【ウマ娘】 サポカ編成ツールとデッキ編成のコツ

更新日時
編集者
ウマ娘攻略班

ウマ娘プリティーダービーにおけるサポカ編成ツール(デッキ編成ツール)を掲載!育成するウマ娘で習得したいスキルやサポート効果などを一覧で確認しながらデッキ編成ができるツールに加え、サポート編成デッキを組む際のコツも紹介しているため、ウマ娘を攻略する際の参考にどうぞ!

©Cygames, Inc.

サポカ編成ツール

サポカ編成ツールの使い方

1 育成ウマ娘を選択する
2 サポートカードを6枚編成する
3 習得可能なスキルを確認する
4 育成イベント選択肢チェッカーと連携する

【1】育成ウマ娘を選択する

ウマ娘の選び方 ウマ娘の決定手順

最初に育てたい育成ウマ娘を選択しよう。初期適性や成長率に加え覚醒スキルも確認しつつ、最終的なステータスやどのスキルを習得しておくかなど、育てるウマ娘の育成方針を決めよう。

【2】サポートカードを6枚編成する

サポートを絞り込み方法 サポートカードの決定方法

育成ウマ娘を選んだら、決めた育成方針に沿ってサポートカードを6枚編成しよう。サポートカード選択画面では、各凸でのサポート効果と習得スキルに加え育成イベントの内容も確認できるため、最終ステータスを達成しやすいサポートカード編成をじっくり考えよう

【3】習得可能なスキルを確認する

育成ウマ娘とサポートカードの編成が完了したら習得スキルを確認し、育成方針に沿った最終的なステータスとスキルを実現できる育成になるかチェックしよう。習得予定だったスキルが獲得できない場合、サポートカード編成に戻り、習得できるスキル基準でサポートカードを選び直そう。

【4】イベント選択肢チェッカーと連携する

デッキ編成ツールで選択したサポートカードは、イベント選択肢チェッカーと連携できる。自分で組んだデッキ編成のままイベント選択肢の確認も行えるため、育成のお供として役立てよう。

育成イベント選択肢チェッカー

サポート編成の決め方

距離や脚質に応じ目標ステータスを決める

SS+
1200
B
600
SS
1100
C
400
SS+
1200

サポートカードを編成する時は、まず育成ウマ娘をどの距離や脚質向けに育成するか決めよう。ウマ娘は脚質や距離によって伸ばすべきステータスが異なるため、距離や脚質を決めると目標ステータスが定まりやすく、結果的にサポート編成を決めやすくなるからだ。

目標レースのスタミナ確保を最優先する

距離 最終スタミナの目安 回復スキルの目安
短距離 350〜400 不要
マイル 400〜500 白回復1〜2個
中距離 500〜600 金回復1個
長距離 600〜800 金回復1〜2個

目標ステータスの設定に悩む場合は、スピードはもちろん、育成目標で必要なスタミナの確保を基準に考えよう。育成目標で「天皇賞(春)」などの長距離レースに出走する場合はスタミナが多めに必要となり、逆にマイルや短距離がメインならスタミナ以外のステータスを伸ばしたほうが効率的だ。

用途によって習得したいスキルを決める

各サポートカードには、イベントやヒント練習によって獲得できるスキルが決められている。各距離や脚質、チーム競技場用かチャンピオンズミーティング用か、使用したいコンテンツに合わせて習得スキルを決めよう。

金スキルは3〜4個前後で調整する

習得する金スキルは3~4個程度で調整するのがおすすめだ。金スキルは白スキルより強力だが、6枚のサポート全てから金スキルを得ようとすると、スキル構成やサポート編成のバランスが悪くなりやすい。

ステータスとスキルを基準にデッキを組む

サポート編成例

ナリタトップロード

シンコウウインディ

アグネスタキオン

ファインモーション

マーベラスサンデー

ニシノフラワー

目標ステータスや習得させたいスキルが決まったら、実際に所持サポートカードからデッキを組んでみよう。サポート編成のうち1枚はフレンドのサポートを使用できるため、手持ちのサポートでは鍛えにくいステータスやスキルを補える完凸サポートをレンタルするのがおすすめだ。

ウマ娘の成長率に応じサポート枚数を調整する

各ウマ娘にはトレーニングの成長率が設定されており、伸ばしやすいステータスが決まっている。例えばスピード成長率20%のキャラの育成時には、スピードの枚数を減らして賢さタイプの枚数を増やすなど、成長率に応じてサポート枚数を調整すると効果的に育成できる。

サポート編成のコツ

サポート所持状況や距離により枚数を変更

距離 枚数
短距離
マイル
【上級者】 【中級者】
中距離 【上級者】 【中級者】
長距離 【上級者】 【中級者】

サポート編成は、自身の完凸所持状況や距離によって枚数を変えるのがおすすめだ。距離によってスタミナ量が違い、パワーやスタミナサポートを編成する必要があるため、自身の所持しているサポートの性能も見つつ枚数を調整しよう。

レースボーナスは合計35%以上を目指す

サポート効果「レースボーナス」の合計値が35%以上だと、G1目標レースの1着時のステータス上昇量が増加する。クライマックスシナリオでは多くレースに出走し、ステータスとスキルPtが大幅に増加するため、サポート編成時に余裕があればレースボーナス35%以上を目指そう。

サポートが揃っている場合は50%以上を目指す

完凸や強力なサポートが揃っている場合は、レースボーナス50%以上を目指すのがおすすめだ。クライマックスシナリオでレースに多く出走し、毎回レースボーナスの恩恵を受けるとステータスを上げつつアイテムも交換できるため、強力なキャラを育成しやすい。

長距離キャラは回復スキル持ちを編成する

サポート おすすめポイント

ライスシャワー
・汎用性の高い金回復スキルを所持
・無凸でもスキル要員として優秀
・パワーとスタミナの両方を補える
・フレンド枠で優先的に編成する

スーパークリーク
・汎用性の高い金回復スキルを所持
・スタミナに特化した練習性能
・ライスより優先度は下がるが強力

育成目標に長距離レースが含まれるウマ娘は、他の育成キャラより高いスタミナが必要になる。スタミナを伸ばすだけではレース中に失速する可能性が高くなるため、金回復スキルを持つライスシャワーSSRやスーパークリークSSRを編成してスタミナを補うのがおすすめだ。

無凸SSRよりも完凸SRを優先する

サポートカードはレベルが上がるほどサポート効果が高くなるため、無凸Lv30のSSRよりも完凸Lv45のSRサポートのほうが強力になる場面が多い。SSRサポートが必ず習得したい金スキルを所持している場合以外は、無凸SSRよりも完凸SRを優先するのがおすすめだ。

サポート編成の注意点

育成キャラと同名サポートは編成できない

育成キャラと同キャラのサポートカードは、デッキに編成できない。例えば育成キャラがサイレンススズカだった場合、「サイレンススズカSSR(スピード)」や「サイレンススズカSSR(スタミナ)」はサポートカード編成に加えられないため注意しよう。

同名のサポートは編成できない

同名ウマ娘のサポートカードは、デッキに1枚しか編成できない。例えばSSR「マチカネフクキタル[袖振り合えば福となる♪]」とSR「マチカネフクキタル[運の行方]」のような、同名ウマ娘のレアリティ違いを同じデッキに編成できない。

また、特にグループタイプのサポートを編成する際は、同名キャラやサポートを編成していないか確認しよう。グループタイプのサポートは人数が多く、編成できない場面が多くあるからだ。

サポート効果一覧とメリット