グラブル

【グラブル】EXスキルのおすすめと当たり効果

編集者
グラブル攻略班
更新日時
火召喚石スタレ開催!「FF11コラボ」も開催中!
火召喚石スタレの確定枠と当たりキャラ
「FF11コラボ(幻想のウタイビト)」攻略と報酬まとめ
「FF11コラボ記念生放送」まとめ
サプチケおすすめキャラと召喚石

グラブルのEXスキルのおすすめや当たりスキルについて解説。武器ごとのおすすめEXスキルやレベル継承のやり方も紹介。マグナ武器や六竜武器、六道武器のEXスキルの堀り方や厳選の参考にどうぞ。

EXスキル記事アイキャッチ

©Cygames, Inc.

「レプリカルド・サンドボックス」攻略メニュー
周回
砂箱攻略TOP
周回
周回方法と編成例
エリア・デア
エリア・デア
杖鳴らす悠久の地 剣掲げる行軍の地
エリア・エローシオ
エローシオ


エリア・フェイム
フェイム


エリア・インヴィディア
インヴィ
ディア
エリア・ジョクラトル
ジョクラトル


エリア・ゴリアテ
ゴリアテ
エリア・ハービンガー
ハービンガー
エリア・カレンダエ
カレンダエ
エリア・リベル
リベル
「レプリカルド・サンドボックス」データべース
セフィラ導本
セフィラ導本
EXスキル
EXスキル
新世界の礎武器
新世界の礎
パラスソード・ミーレス
ミーレス武器

最新情報

5/7(土)光の六道武器にEXスキルが追加

光の六道武器
真・道天浄土
真・道天浄土
フラマ・オルビス
フラマ・オルビス

2022年5月7日から開催された「ゼノ・コロゥ撃滅戦」でドロップする六道武器にEXスキルが追加。トレジャー交換やミッションで手に入る武器には付いていない。

共通で「渾身3」が大当たり

一番の当たりEXスキル
渾身
渾身(最大3)

両武器共通で「渾身3」は大当たりと言って良い。HP75%以上の時に別枠5%攻撃力が上がるため、古戦場の肉集めや周回編成を想定するなら確保しておきたい。

当たりの組み合わせ一覧

当たりEXスキルと組み合わせ(六道武器)
汎用性重視 「渾身3」+α
「攻撃3.5%」+「アビ与ダメ5」
「奥義ダメ8.5」+「アビ与ダメ5」
通常軸向け 「攻撃3.5%」+「通常上限1.5%」
「連撃4%」+「通常上限1.5%」
奥義軸向け 「奥義ダメ8.5%」+「奥義与ダメ5」
防御重視 「防御7.5%」+「属性軽減5%」
「HP11%」+「属性軽減5%」

「攻撃3.5%」に加えて「アビ与ダメ」または「通常上限」の組み合わせで効果量の高いものが、「渾身3」の次点の当たりとなる。また、「渾身2」も同等の当たりだ。「フラマ・オルビス」は特に「アビ与ダメ」の価値が高い。

防御系のスキルは攻撃系スキルと異なり必須となる可能性は低いが、バトル攻略時の安定性向上に役立つ。よって、EXスキルの種類に限らず、理想のEXスキル掘りの途中で出た最大効果量の武器は、倉庫に保管しておくのがおすすめ。

六道武器の組み合わせ表

1枠目 2枠目の候補
EX攻撃
攻撃
EX通常
通常上限
EXアビ与ダメ
アビ与ダメ
EX奥義
奥義ダメ
EX連撃
連撃率
EX防御
防御
EX属性軽減
属性軽減
弱体耐性
弱体耐性
EX回復性能
回復性能
背水
背水
EXHP
HP
EX属性軽減
属性軽減
弱体耐性
弱体耐性
EX回復性能
回復性能
渾身
渾身
EX連撃
連撃率
EX奥義与ダメ
奥義与ダメ
EX通常
通常上限
背水
背水
渾身
渾身
EX奥義ダメ
奥義ダメ
EX奥義与ダメ
奥義与ダメ
EXアビ与ダメ
アビ与ダメ
渾身
渾身
EX連撃
連撃率

