グラブル
ゼノコキュートス撃滅戦・開催中!
▶ ゼノ・コキュートス撃滅戦・攻略▶ ゼノ・コキュ効率周回編成▶ Wスターレジェンドガチャ(11月)

【グラブル】用語集た~は行

更新日時

グラブルのゲーム内に登場する用語を解説する記事。ここでは「た~は」行までについて記載している。

用語集リンク
あ~さ行 た~は行 ま~わ行

た行

大公ザカ

大公ザカ

バルツ公国の現大公。鍛冶職人としての高い技術を持つ一方、魔導士としても名高い多才な人物。人の幸せを真摯に考えることの出来る明るい人柄で、歴代大公の中でも特に人気が高い。ドラフ特有の隆々とした体躯を活かし、魔法で殴る、というような独特な戦闘技術を身に付けている。イオの魔法の師匠でもあり、大公が教えた豪快さはイオの行使する魔法の中にも散見することが出来る。


ダイダロイトベルト

ダイダロイトベルト

瘴流域を越え、複数の空域に跨る巨大列島。複数の巨大な岩塊によって構成されており、星晶獣のキクリがその能力によって岩塊同士を繋ぎ、列島を維持している。瘴流域に分断された各空域内にそれぞれ中心的な街は存在するものの、街の住人のほとんどが商人や調査員で構成されており、定住者はほとんどいない。隣接した空域へ騎空挺を使わずに移動することが出来る数少ない地ではあるものの、七曜の騎士を除いて、瘴流域に挑む物は皆、命知らずと呼ばれる。


地上世界

死後の世界とされており、地上世界へ行って戻ってきた者は神話の中にしか存在しない。古来より地上へ落ちるというのは死を意味しており、今日においても死者の埋葬には、遺体を入れた柩を地上に落とすなどの方法がとられている。地上を目指した物好きな騎空団も記録には存在するが、そのどれもが消息を絶っており、無事に地上世界へと到達できたかどうかは定かではない。


秩序の騎空団

秩序の騎空団

全空を股にかける巨大な騎空団であり、七曜の騎士のひとり、碧の騎士が現団長を務める。組織は担当空域毎に幾つかの騎空艇団に分かれており、ファータ・グランデ空域はリーシャ船団長やモニカ船団長補佐を有する第四騎空艇団が担当する。主な業務は各国から要請のあった犯罪者の捕縛や要人の警護、依頼によっては物資の輸送なども請け負い、空域の各国から厚い信頼を勝ち得ている。


デウス・エクス・マキナ

エルステ王家に伝わる歴史の闇に葬られた星晶獣。人の精神を身体から抜き出し、別の物質に籠める、または別の人物と入れ替える等の能力を持つが、人の精神を作り出したり、破壊したりすることは出来ない。より人に近いゴーレムを作成するためエルステ王家が星の民に望んだ星晶獣であり、存在そのものが星の民への恭順、空の世界への裏切りの証となってしまうため、エルステ王国のごく一部の者にしか存在を知らされていなかった。


トラモント島

年中霧が立ち込める小さな島。島には村が一つある程度であり、住人は少ない。昔から周囲との交流の少ない島だったが、数十年前、突如として島を包むように霧が発生した頃から、完全にこの島への行き来は出来なくなってしまっていた。かつて島を訪れた騎空士達の証言によると、住人の数は決して多くないものの、皆大らかで懐の深い村だったという。


閉ざされた島

ザンクティンゼルの通称。数百年前からひっそりと存在していた島は、いつしかこう呼ばれるようになった。一説には、星の民との最後にして最大の衝突であった覇空戦争の頃より閉鎖的に暮らしていると言われ、それを証明するように島には独特の発展を遂げた文化が存在している。


な行

ナル・グランデ空域

ファータ・グランデ空域に隣接する空域の一つであり、ファータ・グランデ空域との境界の瘴流域をダイタロイトベルトが横断している。緋色の騎士バラゴナの出身空域であるものの、現在は著しく治安が低下している。島々と並ぶ面積を有する浮遊する壁のような巨大遺跡を有しており、その特異性から他空域の文献などにも記述が散見される。


は行

覇空戦争

かつて星の民との間で繰り広げられた戦争であり、空の世界に住まう人々はこの戦争によって世界を取り戻した。空の世界にとって大きな転機となった出来事でもある。数百年も昔の戦争であり、もはや語れる者は存在しないが、その影響は空の世界の文化に吸収され、いまの世界を形作っている。


バルツ公国

バルツ公国

灼熱が大地に眠るドラフの国。地下の超高熱の熱源によって、溶岩の河が固まることなく流れ続けている。大地の熱とドラフの器用さを活かした鉄鋼業で栄えており、ファータグランデ空域最大の工場は昼夜を問わず稼働している。バルツで鍛造された金属器は丈夫で美しく、質が良いと評判であり、ファータグランデ空域の各地で高値で取引されている。


パンデモニウム

パンデモニウム

ファータ・グランデ空域の東端に存在する巨大な浮遊島。縦長で、塔のような形状になっている。島の全長が推測できないほどの大きさ。ごく一部の騎空団にしか依頼できる任務がない程、危険な場所。共闘のEXTRAのステージにもなっている。


ビィの過去

ビィ

ビィにはザンクティンゼルで暮らし始める以前の記憶がほとんど存在しない。また、魔物とも星晶獣とも異なる存在であり、ビィと同種の生物は他に確認されておらず、その出生は謎に包まれている。


ファータ・グランデ空域

ザンクティンゼル、ポート・ブリーズ群島などが位置する穏やかな風の空域。周囲を瘴流域で囲まれているが豊かな島を数多く有するため、瘴流域を超えようと試みる者は珍しい。近年ではエルステ帝国がこの空域を勢力圏とするため各島で住人達と衝突しており、争いが頻発している。


兵器

創世の時代、空を渡る手段を持たない各種族は小さな島ごとに社会を形成しており、国家間の衝突などは存在せず、兵器の発展は非常にゆっくりとしたものだった。しかし、星の民の襲来によって各種族は武装を余儀なくされ、それに伴い兵器も進化していった。複雑な兵器のほとんどは星の民の残した技術を転用したものであり、その意味で星の民は空の世界の技術水準を飛躍的に向上させた存在とも言える。


星の島イスタルシア

星の民が住まう伝説の地。その存在は星の民と同様に謎に包まれており、数多くの騎空士が伝説を追い求めて蒼穹へと散っていった。この世ならざる未知と栄光の咲き乱れる地として語られており、この地へと至った者はあらゆる望みを叶えられるとも言われる。


星の民

星の民

かつてこの世界を侵略し、しかし、覇空戦争によって歴史の表舞台から完全に姿を消した謎の存在。その正体については何一つわかっていない。この世界の理から外れた圧倒的な力を有しており、星の民の襲来は劇的に空の世界を変えた。いまでは一般的な騎空艇も星の民の技術を転用したものである。


ポート・ブリーズ群島

ポート・ブリーズ群島

空を行き交う者達が集まる、豊かな風に恵まれた群島。星晶獣ティアマトの力によって、穏やかな風が自然と集まる群島であり、騎空団同士の交流の地として発展していった。主島はエインガナ島であり、この島の中心にある市街が交易の中心点となる。穏やかで過ごしやすい群島だが風がやむことはないため、日によっては肌寒さを感じることも多い。



用語集リンク
あ~さ行 た~は行 ま~わ行

オススメの記事