FGO
鳴鳳荘イベント開催!
鳴鳳荘イベント攻略はこちら
バーソロミューの元ネタ・史実紹介
▶︎開催中のガチャシミュレーターはこちら

【FGO】ストーリー攻略にオススメなサーヴァントを紹介!

更新日時

ストーリーを進めていくとクリアできないクエストにぶつかってしまい、苦戦することもあるだろう。そういったときに頼りになるオススメのサーヴァントを紹介するので、ぜひ参考にしていただきたい。【編集者:voda】

オススメサーヴァント一覧

マシュ・キリエライト
マシュ・キリエライト
ネロ・クラウディウス
ネロ・クラウディウス
ラーマ
ラーマ
ロビンフッド
ロビンフッド
クー・フーリン
クー・フーリン
牛若丸
牛若丸
ゲオルギウス
ゲオルギウス
ニトクリス
ニトクリス
ハンス・クリスチャン・アンデルセン
ハンス・クリスチャン・アンデルセン
呪腕のハサン
呪腕のハサン
ヘラクレス
ヘラクレス

オススメサーヴァント

マシュ・キリエライト

マシュ・キリエライト

マシュ・キリエライトは、「味方全体の防御力アップ」「味方単体に無敵状態付与」「自身にターゲット集中」など防御系のスキルを保有しており、自身にターゲット集中させた状態で無敵状態を付与しておけば敵の単体宝具を自身に集中させて防ぐことも可能。宝具も味方全体の防御力アップとダメージカットを付与するため積極的に宝具を発動させると良い。パーティを編成するうえでもコストが0であるため他のサーヴァントや概念礼装にコストを振れるためパーティには必ず加えておきたいサーヴァントである。

ロビンフッド

ロビンフッド

ロビンフッドは自身のスキル「破壊工作」に毒状態の付与効果が含まれており、宝具を使用する前に使用することで確実に特攻効果を発動させることが可能。その為、火力を非常に出しやすいことが特徴であり、そのうえ「黄金律」のスキルによりNP獲得量がアップするため宝具の発動もしやすいため、セイバークラスのBOSSエネミーがいるクエストにはパーティに加えるべきサーヴァントである。

クー・フーリン

クー・フーリン

クー・フーリンの「矢避けの加護」は回避状態を3回付与し、防御力を3ターンアップするスキルであり、スキルレベルを最大にすると5ターンでスキルが使えるようになるため、うまくいくと常に回避状態が付与された状態で戦うことができる。回避状態が切れても戦闘続行によるガッツや仕切り直しによるHP回復により「矢避けの加護」が再び使用できるまで耐えることも可能なため生存力が高いサーヴァントである。

牛若丸

牛若丸

牛若丸は非常に高い威力の宝具を持ち、特にキャスタークラスのエネミーにはバフをかけなくても非常に高いダメージが与えられる。「燕の早業」でスター発生率をアップさせることができ、自身で発生させたスターをライダークラスのクラス補正で自身にスターを集中させてクリティカルを出すことでNPを稼ぐことも可能。さらに味方全体のNP獲得量アップや攻撃力アップなどのスキルで味方全体を強化することができるため非常に優秀なサーヴァントである。

ゲオルギウス

ゲオルギウス

ゲオルギウスは「守護騎士」により自身にターゲットを集中させたうえで防御力を強化するため主に盾役として重要な役割を持つサーヴァントである。HP回復やガッツのスキルも保有しているため耐久力もあるが、あえてHP回復やガッツを付与させずにやられたときに発動する概念礼装を装備してその効果を狙うのもあり。

ハンス・クリスチャン・アンデルセン

ハンス・クリスチャン・アンデルセン

ハンス・クリスチャン・アンデルセンはアーツカードが宝具を含めると4枚あるためアーツチェインが狙いやすく、「高速詠唱」によってNPを大幅にチャージすることができるため宝具を繰り返し発動することが可能。そのためバフや毎ターンHP回復付与を維持しながら、スキルによる毎ターンスター獲得や味方全体のクリティカル威力アップによって味方をサポートするサーヴァントである。

呪腕のハサン

呪腕のハサン

呪腕のハサンの「風除けの加護」は回避状態を3回付与し、スター発生率3ターンアップされるスキルであり、スキルレベルを最大にすると5ターンでスキルが使えるようになるため、うまくいくと常に回避状態が付与された状態で戦うことができる。呪腕のハサンはクイックカードが宝具を含めて4枚あるためクイックチェインを狙いやすく「風除けの加護」のスター発生率アップと合わせるとスターを大量に獲得できるためクリティカルを狙いやすいサーヴァントである。さらに「自己改造」によりクリティカルの威力を上昇できるため非常に優秀なサーヴァントである。

ネロ・クラウディウス

ネロ・クラウディウス

ネロ・クラウディウスは「頭痛持ち」「皇帝特権」によるHP回復と「三度、落陽を迎えても」による5ターンの間3回ガッツ付与により非常に高い耐久力を誇るサーヴァントである。ダメージを受けたら随時回復し、ピンチになったらガッツを付与して耐え、ガッツが切れたときに再びHPを回復するという形が理想の戦い方である。

ラーマ

ラーマ

ラーマの「武の祝福」は1ターンの間スター集中とクリティカル威力をアップするスキルであり、クリティカルの威力を最大で100%上昇させる。他にも味方全体の攻撃力アップやHP回復、ガッツの付与などスキルが優秀である。宝具は[魔性]特攻があり、6章以降のエネミーではソウルイーター、イフリータ、獣人、海魔、魔猪、ウシュムガル、鬼、屍人、七人御佐姫が特攻対象となるため6章以降のクエストでも活躍するサーヴァントである。

ニトクリス

ニトクリス

ニトクリスの宝具は敵全体に確率で即死効果があり、スキルによってその成功率を上げることが可能なため、高い確率で即死させることができる。さらに[高速神言]によって宝具の即時発動も可能。そのためエネミーのHPが高くなる6章以降のクエストを進めるうえで非常に頼りになるサーヴァントである。

ヘラクレス

ヘラクレス

ヘラクレスはスキルで自身の攻撃力を上昇できるうえ、回避やガッツを付与できるため、高い火力を持ちながら耐久力もある優秀なサーヴァントである。バスターカードが宝具を含め4枚あるためバスターチェインを狙いやすく、バーサーカークラスのためシールダー以外のどのクラスに対しても1.5倍のダメージを与えられる。

あとがき

今回はストーリークエストで頼りになるオススメサーヴァントを紹介したが、オススメサーヴァントをパーティにいれたからといってクエストをクリアできるわけではなく、そのサーヴァントが活きるようにパーティを組む必要がある。例えば今回紹介したヘラクレス、呪腕のハサン、アンデルセンでパーティを組んでもそれぞれのコマンドカードが偏っているためにチェインがやり辛くなってしまいそれぞれの長所を活かせなくなってしまう。しかしネロ、マシュ、アンデルセンでパーティを組めばアーツカードが多くなり、アーツチェインが組みやすくなる。結果、宝具が使いやすくなりマシュによる防御力アップやアンデルセンのバフや毎ターンHP回復によって耐久力の高いネロがさらに耐久力が上がるといったようにサーヴァント同士の長所が活きるため、オススメのサーヴァントをパーティに加えるだけでなくサーヴァント同士の相性を考えてパーティを編成する必要がある。

オススメの記事