「ゼノコロゥ撃滅戦」攻略と報酬まとめ

2/21(月)にプライマルシリーズに追加

EXPUPなどの新EXスキルも登場

EXスキル

2月21日に、「プライマルシリーズ」「オールド・プライマルシリーズ」にEXスキルが追加され、サンドボックスの新エリアの報酬として獲得できるアップデートが実施。今までのEXスキルに加え、稀に「EXPUP」「獲得ルピUP」のEXスキルがついた武器が入手可能だ。

神石加護 マグナ加護
エッケザックス
プライマルシリーズ
オールド・エッケザックス
オールドプライマルシリーズ

「レプリカルド・サンドボックス」攻略

EXスキルの概要

ランダムで追加スキルが付与

EXスキル
▲入手時に青文字でEXスキル:◯◯と記載されている

「レプリカルド・サンドボックス」で入手したマグナ武器や「アンセスタルシリーズ」に付与されるEXスキルはランダム抽選で、特定のスキルが付与されるわけではない。また、付与されるスキル効果は1〜2個となっている。

一部のドロップ武器にのみ実装

EXスキルが付く武器
マグナ武器
アンセスタルシリーズ(六竜武器)
六道武器(ゼノ武器)

EXスキルは一部の武器にのみ実装されている。EXスキルがドロップするレプリカルドサンドボックス内でも「オールド・プライマルシリーズ」や「レガリアシリーズ」の武器にはEXスキルは付かない。

EXスキルは固定値でスキルLvは存在しない

EXスキルはスキルレベルによる効果量の上昇はなく、入手した時の効果量で固定されている。キャラクターのEXリミットボーナスやエーテリアルプラスなどの効果と似た仕様といえる。

EXスキルのレベル継承方法

強化で同名武器に効果を移せる

EXスキルが付与された武器をベースにして強化

レベル継承

EXスキルは武器強化画面の「レベル継承」から他の同名武器に効果を付け替られる。「レベル継承」はEXスキルが付与された武器をベースにし、素材となる武器を選択して行う。素材にした武器のレベルとスキルレベルは継承されるので、育成した分はリセットされない。

素材は保護中だと表示されない点に注意

レベル継承の素材

素材にする武器は保護中だと一覧に表示されない。一度保護を外してから強化を行おう。

編成している武器もレベル継承可能

スキル継承アプデ

アップデートで、編成している武器もレベル継承可能になった。編成している武器にレベル継承を行うと、編成していた武器は自動で外された扱いになる。忘れずに継承した武器を編成しよう。なお、参戦中の編成で使用中の武器はレベル継承できない。

EXスキル付き武器同士の継承はベース武器が優先

EXスキル付き武器をベースにして継承をした場合、ベース武器のEXスキルが残る。つまり、既に持っているEXスキル付き武器よりも強いEXスキル持ち武器を手に入れた際、強いEXスキルを持った状態でスキルLvや武器Lvを継承できる。

操作動画

EXスキルの掘り方と効率的な周回方法

各EXスキル武器のメニュー
シュヴァリエソード・マグナ
マグナ
ワムデュスナイダリア
アンセスタル
極マリシ烈火ノ太刀
六道武器

マグナシリーズ

マグナ武器の掘り方のポイント
ミッションを優先的にクリアし導本の強化を行う
対応する有利属性のエリアと敵で周回する
ゲージ5のHPが低いボスを周回する
育成が進んでいる属性で周回するのがおすすめ

ミッションを優先的にクリアし導本の強化を行う

セフィラ導本
▲ 様々な強化効果を得られる

EXスキルを本格的に堀り始める前に、レプリカルドサンドボックス内のミッションをクリアし導本を全て解放しよう。導本を全て解放すれば「真実の導本」によってパーティの攻撃力やダメージ上限が上昇するため、周回の効率が良くなる。

また、2つセットする「特殊導本」は渾身で攻撃力を確保できる「鋭撃」「叡智」、通常攻撃で周回するなら渾身1つの代わりに追撃効果を得られる「勇気」がおすすめ。火力に余裕があり、アビポチの数が増えないならトレハン効果がある「簒奪」がおすすめだ。

