FGO
ボックスガチャイベント「復刻ネロ祭2021」開催中!
復刻ネロ祭2021攻略まとめ
超高難易度エキシビション攻略まとめ
復刻ネロ祭2021ピックアップガチャシミュレーター

【FGO】ロムルスクィリヌスの運用方法とおすすめ編成例

編集者
FGO攻略班
更新日時

FGO(フェイトグランドオーダー)のサーヴァント「ロムルス=クィリヌス/星5ロムルス」の運用方法を紹介。運用時のおすすめ編成や育成優先度も掲載しているので、FGO(FateGO)攻略の参考にどうぞ。

ロムルスクィリヌス

©TYPE-MOON / FGO PROJECT

関連記事
ロムルスクィリヌス
ロムルスクィリヌス
▶︎評価とスキル優先度▶︎運用方法とおすすめ編成▶︎霊基再臨・マテリアル▶︎セリフ・ボイス一覧▶︎元ネタ・史実解説

ロムルスクィリヌスの運用方法

特攻宝具アタッカー

付与した特性数次第で特攻倍率が上がる宝具を持つ

ローマ特性

ロムルスは敵に付与されている「ローマ特性」の数が増えるにつれて、特攻の倍率が上がっていく。最大特性10個で300%の特攻倍率になるため、意図的に特性を重ねていけば、宝具で大ダメージを狙いやすい。

無敵スキル持ちで耐久性も高いので、高難易度のアタッカーとして活躍しやすい。

特攻対象をほぼ確実に生み出せる

画像名

ロムルスが敵に付与できるローマ特性は弱体扱いだが、付与率が高く弱体無効以外で弾かれず、安定して特攻対象を生み出せる。宝具レベルが低くとも、道中のエネミーを排除しつつ味方全体に火力バフを付与できるため、周回メンバーにも起用しやすい。

クリティカルアタッカー

クリティカル運用に必要なものを一通り揃えている

画像名

ロムルスはスキルで「スター集中」「クリティカル威力アップ」「スター獲得」が可能で、クリティカル運用を狙いやすい。スキル効果中はクリティカルで敵に「ローマ特性を付与」するため、特攻宝具アタッカーとしての運用にも繋げやすい。

安定したクリティカルにはスター供給役が必要

ロムルスのスター獲得スキルが使えない期間は、味方によるスター供給が必要となる。ロムルスはQ1枚でスターを稼ぎにくいため、「2030年の欠片」やスター獲得スキル持ちで補助するのがおすすめだ。

ロムルスクィリヌスのおすすめ編成

宝具周回編成

宝具周回編成例
宝具周回編成

1戦目対処に起用すれば全体バフを付与可能

ロムルスを1戦目の宝具担当に起用すれば、スキル1や宝具効果により続く味方の宝具ダメージを底上げできる。NPチャージ持ちの全体宝具ランサーやバーサーカーと組み合わせて3ターン周回も狙える。

周回編成で相性の良いサーヴァント

サーヴァント 理由・解説
アルジュナオルタ
アルジュナオルタ
【役割】NPチャージ持ち全体宝具アタッカー・NP20〜30%チャージ持ち
・ローマ特性がほぼ確定付与の弱体
┗アルジュナオルタの特攻を後押しできる
カルナ
カルナ
【役割】NPチャージ持ち全体宝具アタッカー・NP25%チャージ持ち
・ロムルスの火力バフが自己バフと乗算可能
┗自己バフと合わせて3重バフになる
哪吒
哪吒
【役割】NPチャージ持ち全体宝具アタッカー・NP10〜20%チャージ持ち
・ロムルスの火力バフが自己バフと乗算可能
┗自己バフと合わせて3重バフになる
ブラダマンテ
ブラダマンテ
【役割】NPチャージ持ち全体宝具ランサー・NP10〜20%チャージ持ち
・ロムルスの火力バフが自己バフと乗算可能
┗自己バフと合わせて3重バフになる
フィン
フィン
【役割】NPチャージ持ち全体宝具アタッカー・NP20〜30%チャージ持ち
・ロムルスの火力バフが自己バフと乗算可能
┗自己バフと合わせて2重バフになる
ロムルス
ロムルス
【役割】NPチャージ持ち全体宝具アタッカー・NP20%チャージ持ち
・不安定な皇帝特権に頼らずに起用できる
・Bバフは味方単体に付与可能
諸葛孔明
諸葛孔明
【役割】火力補助+NP供給・凸虚数やカレスコ不足の場合に起用
・スキルで火力バフを付与

クリティカル編成

クリパ編成例
画像名

クリティカル重視の編成を組む

クィリヌスを運用するにはクリティカルを重視した編成を組もう。ランサーのスター集中度は平均以下なので、補助役はキャスターやムーンキャンサーといったスター集中度の低いサーヴァントを選ぼう。

