後期★10×2と6連装魚雷を装備すると、触接込みで夜戦火力は333になる。また、初期から入手できる駆逐艦であるため、序盤から終盤まで活躍できる。

(※必要なまるゆ数はケッコンカッコカリで減らせる。)

優先度:中

上げておくと便利な艦娘が多い

最優先で上げるほどではないが、運改修をするとイベントで有利に働きやすい艦娘を選んでいる。他の手段でも代用はできるが、攻略への試行回数を減らすのであれば運改修を検討しよう。

艦娘 理由

阿武隈改二

(軽巡洋艦)
必要なまるゆ改の数:20隻運改修コストは非常に高いが、そのメリットがとても大きい。魚雷と甲標的に特化した阿武隈は、先制雷撃とフィニッシャーの2つの役割を持てる。

摩耶改二

(重巡洋艦)
必要なまるゆ改の数:24隻増設スロット前提だが、高角砲+魚雷2+対空電探+機銃で対空CIと魚雷CIの両立ができる。マップの電探ギミックにも対応できるので、汎用性はかなり高い。

鈴谷改二

(航空巡洋艦)
必要なまるゆ改の数:24隻水戦2スロット+魚雷2で制空補助をしつつ魚雷CIを撃てる。増設前提で、主砲+三式弾+魚雷2+増設副砲とすると、陸上型には連撃を、水上艦には魚雷攻撃という打ち分けも可能だ。

熊野改二

(航空巡洋艦)
必要なまるゆ改の数:25隻できることは鈴谷改二と同様。熊野はステータスが若干防御寄りになっている。

朝霜改二

(駆逐艦)
必要なまるゆ改の数:15隻初期運が28と比較的高く、少ないまるゆの数で運改修が終わる。夜戦火力も装備シナジーのおかげで高く、対潜値も高いので魚雷2スロット+ソナーで先制対潜と魚雷カットインの両立もしやすい。

島風改

(駆逐艦)
必要なまるゆ改の数:25隻長波に四連装後期魚雷を装備し、余ってる四連装後期魚雷が無い場合は不知火より島風のほうが火力が高い。小型艦のダメージを小破で耐えられる可能性が高い点も高評価。

(※必要なまるゆ数はケッコンカッコカリで減らせる。)

優先度:低

他に改修する艦がいない人向け

ここで紹介するのは、上のリストで挙げた艦をすべて改修しており、他にやることがない人向けとなる。かなりニッチな運改修になる点には要注意。

艦娘 理由

大井改二

(重雷装巡洋艦)
必要なまるゆ改の数:23隻大井改二は運の最大値が49なので若干夜戦カットインの発動率が低い。性能自体は北上改二と同様で、魚雷カットイン運用が甲標的との相性が良い。

Prinz Eugen改

(重巡洋艦)
必要なまるゆ改の数:8隻初期運が40なので、少ないまるゆの数で運改修を終えられる。重巡の中では火力が低く、魚雷を4つ装備してもキャップに到達しないので評価はあまり高くない。ケッコンで伸びた運で運用しつつ、他の重巡を上げても良い。

Ташкент改

(駆逐艦)
必要なまるゆ改の数:6隻元の運が高いので、少ないコストで改修を終えられる。主砲CIと魚雷CIどちらの運用も可能で、運改修をしておくと取れる選択肢が非常に大きくなるのがポイント。

Bismarck drei

(戦艦)
必要なまるゆ改の数:19隻非常に特殊な運用だが、主砲2本+三式弾+魚雷1本で陸上型には三式連撃、水上艦には砲雷カットインを打ち分けることができる。魚雷に特化した運用も可能で、装甲の高さを活かして夜戦まで生き残りやすいのも強み。

(※必要なまるゆ数はケッコンカッコカリで減らすことが可能。)

関連リンク

基本的なシステムの解説

戦闘システム

陣形

夜戦解説

対潜シナジー

先制対潜

演習のコツ

艦娘の直し方

キラキラ状態
攻略を楽にするガイド

弾着観測射撃

支援艦隊

水戦の作り方

耐久改修

一斉射

Nelson Touch