対応する有利属性のエリアと敵で周回する

各属性の武器に対応したエリア
火火属性エリア・エローシオ(左上) 水水属性エリア・フェイム(右上)
土土属性エリア・ゴリアテ(左下) 風風属性エリア・ハービンガー(右下)
光光属性エリア・エローシオ(左上)
エリア・ハービンガー(右下)
闇闇属性エリア・フェイム(右上)
エリア・ゴリアテ(左下)

武器は対応する属性からしかほぼ入手できないため、欲しい属性のエリアと敵を確認してから周回を行おう。エリアによって属性が分かれており、光と闇属性だけ2種類存在する。

ゲージ5のHPが低いボスを周回する

ゲージ5を周回
▲ ゲージ3はHP6,000万だが、ゲージ5はHP2,000万で周回が楽

周回時はゲージ5の敵を狙ってEXスキル付きの武器の入手を目指そう。ゲージ3はHP約6,000万と多めで、ゲージ5はHP約2,000万と低く周回が楽なためだ。ゲージの差によるドロップ率は関係ないため、数をこなせる方が効率が良い。

ドロップによる期待値は低いため、「セフィラゲージ」がたまると開けられる「セフィラボックス」を獲得して武器を狙うのがメイン。入手できるアイテムは、ゲージが貯まっているアーカルムシリーズに対応するものが出やすい。

育成が進んでいる属性で周回するのがおすすめ

育成が進んでいる属性で編成を作成し、周回するのがおすすめ。各属性の有利属性を作成するのもありだが、あらゆる属性に対応した周回編成を作成しておけば手間が少ないからだ。有利以外の場合は、あらゆる敵に有利を取れる「サンダルフォン(アナザー)」入りの土属性がおすすめ。

他にも、ゲージ5のHP2,000万の周回編成は以下の効率周回記事にも掲載している。記事を参考に、自分の育てている属性と相談して可能な編成を組んでみよう。

「サンドボックス(砂箱)」攻略まとめ

アンセスタルシリーズ

自発は毎日行う

EXスキルを掘る際は、最低限毎日自発を行おう。アンセスタルシリーズのドロップは自発赤箱、順位赤箱、貢献度の青箱の3つから出現するが、中でも自発赤箱からの出現率が一番高いからだ。

救援は青箱や可能なら赤箱を狙う

救援での周回は、青箱を狙いつつ可能なら赤箱を狙って周回しよう。各攻略記事の編成例を参考に周回編成を組むのがおすすめだ。

六竜HLマルチ攻略記事
ウィルナスHL
ウィルナスHL
ワムデュス
ワムデュスHL
ガレヲン
ガレヲンHL
イーウィヤ
イーウィヤHL
ル・オー
ル・オーHL
フェディエル
フェディエルHL

六道武器(ゼノ武器)

ドロップ効率を可能な限り上げて周回する

カグヤ

六道武器はドロップUPの効果が影響するため、可能な限り片面カグヤや雫、エッセルなどの効果を活用してドロップUPを行い周回をしよう。効果は周回箇所全てに影響する。

HELLはスキップせずに手動で周回する

シングルEXやMANIAC周回で出現するHELLは、スキップせずに周回しよう。スキップするとドロップUPの影響が計算されないため、効率が落ちる。難度による武器ドロップにほぼ差はないため、アビポチの数が増えて周回の速度が下がる場合は難度の低いHELL周回で良い。

「撃滅戦」攻略まとめ

EXスキルの種類と組み合わせ

1枠目は5種類の中から固定

攻撃力 防御力 HP 連撃率 奥義ダメ
EX攻撃 EX防御 EXHP EX連撃 EX奥義ダメ

EXスキルの1枠目は、5種類のアイコンに応じたスキルが必ず付与される。また、2枠目に付与されるスキルには一定の法則があり、1枠目と同じスキルが付与されることはない。

2枠目は1枠目の種類に応じて決定する

2枠目に付与されるスキルは完全ランダムではなく、1枠目のスキルをベースに付与されるスキルが決定する。例えば1枠目が「攻撃力」であれば、2枠目は「奥義ダメ」「アビダメ上限」「DA率」「TA率」の中のいずれかとなる。