ロムルス自身のスター供給能力が低いので、「スター獲得」「毎ターンスター獲得」持ちのサーヴァントとは特に相性が良い。中でも「マーリン」や「エレナ」「アンデルセン」はスター獲得と火力バフ両面で補助可能な上、スター集中度も低いので相性が良い。

火力補助はバスターバフがおすすめ

クィリヌスの火力を味方が補助する場合、バスターバフを付与するのがおすすめだ。クィリヌス自身もバスターバフは持っているが、効果量は最大でも30%なので味方で底上げを狙おう。

クリティカル運用で相性の良いサーヴァント

サーヴァント 理由・解説
マーリン
マーリン
【役割】火力バフ+スター獲得補助・高倍率のクリバフとBバフ持ち
・宝具で毎ターンスター獲得が可能
ハンス・クリスチャン・アンデルセン
アンデルセン
【役割】火力バフ+スター獲得補助・毎ターンスター15個獲得持ち
・クリバフとNP付与も併用できる
エレナ・ブラヴァツキー
エレナ
【役割】火力バフ+スター獲得補助・倍率は低いが全カードバフ持ち
・毎ターンスター5個獲得持ち
┗持続が5Tと長いが再使用は遅い
ナイチンゲール
ナイチンゲール
【役割】HP回復+火力バフ・宝具やスキルでHPが回復できる
・スキルでバスター性能を強化可能
水着BB
水着BB
【役割】カード固定+スター獲得補助・カード固定でローマ付与を効率化
・スター供給しやすい
・自身もクリティカルで攻めやすい
ブーディカ
ブーディカ
【役割】火力バフ・ローマ特攻+クリバフで110%火力補助
┗全体効果で3T持続
・スターを吸うのでオダチェンや生贄にする

ロムルスクィリヌスの特徴

▼ ロムルスクィリヌスの特徴
・ローマ特性を敵味方に付与して特攻や支援を行うアタッカー
・火力支援可能なNPチャージ持ち全体宝具
・クリティカル運用しやすいスキル構成をもつ

ローマ特性を付与しつつ特攻宝具で高火力を狙える

クィリヌスはクリティカル攻撃時やスキル使用時に、敵にローマ特性を付与し、ローマ特性特攻の宝具で火力を伸ばすアタッカーだ。宝具ダメージは敵ローマ特性の数に比例して火力が上がり、最大で10個(300%)まで恩恵を受ける。

ローマ特性は味方全体にも付与でき、味方にはスキル効果でクリティカル威力アップ効果を追加付与できるようになる。

クリティカル運用に必要なスキルを揃える

クィリヌスはクリバフ+スター獲得+スター集中を持ち、クリティカル運用に必要なスキルを揃えている。攻撃アップとクリ威力アップスキルは、CT5ターンと短いため、安定してダメージを伸ばせる。

ロムルスクィリヌスのおすすめ育成手順

目標キャラLv MAXHP MAXATK
Lv90 13,632 12,273
スキル強化目安
クィリヌスの玉座[EX]スキル1
Lv10推奨
神格転成[B]スキル2
Lv10推奨 最優先
射殺す百頭・羅馬式[A]スキル3
Lv10推奨

育成目安

Lv90まで強化し切るのがおすすめ

ロムルスクィリヌスのステータスは後半の伸びが大きいので、Lv90まで強化し切ると良い。Lv80〜90でATK/HPが2,000ほど伸びる。

強化スキル優先度

NPチャージの「神格転成」が最優先

強化でNPチャージの効果量が上昇する「神格転成」を最優先で育てていこう。NP30%チャージできれば、マーリンやシェイクスピアと組ませても宝具を撃ちやすくなる。

CT短縮により無敵効果も取り回しが良くなるので、高難易度を想定しても強化優先度が高いスキルだ。

全体火力バフの「クィリヌスの玉座」も優先度が高い

全体火力バフの「クィリヌスの玉座」は、汎用性が高く効果時間も3ターンと長いため強化優先度が高い。クィリヌスを含む一部の恒常ローマ特性持ちには、初っ端からでもクリティカル50%アップを付与できる。

「射殺す百頭・羅馬式」の強化は最後でOK

「射殺す百頭・羅馬式」は強化による倍率の上昇量が少ないので、他のスキルよりも優先度は低い。スキルCT短縮による「ローマ特性付与」を頻繁に使えるようになる恩恵は大きいので、最後にはLv10まで強化するのがおすすめだ。

関連リンク

関連記事
ロムルスクィリヌス
ロムルスクィリヌス
▶︎評価とスキル優先度▶︎運用方法とおすすめ編成▶︎霊基再臨・マテリアル▶︎セリフ・ボイス一覧▶︎元ネタ・史実解説

オススメの記事