グラブル
初心者から上級者まで戦力強化につながる
「セラフィックウェポン」を育てよう!
▶「セラフィックウェポン」まとめ

【グラブル】用語集ま~わ行

更新日時

グラブルのゲーム内に登場する用語を解説する記事。ここでは「ま~わ」行までについて記載している。

用語集リンク
あ~さ行 た~は行 ま~わ行

ま行

魔法

神秘を司る力であり、これを修めた者は魔法使い、または魔女と呼ばれる。星晶獣などとは違い空の世界に昔からある技術であり、専用に学ぶための学校も存在している。極めることで星晶獣にも匹敵する力を有することが出来るが、その域に達している者は数えるほどしかいない。


魔晶

エルステ帝国がルリアや星晶獣の研究結果から作り出した結晶。かつて空を制覇した星の民の力を模倣することを目的としており、空の世界の存在を疑似的な星の力に変換することが出来る。しかし、異界の侵略者である星の民の力を模したものであるため非常に不安定であり、使用には様々な危険が伴う。


マリス

星晶獣が魔晶によって過剰な力を注ぎこまれた姿。限界を超えた驚異的な力を持つが、そもそも星晶獣とは器となる存在、概念に星の民が力を付与したものであり、そこに魔晶によって更なる力を注ぎこんでいるため器に多大な負荷がかかっており、元となった星晶獣そのものを崩壊させてしまう危険性も持つ。


メフォラシュ

旧王都メフォラシュ

砂漠の中に数多の歴史と遺跡が眠る島。エルステ帝国の前身となったエルステ王国の首都であり、その歴史は星の民の襲来以前まで遡る。かつてはゴーレム産業で栄華を極めたが、空の世界における最大戦力の座を星晶獣に奪われて以降は衰退の一途をたどり、現在は最盛期の十分の一にも満たない数の住人達が細々と暮らしている。


や行

傭兵稼業

非常に一般的な職業であり、その仕事も街や要人の警護から国家間の争いへの介入など多岐にわたる。中には騎空団でありながら傭兵稼業を生業としている者達もおり、騎空艇を駆使した移動は通常の傭兵とは比べ物にならない機動力を持つため重宝されている。特に免許などは必要としないため悪質な傭兵もおり、確実な仕事を期待するのであれば、少々値が張っても街の傭兵ギルドに依頼するほうが賢明である。


ら行

ルーマシー群島

ルーマシー群島

幾星霜を経てなお成長を続ける深き森を載く群島。木々の多くは長い樹齢を持つものであり、星の民の侵略や覇空戦争を見守ってきた。さらに星晶獣ユグドラシルの加護によって、いまなお森は成長し続けている。黒き森の奥地には様々な伝説や謎の多い遺跡、さらにはファータ・グランデ空域の他の森では決して見られないような植物が存在しているが、森の危険性の高さからなかなか調査は進んでいない。


用語集リンク
あ~さ行 た~は行 ま~わ行
▶ グラブル攻略TOPへ


オススメの記事