また、マグナ武器やアンセスタルシリーズ武器は2枠目のEXスキルが付与されないパターンがあるが、六道武器は2枠目まで確定で付与される。期間限定でしか手に入らない分、緩和されている模様。

マグナ武器と六竜武器の組み合わせ表

1枠目 2枠目の候補(付与されない可能性あり)
EX攻撃
攻撃
EX奥義
奥義ダメ

EXアビ上限
アビ上限
EXDA
DA
EXTA
TA
EX防御
防御
EXHP
HP

EX回復性能
回復性能
弱体耐性
弱体耐性
背水
背水
EXHP
HP
EXHP
防御

EX回復性能
回復性能
弱体耐性
弱体耐性
渾身
渾身
EX連撃
連撃率
EX奥義
奥義ダメ

EXアビ上限
属性攻撃
EXDA
DA
EXTA
TA
EX奥義ダメ
奥義ダメ
EX攻撃
攻撃

EXアビ上限
属性攻撃
奥義上限
奥義上限
渾身
渾身

六道武器(ゼノ武器)の組み合わせ表

1枠目 2枠目の候補
EX攻撃
攻撃
EX通常
通常上限
EXアビ与ダメ
アビ与ダメ
EX奥義
奥義ダメ
EX連撃
連撃率
EX防御
防御
EX属性軽減
属性軽減
弱体耐性
弱体耐性
EX回復性能
回復性能
背水
背水
EXHP
HP
EX属性軽減
属性軽減
弱体耐性
弱体耐性
EX回復性能
回復性能
渾身
渾身
EX連撃
連撃率
EX奥義与ダメ
奥義与ダメ
EX通常
通常上限
背水
背水
渾身
渾身
EX奥義ダメ
奥義ダメ
EX奥義与ダメ
奥義与ダメ
EXアビ与ダメ
アビ与ダメ
渾身
渾身
EX連撃
連撃率

EXスキルの当たり

全武器共通で「渾身」が当たり

一番の当たりEXスキル
渾身
渾身(最大3)

EXスキルはどの武器も共通して「渾身」は大当りと言って良い。特に最大値である「渾身3」だと、HP75%以上の時に別枠5%攻撃力が上がるので、古戦場の肉集めや周回編成を想定するなら最優先で確保しておきたい。EXスキルの厳選を行う場合は基本的に「渾身3」を目指すことになる。

マグナ&六竜武器

当たりEXスキルと組み合わせ(マグナ・六竜武器)
攻撃重視 「渾身3」+「奥義ダメージ」
「攻撃3.5」+「アビ上限2%」
「奥義ダメ8.5%」+「奥義上限2%」
防御重視 「HP11%」+「防御7.5%」or「背水3%」
「防御7.5%」+「背水3%」
連撃重視 「連撃4%」+「DA2%」or「TA2%」

「渾身」の組み合わせは「奥義ダメージ」か「HP」のどちらかなので、火力に直結する「奥義ダメージ」との組み合わせが最も当たりと言える。ただし、「渾身3」であれば「HP」との組み合わせでも十分強力なのでメイン採用しても問題ない。

「攻撃」も強力だが単体だと「渾身」に劣るため、「アビ上限」や「通常上限」との組み合わせで初めて当たりと言える。防御や連撃系のEXスキルでも「HP」+「防御」や「連撃」+「TA」などスキルの方向性が明確で、効果量の高いものは確保しておこう。

六道武器

当たりEXスキルと組み合わせ(六道武器)
汎用性重視 「渾身3」+α
「攻撃3.5%」+「アビ与ダメ5」
「奥義ダメ8.5」+「アビ与ダメ5」
通常軸向け 「攻撃3.5%」+「通常上限1.5%」
「連撃4%」+「通常上限1.5%」
奥義軸向け 「奥義ダメ8.5%」+「奥義与ダメ5」
背水重視
(ゼノディア槍)
「背水3」+「防御7.5%」
「背水3」+「連撃率+4%」
防御重視 「防御7.5%」+「属性軽減5%」
「HP11%」+「属性軽減5%」

六道武器のEXスキルは攻撃寄りで優秀な物が多いが、「渾身3」が最も当たりなのは変わらない。ただし「攻撃」との組み合わせの当たりが他と違い、「アビ与ダメ」または「通常上限」の組み合わせで効果量の高いものが「渾身3」の次点の当たりとなる。

防御系のスキルは攻撃系スキルと違って必須となる可能性は低いが、バトル攻略時の安定性向上に役立つ。よって、EXスキルの種類に限らず、理想のEXスキル掘りの途中で出た最大効果量の武器は、倉庫に保管しておくのがおすすめ。

EXスキル武器別おすすめの組み合わせ

おすすめのEXスキル武器メニュー
シュヴァリエソード・マグナ
マグナ
ワムデュスナイダリア
アンセスタル
極マリシ烈火ノ太刀
六道武器

マグナシリーズ

武器 当たりスキル
コロッサスケーン・マグナ
コロッサスケーン・マグナ
渾身攻撃力
レヴィアンゲイズ・マグナ
レヴィアンゲイズ・マグナ
渾身攻撃力
世界樹の晶剣・マグナ
世界樹の晶剣・マグナ
渾身攻撃力
ティアマトボルト・マグナ
ティアマトボルト・マグナ
背水攻撃力アビ上限奥義上限
ティアマトガントレ・マグナ
ティアマトガントレ・マグナ
渾身攻撃力アビ上限奥義上限
シュヴァリエソード・マグナ
シュヴァリエソード・マグナ
渾身攻撃力
セレストクロー・マグナ
セレストクロー・マグナ
背水攻撃力アビ上限奥義上限

セレ拳やティア銃は用途に応じて当たりが変わる

セレ拳やティア銃は付与されるEXスキルによって、短期戦向けか長期戦向けか変わってくる。数が少ないうちは気にする必要はないが、複数EXスキル付きの武器を入手した場合は用途に応じて使い分けよう。

短期周回なら、背水が最大まで発動して上限に到達していることが多いので「奥義上限」や「アビ上限」で最大ダメージを伸ばしたい。逆に、常に最大火力を出せるとは限らないフルオートや高難度の場合では、火力の底上げができる「攻撃」や「背水」スキルの恩恵が大きい。

アンセスタルシリーズ

武器 当たりスキル
ウィルナスフィンガー
ウィルナスフィンガー
背水攻撃力
ワムデュスナイダリア
ワムデュスナイダリア
渾身攻撃力
ガレヲンジョー
ガレヲンジョー
渾身奥義ダメ上限
イーウィヤビーク
イーウィヤビーク
渾身攻撃力アビダメ上限
ルオーホーン
ルオーホーン
渾身攻撃力連撃系
フェディエルスパイン
フェディエルスパイン
渾身奥義ダメ上限

いずれも1枠目「奥義ダメージ」が理想

どの武器も「奥義ダメ上限」と「渾身」が狙い目だが、「奥義ダメージ」は1枠目「奥義ダメージ」でしか付与されない。「渾身」は1枠目「HP」でも付与されるが、周回では活きない場面もあるため、理想は1枠目「奥義ダメージ」となる。

ウィルナスフィンガーだけは、「背水」の場合は「HP」が理想。最大HPを高めておくと、低HPを維持しやすい上に低HP時のHP幅が広がるからだ。

六道武器(ゼノ武器)

光属性の当たりスキル
真・道天浄土
真・道天浄土
フラマ・オルビス
フラマ・オルビス
渾身、通常上限
奥義与ダメ、アビ与ダメ
渾身、アビ与ダメ
闇属性の当たりスキル
真・普天幻魔
真・普天幻魔
デモン・アドヴォケイト
デモン・アドヴォケイト
通常上限、渾身
奥義与ダメ、アビ与ダメ
通常上限、渾身、背水
奥義与ダメ、アビ与ダメ
火属性の当たりスキル
真・灼滅天の刃鎌
真・灼滅天の刃鎌
極マリシ烈火ノ太刀
極マリシ烈火ノ太刀
通常上限、渾身、奥義与ダメ、アビ与ダメ
土属性の当たりスキル
真・裁考天の鳴弦
真・裁考天の鳴弦
ラスト・シャフレワル
ラスト・シャフレワル
通常上限、渾身
奥義与ダメ、アビ与ダメ
HP、属性ダメ軽減

攻撃寄りスキルかつ高数値なら当たり

運用方法によって理想のEXスキルは変わるが、基本的には攻撃系の組み合わせであれば当たりと言える。どの武器でも「渾身3」が出れば大当たりと言ってよい。

ただし、高難度のメイン武器としての使い道がある「ラスト・シャフレワル」は防御系スキルを確保する価値が少し高い。攻撃系スキルも、アビ性能UP武器の「フラマ・オルビス」は「アビ与ダメ」を狙うなど、武器の特徴を伸ばすスキルがおすすめだ。

EXスキルの効果量一覧

EXスキル 最小値 最大値
攻撃力 1% 3.5%
属性攻撃力 2% 5%
渾身 1 3
背水 1 3
アビリティダメージ上限 1% 2%
奥義ダメージ 2% 8.5%
奥義ダメージ上限 1% 2%
連続攻撃確率 1.5% 4%
ダブルアタック確率 1% 2%
トリプルアタック確率 1% 2%
防御力 1% 7.5%
HP 1% 11%
弱体耐性 1% 3%
回復性能 2% 5%
通常攻撃ダメージ上限 0.5% 1.5%
アビリティ与ダメージ上昇 1 5
奥義与ダメージ上昇 1 5
属性ダメージ軽減 1% 5%

渾身の効果量

HP 100% 75% 50% 25% 1
+1 3% 3% 2% 1.5% 1%
+2 4% 4% 4% 3% 2%
+3 5% 5% 4% 3% 2%

背水の効果量

HP 100% 75% 50% 25% 1
+1 1% 2% 2.25% 3.64% 5%
+2 1% 2% 2.33% 4.18% 6%
+3 1% 3% 3.38% 5.45% 7.5%

アビリティ与ダメージ上昇の効果量

1 2 3 4 5
アビ
与ダメ
1,000 1,500 2,000 2,500 3,000

他のアビ与ダメ上昇スキルとは共存

「イーウィヤビーク」「ワールド・エンド」などのアビリティ与ダメージ上昇スキルとは共存。効果量の上限20万を越えても効果が加算される。

奥義与ダメージ上昇の効果量

1 2 3 4 5
奥義
与ダメ
10,000 15,000 20,000 25,000 30,000

他の奥義与ダメ上昇スキルとは共存

「ガレヲン・ジョー」や「フェディエル・スパイン」などの奥義与ダメージ上昇スキルとは共存。効果量の上限100万を越えても効果が加算される。

人気の組み合わせランキング

2021年3月7周年生放送

マグナシリーズのEXスキルの組み合わせ

火・水・土属性ランキング
マグナシリーズEXスキル
風・光・闇属性ランキング
マグナシリーズEXスキルランキング風・光・闇

アンセスタルシリーズのEXスキル組み合わせ

火・水・土属性ランキング
アンセスタルシリーズEXスキル組み合わせ火・水・土
風・光・闇属性ランキング
アンセスタルシリーズEXスキル組み合わせ風・光・闇

「ここだけレポート」7周年生放送まとめ

関連記事

「レプリカルド・サンドボックス」攻略メニュー
周回
砂箱攻略TOP
周回
周回方法と編成例
エリア・デア
エリア・デア
杖鳴らす悠久の地 剣掲げる行軍の地
エリア・エローシオ
エローシオ


エリア・フェイム
フェイム


エリア・インヴィディア
インヴィ
ディア
エリア・ジョクラトル
ジョクラトル


エリア・ゴリアテ
ゴリアテ
エリア・ハービンガー
ハービンガー
エリア・カレンダエ
カレンダエ
エリア・リベル
リベル
「レプリカルド・サンドボックス」データべース
セフィラ導本
セフィラ導本
EXスキル
EXスキル
新世界の礎武器
新世界の礎
パラスソード・ミーレス
ミーレス武器

「レプリカルド・サンドボックス」TOP

オススメの記事